行人
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:夏目漱石 

     友達


        一

 梅田(うめだ)の停車場(ステーション)を下(お)りるや否(いな)や自分は母からいいつけられた通り、すぐ俥(くるま)を雇(やと)って岡田(おかだ)の家に馳(か)けさせた。岡田は母方の遠縁に当る男であった。自分は彼がはたして母の何に当るかを知らずにただ疎(うと)い親類とばかり覚えていた。
 大阪へ下りるとすぐ彼を訪(と)うたのには理由があった。自分はここへ来る一週間前ある友達と約束をして、今から十日以内に阪地(はんち)で落ち合おう、そうしていっしょに高野(こうや)登りをやろう、もし時日(じじつ)が許すなら、伊勢から名古屋へ廻(まわ)ろう、と取りきめた時、どっちも指定すべき場所をもたないので、自分はつい岡田の氏名と住所を自分の友達に告げたのである。
「じゃ大阪へ着き次第、そこへ電話をかければ君のいるかいないかは、すぐ分るんだね」と友達は別れるとき念を押した。岡田が電話をもっているかどうか、そこは自分にもはなはだ危(あや)しかったので、もし電話がなかったら、電信でも郵便でも好(い)いから、すぐ出してくれるように頼んでおいた。友達は甲州線(こうしゅうせん)で諏訪(すわ)まで行って、それから引返して木曾(きそ)を通った後(あと)、大阪へ出る計画であった。自分は東海道を一息(ひといき)に京都まで来て、そこで四五日用足(ようたし)かたがた逗留(とうりゅう)してから、同じ大阪の地を踏む考えであった。
 予定の時日を京都で費(ついや)した自分は、友達の消息(たより)を一刻も早く耳にするため停車場を出ると共に、岡田の家を尋ねなければならなかったのである。けれどもそれはただ自分の便宜(べんぎ)になるだけの、いわば私の都合に過ぎないので、先刻(さっき)云った母のいいつけとはまるで別物であった。母が自分に向って、あちらへ行ったら何より先に岡田を尋ねるようにと、わざわざ荷になるほど大きい鑵入(かんいり)の菓子を、御土産(おみやげ)だよと断(ことわ)って、鞄(かばん)の中へ入れてくれたのは、昔気質(むかしかたぎ)の律儀(りちぎ)からではあるが、その奥にもう一つ実際的の用件を控(ひか)えているからであった。
 自分は母と岡田が彼らの系統上どんな幹の先へ岐(わか)れて出た、どんな枝となって、互に関係しているか知らないくらいな人間である。母から依託された用向についても大した期待も興味もなかった。けれども久しぶりに岡田という人物――落ちついて四角な顔をしている、いくら髭(ひげ)を欲しがっても髭の容易に生えない、しかも頭の方がそろそろ薄くなって来そうな、――岡田という人物に会う方の好奇心は多少動いた。岡田は今までに所用で時々出京した。ところが自分はいつもかけ違って会う事ができなかった。したがって強く酒精(アルコール)に染められた彼(かれ)の四角な顔も見る機会を奪われていた。自分は俥(くるま)の上で指を折って勘定して見た。岡田がいなくなったのは、ついこの間のようでも、もう五六年になる。彼の気にしていた頭も、この頃ではだいぶ危険に逼(せま)っているだろうと思って、その地(じ)の透(す)いて見えるところを想像したりなどした。
 岡田の髪の毛は想像した通り薄くなっていたが、住居(すまい)は思ったよりもさっぱりした新しい普請(ふしん)であった。
「どうも上方流(かみがたりゅう)で余計な所に高塀(たかべい)なんか築き上(あげ)て、陰気(いんき)で困っちまいます。そのかわり二階はあります。ちょっと上(あが)って御覧なさい」と彼は云った。自分は何より先に友達の事が気になるので、こうこういう人からまだ何とも通知は来ないかと聞いた。岡田は不思議そうな顔をして、いいえと答えた。

        二

 自分は岡田に連れられて二階へ上(あが)って見た。当人が自慢するほどあって眺望(ちょうぼう)はかなり好かったが、縁側(えんがわ)のない座敷の窓へ日が遠慮なく照り返すので、暑さは一通りではなかった。床(とこ)の間(ま)にかけてある軸物(じくもの)も反(そ)っくり返っていた。
「なに日が射すためじゃない。年(ねん)が年中(ねんじゅう)かけ通しだから、糊(のり)の具合でああなるんです」と岡田は真面目(まじめ)に弁解した。
「なるほど梅(うめ)に鶯(うぐいす)だ」と自分も云いたくなった。彼は世帯を持つ時の用意に、この幅(ふく)を自分の父から貰(もら)って、大得意で自分の室(へや)へ持って来て見せたのである。その時自分は「岡田君この呉春(ごしゅん)は偽物(ぎぶつ)だよ。それだからあの親父(おやじ)が君にくれたんだ」と云って調戯(からかい)半分岡田を怒らした事を覚えていた。
 二人は懸物(かけもの)を見て、当時を思い出しながら子供らしく笑った。岡田はいつまでも窓に腰をかけて話を続ける風に見えた。自分も襯衣(シャツ)に洋袴(ズボン)だけになってそこに寝転(ねころ)びながら相手になった。そうして彼から天下茶屋(てんがちゃや)の形勢だの、将来の発展だの、電車の便利だのを聞かされた。自分は自分にそれほど興味のない問題を、ただ素直にはいはいと聴(き)いていたが、電車の通じる所へわざわざ俥(くるま)へ乗って来た事だけは、馬鹿らしいと思った。二人はまた二階を下りた。
 やがて細君が帰って来た。細君はお兼(かね)さんと云って、器量(きりょう)はそれほどでもないが、色の白い、皮膚の滑(なめ)らかな、遠見(とおみ)の大変好い女であった。父が勤めていたある官省の属官の娘で、その頃は時々勝手口から頼まれものの仕立物などを持って出入(でいり)をしていた。岡田はまたその時分自分の家の食客(しょっかく)をして、勝手口に近い書生部屋で、勉強もし昼寝(ひるね)もし、時には焼芋(やきいも)なども食った。彼らはかようにして互に顔を知り合ったのである。が、顔を知り合ってから、結婚が成立するまでに、どんな径路(けいろ)を通って来たか自分はよく知らない。岡田は母の遠縁に当る男だけれども、自分の宅(うち)では書生同様にしていたから、下女達は自分や自分の兄には遠慮して云い兼ねる事までも、岡田に対してはつけつけと云って退(の)けた。「岡田さんお兼さんがよろしく」などという言葉は、自分も時々耳にした。けれども岡田はいっこう気にもとめない様子だったから、おおかたただの徒事(いたずら)だろうと思っていた。すると岡田は高商を卒業して一人で大阪のある保険会社へ行ってしまった。地位は自分の父が周旋(しゅうせん)したのだそうである。それから一年ほどして彼はまた飄然(ひょうぜん)として上京した。そうして今度はお兼さんの手を引いて大阪へ下(くだ)って行った。これも自分の父と母が口を利(き)いて、話を纏(まと)めてやったのだそうである。自分はその時富士へ登って甲州路を歩く考えで家にはいなかったが、後でその話を聞いてちょっと驚いた。勘定して見ると、自分が御殿場で下りた汽車と擦(す)れ違って、岡田は新しい細君を迎えるために入京したのである。
 お兼さんは格子(こうし)の前で畳んだ洋傘(こうもり)を、小さい包と一緒に、脇(わき)の下に抱(かか)えながら玄関から勝手の方に通り抜ける時、ちょっときまりの悪そうな顔をした。その顔は日盛(ひざかり)の中を歩いた火気(ほてり)のため、汗を帯びて赤くなっていた。
「おい御客さまだよ」と岡田が遠慮のない大きな声を出した時、お兼さんは「ただいま」と奥の方で優(やさ)しく答えた。自分はこの声の持主に、かつて着た久留米絣(くるめがすり)やフランネルの襦袢(じゅばん)を縫って貰った事もあるのだなとふと懐(なつ)かしい記憶を喚起(よびおこ)した。

        三

 お兼(かね)さんの態度は明瞭(めいりょう)で落ちついて、どこにも下卑(げび)た家庭に育ったという面影(おもかげ)は見えなかった。「二三日前(にさんちまえ)からもうおいでだろうと思って、心待(こころまち)に御待申しておりました」などと云って、眼の縁(ふち)に愛嬌(あいきょう)を漂(ただ)よわせるところなどは、自分の妹よりも品(ひん)の良(い)いばかりでなく、様子も幾分か立優(たちまさ)って見えた。自分はしばらくお兼さんと話しているうちに、これなら岡田がわざわざ東京まで出て来て連れて行ってもしかるべきだという気になった。
 この若い細君がまだ娘盛(むすめざかり)の五六年前(ぜん)に、自分はすでにその声も眼鼻立(めはなだち)も知っていたのではあるが、それほど親しく言葉を換(か)わす機会もなかったので、こうして岡田夫人として改まって会って見ると、そう馴々(なれなれ)しい応対もできなかった。それで自分は自分と同階級に属する未知の女に対するごとく、畏(かしこ)まった言語をぽつぽつ使った。岡田はそれがおかしいのか、または嬉(うれ)しいのか、時々自分の顔を見て笑った。それだけなら構わないが、折節(おりせつ)はお兼さんの顔を見て笑った。けれどもお兼さんは澄ましていた。お兼さんがちょっと用があって奥へ立った時、岡田はわざと低い声をして、自分の膝(ひざ)を突っつきながら、「なぜあいつに対して、そう改まってるんです。元から知ってる間柄(あいだがら)じゃありませんか」と冷笑(ひやか)すような句調(くちょう)で云った。
「好い奥さんになったね。あれなら僕が貰やよかった」
「冗談(じょうだん)いっちゃいけない」と云って岡田は一層大きな声を出して笑った。やがて少し真面目(まじめ)になって、「だってあなたはあいつの悪口をお母さんに云ったっていうじゃありませんか」と聞いた。
「なんて」
「岡田も気の毒だ、あんなものを大阪下(くだ)りまで引っ張って行くなんて。もう少し待っていればおれが相当なのを見(め)つけてやるのにって」
「そりゃ君昔の事ですよ」
 こうは答えたようなものの、自分は少し恐縮した。かつちょっと狼狽(ろうばい)した。そうして先刻(さっき)岡田が変な眼遣(めづかい)をして、時々細君の方を見た意味をようやく理解した。
「あの時は僕も母から大変叱られてね。おまえのような書生に何が解るものか。岡田さんの事はお父さんと私(わたし)とで当人達(たち)に都合の好いようにしたんだから、余計な口を利(き)かずに黙って見ておいでなさいって。どうも手痛(てひど)くやられました」
 自分は母から叱られたという事実が、自分の弁解にでもなるような語気で、その時の様子を多少誇張して述べた。岡田はますます笑った。
 それでもお兼さんがまた座敷へ顔を出した時、自分は多少きまりの悪い思をしなければならなかった。人の悪い岡田はわざわざ細君に、「今二郎(じろう)さんがおまえの事を大変賞(ほ)めて下すったぜ。よく御礼を申し上げるが好い」と云った。お兼さんは「あなたがあんまり悪口をおっしゃるからでしょう」と夫(おっと)に答えて、眼では自分の方を見て微笑した。
 夕飯前(ゆうはんまえ)に浴衣(ゆかた)がけで、岡田と二人岡の上を散歩した。まばらに建てられた家屋や、それを取り巻く垣根が東京の山の手を通り越した郊外を思い出させた。自分は突然大阪で会合しようと約束した友達の消息が気になり出した。自分はいきなり岡田に向って、「君の所にゃ電話はないんでしょうね」と聞いた。「あの構(かまえ)で電話があるように見えますかね」と答えた岡田の顔には、ただ機嫌(きげん)の好(い)い浮き浮きした調子ばかり見えた。

        四

 それは夕方の比較的長く続く夏の日の事であった。二人の歩いている岡の上はことさら明るく見えた。けれども、遠くにある立樹(たちき)の色が空に包まれてだんだん黒ずんで行くにつれて、空の色も時を移さず変って行った。自分は名残(なごり)の光で岡田の顔を見た。
「君東京にいた時よりよほど快豁(かいかつ)になったようですね。血色も大変好い。結構だ」
 岡田は「ええまあお蔭(かげ)さまで」と云ったような瞹眛(あいまい)な挨拶(あいさつ)をしたが、その挨拶のうちには一種嬉(うれ)しそうな調子もあった。
 もう晩飯(ばんめし)の用意もできたから帰ろうじゃないかと云って、二人帰路(きろ)についた時、自分は突然岡田に、「君とお兼さんとは大変仲が好いようですね」といった。自分は真面目なつもりだったけれども、岡田にはそれが冷笑(ひやかし)のように聞えたと見えて、彼はただ笑うだけで何の答えもしなかった。けれども別に否(いな)みもしなかった。
 しばらくしてから彼は今までの快豁(かいかつ)な調子を急に失った。そうして何か秘密でも打ち明けるような具合に声を落した。それでいて、あたかも独言(ひとりごと)をいう時のように足元を見つめながら、「これであいつといっしょになってから、かれこれもう五六年近くになるんだが、どうも子供ができないんでね、どういうものか。それが気がかりで……」と云った。
 自分は何とも答えなかった。自分は子供を生ますために女房を貰う人は、天下に一人もあるはずがないと、かねてから思っていた。しかし女房を貰ってから後(あと)で、子供が欲しくなるものかどうか、そこになると自分にも判断がつかなかった。
「結婚すると子供が欲しくなるものですかね」と聞いて見た。
「なに子供が可愛(かわい)いかどうかまだ僕にも分りませんが、何しろ妻(さい)たるものが子供を生まなくっちゃ、まるで一人前の資格がないような気がして……」
 岡田は単にわが女房を世間並(せけんなみ)にするために子供を欲するのであった。結婚はしたいが子供ができるのが怖(こわ)いから、まあもう少し先へ延(のば)そうという苦しい世の中ですよと自分は彼に云ってやりたかった。すると岡田が「それに二人(ふたり)ぎりじゃ淋しくってね」とまたつけ加えた。
「二人ぎりだから仲が好いんでしょう」
「子供ができると夫婦の愛は減るもんでしょうか」
 岡田と自分は実際二人の経験以外にあることをさも心得たように話し合った。
 宅(うち)では食卓の上に刺身だの吸物だのが綺麗(きれい)に並んで二人を待っていた。お兼さんは薄化粧(うすげしょう)をして二人のお酌をした。時々は団扇(うちわ)を持って自分を扇(あお)いでくれた。自分はその風が横顔に当るたびに、お兼さんの白粉(おしろい)の匂(におい)を微(かす)かに感じた。そうしてそれが麦酒(ビール)や山葵(わさび)の香(か)よりも人間らしい好い匂のように思われた。
「岡田君はいつもこうやって晩酌(ばんしゃく)をやるんですか」と自分はお兼さんに聞いた。お兼さんは微笑しながら、「どうも後引上戸(あとひきじょうご)で困ります」と答えてわざと夫の方を見やった。夫は、「なに後(あと)が引けるほど飲ませやしないやね」と云って、傍(そば)にある団扇を取って、急に胸のあたりをはたはたいわせた。自分はまた急にこっちで会うべきはずの友達の事に思い及んだ。
「奥さん、三沢(みさわ)という男から僕に宛(あ)てて、郵便か電報か何か来ませんでしたか。今散歩に出た後で」
「来やしないよ。大丈夫だよ、君。僕の妻はそう云う事はちゃんと心得てるんだから。ねえお兼。――好いじゃありませんか、三沢の一人や二人来たって来なくたって。二郎さん、そんなに僕の宅が気に入らないんですか。第一(だいち)あなたはあの一件からして片づけてしまわなくっちゃならない義務があるでしょう」
 岡田はこう云って、自分の洋盃(コップ)へ麦酒をゴボゴボと注(つ)いだ。もうよほど酔っていた。

