雷峯塔物語
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:田中貢太郎 

 支那に遊んで杭州の西湖(せいこ)へ往った者は、その北岸の山の上と南岸の湖縁(こべり)とに五層となった高い大きな塔の聳えているのを見るであろう。そして、南岸の湖縁の丘の上に聳えた赭(あか)い塔の夕陽に照された雄大な姿には、わけて心をひかれるであろう。その南岸の雄大な塔は、西湖十景の一つにかぞえられた雷峯塔(らいほうとう)で、北岸のは保叔塔(ほうしゅくとう)である。そのうちで雷峯塔は呉越王妃(ごえつおうひ)黄氏(こうし)の建立(こんりゅう)したものであるが、西湖の伝説を集めた『西湖佳話』では奇怪な因縁から出来あがったものとなっている。

 宋の高宗帝が金の兵に追われて、揚子江を渡って杭州に行幸(ぎょうこう)した際のことであった。杭州城内過軍橋(かぐんきょう)の黒珠巷(こくじゅこう)という処に許宣(きょせん)という若い男があったが、それは小さい時に両親を没(な)くして、姐(あね)の縁づいている李仁(りじん)という官吏の許(もと)に世話になっていた。この李仁は南廊閣子庫(なんろうかくしこ)の幕事(ばくじ)であった。許宣はその李幕事の家にいて、日間(ひるま)は官巷(かんこう)で薬舗をやっている李幕事の弟の李将仕(りしょうし)という人の家へ往って、そこの主管(ばんとう)をしていた。
 許宣はそのとき二十二であった。きゃしゃな綺麗な顔をした、どこか貴公子然たる処のある男であった。それは清明(せいめい)の節に当る日のことであった。許宣は保叔塔寺(ほうしゅくとうじ)へ往って焼香しようと思って、宵に姐に相談して、朝早く起きて、紙の馬、抹香、赤い蝋燭(ろうそく)、経幡(はた)、馬蹄銀(ばていぎん)の形をした紙の銭などを買い調え、飯を喫(く)い、新しく仕立てた着物を著、鞋(くつ)も佳(い)いのを穿いて、官巷の舗(みせ)へ往って李将仕に逢った。
「今日、保叔塔へお詣りしたいと思います、一日だけお暇をいただきとうございます」
 清明の日には祖先の墓へ行って祖先の冥福を祈るのが土地の習慣であるし、両親のない許宣が寺へ往くことはもっとものことであるから、李将仕は機嫌好く承知した。
「いいとも、往ってくるがいい、往ってお出で」
 そこで許宣は舗を出て、銭塘門(せんとうもん)の方へ往った。初夏のような輝(ひかり)の強い陽の照る日で、仏寺に往き墓参に往く男女が街路に溢れていた。その人びとの中には輿(よ)に乗る者もあれば、轎(きょう)に乗る者もあり、また馬や驢(ろば)に乗る者もあり、舟で往く者もあった。
 許宣は銭塘門を出て、石函橋(せっかんきょう)を過ぎ、一条路(ひとすじみち)を保叔塔の聳えている宝石山へのぼって寺へ往ったが、寺は焼香の人で賑わっていた。許宣も本堂の前で香を燻(くゆ)らし、紙馬(しば)紙銭(しせん)を焼き、赤い蝋燭に灯を点(とも)しなどして、両親の冥福を祈った。そして、寺の本堂へ往き、客堂へあがって斎(とき)を喫(く)い、寺への布施(ふせ)もすんだので山をおりた。
 山の麓に四聖観という堂があった。許宣が四聖観へまでおりた時、急に陽の光がかすれて四辺(あたり)がくすんできた。許宣はおやと思って眼を瞠(みは)った。西湖の西北の空に鼠色の雲が出て、それが陽の光を遮っていた。東南の湖縁の雷峯塔のあるあたりには霧がかかって、その霧の中に塔が浮んだようになっていた。その霧はまだ東に流れて蘇堤(そてい)をぼかしていた。眼の下の孤山は燻銀(いぶしぎん)のくすんだ線を見せていた。どうも雨らしいぞ、と思う間もなく、もう小さな白い雨粒がぽつぽつと落ちてきた。許宣は四聖観の簷下(のきした)へ往って立っていたが、雨はしだいに濃くなってきて、雨隙(あますき)がきそうにも思われなかった。空には薄墨色をした雲が一めんにゆきわたっていた。許宣はしかたなしに鞋(くつ)を脱ぎ襪(くつした)も除って、それをいっしょに縛って腰に著(つ)け、赤脚(はだし)になって四聖観の簷下を離れて走りおりた。