        五

 その晩はとうとう岡田の家(うち)へ泊った。六畳の二階で一人寝かされた自分は、蚊帳(かや)の中の暑苦しさに堪(た)えかねて、なるべく夫婦に知れないように、そっと雨戸を開け放った。窓際(まどぎわ)を枕に寝ていたので、空は蚊帳越にも見えた。試(ためし)に赤い裾(すそ)から、頭だけ出して眺(なが)めると星がきらきらと光った。自分はこんな事をする間にも、下にいる岡田夫婦の今昔(こんじゃく)は忘れなかった。結婚してからああ親しくできたらさぞ幸福だろうと羨(うらや)ましい気もした。三沢から何(なん)の音信(たより)のないのも気がかりであった。しかしこうして幸福な家庭の客となって、彼の消息を待つために四五日ぐずぐずしているのも悪くはないと考えた。一番どうでも好かったのは岡田のいわゆる「例の一件」であった。
 翌日(よくじつ)眼が覚(さ)めると、窓の下の狭苦しい庭で、岡田の声がした。
「おいお兼とうとう絞(しぼ)りのが咲き出したぜ。ちょいと来て御覧」
 自分は時計を見て、腹這(はらばい)になった。そうして燐寸(マッチ)を擦(す)って敷島(しきしま)へ火を点(つ)けながら、暗(あん)にお兼さんの返事を待ち構えた。けれどもお兼さんの声はまるで聞えなかった。岡田は「おい」「おいお兼」をまた二三度繰返した。やがて、「せわしない方ね、あなたは。今朝顔どころじゃないわ、台所が忙(いそが)しくって」という言葉が手に取るように聞こえた。お兼さんは勝手から出て来て座敷の縁側(えんがわ)に立っているらしい。
「それでも綺麗(きれい)ね。咲いて見ると。――金魚はどうして」
「金魚は泳いでいるがね。どうもこのほうはむずかしいらしい」
 自分はお兼さんが、死にかかった金魚の運命について、何かセンチメンタルな事でもいうかと思って、煙草(たばこ)を吹かしながら聴いていた。けれどもいくら待っていても、お兼さんは何とも云わなかった。岡田の声も聞こえなかった。自分は煙草を捨てて立ち上った。そうしてかなり急な階子段(はしごだん)を一段ずつ音を立てて下へ降りて行った。
 三人で飯を済ました後(あと)、岡田は会社へ出勤しなければならないので、緩(ゆっく)り案内をする時間がないのを残念がった。自分はここへ来る前から、そんな事を全く予期していなかったと云って、白い詰襟姿(つめえりすがた)の彼を坐ったまま眺(なが)めていた。
「お兼、お前暇があるなら二郎さんを案内して上げるが好い」と岡田は急に思いついたような顔つきで云った。お兼さんはいつもの様子に似ず、この時だけは夫にも自分にも何とも答えなかった。自分はすぐ、「なに構わない。君といっしょに君の会社のある方角まで行って、そこいらを逍遥(ぶらつ)いて見よう」と云いながら立った。お兼さんは玄関で自分の洋傘(こうもり)を取って、自分に手渡ししてくれた。それからただ一口「お早く」と云った。
 自分は二度電車に乗せられて、二度下ろされた。そうして岡田の通(かよ)っている石造の会社の周囲(しゅうい)を好い加減に歩き廻った。同じ流れか、違う流れか、水の面(おもて)が二三度目に入(はい)った。そのうち暑さに堪(た)えられなくなって、また好い加減に岡田の家(うち)へ帰って来た。
 二階へ上(あが)って、――自分は昨夜(ゆうべ)からこの六畳の二階を、自分の室(へや)と心得るようになった。――休息していると、下から階子段を踏む音がして、お兼さんが上(あが)って来た。自分は驚いて脱(ぬ)いだ肌(はだ)を入れた。昨日廂(ひさし)に束(つか)ねてあったお兼さんの髪は、いつの間にか大きな丸髷(まるまげ)に変っていた。そうして桃色の手絡(てがら)が髷(まげ)の間から覗(のぞ)いていた。

        六

 お兼さんは黒い盆の上に載(の)せた平野水(ひらのすい)と洋盃(コップ)を自分の前に置いて、「いかがでございますか」と聞いた。自分は「ありがとう」と答えて、盆を引き寄せようとした。お兼さんは「いえ私が」と云って急に罎(びん)を取り上げた。自分はこの時黙ってお兼さんの白い手ばかり見ていた。その手には昨夕(ゆうべ)気がつかなかった指環(ゆびわ)が一つ光っていた。
 自分が洋盃(コップ)を取上げて咽喉(のど)を潤(うるお)した時、お兼さんは帯の間から一枚の葉書を取り出した。
「先ほどお出(で)かけになった後(あと)で」と云いかけて、にやにや笑っている。自分はその表面に三沢の二字を認めた。
「とうとう参りましたね。御待かねの……」
 自分は微笑しながら、すぐ裏を返して見た。
「一両日後(おく)れるかも知れぬ」
 葉書に大きく書いた文字はただこれだけであった。
「まるで電報のようでございますね」
「それであなた笑ってたんですか」
「そう云う訳でもございませんけれども、何だかあんまり……」
 お兼さんはそこで黙ってしまった。自分はお兼さんをもっと笑わせたかった。
「あんまり、どうしました」
「あんまりもったいないようですから」
 お兼さんのお父さんというのは大変緻密(ちみつ)な人で、お兼さんの所へ手紙を寄こすにも、たいていは葉書で用を弁じている代りに蠅(はえ)の頭のような字を十五行も並べて来るという話しを、お兼さんは面白そうにした。自分は三沢の事を全く忘れて、ただ前にいるお兼さんを的(まと)に、さまざまの事を尋ねたり聞いたりした。
「奥さん、子供が欲しかありませんか。こうやって、一人で留守(るす)をしていると退屈するでしょう」
「そうでもございませんわ。私(わたくし)兄弟の多い家(うち)に生れて大変苦労して育ったせいか、子供ほど親を意地見(いじめ)るものはないと思っておりますから」
「だって一人や二人はいいでしょう。岡田君は子供がないと淋(さみ)しくっていけないって云ってましたよ」
 お兼さんは何にも答えずに窓の外の方を眺(なが)めていた。顔を元へ戻しても、自分を見ずに、畳の上にある平野水の罎を見ていた。自分は何にも気がつかなかった。それでまた「奥さんはなぜ子供ができないんでしょう」と聞いた。するとお兼さんは急に赤い顔をした。自分はただ心やすだてで云ったことが、はなはだ面白くない結果を引き起したのを後悔した。けれどもどうする訳(わけ)にも行かなかった。その時はただお兼さんに気の毒をしたという心だけで、お兼さんの赤くなった意味を知ろうなどとは夢にも思わなかった。
 自分はこの居苦(いぐる)しくまた立苦(たちぐる)しくなったように見える若い細君を、どうともして救わなければならなかった。それには是非共話頭を転ずる必要があった。自分はかねてからさほど重きを置いていなかった岡田のいわゆる「例の一件」をとうとう持ち出した。お兼さんはすぐ元の態度を回復した。けれども夫に責任の過半を譲(ゆず)るつもりか、けっして多くを語らなかった。自分もそう根掘り葉掘り聞きもしなかった。

        七

「例の一件」が本式に岡田の口から持ち出されたのはその晩の事であった。自分は露(つゆ)に近い縁側(えんがわ)を好んでそこに座を占めていた。岡田はそれまでお兼さんと向き合って座敷の中に坐(すわ)っていたが、話が始まるや否や、すぐ立って縁側へ出て来た。
「どうも遠くじゃ話がし悪(にく)くっていけない」と云いながら、模様のついた座蒲団(ざぶとん)を自分の前に置いた。お兼さんだけは依然として元の席を動かなかった。
「二郎さん写真は見たでしょう、この間僕が送った」
 写真の主(ぬし)というのは、岡田と同じ会社へ出る若い人であった。この写真が来た時家(うち)のものが代りばんこに見て、さまざまの批評を加えたのを、岡田は知らないのである。
「ええちょっと見ました」
「どうです評判は」
「少し御凸額(おでこ)だって云ったものもあります」
 お兼さんは笑い出した。自分もおかしくなった。と云うのは、その男の写真を見て、お凸額だと云い始めたものは、実のところ自分だからである。
「お重(しげ)さんでしょう、そんな悪口をいうのは。あの人の口にかかっちゃ、たいていのものは敵(かな)わないからね」
 岡田は自分の妹のお重を大変口の悪い女だと思っている。それも彼がお重から、あなたの顔は将棋(しょうぎ)の駒(こま)見たいよと云われてからの事である。
「お重さんに何と云われたって構わないが肝心(かんじん)の当人はどうなんです」
 自分は東京を立つとき、母から、貞(さだ)には無論異存これなくという返事を岡田の方へ出しておいたという事を確めて来たのである。だから、当人は母から上げた返事の通りだと答えた。岡田夫婦はまた佐野(さの)という婿(むこ)になるべき人の性質や品行や将来の望みや、その他いろいろの条項について一々自分に話して聞かせた。最後に当人がこの縁談の成立を切望している例などを挙げた。
 お貞さんは器量から云っても教育から云っても、これという特色のない女である。ただ自分の家の厄介(やっかい)ものという名があるだけである。
「先方があまり乗気になって何だか剣呑(けんのん)だから、あっちへ行ったらよく様子を見て来ておくれ」
 自分は母からこう頼まれたのである。自分はお貞さんの運命について、それほど多くの興味はもち得なかったけれども、なるほどそう望まれるのは、お貞さんのために結構なようでまた危険な事だろうとも考えていた。それで今まで黙って岡田夫婦の云う事を聞いていた自分は、ふと口を滑(すべ)らした。――
「どうしてお貞さんが、そんなに気に入ったものかな。まだ会った事もないのに」
「佐野さんはああいうしっかりした方だから、やっぱり辛抱人(しんぼうにん)を御貰(おもら)いになる御考えなんですよ」
 お兼さんは岡田の方を向いて、佐野の態度をこう弁解した。岡田はすぐ、「そうさ」と答えた。そうしてそのほかには何も考えていないらしかった。自分はとにかくその佐野という人に明日(あした)会おうという約束を岡田として、また六畳の二階に上った。頭を枕(まくら)に着けながら、自分の結婚する場合にも事がこう簡単に運ぶのだろうかと考えると、少し恐ろしい気がした。

        八

 翌日(あくるひ)岡田は会社を午(ひる)で切上げて帰って来た。洋服を投出すが早いか勝手へ行って水浴をして「さあ行こう」と云い出した。
 お兼さんはいつの間にか箪笥(たんす)の抽出(ひきだし)を開けて、岡田の着物を取り出した。自分は岡田が何を着るか、さほど気にも留めなかったが、お兼さんの着せ具合や、帯の取ってやり具合には、知らず知らず注意を払っていたものと見えて、「二郎さんあなた仕度(したく)は好いんですか」と聞かれた時、はっと気がついて立ち上った。
「今日はお前も行くんだよ」と岡田はお兼さんに云った。「だって……」とお兼さんは絽(ろ)の羽織を両手で持ちながら、夫の顔を見上げた。自分は梯子段(はしごだん)の中途で、「奥さんいらっしゃい」と云った。
 洋服を着て下へ降りて見ると、お兼さんはいつの間にかもう着物も帯も取り換えていた。
「早いですね」
「ええ早変り」
「あんまり変り栄(ばえ)もしない服装(なり)だね」と岡田が云った。
「これでたくさんよあんな所(とこ)へ行くのに」とお兼さんが答えた。
 三人は暑(あつさ)を冒(おか)して岡を下(くだ)った。そうして停車場からすぐ電車に乗った。自分は向側に並んで腰をかけた岡田とお兼さんを時々見た。その間には三沢の突飛(とっぴ)な葉書を思い出したりした。全体あれはどこで出したものなんだろうと考えても見た。これから会いに行く佐野という男の事も、ちょいちょい頭に浮んだ。しかしそのたんびに「物好(ものずき)」という言葉がどうしてもいっしょに出て来た。
 岡田は突然体を前に曲げて、「どうです」と聞いた。自分はただ「結構です」と答えた。岡田は元のように腰から上を真直(まっすぐ)にして、何かお兼さんに云った。その顔には得意の色が見えた。すると今度はお兼さんが顔を前へ出して「御気に入ったら、あなたも大阪(こちら)へいらっしゃいませんか」と云った。自分は覚えず「ありがとう」と答えた。さっきどうですと突然聞いた岡田の意味は、この時ようやく解った。
 三人は浜寺(はまでら)で降りた。この地方の様子を知らない自分は、大(おおき)な松と砂の間を歩いてさすがに好い所だと思った。しかし岡田はここでは「どうです」を繰返さなかった。お兼さんも洋傘(こうもり)を開いたままさっさと行った。
「もう来ているだろうか」
「そうね。ことに因(よ)るともう来て待っていらっしゃるかも知れないわ」
 自分は二人の後(あと)に跟(つ)いて、こんな会話を聴(き)きながら、すばらしく大きな料理屋の玄関の前に立った。自分は何よりもまずその大きいのに驚かされたが、上って案内をされた時、さらにその道中の長いのに吃驚(びっくり)した。三人は段々を下りて細い廊下を通った。
「隧道(トンネル)ですよ」
 お兼さんがこういって自分に教えてくれたとき、自分はそれが冗談(じょうだん)で、本当に地面の下ではないのだと思った。それでただ笑って薄暗いところを通り抜けた。
 座敷では佐野が一人敷居際(しきいぎわ)に洋服の片膝を立てて、煙草(たばこ)を吹かしながら海の方を見ていた。自分達の足音を聞いた彼はすぐこっちを向いた。その時彼の額の下に、金縁(きんぶち)の眼鏡(めがね)が光った。部屋へ這入(はい)るとき第一に彼と顔を見合せたのは実に自分だったのである。

        九

 佐野は写真で見たよりも一層御凸額(おでこ)であった。けれども額の広いところへ、夏だから髪を短く刈(か)っているので、ことにそう見えたのかも知れない。初対面の挨拶(あいさつ)をするとき、彼は「何分(なにぶん)よろしく」と云って頭を丁寧(ていねい)に下げた。この普通一般の挨拶ぶりが、場合が場合なので、自分には一種変に聞こえた。自分の胸は今までさほど責任を感じていなかったところへ急に重苦しい束縛(そくばく)ができた。
 四人(よつたり)は膳(ぜん)に向いながら話をした。お兼さんは佐野とはだいぶ心やすい間柄(あいだがら)と見えて、時々向側から調戯(からか)ったりした。
「佐野さん、あなたの写真の評判が東京(あっち)で大変なんですって」
「どう大変なんです。――おおかた好い方へ大変なんでしょうね」
「そりゃもちろんよ。嘘(うそ)だと覚し召すならお隣りにいらっしゃる方に伺って御覧になれば解るわ」
 佐野は笑いながらすぐ自分の方を見た。自分はちょっと何とか云わなければ跋(ばつ)が悪かった。それで真面目(まじめ)な顔をして、「どうも写真は大阪の方が東京より発達しているようですね」と云った。すると岡田が「浄瑠璃(じょうるり)じゃあるまいし」と交返(まぜかえ)した。
 岡田は自分の母の遠縁に当る男だけれども、長く自分の宅(うち)の食客(しょっかく)をしていたせいか、昔から自分や自分の兄に対しては一段低い物の云い方をする習慣をもっていた。久しぶりに会った昨日(きのう)一昨日(おととい)などはことにそうであった。ところがこうして佐野が一人新しく席に加わって見ると、友達の手前体裁が悪いという訳だか何だか、自分に対する口の利(き)き方が急に対等になった。ある時は対等以上に横風(おうふう)になった。
 四人のいる座敷の向(むこう)には、同じ家のだけれども棟(むね)の違う高い二階が見えた。障子(しょうじ)を取り払ったその広間の中を見上げると、角帯(かくおび)を締(し)めた若い人達が大勢(おおぜい)いて、そのうちの一人が手拭(てぬぐい)を肩へかけて踊(おどり)かなにか躍(おど)っていた。「御店(おたな)ものの懇親会というところだろう」と評し合っているうちに、十六七の小僧が手摺(てすり)の所へ出て来て、汚ないものを容赦(ようしゃ)なく廂(ひさし)の上へ吐(は)いた。すると同じくらいな年輩の小僧がまた一人煙草(たばこ)を吹かしながら出て来て、こらしっかりしろ、おれがついているから、何にも怖(こわ)がるには及ばない、という意味を純粋の大阪弁でやり出した。今まで苦々(にがにが)しい顔をして手摺の方を見ていた四人はとうとう吹き出してしまった。
「どっちも酔ってるんだよ。小僧の癖に」と岡田が云った。
「あなたみたいね」とお兼さんが評した。
「どっちがです」と佐野が聞いた。
「両方ともよ。吐いたり管(くだ)を捲(ま)いたり」とお兼さんが答えた。
 岡田はむしろ愉快な顔をしていた。自分は黙っていた。佐野は独(ひと)り高笑(たかわらい)をした。
 四人はまだ日の高い四時頃にそこを出て帰路についた。途中で分れるとき佐野は「いずれそのうちまた」と帽を取って挨拶(あいさつ)した。三人はプラットフォームから外へ出た。
「どうです、二郎さん」と岡田はすぐ自分の方を見た。
「好さそうですね」
 自分はこうよりほかに答える言葉を知らなかった。それでいて、こう答えた後(あと)ははなはだ無責任なような気がしてならなかった。同時にこの無責任を余儀なくされるのが、結婚に関係する多くの人の経験なんだろうとも考えた。

        十

 自分は三沢の消息を待って、なお二三日岡田の厄介になった。実をいうと彼らは自分のよそに行って宿を取る事を許さなかったのである。自分はその間できるだけ一人で大阪を見て歩いた。すると町幅の狭いせいか、人間の運動が東京よりも溌溂(はつらつ)と自分の眼を射るように思われたり、家並(いえなみ)が締りのない東京より整って好ましいように見えたり、河が幾筋もあってその河には静かな水が豊かに流れていたり、眼先の変った興味が日に一つ二つは必ずあった。
 佐野には浜寺でいっしょに飯を食った次の晩また会った。今度は彼の方から浴衣(ゆかた)がけで岡田を尋ねて来た。自分はその時もかれこれ二時間余り彼と話した。けれどもそれはただ前日の催しを岡田の家で小規模に繰返したに過ぎなかったので、新しい印象と云っては格別頭に残りようがなかった。だから本当をいうとただ世間並の人というほかに、自分は彼について何も解らなかった。けれどもまた母や岡田に対する義務としては、何も解らないで澄ましている訳にも行かなかった。自分はこの二三日の間に、とうとう東京の母へ向けて佐野と会見を結了(けつりょう)した旨(むね)の報告を書いた。
 仕方がないから「佐野さんはあの写真によく似ている」と書いた。「酒は呑(の)むが、呑んでも赤くならない」と書いた。「御父さんのように謡(うたい)をうたう代りに義太夫を勉強しているそうだ」と書いた。最後に岡田夫婦と仲の好さそうな様子を述べて、「あれほど仲の好い岡田さん夫婦の周旋だから間違はないでしょう」と書いた。一番しまいに、「要するに、佐野さんは多数の妻帯者と変ったところも何もないようです。お貞(さだ)さんも普通の細君になる資格はあるんだから、承諾したら好いじゃありませんか」と書いた。
 自分はこの手紙を封じる時、ようやく義務が済んだような気がした。しかしこの手紙一つでお貞さんの運命が永久に決せられるのかと思うと、多少自分のおっちょこちょいに恥入るところもあった。そこで自分はこの手紙を封筒へ入(いれ)たまま、岡田の所へ持って行った。岡田はすうと眼を通しただけで、「結構」と答えた。お兼さんは、てんで巻紙に手を触れなかった。自分は二人の前に坐って、双方を見較(みくら)べた。
「これで好いでしょうかね。これさえ出してしまえば、宅(うち)の方はきまるんです。したがって佐野さんもちょっと動けなくなるんですが」
「結構です。それが僕らの最も希望するところです」と岡田は開き直っていった。お兼さんは同じ意味を女の言葉で繰(く)り返した。二人からこう事もなげに云われた自分は、それで安心するよりもかえって心元なくなった。
「何がそんなに気になるんです」と岡田が微笑しながら煙草(たばこ)の煙を吹いた。「この事件について一番冷淡だったのは君じゃありませんか」
「冷淡にゃ違ないが、あんまりお手軽過ぎて、少し双方に対して申訳がないようだから」
「お手軽どころじゃございません、それだけ長い手紙を書いていただけば。それでお母さまが御満足なさる、こちらは初(はじめ)からきまっている。これほどおめでたい事はないじゃございませんか、ねえあなた」
 お兼さんはこういって、岡田の方を見た。岡田はそうともと云わぬばかりの顔をした。自分は理窟(りくつ)をいうのが厭(いや)になって、二人の目の前で、三銭切手を手紙に貼(は)った。

        十一

 自分はこの手紙を出しっきりにして大阪を立退(たちの)きたかった。岡田も母の返事の来るまで自分にいて貰う必要もなかろうと云った。
「けれどもまあ緩(ゆっ)くりなさい」
 これが彼のしばしば繰り返す言葉であった。夫婦の好意は自分によく解っていた。同時に彼らの迷惑もまたよく想像された。夫婦ものに自分のような横着(おうちゃく)な泊り客は、こっちにも多少の窮屈(きゅうくつ)は免(まぬ)かれなかった。自分は電報のように簡単な端書(はがき)を書いたぎり何の音沙汰(おとさた)もない三沢が悪(にく)らしくなった。もし明日中(あしたじゅう)に何とか音信(たより)がなければ、一人で高野登りをやろうと決心した。
「じゃ明日は佐野を誘って宝塚(たからづか)へでも行きましょう」と岡田が云い出した。自分は岡田が自分のために時間の差繰(さしくり)をしてくれるのが苦(く)になった。もっと皮肉を云えば、そんな温泉場へ行って、飲んだり食ったりするのが、お兼さんにすまないような気がした。お兼さんはちょっと見ると、派出好(はでずき)の女らしいが、それはむしろ色白な顔立や様子がそう思わせるので、性質からいうと普通の東京ものよりずっと地味(じみ)であった。外へ出る夫の懐中にすら、ある程度の束縛を加えるくらい締っているんじゃないかと思われた。
「御酒(ごしゅ)を召上らない方(かた)は一生のお得ですね」
 自分の杯(さかずき)に親しまないのを知ったお兼さんは、ある時こういう述懐(じゅっかい)を、さも羨(うらや)ましそうに洩(も)らした事さえある。それでも岡田が顔を赤くして、「二郎さん久しぶりに相撲(すもう)でも取りましょうか」と野蛮な声を出すと、お兼さんは眉(まゆ)をひそめながら、嬉(うれ)しそうな眼つきをするのが常であったから、お兼さんは旦那の酔(よ)うのが嫌(きら)いなのではなくって、酒に費用(ついえ)のかかるのが嫌いなのだろうと、自分は推察していた。
 自分はせっかくの好意だけれども宝塚行を断(ことわ)った。そうして腹の中で、あしたの朝岡田の留守に、ちょっと電車に乗って一人で行って様子を見て来(き)ようと取りきめた。岡田は「そうですか。文楽(ぶんらく)だと好いんだけれどもあいにく暑いんで休んでいるもんだから」と気の毒そうに云った。
 翌朝(よくあさ)自分は岡田といっしょに家(うち)を出た。彼は電車の上で突然自分の忘れかけていたお貞さんの結婚問題を持ち出した。
「僕はあなたの親類だと思ってやしません。あなたのお父さんやお母さんに書生として育てられた食客(しょっかく)と心得ているんです。僕の今の地位だって、あのお兼だって、みんなあなたの御両親のお蔭(かげ)でできたんです。だから何か御恩返しをしなくっちゃすまないと平生から思ってるんです。お貞さんの問題もつまりそれが動機でしたんですよ。けっして他意はないんですからね」
 お貞さんは宅(うち)の厄介ものだから、一日も早くどこかへ嫁に世話をするというのが彼の主意であった。自分は家族の一人として岡田の好意を謝すべき地位にあった。
「お宅(たく)じゃ早くお貞さんを片づけたいんでしょう」
 自分の父も母も実際そうなのである。けれどもこの時自分の眼にはお貞さんと佐野という縁故も何もない二人がいっしょにかつ離れ離れに映じた。
「旨(うま)く行くでしょうか」
「そりゃ行くだろうじゃありませんか。僕とお兼を見たって解るでしょう。結婚してからまだ一度も大喧嘩(おおげんか)をした事なんかありゃしませんぜ」
「あなた方(がた)は特別だけれども……」
「なにどこの夫婦だって、大概似たものでさあ」
 岡田と自分はそれでこの話を切り上げた。

        十二

 三沢の便(たよ)りははたして次の日の午後になっても来なかった。気の短い自分にはこんなズボラを待ってやるのが腹立(はらだた)しく感ぜられた、強(し)いてもこれから一人で立とうと決心した。
「まあもう一日(いちんち)二日(ふつか)はよろしいじゃございませんか」とお兼さんは愛嬌(あいきょう)に云ってくれた。自分が鞄(かばん)の中へ浴衣(ゆかた)や三尺帯(さんじゃくおび)を詰めに二階へ上(あが)りかける下から、「是非そうなさいましよ」とおっかけるように留めた。それでも気がすまなかったと見えて、自分が鞄の始末をした頃、上(あが)り口(ぐち)へ顔を出して、「おやもう御荷物の仕度をなすったんですか。じゃ御茶でも入れますから、御緩(ごゆっ)くりどうぞ」と降りて行った。
 自分は胡坐(あぐら)のまま旅行案内をひろげた。そうして胸の中(うち)でかれこれと時間の都合を考えた。その都合がなかなか旨(うま)く行かないので、仰向(あおむけ)になってしばらく寝て見た。すると三沢といっしょに歩く時の愉快がいろいろに想像された。富士を須走口(すばしりぐち)へ降りる時、滑(すべ)って転んで、腰にぶら下げた大きな金明水(きんめいすい)入の硝子壜(ガラスびん)を、壊(こわ)したなり帯へ括(くく)りつけて歩いた彼の姿扮(すがた)などが眼に浮んだ。ところへまた梯子段(はしごだん)を踏むお兼さんの足音がしたので、自分は急に起き直った。
 お兼さんは立ちながら、「まあ好かった」と一息吐(つ)いたように云って、すぐ自分の前に坐(すわ)った。そうして三沢から今届いた手紙を自分に渡した。自分はすぐ封を開いて見た。
「とうとう御着(おつき)になりましたか」
 自分はちょっとお兼さんに答える勇気を失った。三沢は三日前大阪に着いて二日ばかり寝たあげくとうとう病院に入ったのである。自分は病院の名を指(さ)してお兼さんに地理を聞いた。お兼さんは地理だけはよく呑(の)み込んでいたが、病院の名は知らなかった。自分はとにかく鞄(かばん)を提(さ)げて岡田の家を出る事にした。
「どうもとんだ事でございますね」とお兼さんは繰り返し繰り返し気の毒がった。断(ことわ)るのを無理に、下女が鞄を持って停車場(ステーション)まで随(つ)いて来た。自分は途中でなおもこの下女を返そうとしたが、何とか云ってなかなか帰らなかった。その言葉は解るには解るが、自分のようにこの土地に親しみのないものにはとても覚えられなかった。別れるとき今まで世話になった礼に一円やったら「さいなら、お機嫌(きげん)よう」と云った。
 電車を下りて俥(くるま)に乗ると、その俥は軌道(レール)を横切って細い通りを真直(まっすぐ)に馳(か)けた。馳け方があまり烈(はげ)しいので、向うから来る自転車だの俥だのと幾度(いくたび)か衝突しそうにした。自分ははらはらしながら病院の前に降(お)ろされた。
 鞄を持ったまま三階に上(あが)った自分は、三沢を探すため方々の室(へや)を覗(のぞ)いて歩いた。三沢は廊下の突き当りの八畳に、氷嚢(ひょうのう)を胸の上に載(の)せて寝ていた。
「どうした」と自分は室に入るや否や聞いた。彼は何も答えずに苦笑している。「また食い過ぎたんだろう」と自分は叱るように云ったなり、枕元に胡坐(あぐら)をかいて上着(うわぎ)を脱いだ。
「そこに蒲団(ふとん)がある」と三沢は上眼(うわめ)を使って、室の隅(すみ)を指した。自分はその眼の様子と頬の具合を見て、これはどのくらい重い程度の病気なんだろうと疑った。
「看護婦はついてるのかい」
「うん。今どこかへ出て行った」

        十三

 三沢は平生から胃腸のよくない男であった。ややともすると吐いたり下したりした。友達はそれを彼の不養生からだと評し合った。当人はまた母の遺伝で体質から来るんだから仕方がないと弁解していた。そうして消化器病の書物などをひっくり返して、アトニーとか下垂性(かすいせい)とかトーヌスとかいう言葉を使った。自分などが時々彼に忠告めいた事をいうと、彼は素人(しろうと)が何を知るものかと云わぬばかりの顔をした。
「君アルコールは胃で吸収されるものか、腸で吸収されるものか知ってるか」などと澄ましていた。そのくせ病気になると彼はきっと自分を呼んだ。自分もそれ見ろと思いながら必ず見舞に出かけた。彼の病気は短くて二三日長くて一二週間で大抵は癒(なお)った。それで彼は彼の病気を馬鹿にしていた。他人の自分はなおさらであった。
 けれどもこの場合自分はまず彼の入院に驚かされていた。その上に胃の上の氷嚢(ひょうのう)でまた驚かされた。自分はそれまで氷嚢は頭か心臓の上でなければ載(の)せるものでないとばかり信じていたのである。自分はぴくんぴくんと脈を打つ氷嚢を見つめて厭(いや)な心持になった。枕元に坐っていればいるほど、付景気(つけげいき)の言葉がだんだん出なくなって来た。
 三沢は看護婦に命じて氷菓子(アイスクリーム)を取らせた。自分がその一杯に手を着けているうちに、彼は残る一杯を食うといい出した。自分は薬と定食以外にそんなものを口にするのは好くなかろうと思ってとめにかかった。すると三沢は怒った。
「君は一杯の氷菓子を消化するのに、どのくらい強壮な胃が必要だと思うのか」と真面目(まじめ)な顔をして議論を仕かけた。自分は実のところ何にも知らないのである。看護婦は、よかろうけれども念のためだからと云って、わざわざ医局へ聞きに行った。そうして少量なら差支(さしつかえ)ないという許可を得て来た。
 自分は便所に行くとき三沢に知れないように看護婦を呼んで、あの人の病気は全体何というんだと聞いて見た。看護婦はおおかた胃が悪いんだろうと答えた。それより以上の事を尋ねると、今朝看護婦会から派出されたばかりで、何もまだ分らないんだと云って平気でいた。仕方なしに下へ降りて医員に尋ねたら、その男もまだ三沢の名を知らなかった。けれども患者の病名だの処方だのを書いた紙箋(しせん)を繰って、胃が少し糜爛(ただ)れたんだという事だけ教えてくれた。
 自分はまた三沢の傍(そば)へ行った。彼は氷嚢を胃の上に載せたまま、「君その窓から外を見てみろ」、と云った。窓は正面に二つ側面に一つあったけれども、いずれも西洋式で普通より高い上に、病人は日本の蒲団(ふとん)を敷いて寝ているんだから、彼の眼には強い色の空と、電信線の一部分が筋違(すじかい)に見えるだけであった。
 自分は窓側(まどぎわ)に手を突いて、外を見下(みおろ)した。すると何よりもまず高い煙突から出る遠い煙が眼に入(い)った。その煙は市全体を掩(おお)うように大きな建物の上を這(は)い廻っていた。
「河が見えるだろう」と三沢が云った。
 大きな河が左手の方に少し見えた。
「山も見えるだろう」と三沢がまた云った。
 山は正面にさっきから見えていた。
 それが暗(くら)がり峠(とうげ)で、昔は多分大きな木ばかり生えていたのだろうが、今はあの通り明るい峠に変化したんだとか、もう少しするとあの山の下を突(つ)き貫(ぬ)いて、奈良へ電車が通うようになるんだとか、三沢は今誰かから聞いたばかりの事を元気よく語った。自分はこれなら大した心配もないだろうと思って病院を出た。