 許宣は湖縁から舟を雇うて湧金門(ゆうきんもん)へまで帰るつもりであった。不意の雨に驚いて濡れながら走っている人の姿が、黒い点になってそこここに見えた。湖の中にも小舟が左に右にあたふたと動いていた。それは皆俗に杭州舟と言っている笘(とま)を屋根にした小舟であった。その小舟の中に舳(へさき)を東の方へ向けて老人が艪を漕いでいる舟があって、それがすぐ眼の前を通りすぎようとした。許宣はどの舟でもいいから近い舟を呼ぼうと思って、その舟に声をかけようとしたところで、どうもその船頭に見覚えがあるようだから、竹子笠(たけのこがさ)を冠っている顔に注意した。それは張河公(ちょうかこう)という知合いの老人であった。許宣はうれしくてたまらなかった。
「張さん、張さん、おい張さん」
 許宣の声が聞えたとみえて、船頭は顔をあげて陸(おか)の方を見た。
「おれだ、おれだ、張さん、湧金門まで乗っけてくれないか」
 船頭は許宣を見つけた。
「ほう、主管(ばんとう)さん……」
 船頭は驚いたように言って艪をぐいと控(ひか)えて、舳を陸にして一押し押した。と、舟はすぐ楊柳の浅緑の葉の煙って見える水際(みぎわ)の沙(すな)にじゃりじゃりと音をさした。許宣は水際へ走りおりた。
「気の毒だが、湧金門までやっておくれ、保叔塔へ焼香に往ってて雨を喫(く)ったところだ」
「そいつは大変でしたね、早くお乗んなさい、わっしも湧金門へいくところじゃ」
「そうか、そいつはちょうどいい、乗っけてもらおう」
 許宣は急いで足を洗って舟へ乗った。船頭は水棹(みさお)を張って舟を出し、舳を東へ向けて艪を立てた。
「もし、もし、船頭さん、すみませんが、乗せてってくださいまし」
 ふくらみのある女の声がするので許宣は笘の隙から陸の方を見た。背のすらりとした綺麗な女が青い上衣を著た小婢(こおんな)に小さな包みを持たせて雨に濡れて立っていた。
「張さん、乗っけてやろうじゃないか、困ってるじゃないか」
「そうですな、ついでだ、乗っけてやりましょうや」
 船頭はまた舟を陸へやった。絹糸のような小雨の舳に降るのが見えた。
「どうもすみません、俄に雨になったものですから……」
 艶(なまめ)かしい声がして女達は舟へあがってきた。そして、綺麗な女の顔がもう笘屋根の下にくっきりと見えた。
「どうもすみません、お邪魔をさせていただきます」
 女はおちついた物腰であいさつをした。許宣はきまりがわるかった。彼はあわてて女のあいさつに答えながら体を後ろの方へのけた。
「さあ、どうぞ」
 女はそのまま入ってきてその膝頭にくっつくようにして坐った。女の体に塗った香料の匂いがほんのりとした。許宣は眩しいので眼を伏せていたが、女の顔をはっきりと見たいという好奇心があるのでそろそろと眼をあげた。黒い潤みのある女の眼がじっと自分の方を見ているのにぶっつかった。許宣はあわててまた眼をそらした。
「あなたは、どっちにお住居でございます」
 女は執著を持ったような詞(ことば)で言った。許宣のきまりのわるい思いはやや薄らいできた。
「過軍橋の黒珠巷です。許という姓で、名は宣と言います、あなたは」
「私は白と申します、私の家は白三班(はくさんぱん)で、私は白直殿(はくちょくでん)の妹で、張という家へ嫁いておりましたが、主人が没(な)くなりましたので、今日はその墓参をいたしましたが、こんな雨になって、困っているところを、お陰さまでたすかりました」