        十四

 自分は別に行く所もなかったので、三沢の泊った宿の名を聞いて、そこへ俥(くるま)で乗りつけた。看護婦はつい近くのように云ったが、始めての自分にはかなりの道程(みちのり)と思われた。
 その宿には玄関も何にもなかった。這入(はい)ってもいらっしゃいと挨拶(あいさつ)に出る下女もなかった。自分は三沢の泊ったという二階の一間(ひとま)に通された。手摺(てすり)の前はすぐ大きな川で、座敷から眺(なが)めていると、大変涼(すず)しそうに水は流れるが、向(むき)のせいか風は少しも入らなかった。夜(よ)に入(い)って向側に点ぜられる灯火のきらめきも、ただ眼に少しばかりの趣(おもむき)を添えるだけで、涼味という感じにはまるでならなかった。
 自分は給仕の女に三沢の事を聞いて始めて知った。彼は二日(ふつか)ここに寝たあげく、三日目に入院したように記憶していたが実はもう一日前の午後に着いて、鞄(かばん)を投げ込んだまま外出して、その晩の十時過に始めて帰って来たのだそうである。着いた時には五六人の伴侶(つれ)がいたが、帰りにはたった一人になっていたと下女は告げた。自分はその五六人の伴侶の何人(なんびと)であるかについて思い悩んだ。しかし想像さえ浮ばなかった。
「酔ってたかい」と自分は下女に聞いて見た。そこは下女も知らなかった。けれども少し経(た)って吐(は)いたから酔っていたんだろうと答えた。
 自分はその夜(よ)蚊帳(かや)を釣って貰って早く床(とこ)に這入(はい)った。するとその蚊帳に穴があって、蚊(か)が二三疋(びき)這入って来た。団扇(うちわ)を動かして、それを払(はら)い退(の)けながら寝ようとすると、隣の室(へや)の話し声が耳についた。客は下女を相手に酒でも呑んでいるらしかった。そうして警部だとかいう事であった。自分は警部の二字に多少の興味があった。それでその人の話を聞いて見る気になったのである。すると自分の室を受持っている下女が上って来て、病院から電話だと知らせた。自分は驚いて起き上った。
 電話の相手は三沢の看護婦であった。病人の模様でも急に変ったのかと思って心配しながら用事を聞いて見ると病人から、明日(あした)はなるべく早く来てくれ、退屈で困るからという伝言に過ぎなかった。自分は彼の病気がはたしてそう重くないんだと断定した。「何だそんな事か、そういうわがままはなるべく取次(とりつ)がないが好い」と叱りつけるように云ってやったが、後で看護婦に対して気の毒になったので、「しかし行く事は行くよ。君が来てくれというなら」とつけ足(た)して室へ帰った。
 下女はいつ気がついたか、蚊帳の穴を針と糸で塞(ふさ)いでいた。けれどもすでに這入っている蚊はそのままなので、横になるや否や、時々額や鼻の頭の辺(あたり)でぶうんと云う小(ちいさ)い音がした。それでもうとうとと寝た。すると今度は右の方の部屋でする話声で眼が覚(さ)めた。聞いているとやはり男と女の声であった。自分はこっち側(がわ)に客は一人もいないつもりでいたので、ちょっと驚かされた。しかし女が繰返(くりかえ)して、「そんならもう帰して貰いますぜ」というような言葉を二三度用いたので、隣の客が女に送られて茶屋からでも帰って来たのだろうと推察してまた眠りに落ちた。
 それからもう一度下女が雨戸を引く音に夢を破られて、最後に起き上ったのが、まだ川の面(おもて)に白い靄(もや)が薄く見える頃だったから、正味(しょうみ)寝たのは何時間にもならなかった。

        十五

 三沢の氷嚢(ひょうのう)は依然としてその日も胃の上に在(あ)った。
「まだ氷で冷やしているのか」
 自分はいささか案外な顔をしてこう聞いた。三沢にはそれが友達甲斐(がい)もなく響いたのだろう。
「鼻風邪(はなかぜ)じゃあるまいし」と云った。
 自分は看護婦の方を向いて、「昨夕(ゆうべ)は御苦労さま」と一口礼を述べた。看護婦は色の蒼(あお)い膨(ふく)れた女であった。顔つきが絵にかいた座頭に好く似ているせいか、普通彼らの着る白い着物がちっとも似合わなかった。岡山のもので、小さい時膿毒性(のうどくしょう)とかで右の眼を悪くしたんだと、こっちで尋ねもしない事を話した。なるほどこの女の一方の眼には白い雲がいっぱいにかかっていた。
「看護婦さん、こんな病人に優しくしてやると何を云い出すか分らないから、好加減(いいかげん)にしておくがいいよ」
 自分は面白半分わざと軽薄な露骨(ろこつ)を云って、看護婦を苦笑(くしょう)させた。すると三沢が突然「おい氷だ」と氷嚢を持ち上げた。
 廊下の先で氷を割る音がした時、三沢はまた「おい」と云って自分を呼んだ。
「君には解るまいが、この病気を押していると、きっと潰瘍(かいよう)になるんだ。それが危険だから僕はこうじっとして氷嚢を載(の)せているんだ。ここへ入院したのも、医者が勧めたのでも、宿で周旋して貰ったのでもない。ただ僕自身が必要と認めて自分で入ったのだ。酔興じゃないんだ」
 自分は三沢の医学上の智識について、それほど信を置き得なかった。けれどもこう真面目(まじめ)に出られて見ると、もう交(ま)ぜ返(かえ)す勇気もなかった。その上彼のいわゆる潰瘍とはどんなものか全く知らなかった。
 自分は起(た)って窓側(まどぎわ)へ行った。そうして強い光に反射して、乾いた土の色を見せている暗(くら)がり峠(とうげ)を望んだ。ふと奈良へでも遊びに行って来(き)ようかという気になった。
「君その様子じゃ当分約束を履行(りこう)する訳にも行かないだろう」
「履行しようと思って、これほどの養生をしているのさ」
 三沢はなかなか強情の男であった。彼の強情につき合えば、彼の健康が旅行に堪(た)え得るまで自分はこの暑い都の中で蒸(む)されていなければならなかった。
「だって君の氷嚢はなかなか取れそうにないじゃないか」
「だから早く癒(なお)るさ」
 自分は彼とこういう談話を取り換(か)わせているうちに、彼の強情のみならず、彼のわがままな点をよく見て取った。同時に一日も早く病人を見捨てて行こうとする自分のわがままもまたよく自分の眼に映った。
「君大阪へ着いたときはたくさん伴侶(つれ)があったそうじゃないか」
「うん、あの連中と飲んだのが悪かった」
 彼の挙げた姓名のうちには、自分の知っているものも二三あった。三沢は彼らと名古屋からいっしょの汽車に乗ったのだが、いずれも馬関とか門司とか福岡とかまで行く人であるにかかわらず久しぶりだからというので、皆(みん)な大阪で降りて三沢と共に飯を食ったのだそうである。
 自分はともかくももう二三日いて病人の経過を見た上、どうとかしようと分別(ふんべつ)した。

        十六

 その間自分は三沢の付添のように、昼も晩も大抵は病院で暮した。孤独な彼は実際毎日自分を待受けているらしかった。それでいて顔を合わすと、けっして礼などは云わなかった。わざわざ草花を買って持って行ってやっても、憤(むっ)と膨(ふく)れている事さえあった。自分は枕元で書物を読んだり、看護婦を相手にしたり、時間が来ると病人に薬を呑(の)ませたりした。朝日が強く差し込む室(へや)なので、看護婦を相手に、寝床(ねどこ)を影の方へ移す手伝もさせられた。
 自分はこうしているうちに、毎日午前中に回診する院長を知るようになった。院長は大概黒のモーニングを着て医員と看護婦を一人ずつ随えていた。色の浅黒い鼻筋の通った立派な男で、言葉遣(ことばづか)いや態度にも容貌(ようぼう)の示すごとく品格があった。三沢は院長に会うと、医学上の知識をまるでもっていない自分たちと同じような質問をしていた。「まだ容易に旅行などはできないでしょうか」「潰瘍(かいよう)になると危険でしょうか」「こうやって思い切って入院した方が、今考えて見るとやっぱり得策だったんでしょうか」などと聞くたびに院長は「ええまあそうです」ぐらいな単簡(たんかん)な返答をした。自分は平生解らない術語を使って、他(ひと)を馬鹿にする彼が、院長の前でこう小さくなるのを滑稽(こっけい)に思った。
 彼の病気は軽いような重いような変なものであった。宅(うち)へ知らせる事は当人が絶対に不承知であった。院長に聞いて見ると、嘔気(はきけ)が来なければ心配するほどの事もあるまいが、それにしてももう少しは食慾が出るはずだと云って、不思議そうに考え込んでいた。自分は去就(きょしゅう)に迷った。
 自分が始めて彼の膳(ぜん)を見たときその上には、生豆腐(なまどうふ)と海苔(のり)と鰹節(かつぶし)の肉汁(ソップ)が載(の)っていた。彼はこれより以上箸(はし)を着ける事を許されなかったのである。自分はこれでは前途遼遠(ぜんとりょうえん)だと思った。同時にその膳に向って薄い粥(かゆ)を啜(すす)る彼の姿が変に痛ましく見えた。自分が席を外(はず)して、つい近所の洋食屋へ行って支度(したく)をして帰って来ると、彼はきっと「旨(うま)かったか」と聞いた。自分はその顔を見てますます気の毒になった。
「あの家(うち)はこの間君と喧嘩(けんか)した氷菓子(アイスクリーム)を持って来る家だ」
 三沢はこういって笑っていた。自分は彼がもう少し健康を回復するまで彼の傍(そば)にいてやりたい気がした。
 しかし宿へ帰ると、暑苦しい蚊帳(かや)の中で、早く涼しい田舎(いなか)へ行きたいと思うことが多かった。この間の晩女と話をして人の眠を妨(さまた)げた隣の客はまだ泊っていた。そうして自分の寝ようとする頃に必ず酒気(しゅき)を帯びて帰って来た。ある時は宿で酒を飲んで、芸者を呼べと怒鳴(どな)っていた。それを下女がさまざまにごまかそうとしてしまいには、あの女はあなたの前へ出ればこそ、あんな愛嬌(あいきょう)をいうものの、蔭(かげ)ではあなたの悪口ばかり並べるんだから止(や)めろと忠告していた。すると客は、なにおれの前へ出た時だけ御世辞(おせじ)を云ってくれりゃそれで嬉(うれ)しいんだ、蔭で何と云ったって聞えないから構わないと答えていた。ある時はこれも芸者が何か真面目(まじめ)な話を持ち込んで来たのを、今度は客の方でごまかそうとして、その芸者から他(ひと)の話を「じゃん、じゃか、じゃん」にしてしまうと云って怒られていた。
 自分はこんな事で安眠を妨害されて、実際迷惑を感じた。

        十七

 そんなこんなで好く眠られなかった朝、もう看病は御免蒙(ごめんこうむ)るという気で、病院の方へ橋を渡った。すると病人はまだすやすや眠っていた。
 三階の窓から見下(みおろ)すと、狭い通なので、門前の路(みち)が細く綺麗(きれい)に見えた。向側は立派な高塀(たかべい)つづきで、その一つの潜(くぐ)りの外へ主人(あるじ)らしい人が出て、如露(じょうろ)で丹念(たんねん)に往来を濡(ぬ)らしていた。塀の内には夏蜜柑(なつみかん)のような深緑の葉が瓦(かわら)を隠すほど茂っていた。
 院内では小使が丁字形(ていじけい)の棒の先へ雑巾(ぞうきん)を括(くく)り付けて廊下をぐんぐん押して歩いた。雑巾をゆすがないので、せっかく拭いた所がかえって白く汚れた。軽い患者はみな洗面所へ出て顔を洗った。看護婦の払塵(はたき)の声がここかしこで聞こえた。自分は枕(まくら)を借りて、三沢の隣の空室(あきべや)へ、昨夕(ゆうべ)の睡眠不足を補いに入った。
 その室(へや)も朝日の強く当る向(むき)にあるので、一寝入するとすぐ眼が覚(さ)めた。額や鼻の頭に汗と油が一面に浮き出しているのも不愉快だった。自分はその時岡田から電話口へ呼ばれた。岡田が病院へ電話をかけたのはこれで三度目である。彼はきまりきって、「御病人の御様子はどうです」と聞く。「二三日中(うち)是非伺います」という。「何でも御用があるなら御遠慮なく」という。最後にきっとお兼さんの事を一口二口つけ加えて、「お兼からもよろしく」とか、「是非お遊びにいらっしゃるように妻(さい)も申しております」とか、「うちの方が忙がしいんで、つい御無沙汰(ごぶさた)をしています」とか云う。
 その日も岡田の話はいつもの通りであった。けれども一番しまいに、「今から一週間内……と断定する訳には行かないが、とにかくもう少しすると、あなたをちょいと驚かせる事が出て来るかも知れませんよ」と妙な事を仄(ほの)めかした。自分は全く想像がつかないので、全体どんな話なんですかと二三度聞き返したが、岡田は笑いながら、「もう少しすれば解ります」というぎりなので、自分もとうとうその意味を聞かないで、三沢の室(へや)へ帰って来た。
「また例の男かい」と三沢が云った。
 自分は今の岡田の電話が気になって、すぐ大阪を立つ話を持ち出す心持になれなかった。すると思いがけない三沢の方から「君もう大阪は厭(いや)になったろう。僕のためにいて貰う必要はないから、どこかへ行くなら遠慮なく行ってくれ」と云い出した。彼はたとい病院を出る場合が来ても、むやみな山登りなどは当分慎まなければならないと覚(さと)ったと説明して聞かせた。
「それじゃ僕の都合の好いようにしよう」
 自分はこう答えてしばらく黙っていた。看護婦は無言のまま室の外に出て行った。自分はその草履(ぞうり)の音の消えるのを聞いていた。それから小さい声をして三沢に、「金はあるか」と尋ねた。彼は己(おの)れの病気をまだ己れの家に知らせないでいる。それにたった一人の知人たる自分が、彼の傍(そば)を立ち退(の)いたら、精神上よりも物質的に心細かろうと自分は懸念(けねん)した。
「君に才覚ができるのかい」と三沢は聞いた。
「別に目的(あて)もないが」と自分は答えた。
「例の男はどうだい」と三沢が云った。
「岡田か」と自分は少し考え込んだ。
 三沢は急に笑い出した。
「何いざとなればどうかなるよ。君に算段して貰わなくっても。金はあるにはあるんだから」と云った。

        十八

 金の事はついそれなりになった。自分は岡田へ金を借りに行く時の思いを想像すると実際厭(いや)だった。病気に罹(かか)った友達のためだと考えても、少しも進む気はしなかった。その代りこの地を立つとも立たないとも決心し得ないでぐずぐずした。
 岡田からの電話はかかって来た時大(おおい)に自分の好奇心を動揺させたので、わざわざ彼に会って真相を聞き糺(ただ)そうかと思ったけれども、一晩経(た)つとそれも面倒になって、ついそのままにしておいた。
 自分は依然として病院の門を潜(くぐ)ったり出たりした。朝九時頃玄関にかかると、廊下も控所も外来の患者でいっぱいに埋(うま)っている事があった。そんな時には世間にもこれほど病人があり得るものかとわざと驚いたような顔をして、彼らの様子を一順(いちじゅん)見渡してから、梯子段(はしごだん)に足をかけた。自分が偶然あの女を見出だしたのは全くこの一瞬間にあった。あの女というのは三沢があの女あの女と呼ぶから自分もそう呼ぶのである。
 あの女はその時廊下の薄暗い腰掛の隅(すみ)に丸くなって横顔だけを見せていた。その傍(そば)には洗髪(あらいがみ)を櫛巻(くしまき)にした背の高い中年の女が立っていた。自分の一瞥(いちべつ)はまずその女の後姿(うしろすがた)の上に落ちた。そうして何だかそこにぐずぐずしていた。するとその年増(としま)が向うへ動き出した。あの女はその年増の影から現われたのである。その時あの女は忍耐の像のように丸くなってじっとしていた。けれども血色にも表情にも苦悶(くもん)の迹(あと)はほとんど見えなかった。自分は最初その横顔を見た時、これが病人の顔だろうかと疑った。ただ胸が腹に着くほど背中を曲げているところに、恐ろしい何物かが潜(ひそ)んでいるように思われて、それがはなはだ不快であった。自分は階段を上(のぼ)りつつ、「あの女」の忍耐と、美しい容貌(ようぼう)の下に包んでいる病苦とを想像した。
 三沢は看護婦から病院のAという助手の話を聞かされていた。このAさんは夜になって閑(ひま)になると、好く尺八(しゃくはち)を吹く若い男であった。独身(ひとり)もので病院に寝泊りをして、室(へや)は三沢と同じ三階の折れ曲った隅にあった。この間まで始終(しじゅう)上履(スリッパー)の音をぴしゃぴしゃ云わして歩いていたが、この二三日まるで顔を見せないので、三沢も自分も、どうかしたのかねぐらいは噂(うわさ)し合っていたのである。
 看護婦はAさんが時々跛(びっこ)を引いて便所へ行く様子がおかしいと云って笑った。それから病院の看護婦が時々ガーゼと金盥(かなだらい)を持ってAさんの部屋へ入って行くところを見たとも云った。三沢はそういう話に興味があるでもなく、また無いでもないような無愛嬌(ぶあいきょう)な顔をして、ただ「ふん」とか「うん」とか答えていた。
 彼はまた自分にいつまで大阪にいるつもりかと聞いた。彼は旅行を断念してから、自分の顔を見るとよくこう云った。それが自分には遠慮がましくかつ催促がましく聞こえてかえって厭(いや)であった。
「僕の都合で帰ろうと思えばいつでも帰るさ」
「どうかそうしてくれ」
 自分は立って窓から真下を見下した。「あの女」はいくら見ていても門の外へ出て来なかった。
「日の当る所へわざわざ出て何をしているんだ」と三沢が聞いた。
「見ているんだ」と自分は答えた。
「何を見ているんだ」と三沢が聞き返した。

        十九

 自分はそれでも我慢して容易に窓側(まどぎわ)を離れなかった。つい向うに見える物干に、松だの石榴(ざくろ)だのの盆栽が五六鉢(はち)並んでいる傍(そば)で、島田に結(い)った若い女が、しきりに洗濯ものを竿(さお)の先に通していた。自分はちょっとその方を見てはまた下を向いた。けれども待ち設けている当人はいつまで経(た)っても出て来る気色(けしき)はなかった。自分はとうとう暑さに堪(た)え切れないでまた三沢の寝床の傍へ来て坐(すわ)った。彼は自分の顔を見て、「どうも強情な男だな、他(ひと)が親切に云ってやればやるほど、わざわざ日の当る所に顔を曝(さら)しているんだから。君の顔は真赤(まっか)だよ」と注意した。自分は平生から三沢こそ強情な男だと思っていた。それで「僕の窓から首を出していたのは、君のような無意味な強情とは違う。ちゃんと目的があってわざと首を出したんだ」と少しもったいをつけて説明した。その代り肝心(かんじん)の「あの女」の事をかえって云い悪(にく)くしてしまった。
 ほど経(へ)て三沢はまた「先刻(さっき)は本当に何か見ていたのか」と笑いながら聞いた。自分はこの時もう気が変っていた。「あの女」を口にするのが愉快だった。どうせ強情な三沢の事だから、聞けばきっと馬鹿だとか下らないとか云って自分を冷罵するに違ないとは思ったが、それも気にはならなかった。そうしたら実は「あの女」について自分はある原因から特別の興味をもつようになったのだぐらい答えて、三沢を少し焦(じ)らしてやろうという下心さえ手伝った。
 ところが三沢は自分の予期とはまるで反対の態度で、自分のいう一句一句をさも感心したらしく聞いていた。自分も乗気になって一二分で済むところを三倍ほどに語り続けた。一番しまいに自分の言葉が途切れた時、三沢は「それは無論素人(しろうと)なんじゃなかろうな」と聞いた。自分は「あの女」を詳(くわ)しく説明したけれども、つい芸者という言葉を使わなかったのである。
「芸者ならことによると僕の知っている女かも知れない」
 自分は驚かされた。しかしてっきり冗談(じょうだん)だろうと思った。けれども彼の眼はその反対を語っていた。そのくせ口元は笑っていた。彼は繰り返して「あの女」の眼つきだの鼻つきだのを自分に問うた。自分は梯子段(はしごだん)を上(のぼ)る時、その横顔を見たぎりなので、そう詳しい事は答えられないほどであった。自分にはただ背中を折って重なり合っているような憐(あわ)れな姿勢だけがありありと眼に映った。
「きっとあれだ。今に看護婦に名前を聞かしてやろう」
 三沢はこう云って薄笑いをした。けれども自分を担(かつ)いでる様子はさらに見えなかった。自分は少し釣り込まれた気味で、彼と「あの女」との関係を聞こうとした。
「今に話すよ。あれだと云う事が確に分ったら」
 そこへ病院の看護婦が「回診です」と注意しに来たので、「あの女」の話はそれなり途切(とぎ)れてしまった。自分は回診の混雑を避けるため、時間が来ると席を外(はず)して廊下へ出たり、貯水桶(ちょすいおけ)のある高いところへ出たりしていたが、その日は手近にある帽を取って、梯子段を下まで降りた。「あの女」がまだどこかにいそうな気がするので、自分は玄関の入口に佇立(たたず)んで四方を見廻した。けれども廊下にも控室にも患者の影はなかった。

        二十

 その夕方の空が風を殺して静まり返った灯(ひ)ともし頃、自分はまた曲りくねった段々を急ぎ足に三沢の室(へや)まで上(のぼ)った。彼は食後と見えて蒲団(ふとん)の上に胡坐(あぐら)をかいて大きくなっていた。
「もう便所へも一人で行くんだ。肴(さかな)も食っている」
 これが彼のその時の自慢であった。
 窓は三(みっ)つ共(とも)明け放ってあった。室が三階で前に目を遮(さえ)ぎるものがないから、空は近くに見えた。その中に燦(きら)めく星も遠慮なく光を増して来た。三沢は団扇(うちわ)を使いながら、「蝙蝠(こうもり)が飛んでやしないか」と云った。看護婦の白い服が窓の傍(そば)まで動いて行って、その胴から上がちょっと窓枠(まどわく)の外へ出た。自分は蝙蝠(こうもり)よりも「あの女」の事が気にかかった。「おい、あの事は解ったか」と聞いて見た。
「やっぱりあの女だ」
 三沢はこう云いながら、ちょっと意味のある眼遣(めづか)いをして自分を見た。自分は「そうか」と答えた。その調子が余り高いという訳なんだろう、三沢は団扇でぱっと自分の顔を煽(あお)いだ。そうして急に持ち交(か)えた柄(え)の方を前へ出して、自分達のいる室の筋向うを指(さ)した。
「あの室へ這入(はい)ったんだ。君の帰った後(あと)で」
 三沢の室は廊下の突き当りで往来の方を向いていた。女の室は同じ廊下の角(かど)で、中庭の方から明りを取るようにできていた。暑いので両方共入り口は明けたまま、障子(しょうじ)は取り払ってあったから、自分のいる所から、団扇の柄で指(さ)し示された部屋の入口は、四半分ほど斜めに見えた。しかしそこには女の寝ている床(とこ)の裾(すそ)が、画(え)の模様のように三角に少し出ているだけであった。
 自分はその蒲団の端(はじ)を見つめてしばらく何も云わなかった。
「潰瘍(かいよう)の劇(はげ)しいんだ。血を吐(は)くんだ」と三沢がまた小さな声で告げた。自分はこの時彼が無理をやると潰瘍になる危険があるから入院したと説明して聞かせた事を思い出した。潰瘍という言葉はその折自分の頭に何らの印象も与えなかったが、今度は妙に恐ろしい響を伝えた。潰瘍の陰に、死という怖いものが潜(ひそ)んでいるかのように。
 しばらくすると、女の部屋で微(かす)かにげえげえという声がした。
「そら吐いている」と三沢が眉(まゆ)をひそめた。やがて看護婦が戸口へ現れた。手に小さな金盥(かなだらい)を持ちながら、草履(ぞうり)を突っかけて、ちょっと我々の方を見たまま出て行った。
「癒(なお)りそうなのかな」
 自分の眼には、今朝(けさ)腮(あご)を胸に押しつけるようにして、じっと腰をかけていた美くしい若い女の顔がありありと見えた。
「どうだかね。ああ嘔(は)くようじゃ」と三沢は答えた。その表情を見ると気の毒というよりむしろ心配そうなある物に囚(とら)えられていた。
「君は本当にあの女を知っているのか」と自分は三沢に聞いた。
「本当に知っている」と三沢は真面目(まじめ)に答えた。
「しかし君は大阪へ来たのが今度始めてじゃないか」と自分は三沢を責めた。
「今度来て今度知ったのだ」と三沢は弁解した。「この病院の名も実はあの女に聞いたのだ。僕はここへ這入(はい)る時から、あの女がことによるとやって来やしないかと心配していた。けれども今朝君の話を聞くまではよもやと思っていた。僕はあの女の病気に対しては責任があるんだから……」

        二十一

 大阪へ着くとそのまま、友達といっしょに飲みに行ったどこかの茶屋で、三沢は「あの女」に会ったのである。
 三沢はその時すでに暑さのために胃に変調を感じていた。彼を強(し)いた五六人の友達は、久しぶりだからという口実のもとに、彼を酔わせる事を御馳走(ごちそう)のように振舞(ふるま)った。三沢も宿命に従う柔順な人として、いくらでも盃(さかずき)を重ねた。それでも胸の下の所には絶えず不安な自覚があった。ある時は変な顔をして苦しそうに生唾(なまつばき)を呑(の)み込んだ。ちょうど彼の前に坐っていた「あの女」は、大阪言葉で彼に薬をやろうかと聞いた。彼はジェムか何かを五六粒手の平(ひら)へ載(の)せて口のなかへ投げ込んだ。すると入物を受取った女も同じように白い掌(てのひら)の上に小さな粒を並べて口へ入れた。
 三沢は先刻(さっき)から女の倦怠(だる)そうな立居に気をつけていたので、御前もどこか悪いのかと聞いた。女は淋(さび)しそうな笑いを見せて、暑いせいか食慾がちっとも進まないので困っていると答えた。ことにこの一週間は御飯が厭(いや)で、ただ氷ばかり呑んでいる、それも今呑んだかと思うと、すぐまた食べたくなるんで、どうもしようがないと云った。
 三沢は女に、それはおおかた胃が悪いのだろうから、どこかへ行って専門の大家にでも見せたら好かろうと真面目な忠告をした。女も他(ひと)に聞くと胃病に違ないというから、好い医者に見せたいのだけれども家業が家業だからと後(あと)は云い渋っていた。彼はその時女から始めてここの病院と院長の名前を聞いた。
「僕もそう云う所へちょっと入ってみようかな。どうも少し変だ」
 三沢は冗談(じょうだん)とも本気ともつかない調子でこんな事を云って、女から縁喜(えんぎ)でもないように眉(まゆ)を寄せられた。
「それじゃまあたんと飲んでから後(あと)の事にしよう」と三沢は彼の前にある盃(さかずき)をぐっと干して、それを女の前に突き出した。女はおとなしく酌をした。
「君も飲むさ。飯は食えなくっても、酒なら飲めるだろう」
 彼は女を前に引きつけてむやみに盃をやった。女も素直(すなお)にそれを受けた。しかししまいには堪忍(かんにん)してくれと云い出した。それでもじっと坐ったまま席を立たなかった。
「酒を呑(の)んで胃病の虫を殺せば、飯なんかすぐ喰える。呑まなくっちゃ駄目だ」
 三沢は自暴(やけ)に酔ったあげく、乱暴な言葉まで使って女に酒を強(し)いた。それでいて、己れの胃の中には、今にも爆発しそうな苦しい塊(かたまり)が、うねりを打っていた。

      *       *       *       *

 自分は三沢の話をここまで聞いて慄(ぞっ)とした。何の必要があって、彼は己(おのれ)の肉体をそう残酷に取扱ったのだろう。己れは自業自得としても、「あの女」の弱い身体(からだ)をなんでそう無益(むやく)に苦めたものだろう。
「知らないんだ。向(むこう)は僕の身体を知らないし、僕はまたあの女の身体を知らないんだ。周囲(まわり)にいるものはまた我々二人の身体を知らないんだ。そればかりじゃない、僕もあの女も自分で自分の身体が分らなかったんだ。その上僕は自分の胃(い)の腑(ふ)が忌々(いまいま)しくってたまらなかった。それで酒の力で一つ圧倒してやろうと試みたのだ。あの女もことによると、そうかも知れない」
 三沢はこう云って暗然としていた。

        二十二

「あの女」は室(へや)の前を通っても廊下からは顔の見えない位置に寝ていた。看護婦は入口の柱の傍(そば)へ寄って覗(のぞ)き込むようにすれば見えると云って自分に教えてくれたけれども自分にはそれをあえてするほどの勇気がなかった。
 附添の看護婦は暑いせいか大概はその柱にもたれて外の方ばかり見ていた。それがまた看護婦としては特別器量(きりょう)が好いので、三沢は時々不平な顔をして人を馬鹿にしているなどと云った。彼の看護婦はまた別の意味からして、この美しい看護婦を好く云わなかった。病人の世話をそっちのけにするとか、不親切だとか、京都に男があって、その男から手紙が来たんで夢中なんだとか、いろいろの事を探って来ては三沢や自分に報告した。ある時は病人の便器を差し込んだなり、引き出すのを忘れてそのまま寝込んでしまった怠慢(たいまん)さえあったと告げた。
 実際この美しい看護婦が器量の優(すぐ)れている割合に義務を重んじなかった事は自分達の眼にもよく映った。
「ありゃ取り換えてやらなくっちゃ、あの女が可哀(かわい)そうだね」と三沢は時々苦(にが)い顔をした。それでもその看護婦が入口の柱にもたれて、うとうとしていると、彼はわが室(へや)の中(うち)からその横顔をじっと見つめている事があった。
「あの女」の病勢もこっちの看護婦の口からよく洩(も)れた。――牛乳でも肉汁(ソップ)でも、どんな軽い液体でも狂った胃がけっして受けつけない。肝心(かんじん)の薬さえ厭(いや)がって飲まない。強いて飲ませると、すぐ戻してしまう。
「血は吐くかい」
 三沢はいつでもこう云って看護婦に反問した。自分はその言葉を聞くたびに不愉快な刺戟(しげき)を受けた。
「あの女」の見舞客は絶えずあった。けれども外(ほか)の室(へや)のように賑(にぎや)かな話し声はまるで聞こえなかった。自分は三沢の室に寝ころんで、「あの女」の室を出たり入ったりする島田や銀杏返(いちょうがえ)しの影をいくつとなく見た。中には眼の覚(さ)めるように派出(はで)な模様の着物を着ているものもあったが、大抵は素人(しろうと)に近い地味(じみ)な服装(なり)で、こっそり来てこっそり出て行くのが多かった。入口であら姐(ねえ)はんという感投詞(かんとうし)を用いたものもあったが、それはただの一遍に過ぎなかった。それも廊下の端(はじ)に洋傘(こうもり)を置いて室の中へ入るや否や急に消えたように静かになった。
「君はあの女を見舞ってやったのか」と自分は三沢に聞いた。
「いいや」と彼は答えた。「しかし見舞ってやる以上の心配をしてやっている」
「じゃ向うでもまだ知らないんだね。君のここにいる事は」
「知らないはずだ、看護婦でも云わない以上は。あの女の入院するとき僕はあの女の顔を見てはっと思ったが、向うでは僕の方を見なかったから、多分知るまい」
 三沢は病院の二階に「あの女」の馴染客(なじみきゃく)があって、それが「お前胃のため、わしゃ腸のため、共に苦しむ酒のため」という都々逸(どどいつ)を紙片(かみぎれ)へ書いて、あの女の所へ届けた上、出院のとき袴(はかま)羽織(はおり)でわざわざ見舞に来た話をして、何という馬鹿だという顔つきをした。
「静かにして、刺戟(しげき)のないようにしてやらなくっちゃいけない。室でもそっと入って、そっと出てやるのが当り前だ」と彼は云った。
「ずいぶん静じゃないか」と自分は云った。
「病人が口を利(き)くのを厭(いや)がるからさ。悪い証拠(しょうこ)だ」と彼がまた云った。