「そうでしたか、私の両親も早く没っておりますので、今日は保叔塔寺へ往ったところで、この雨ですから、舟を雇おうと思って、来て見ると知合いの舟がいたので、乗ったところでした、ちょうど宜しゅうございました」
 舟は府城の城壁に沿うて南へ南へと往った。絹糸のような雨が絶えず笘屋根の外にあった。
「家を出る時は、好いお天気でしたから、雨のことなんか、ちょっとも思わなかったものですから、困ってしまいました、ほんとにありがとうございました」
 小婢が主人の横脇でもそもそと体を動かす気配がした。
「私も姐の家に世話になって、日間は親類の薬舗へ勤めておりますので、暇をもらって、やっぱり雨のことは考えずに、来たものですから、ひどい目に逢いました、皆、今日は困ったでしょうよ」
 許宣は気もちをいじけさせずに女と話すことができた。
 舟はもう湧金門の外へ来ていた。小さな白い雨は依然として降っていた。女は何か思いだしたように自分の体のまわりをじっと見た後で、小婢の耳へ口を著けて小声で囁いて困ったような顔をした。と、小婢の眼元が笑って女に囁きかえした。それでも女は困ったような顔をしていた。
「あのね、なんですが」
 小婢の顔が此方を見た。許宣は何事だろうと思った。
「今朝、家を出る時に、急いだものですから、お銭(あし)を忘れてまいりました、誠に恐れ入りますが、どうか船賃を拝借させていただきとうございますが、家へ帰りましたなら、すぐお返しいたしますが」
「そんなことはいいのですよ、私が払いますから」
 舟はもう水際へ著いていた。女はきまりわるそうにもじもじしていた。
「さあ舟が著きました、あがりましょう」
 許宣は腰につけた銭袋からいくらかの銭を取って舟の上に置いた。
「どうもすみません」
 女はそう言って鞋(くつ)を穿(は)いて小婢といっしょにあがって往った。許宣もその後からあがったが、それは赤脚(はだし)のままであった。
 もう日没(ひぐれ)になっているのか四辺(あたり)が灰色になって見えた。女は許宣のあがってくるのを楊柳の陰で待っていた。
「あの、なんですけど、雨もこんなに降りますし、もう日も暮れかけましたから、私の家へまいりましょうじゃありませんか、拝借したお銭もお払いしとうございますから」
 許宣は女の家へも往きたかったが、姐の家に気がねがあるので往けなかった。
「もう遅うございますから、またこの次に伺います」
「そうですか、……それでは、また、お眼にかかります、どうもありがとうございました」
 女はのこり惜しそうな顔をして別れて往った。小婢は包みを持って後から歩いていた。許宣ものこり惜しいような気がするので、そのまま立っていて眼をやると、もう、二人の姿は見えなかった。許宣は気が注(つ)いて船頭に一言二言別れの詞をかけて、楊柳の陰から走り出て湧金門を入り、ぎっしり簷を並べた民家の一方の簷下を歩いた。彼はそうして近くの親類へ往って傘を借りようとしているのであった。彼の眼の前にはさっきの女の姿が花のように映っていた。
 許宣は三橋巷(さんきょうこう)の親類へ往った。親類では夕飯の時刻だからと言って引留めようとしたが、許宣は家の外に幸福が待っているような気がして、家の内に置かれるのが厭だから、強いて傘ばかり借りて外へ出た。
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[ページジャンプ]
[青空文庫の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[作品情報参照]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

Size:49 KB

担当:FIRTREE