        二十三

 三沢は「あの女」の事を自分の予想以上に詳(くわ)しく知っていた。そうして自分が病院に行くたびに、その話を第一の問題として持ち出した。彼は自分のいない間(ま)に得た「あの女」の内状を、あたかも彼と関係ある婦人の内所話(ないしょばなし)でも打ち明けるごとくに語った。そうしてそれらの知識を自分に与えるのを誇りとするように見えた。
 彼の語るところによると「あの女」はある芸者屋の娘分として大事に取扱かわれる売子(うれっこ)であった。虚弱な当人はまたそれを唯一の満足と心得て商売に勉強していた。ちっとやそっと身体(からだ)が悪くてもけっして休むような横着はしなかった。時たま堪(た)えられないで床に就(つ)く場合でも、早く御座敷に出たい出たいというのを口癖にしていた。……
「今あの女の室(へや)に来ているのは、その芸者屋に古くからいる下女さ。名前は下女だけれど、古くからいるんで、自然権力があるから、下女らしくしちゃいない。まるで叔母さんか何ぞのようだ。あの女も下女のいう事だけは素直によく聞くので、厭(いや)がる薬を呑ませたり、わがままを云い募(つの)らせないためには必要な人間なんだ」
 三沢はすべてこういう内幕(うちまく)の出所(でどころ)をみんな彼の看護婦に帰して、ことごとく彼女から聞いたように説明した。けれども自分は少しそこに疑わしい点を認めないでもなかった。自分は三沢が便所へ行った留守に、看護婦を捕(つら)まえて、「三沢はああ云ってるが、僕のいないとき、あの女の室へ行って話でもするんじゃないか」と聞いて見た。看護婦は真面目(まじめ)な顔をして「そんな事ありゃしまへん」というような言葉で、一口に自分の疑いを否定した。彼女はそれからそういうお客が見舞に行ったところで、身上話などができるはずがないと弁解した。そうして「あの女」の病気がだんだん険悪の一方へ落ち込んで行く心細い例を話して聞かせた。
「あの女」は嘔気(はきけ)が止まないので、上から営養の取りようがなくなって、昨日(きのう)とうとう滋養浣腸(じようかんちょう)を試みた。しかしその結果は思わしくなかった。少量の牛乳と鶏卵(たまご)を混和した単純な液体ですら、衰弱を極(きわ)めたあの女の腸には荷が重過ぎると見えて予期通り吸収されなかった。
 看護婦はこれだけ語って、このくらい重い病人の室へ入って、誰が悠々(ゆうゆう)と身上話などを聞いていられるものかという顔をした。自分も彼女の云うところが本当だと思った。それで三沢の事は忘れて、ただ綺羅(きら)を着飾った流行の芸者と、恐ろしい病気に罹(かか)った憐(あわれ)な若い女とを、黙って心のうちに対照した。
「あの女」は器量と芸を売る御蔭(おかげ)で、何とかいう芸者屋の娘分になって家(うち)のものから大事がられていた。それを売る事ができなくなった今でも、やはり今まで通り宅(うち)のものから大事がられるだろうか。もし彼らの待遇が、あの女の病気と共にだんだん軽薄に変って行くなら、毒悪(どくあく)な病と苦戦するあの女の心はどのくらい心細いだろう。どうせ芸妓屋(げいしゃや)の娘分になるくらいだから、生みの親は身分のあるものでないにきまっている。経済上の余裕がなければ、どう心配したって役には立つまい。
 自分はこんな事も考えた。便所から帰った三沢に「あの女の本当の親はあるのか知ってるか」と尋ねて見た。

        二十四

「あの女」の本当の母というのを、三沢はたった一遍見た事があると語った。
「それもほんの後姿(うしろすがた)だけさ」と彼はわざわざ断(ことわ)った。
 その母というのは自分の想像通(どおり)、あまり楽(らく)な身分の人ではなかったらしい。やっとの思いでさっぱりした身装(みなり)をして出て来るように見えた。たまに来てもさも気兼(きがね)らしくこそこそと来ていつの間(ま)にか、また梯子段(はしごだん)を下りて人に気のつかないように帰って行くのだそうである。
「いくら親でも、ああなると遠慮ができるんだね」と三沢は云っていた。
「あの女」の見舞客はみんな女であった。しかも若い女が多数を占(し)めていた。それがまた普通の令嬢や細君と違って、色香(いろか)を命とする綺麗(きれい)な人ばかりなので、その中に交(まじ)るこの母は、ただでさえ燻(くす)ぶり過ぎて地味(じみ)なのである。自分は年を取った貧しそうなこの母の後姿を想像に描(えが)いて暗に憐(あわれ)を催した。
「親子の情合からいうと、娘があんな大病に罹(かか)ったら、母たるものは朝晩ともさぞ傍(そば)についていてやりたい気がするだろうね。他人の下女が幅を利(き)かしていて、実際の親が他人扱いにされるのは、見ていてもあまり好い心持じゃない」
「いくら親でも仕方がないんだよ。だいち傍にいてやるほどの時間もなし、時間があっても入費がないんだから」
 自分は情ない気がした。ああ云う浮いた家業をする女の平生は羨(うらや)ましいほど派出(はで)でも、いざ病気となると、普通の人よりも悲酸(ひさん)の程度が一層甚(はなは)だしいのではないかと考えた。
「旦那(だんな)が付いていそうなものだがな」
 三沢の頭もこの点だけは注意が足りなかったと見えて、自分がこう不審を打ったとき、彼は何の答もなく黙っていた。あの女に関していっさいの新智識を供給する看護婦もそこへ行くと何の役にも立たなかった。
「あの女」のか弱い身体(からだ)は、その頃の暑さでもどうかこうか持ち応(こた)えていた。三沢と自分はそれをほとんど奇蹟(きせき)のごとくに語り合った。そのくせ両人(ふたり)とも露骨を憚(はばか)って、ついぞ柱の影から室(へや)の中を覗(のぞ)いて見た事がないので、現在の「あの女」がどのくらい窶(やつ)れているかは空(むな)しい想像画に過ぎなかった。滋養浣腸(じようかんちょう)さえ思わしく行かなかったという報知が、自分ら二人の耳に届いた時ですら、三沢の眼には美しく着飾った芸者の姿よりほかに映るものはなかった。自分の頭にも、ただ血色の悪くない入院前の「あの女」の顔が描(えが)かれるだけであった。それで二人共あの女はもうむずかしいだろうと話し合っていた。そうして実際は双方共死ぬとは思わなかったのである。
 同時にいろいろな患者が病院を出たり入ったりした。ある晩「あの女」と同じくらいな年輩の二階にいる婦人が担架(たんか)で下へ運ばれて行った。聞いて見ると、今日(きょう)明日(あす)にも変がありそうな危険なところを、付添の母が田舎(いなか)へ連れて帰るのであった。その母は三沢の看護婦に、氷ばかりも二十何円とかつかったと云って、どうしても退院するよりほかに途(みち)がないとわが窮状を仄(ほのめ)かしたそうである。
 自分は三階の窓から、田舎へ帰る釣台を見下(みおろ)した。釣台は暗くて見えなかったが、用意の提灯(ちょうちん)の灯(ひ)はやがて動き出した。窓が高いのと往来が狭いので、灯は谷の底をひそかに動いて行くように見えた。それが向うの暗い四つ角を曲ってふっと消えた時、三沢は自分を顧(かえり)みて「帰り着くまで持てば好いがな」と云った。

        二十五

 こんな悲酸(ひさん)な退院を余儀なくされる患者があるかと思うと、毎日子供を負ぶって、廊下だの物見台だの他人(ひと)の室(へや)だのを、ぶらぶら廻って歩く呑気(のんき)な男もあった。
「まるで病院を娯楽場のように思ってるんだね」
「第一(だいち)どっちが病人なんだろう」
 自分達はおかしくもありまた不思議でもあった。看護婦に聞くと、負ぶっているのは叔父で、負ぶさっているのは甥(おい)であった。この甥が入院当時骨と皮ばかりに瘠(や)せていたのを叔父の丹精(たんせい)一つでこのくらい肥(ふと)ったのだそうである。叔父の商売はめりやす屋だとか云った。いずれにしても金に困らない人なのだろう。
 三沢の一軒おいて隣にはまた変な患者がいた。手提鞄(てさげかばん)などを提(さ)げて、普通の人間の如く平気で出歩いた。時には病院を空(あ)ける事さえあった。帰って来ると素(す)っ裸体(ぱだか)になって、病院の飯を旨(うま)そうに食った。そうして昨日(きのう)はちょっと神戸まで行って来ましたなどと澄ましていた。
 岐阜からわざわざ本願寺参りに京都まで出て来たついでに、夫婦共この病院に這入(はい)ったなり動かないのもいた。その夫婦ものの室の床(とこ)には後光(ごこう)の射した阿弥陀様(あみださま)の軸がかけてあった。二人差向いで気楽そうに碁(ご)を打っている事もあった。それでも細君に聞くと、この春餅(もち)を食った時、血を猪口(ちょく)に一杯半ほど吐いたから伴(つ)れて来たのだともったいらしく云って聞かせた。
「あの女」の看護婦は依然として入口の柱に靠(もた)れて、わが膝(ひざ)を両手で抱いている事が多かった。こっちの看護婦はそれをまた器量を鼻へかけて、わざわざあんな人の眼に着く所へ出るのだと評していた。自分は「まさか」と云って弁護する事もあった。けれども「あの女」とその美しい看護婦との関係は、冷淡さ加減の程度において、当初もその時もあまり変りがないように見えた。自分は器量好しが二人寄って、我知らず互に嫉(にく)み合うのだろうと説明した。三沢は、そうじゃない、大阪の看護婦は気位が高いから、芸者などを眼下(がんか)に見て、始めから相手にならないんだ、それが冷淡の原因に違ないと主張した。こう主張しながらも彼は別にこの看護婦を悪(にく)む様子はなかった。自分もこの女に対してさほど厭な感じはもっていなかった。醜い三沢の付添いは「本間(ほんま)に器量の好(え)いものは徳やな」と云った風の、自分達には変に響く言葉を使って、二人を笑わせた。
 こんな周囲に取り囲まれた三沢は、身体の回復するに従って、「あの女」に対する興味を日に増し加えて行くように見えた。自分がやむをえず興味という妙な熟字をここに用いるのは、彼の態度が恋愛でもなければ、また全くの親切でもなく、興味の二字で現すよりほかに、適切な文字がちょっと見当らないからである。
 始めて「あの女」を控室で見たときは、自分の興味も三沢に譲らないくらい鋭かった。けれども彼から「あの女」の話を聞かされるや否や、主客(しゅかく)の別はすでについてしまった。それからと云うもの、「あの女」の噂(うわさ)が出るたびに、彼はいつでも先輩の態度を取って自分に向った。自分も一時は彼に釣り込まれて、当初の興味がだんだん研(と)ぎ澄(す)まされて行くような気分になった。けれども客の位置に据(す)えられた自分はそれほど長く興味の高潮(こうちょう)を保ち得なかった。

        二十六

 自分の興味が強くなった頃、彼の興味は自分より一層強くなった。自分の興味がやや衰えかけると、彼の興味はますます強くなって来た。彼は元来がぶっきらぼうの男だけれども、胸の奥には人一倍優(やさ)しい感情をもっていた。そうして何か事があると急に熱する癖があった。
 自分はすでに院内をぶらぶらするほどに回復した彼が、なぜ「あの女」の室(へや)へ入り込まないかを不審に思った。彼はけっして自分のような羞恥家(はにかみや)ではなかった。同情の言葉をかけに、一遍会った「あの女」の病室へ見舞に行くぐらいの事は、彼の性質から見て何でもなかった。自分は「そんなにあの女が気になるなら、直(じか)に行って、会って慰めてやれば好いじゃないか」とまで云った。彼は「うん、実は行きたいのだが……」と渋(しぶ)っていた。実際これは彼の平生にも似合わない挨拶(あいさつ)であった。そうしてその意味は解らなかった。解らなかったけれども、本当は彼の行かない方が、自分の希望であった。
 ある時自分は「あの女」の看護婦から――自分とこの美しい看護婦とはいつの間にか口を利(き)くようになっていた。もっともそれは彼女が例の柱に倚(よ)りかかって、その前を通る自分の顔を見上げるときに、時候の挨拶を取換(とりか)わすぐらいな程度に過ぎなかったけれども、――とにかくこの美しい看護婦から自分は運勢早見(うんせいはやみ)なんとかいう、玩具(おもちゃ)の占(うらな)いの本みたようなものを借りて、三沢の室でそれをやって遊んだ。
 これは赤と黒と両面に塗り分けた碁石(ごいし)のような丸く平たいものをいくつか持って、それを眼を眠(ねむ)ったまま畳の上へ並べて置いて、赤がいくつ黒がいくつと後から勘定(かんじょう)するのである。それからその数字を一つは横へ、一つは竪(たて)に繰って、両方が一点に会(かい)したところを本で引いて見ると、辻占(つじうら)のような文句が出る事になっていた。
 自分が眼を閉じて、石を一つ一つ畳の上に置いたとき、看護婦は赤がいくつ黒がいくつと云いながら占(うらな)いの文句を繰ってくれた。すると、「この恋もし成就(じょうじゅ)する時は、大いに恥を掻(か)く事あるべし」とあったので、彼女は読みながら吹き出した。三沢も笑った。
「おい気をつけなくっちゃいけないぜ」と云った。三沢はその前から「あの女」の看護婦に自分が御辞儀(おじぎ)をするところが変だと云って、始終(しじゅう)自分に調戯(からか)っていたのである。
「君こそ少し気をつけるが好い」と自分は三沢に竹箆返(しっぺいがえ)しを喰わしてやった。すると三沢は真面目(まじめ)な顔をして「なぜ」と反問して来た。この場合この強情な男にこれ以上いうと、事が面倒になるから自分は黙っていた。
 実際自分は三沢が「あの女」の室(へや)へ出入(でいり)する気色(けしき)のないのを不審に思っていたが一方ではまた彼の熱しやすい性質を考えて、今まではとにかく、これから先彼がいつどう変返(へんがえ)るかも知れないと心配した。彼はすでに下の洗面所まで行って、朝ごとに顔を洗うぐらいの気力を回復していた。
「どうだもう好い加減に退院したら」
 自分はこう勧めて見た。そうして万一金銭上の関係で退院を躊躇(ちゅうちょ)するようすが見えたら、彼が自宅から取り寄せる手間(てま)と時間を省(はぶ)くため、自分が思い切って一つ岡田に相談して見ようとまで思った。三沢は自分の云う事には何の返事も与えなかった。かえって反対に「いったい君はいつ大阪を立つつもりだ」と聞いた。

        二十七

 自分は二日前に天下茶屋(てんがちゃや)のお兼さんから不意の訪問を受けた。その結果としてこの間岡田が電話口で自分に話しかけた言葉の意味をようやく知った。だから自分はこの時すでに一週間内に自分を驚かして見せるといった彼の予言のために縛(しば)られていた。三沢の病気、美しい看護婦の顔、声も姿も見えない若い芸者と、その人の一時折合っている蒲団(ふとん)の上の狭い生活、――自分は単にそれらばかりで大阪にぐずついているのではなかった。詩人の好きな言語を借りて云えば、ある予言の実現を期待しつつ暑い宿屋に泊っていたのである。
「僕にはそういう事情があるんだから、もう少しここに待っていなければならないのだ」と自分はおとなしく三沢に答えた。すると三沢は多少残念そうな顔をした。
「じゃいっしょに海辺(かいへん)へ行って静養する訳にも行かないな」
 三沢は変な男であった。こっちが大事がってやる間は、向うでいつでも跳(は)ね返すし、こっちが退(の)こうとすると、急にまた他(ひと)の袂(たもと)を捕(つら)まえて放さないし、と云った風に気分の出入(でいり)が著(いちじ)るしく眼に立った。彼と自分との交際は従来いつでもこういう消長を繰返しつつ今日(こんにち)に至ったのである。
「海岸へいっしょに行くつもりででもあったのか」と自分は念を押して見た。
「無いでもなかった」と彼は遠くの海岸を眼の中に思い浮かべるような風をして答えた。この時の彼の眼には、実際「あの女」も「あの女」の看護婦もなく、ただ自分という友達があるだけのように見えた。
 自分はその日快よく三沢に別れて宿へ帰った。しかし帰り路に、その快よく別れる前の不愉快さも考えた。自分は彼に病院を出ろと勧めた、彼は自分にいつまで大阪にいるのだと尋ねた。上部(うわべ)にあらわれた言葉のやりとりはただこれだけに過ぎなかった。しかし三沢も自分もそこに変な苦(にが)い意味を味わった。
 自分の「あの女」に対する興味は衰えたけれども自分はどうしても三沢と「あの女」とをそう懇意にしたくなかった。三沢もまた、あの美しい看護婦をどうする了簡(りょうけん)もない癖に、自分だけがだんだん彼女(かのじょ)に近づいて行くのを見て、平気でいる訳には行かなかった。そこに自分達の心づかない暗闘があった。そこに持って生れた人間のわがままと嫉妬(しっと)があった。そこに調和にも衝突にも発展し得ない、中心を欠いた興味があった。要するにそこには性(せい)の争いがあったのである。そうして両方共それを露骨に云う事ができなかったのである。
 自分は歩きながら自分の卑怯(ひきょう)を恥じた。同時に三沢の卑怯を悪(にく)んだ。けれどもあさましい人間である以上、これから先何年交際(まじわり)を重ねても、この卑怯を抜く事はとうていできないんだという自覚があった。自分はその時非常に心細くなった。かつ悲しくなった。
 自分はその明日(あした)病院へ行って三沢の顔を見るや否や、「もう退院は勧めない」と断った。自分は手を突いて彼の前に自分の罪を詫(わ)びる心持でこう云ったのである。すると三沢は「いや僕もそうぐずぐずしてはいられない。君の忠告に従っていよいよ出る事にした」と答えた。彼は今朝院長から退院の許可を得た旨(むね)を話して、「あまり動くと悪いそうだから寝台で東京まで直行する事にした」と告げた。自分はその突然なのに驚いた。

        二十八

「どうしてまたそう急に退院する気になったのか」
 自分はこう聞いて見ないではいられなかった。三沢は自分の問に答える前にじっと自分の顔を見た。自分はわが顔を通して、わが心を読まれるような気がした。
「別段これという訳もないが、もう出る方が好かろうと思って……」
 三沢はこれぎり何にも云わなかった。自分も黙っているよりほかに仕方がなかった。二人はいつもより沈んで相対していた。看護婦はすでに帰った後(あと)なので、室(へや)の中はことに淋(さみ)しかった。今まで蒲団(ふとん)の上に胡坐(あぐら)をかいていた彼は急に倒れるように仰向(あおむき)に寝た。そうして上眼(うわめ)を使って窓の外を見た。外にはいつものように色の強い青空が、ぎらぎらする太陽の熱を一面に漲(みなぎ)らしていた。
「おい君」と彼はやがて云った。「よく君の話す例の男ね。あの男は金を持っていないかね」
 自分は固(もと)より岡田の経済事情を知ろうはずがなかった。あの始末屋(しまつや)の御兼さんの事を考えると、金という言葉を口から出すのも厭(いや)だった。けれどもいざ三沢の出院となれば、そのくらいな手数(てかず)は厭(いと)うまいと、昨日(きのう)すでに覚悟をきめたところであった。
「節倹家だから少しは持ってるだろう」
「少しで好いから借りて来てくれ」
 自分は彼が退院するについて会計へ払う入院料に困るのだと思った。それでどのくらい不足なのかを確めた。ところが事実は案外であった。
「ここの払と東京へ帰る旅費ぐらいはどうかこうか持っているんだ。それだけなら何も君を煩(わずら)わす必要はない」
 彼は大した物持(ものもち)の家に生れた果報者でもなかったけれども、自分が一人息子だけに、こういう点にかけると、自分達よりよほど自由が利(き)いた。その上母や親類のものから京都で買物を頼まれたのを、新しい道伴(みちづれ)ができたためつい大阪まで乗り越して、いまだに手を着けない金が余っていたのである。
「じゃただ用心のために持って行こうと云うんだね」
「いや」と彼は急に云った。
「じゃどうするんだ」と自分は問いつめた。
「どうしても僕の勝手だ。ただ借りてくれさえすれば好いんだ」
 自分はまた腹が立った。彼は自分をまるで他人扱いにしているのである。自分は憤(むっ)として黙っていた。
「怒っちゃいけない」と彼が云った。「隠すんじゃない、君に関係のない事を、わざと吹聴(ふいちょう)するように見えるのが厭だから、知らせずにおこうと思っただけだから」
 自分はまだ黙っていた。彼は寝ながら自分の顔を見上げていた。
「そんなら話すがね」と彼が云い出した。
「僕はまだあの女を見舞ってやらない。向(むこう)でもそんな事は待ち受けてやしないだろうし、僕も必ず見舞に行かなければならないほどの義理はない。が、僕は何だかあの女の病気を危険にした本人だという自覚がどうしても退(の)かない。それでどっちが先へ退院するにしても、その間際(まぎわ)に一度会っておきたいと始終(しじゅう)思っていた。見舞じゃない、詫(あや)まるためにだよ。気の毒な事をしたと一口詫まればそれで好いんだ。けれどもただ詫まる訳にも行かないから、それで君に頼んで見たのだ。しかし君の方の都合が悪ければ強いてそうして貰わないでもどうかなるだろう。宅(うち)へ電報でもかけたら」

        二十九

 自分は行(ゆき)がかり上(じょう)一応岡田に当って見る必要があった。宅(うち)へ電報を打つという三沢をちょっと待たして、ふらりと病院の門を出た。岡田の勤めている会社は、三沢の室(へや)とは反対の方向にあるので、彼の窓から眺(なが)める訳には行かないけれども、道程(みちのり)からいうといくらもなかった。それでも暑いので歩いて行くうちに汗が背中を濡(ぬ)らすほど出た。
 彼は自分の顔を見るや否や、さも久しぶりに会った人らしく「やっしばらく」と叫ぶように云った。そうしてこれまでたびたび電話で繰り返した挨拶(あいさつ)をまた新しくまのあたり述べた。
 自分と岡田とは今でこそ少し改まった言葉使もするが、昔を云えば、何の遠慮もない間柄であった。その頃は金も少しは彼のために融通してやった覚(おぼえ)がある。自分は勇気を鼓舞(こぶ)するために、わざとその当時の記憶を呼起してかかった。何にも知らない彼は、立ちながら元気な声を出して、「どうです二郎さん、僕の予言は」と云った。「どうかこうか一週間うちにあなたを驚かす事ができそうじゃありませんか」
 自分は思い切って、まず肝心(かんじん)の用事を話した。彼は案外な顔をして聞いていたが、聞いてしまうとすぐ、「ようがす、そのくらいならどうでもします」と容易に引き受けてくれた。
 彼は固(もと)よりその隠袋(ポッケット)の中(うち)に入用(いりよう)の金を持っていなかった。「明日(あした)でも好いんでしょう」と聞いた。自分はまた思い切って、「できるなら今日中(きょうじゅう)に欲しいんだ」と強いた。彼はちょっと当惑したように見えた。
「じゃ仕方がない迷惑でしょうけれども、手紙を書きますから、宅(うち)へ持って行ってお兼に渡して下さいませんか」
 自分はこの事件についてお兼さんと直接の交渉はなるべく避けたかったけれども、この場合やむをえなかったので、岡田の手紙を懐(ふところ)へ入れて、天下茶屋へ行った。お兼さんは自分の声を聞くや否や上り口まで馳(か)け出して来て、「この御暑いのによくまあ」と驚いてくれた。そうして、「さあどうぞ」を二三返繰返したが、自分は立ったまま「少し急ぎますから」と断って、岡田の手紙を渡した。お兼さんは上り口に両膝(りょうひざ)を突いたなり封を切った。
「どうもわざわざ恐れ入りましたね。それではすぐ御伴をして参りますから」とすぐ奥へ入った。奥では用箪笥(ようだんす)の環(かん)の鳴る音がした。
 自分はお兼さんと電車の終点までいっしょに乗って来てそこで別れた。「では後(のち)ほど」と云いながらお兼さんは洋傘(こうもり)を開いた。自分はまた俥(くるま)を急がして病院へ帰った。顔を洗ったり、身体(からだ)を拭いたり、しばらく三沢と話しているうちに、自分は待ち設けた通りお兼さんから病院の玄関まで呼び出された。お兼さんは帯の間にある銀行の帳面を抜いて、そこに挟(はさ)んであった札(さつ)を自分の手の上に乗せた。
「ではどうぞちょっと御改ためなすって」
 自分は形式的にそれを勘定した上、「確(たしか)に。――どうもとんだ御手数(おてかず)をかけました。御暑いところを」と礼を述べた。実際急いだと見えてお兼さんは富士額の両脇を、細かい汗の玉でじっとりと濡(ぬ)らしていた。
「どうです、ちっと上って涼んでいらしったら」
「いいえ今日(こんにち)は急ぎますから、これで御免(ごめん)を蒙(こうむ)ります。御病人へどうぞよろしく。――でも結構でございましたね、早く御退院になれて。一時は宅でも大層心配致しまして、よく電話で御様子を伺ったとか申しておりましたが」
 お兼さんはこんな愛想(あいそ)を云いながら、また例のクリーム色の洋傘(こうもり)を開いて帰って行った。

        三十

 自分は少し急(せ)き込んでいた。紙幣(しへい)を握ったまま段々を馳(か)け上るように三階まで来た。三沢は平生よりは落ちついていなかった。今火を点(つ)けたばかりの巻煙草(まきたばこ)をいきなり灰吹(はいふき)の中に放り込んで、ありがとうともいわずに、自分の手から金を受取った。自分は渡した金の高を注意して、「好いか」と聞いた。それでも彼はただうんと云っただけである。
 彼はじっと「あの女」の室(へや)の方を見つめた。時間の具合で、見舞に来たものの草履(ぞうり)は一足も廊下の端(はじ)に脱ぎ棄(す)ててなかった。平生から静過ぎる室の中は、ことに寂寞としていた。例の美くしい看護婦は相変らず角の柱に倚(よ)りかかって、産婆学の本か何か読んでいた。
「あの女は寝ているのかしら」
 彼は「あの女」の室(へや)へ入るべき好機会を見出しながら、かえってその眠を妨(さまた)げるのを恐れるように見えた。
「寝ているかも知れない」と自分も思った。
 しばらくして三沢は小さな声で「あの看護婦に都合を聞いて貰おうか」と云い出した。彼はまだこの看護婦に口を利(き)いた事がないというので、自分がその役を引受けなければならなかった。
 看護婦は驚いたようなまたおかしいような顔をして自分を見た。けれどもすぐ自分の真面目な態度を認めて、室の中へ入って行った。かと思うと、二分と経(た)たないうちに笑いながらまた出て来た。そうして今ちょうど気分の好いところだからお目にかかれるという患者の承諾をもたらした。三沢は黙って立ち上った。
 彼は自分の顔も見ず、また看護婦の顔も見ず、黙って立ったなり、すっと「あの女」の室の中へ姿を隠した。自分は元の座に坐(すわ)って、ぼんやりその後影(うしろかげ)を見送った。彼の姿が見えなくなってもやはり空(くう)に同じ所を見つめていた。冷淡なのは看護婦であった。ちょっと侮蔑(あなどり)の微笑(びしょう)を唇(くちびる)の上に漂(ただよ)わせて自分を見たが、それなり元の通り柱に背を倚(よ)せて、黙って読みかけた書物をまた膝(ひざ)の上にひろげ始めた。
 室の中は三沢の入った後も彼の入らない前も同じように静(しずか)であった。話し声などは無論聞こえなかった。看護婦は時々不意に眼を上げて室の奥の方を見た。けれども自分には何の相図(あいず)もせずに、すぐその眼を頁(ページ)の上に落した。
 自分はこの三階の宵(よい)の間(ま)に虫の音らしい涼しさを聴(き)いた例(ためし)はあるが、昼のうちにやかましい蝉(せみ)の声はついぞ自分の耳に届いた事がない。自分のたった一人で坐っている病室はその時明かな太陽の光を受けながら、真夜中よりもなお静かであった。自分はこの死んだような静かさのために、かえって神経を焦(い)らつかせて、「あの女」の室から三沢の出るのを待ちかねた。
 やがて三沢はのっそりと出て来た。室の敷居を跨(また)ぐ時、微笑しながら「御邪魔さま。大勉強だね」と看護婦に挨拶(あいさつ)する言葉だけが自分の耳に入った。
 彼は上草履(うわぞうり)の音をわざとらしく高く鳴らして、自分の室に入るや否や、「やっと済んだ」と云った。自分は「どうだった」と聞いた。
「やっと済んだ。これでもう出ても好い」
 三沢は同じ言葉を繰返すだけで、その他には何にも云わなかった。自分もそれ以上は聞き得なかった。ともかくも退院の手続を早くする方が便利だと思って、そこらに散らばっているものを片づけ始めた。三沢も固(もと)よりじっとしてはいなかった。

        三十一

 二人は俥(くるま)を雇(やと)って病院を出た。先へ梶棒(かじぼう)を上げた三沢の車夫が余り威勢よく馳(か)けるので、自分は大きな声でそれを留めようとした。三沢は後(うしろ)を振り向いて、手を振った。「大丈夫、大丈夫」と云うらしく聞こえたから、自分もそれなりにして注意はしなかった。宿へ着いたとき、彼は川縁(かわべり)の欄干(らんかん)に両手を置いて、眼の下の広い流をじっと眺(なが)めていた。
「どうした。心持でも悪いか」と自分は後から聞いた。彼は後を向かなかった。けれども「いいや」と答えた。「ここへ来てこの河を見るまでこの室(へや)の事をまるで忘れていた」
 そういって、彼は依然として流れに向っていた。自分は彼をそのままにして、麻の座蒲団(ざぶとん)の上に胡坐(あぐら)をかいた。それでも待遠しいので、やがて袂(たもと)から敷島(しきしま)の袋を出して、煙草を吸い始めた。その煙草が三分の一煙(けむ)になった頃、三沢はようやく手摺(てすり)を離れて自分の前へ来て坐(すわ)った。
「病院で暮らしたのも、つい昨日今日のようだが、考えて見ると、もうだいぶんになるんだね」と云って指を折りながら、日数(ひかず)を勘定(かんじょう)し出した。
「三階の光景が当分眼を離れないだろう」と自分は彼の顔を見た。
「思いも寄らない経験をした。これも何かの因縁(いんねん)だろう」と三沢も自分の顔を見た。
 彼は手を叩(たた)いて、下女を呼んで今夜の急行列車の寝台(しんだい)を注文した。それから時計を出して、食事を済ました後(あと)、時間にどのくらい余裕があるかを見た。窮屈に馴(な)れない二人はやがて転(ごろ)りと横になった。
「あの女は癒(なお)りそうなのか」
「そうさな。事によると癒るかも知れないが……」
 下女が誂(あつら)えた水菓子を鉢(はち)に盛って、梯子段(はしごだん)を上って来たので、「あの女」の話はこれで切れてしまった。自分は寝転(ねころ)んだまま、水菓子を食った。その間彼はただ自分の口の辺(あたり)を見るばかりで、何事も云わなかった。しまいにさも病人らしい調子で、「おれも食いたいな」と一言(ひとこと)云った。先刻(さっき)から浮かない様子を見ていた自分は、「構うものか、食うが好い。食え食え」と勧めた。三沢は幸いにして自分が氷菓子(アイスクリーム)を食わせまいとしたあの日の出来事を忘れていた。彼はただ苦笑いをして横を向いた。
「いくら好(すき)だって、悪いと知りながら、無理に食わせられて、あの女のようになっちゃ大変だからな」
 彼は先刻から「あの女」の事を考えているらしかった。彼は今でも「あの女」の事を考えているとしか思われなかった。
「あの女は君を覚えていたかい」
「覚えているさ。この間会って、僕から無理に酒を呑まされたばかりだもの」
「恨(うら)んでいたろう」
 今まで横を向いてそっぽへ口を利(き)いていた三沢は、この時急に顔を向け直してきっと正面から自分を見た。その変化に気のついた自分はすぐ真面目な顔をした。けれども彼があの女の室に入った時、二人の間にどんな談話が交換されたかについて、彼はついに何事をも語らなかった。
「あの女はことによると死ぬかも知れない。死ねばもう会う機会はない。万一(まんいち)癒(なお)るとしても、やっぱり会う機会はなかろう。妙なものだね。人間の離合というと大袈裟(おおげさ)だが。それに僕から見れば実際離合の感があるんだからな。あの女は今夜僕の東京へ帰る事を知って、笑いながら御機嫌(ごきげん)ようと云った。僕はその淋(さび)しい笑を、今夜何だか汽車の中で夢に見そうだ」

        三十二

 三沢はただこう云った。そうして夢に見ない先からすでに「あの女」の淋しい笑い顔を眼の前に浮べているように見えた。三沢に感傷的のところがあるのは自分もよく承知していたが、単にあれだけの関係で、これほどあの女に動かされるのは不審であった。自分は三沢と「あの女」が別れる時、どんな話をしたか、詳しく聞いて見ようと思って、少し水を向けかけたが、何の効果もなかった。しかも彼の態度が惜しいものを半分他(ひと)に配(わ)けてやると、半分無くなるから厭(いや)だという風に見えたので、自分はますます変な気持がした。
「そろそろ出かけようか。夜の急行は込むから」ととうとう自分の方で三沢を促(うな)がすようになった。
「まだ早い」と三沢は時計を見せた。なるほど汽車の出るまでにはまだ二時間ばかり余っていた。もう「あの女」の事は聞くまいと決心した自分は、なるべく病院の名前を口へ出さずに、寝転(ねころ)びながら彼と通り一遍の世間話を始めた。彼はその時人並(ひとなみ)の受け答をした。けれどもどこか調子に乗らないところがあるので、何となく不愉快そうに見えた。それでも席は動かなかった。そうしてしまいには黙って河の流ればかり眺(なが)めていた。
「まだ考えている」と自分は大きな声を出してわざと叫んだ。三沢は驚いて自分を見た。彼はこういう場合にきっと、御前はヴァルガーだと云う眼つきをして、一瞥(いちべつ)の侮辱を自分に与えなければ承知しなかったが、この時に限ってそんな様子はちっとも見せなかった。
「うん考えている」と軽く云った。「君に打ち明けようか、打ち明けまいかと迷っていたところだ」と云った。
 自分はその時彼から妙な話を聞いた。そうしてその話が直接「あの女」と何の関係もなかったのでなおさら意外の感に打たれた。
 今から五六年前彼の父がある知人の娘を同じくある知人の家に嫁(よめ)らした事があった。不幸にもその娘さんはある纏綿(てんめん)した事情のために、一年経(た)つか経たないうちに、夫の家を出る事になった。けれどもそこにもまた複雑な事情があって、すぐわが家に引取られて行く訳に行かなかった。それで三沢の父が仲人(なこうど)という義理合から当分この娘さんを預かる事になった。――三沢はいったん嫁(とつ)いで出て来た女を娘さん娘さんと云った。
「その娘さんは余り心配したためだろう、少し精神に異状を呈していた。それは宅(うち)へ来る前か、あるいは来てからかよく分らないが、とにかく宅のものが気がついたのは来てから少し経ってからだ。固(もと)より精神に異状を呈しているには相違なかろうが、ちょっと見たって少しも分らない。ただ黙って欝(ふさ)ぎ込んでいるだけなんだから。ところがその娘さんが……」
 三沢はここまで来て少し躊躇(ちゅうちょ)した。
「その娘さんがおかしな話をするようだけれども、僕が外出するときっと玄関まで送って出る。いくら隠れて出ようとしてもきっと送って出る。そうして必ず、早く帰って来てちょうだいねと云う。僕がええ早く帰りますからおとなしくして待っていらっしゃいと返事をすれば合点(がってん)合点をする。もし黙っていると、早く帰って来てちょうだいね、ね、と何度でも繰返す。僕は宅(うち)のものに対してきまりが悪くってしようがなかった。けれどもまたこの娘さんが不憫(ふびん)でたまらなかった。だから外出してもなるべく早く帰るように心がけていた。帰るとその人の傍(そば)へ行って、立ったままただいまと一言(ひとこと)必ず云う事にしていた」
 三沢はそこへ来てまた時計を見た。
「まだ時間はあるね」と云った。

        三十三

 その時自分はこれぎりでその娘さんの話を止(や)められてはと思った。幸いに時間がまだだいぶあったので、自分の方から何とも云わない先に彼はまた語り続けた。
「宅のものがその娘さんの精神に異状があるという事を明かに認め出してからはまだよかったが、知らないうちは今云った通り僕もその娘さんの露骨なのにずいぶん弱らせられた。父や母は苦(にが)い顔をする。台所のものはないしょでくすくす笑う。僕は仕方がないから、その娘さんが僕を送って玄関まで来た時、烈(はげ)しく怒りつけてやろうかと思って、二三度後(うしろ)を振り返って見たが、顔を合(あわ)せるや否や、怒るどころか、邪慳(じゃけん)な言葉などは可哀(かわい)そうでとても口から出せなくなってしまった。その娘さんは蒼(あお)い色の美人だった。そうして黒い眉毛(まゆげ)と黒い大きな眸(ひとみ)をもっていた。その黒い眸は始終(しじゅう)遠くの方の夢を眺(ながめ)ているように恍惚(うっとり)と潤(うるお)って、そこに何だか便(たより)のなさそうな憐(あわれ)を漂(ただ)よわせていた。僕が怒ろうと思ってふり向くと、その娘さんは玄関に膝(ひざ)を突いたなりあたかも自分の孤独を訴(うった)えるように、その黒い眸を僕に向けた。僕はそのたびに娘さんから、こうして活きていてもたった一人で淋(さむ)しくってたまらないから、どうぞ助けて下さいと袖(そで)に縋(すが)られるように感じた。――その眼がだよ。その黒い大きな眸が僕にそう訴えるのだよ」
「君に惚(ほ)れたのかな」と自分は三沢に聞きたくなった。
「それがさ。病人の事だから恋愛なんだか病気なんだか、誰にも解るはずがないさ」と三沢は答えた。
「色情狂っていうのは、そんなもんじゃないのかな」と自分はまた三沢に聞いた。
 三沢は厭(いや)な顔をした。
「色情狂と云うのは、誰にでもしなだれかかるんじゃないか。その娘さんはただ僕を玄関まで送って出て来て、早く帰って来てちょうだいねと云うだけなんだから違うよ」
「そうか」
 自分のこの時の返事は全く光沢(つや)がなさ過ぎた。
「僕は病気でも何でも構わないから、その娘さんに思われたいのだ。少くとも僕の方ではそう解釈していたいのだ」と三沢は自分を見つめて云った。彼の顔面の筋肉はむしろ緊張していた。「ところが事実はどうもそうでないらしい。その娘さんの片づいた先の旦那(だんな)というのが放蕩家(ほうとうか)なのか交際家なのか知らないが、何でも新婚早々たびたび家(うち)を空(あ)けたり、夜遅く帰ったりして、その娘さんの心をさんざん苛(いじ)めぬいたらしい。けれどもその娘さんは一口も夫に対して自分の苦みを言わずに我慢していたのだね。その時の事が頭に祟(たた)っているから、離婚になった後(あと)でも旦那に云いたかった事を病気のせいで僕に云ったのだそうだ。――けれども僕はそう信じたくない。強(し)いてもそうでないと信じていたい」
「それほど君はその娘さんが気に入ってたのか」と自分はまた三沢に聞いた。
「気に入るようになったのさ。病気が悪くなればなるほど」
「それから。――その娘さんは」
「死んだ。病院へ入(い)って」
 自分は黙然(もくねん)とした。
「君から退院を勧められた晩、僕はその娘さんの三回忌を勘定(かんじょう)して見て、単にそのためだけでも帰りたくなった」と三沢は退院の動機を説明して聞かせた。自分はまだ黙っていた。
「ああ肝心(かんじん)の事を忘れた」とその時三沢が叫んだ。自分は思わず「何だ」と聞き返した。
「あの女の顔がね、実はその娘さんに好く似ているんだよ」
 三沢の口元には解ったろうと云う一種の微笑が見えた。二人はそれからじきに梅田の停車場(ステーション)へ俥(くるま)を急がした。場内は急行を待つ乗客ですでにいっぱいになっていた。二人は橋を向(むこう)へ渡って上(のぼ)り列車を待ち合わせた。列車は十分と立たないうちに地を動かして来た。
「また会おう」
 自分は「あの女」のために、また「その娘さん」のために三沢の手を固く握った。彼の姿は列車の音と共にたちまち暗中(あんちゅう)に消えた。


     兄


        一

 自分は三沢を送った翌日(あくるひ)また母と兄夫婦とを迎えるため同じ停車場(ステーション)に出かけなければならなかった。
 自分から見るとほとんど想像さえつかなかったこの出来事を、始めから工夫して、とうとうそれを物にするまで漕(こ)ぎつけたものは例の岡田であった。彼は平生からよくこんな技巧を弄(ろう)してその成効(せいこう)に誇るのが好(すき)であった。自分をわざわざ電話口へ呼び出して、そのうちきっと自分を驚かして見せると断ったのは彼である。それからほどなく、お兼さんが宿屋へ尋ねて来て、その訳を話した時には、自分も実際驚かされた。
「どうして来るんです」と自分は聞いた。
 自分が東京を立つ前に、母の持っていた、ある場末(ばすえ)の地面が、新たに電車の布設される通(とお)り路(みち)に当るとかでその前側を幾坪か買い上げられると聞いたとき、自分は母に「じゃその金でこの夏みんなを連(つれ)て旅行なさい」と勧めて、「また二郎さんのお株が始まった」と笑われた事がある。母はかねてから、もし機会があったら京大阪を見たいと云っていたが、あるいはその金が手に入ったところへ、岡田からの勧誘があったため、こう大袈裟(おおげさ)な計画になったのではなかろうか。それにしても岡田がまた何でそんな勧誘をしたものだろう。
「何という大した考えもないんでございましょう。ただ昔(むか)しお世話になった御礼に御案内でもする気なんでしょう。それにあの事もございますから」
 お兼さんの「あの事」というのは例の結婚事件である。自分はいくらお貞(さだ)さんが母のお気に入りだって、そのために彼女がわざわざ大阪三界(さんがい)まで出て来るはずがないと思った。
 自分はその時すでに懐(ふところ)が危(あや)しくなっていた。その上後(あと)から三沢のために岡田に若干の金額を借りた。ほかの意味は別として、母と兄夫婦の来るのはこの不足填補(ふそくてんぽ)の方便として自分には好都合であった。岡田もそれを知って快よくこちらの要(い)るだけすぐ用立ててくれたに違いなかろうと思った。
 自分は岡田夫婦といっしょに停車場(ステーション)に行った。三人で汽車を待ち合わしている間に岡田は、「どうです。二郎さん喫驚(びっくり)したでしょう」といった。自分はこれと類似の言葉を、彼から何遍も聞いているので、何とも答えなかった。お兼さんは岡田に向って、「あなたこの間から独(ひとり)で御得意なのね。二郎さんだって聞き飽(あ)きていらっしゃるわ。そんな事」と云いながら自分を見て「ねえあなた」と詫(あや)まるようにつけ加えた。自分はお兼さんの愛嬌(あいきょう)のうちに、どことなく黒人(くろうと)らしい媚(こび)を認めて、急に返事の調子を狂わせた。お兼さんは素知(そし)らぬ風をして岡田に話しかけた。――
「奥さまもだいぶ御目にかからないから、ずいぶんお変りになったでしょうね」
「この前会った時はやっぱり元の叔母さんさ」
 岡田は自分の母の事を叔母さんと云い、お兼さんは奥様というのが、自分には変に聞こえた。
「始終(しじゅう)傍(そば)にいると、変るんだか変らないんだか分りませんよ」と自分は答えて笑っているうちに汽車が着いた。岡田は彼ら三人のために特別に宿を取っておいたとかいって、直(ただち)に俥(くるま)を南へ走らした。自分は空(くう)に乗った俥の上で、彼のよく人を驚かせるのに驚いた。そう云えば彼が突然上京してお兼さんを奪うように伴(つ)れて行ったのも自分を驚かした目覚(めざ)ましい手柄(てがら)の一つに相違なかった。

        二

 母の宿はさほど大きくはなかったけれども、自分の泊っている所よりはよほど上品な構(かまえ)であった。室(へや)には扇風器だの、唐机(とうづくえ)だの、特別にその唐机の傍(そば)に備えつけた電灯などがあった。兄はすぐそこにある電報紙へ大阪着の旨(むね)を書いて下女に渡していた。岡田はいつの間にか用意して来た三四枚の絵端書(えはがき)を袂(たもと)の中から出して、これは叔父さん、これはお重(しげ)さん、これはお貞(さだ)さんと一々名宛(なあて)を書いて、「さあ一口(ひとくち)ずつ皆(みん)などうぞ」と方々へ配っていた。
 自分はお貞さんの絵端書へ「おめでとう」と書いた。すると母がその後(あと)へ「病気を大事になさい」と書いたので吃驚(びっくり)した。
「お貞さんは病気なんですか」
「実はあの事があるので、ちょうど好い折だから、今度伴(つ)れて来(き)ようと思って仕度までさせたところが、あいにくお腹(なか)が悪くなってね。残念な事をしましたよ」
「でも大した事じゃないのよ。もうお粥(かゆ)がそろそろ食べられるんだから」と嫂(あによめ)が傍(そば)から説明した。その嫂は父に出す絵端書を持ったまま何か考えていた。「叔父さんは風流人だから歌が好いでしょう」と岡田に勧められて、「歌なんぞできるもんですか」と断った。岡田はまたお重へ宛(あ)てたのに、「あなたの口の悪いところを聞けないのが残念だ」と細(こま)かく謹(つつし)んで書いたので、兄から「将棋の駒がまだ祟(たた)ってると見えるね」と笑われていた。
 絵端書が済んで、しばらく世間話をした後で、岡田とお兼さんはまた来ると云って、母や兄が止(と)めるのも聞かずに帰って行った。
「お兼さんは本当に奥さんらしくなったね」
「宅(うち)へ仕立物を持って来た時分を考えると、まるで見違えるようだよ」
 母が兄とお兼さんを評し合った言葉の裏には、己(おの)れがそれだけ年を取ったという淡い哀愁(あいしゅう)を含んでいた。
「お貞さんだって、もう直(じき)ですよお母さん」と自分は横合から口を出した。
「本当にね」と母は答えた。母は腹の中で、まだ片づく当(あて)のないお重の事でも考えているらしかった。兄は自分を顧(かえり)みて、「三沢が病気だったので、どこへも行かなかったそうだね」と聞いた。自分は「ええ。とんだところへ引っかかってどこへも行かずじまいでした」と答えた。自分と兄とは常にこのくらい懸隔(かけへだて)のある言葉で応対するのが例になっていた。これは年が少し違うのと、父が昔堅気(むかしかたぎ)で、長男に最上の権力を塗りつけるようにして育て上げた結果である。母もたまには自分をさんづけにして二郎さんと呼んでくれる事もあるが、これは単に兄の一郎(いちろう)さんのお余りに過ぎないと自分は信じていた。
 みんなは話に気を取られて浴衣(ゆかた)を着換えるのを忘れていた。兄は立って、糊(のり)の強いのを肩へ掛けながら、「どうだい」と自分を促(うな)がした。嫂は浴衣を自分に渡して、「全体あなたのお部屋はどこにあるの」と聞いた。手摺(てすり)の所へ出て、鼻の先にある高い塗塀(ぬりべい)を欝陶(うっとう)しそうに眺(なが)めていた母は、「いい室(へや)だが少し陰気だね。二郎お前のお室もこんなかい」と聞いた。自分は母のいる傍(そば)へ行って、下を見た。下には張物板(はりものいた)のような細長い庭に、細い竹が疎(まばら)に生えて錆(さ)びた鉄灯籠(かなどうろう)が石の上に置いてあった。その石も竹も打水(うちみず)で皆しっとり濡(ぬ)れていた。
「狭いが凝(こ)ってますね。その代り僕の所のように河がありませんよ、お母さん」
「おやどこに河があるの」と母がいう後(あと)から、兄も嫂(あによめ)もその河の見える座敷と取換えて貰おうと云い出した。自分は自分の宿のある方角やら地理やらを説明して聞かした。そうしてひとまず帰って荷物を纏(まと)めた上またここへ来る約束をして宿を出た。

        三

 自分はその夕方宿の払(はらい)を済まして母や兄といっしょになった。三人は少し夕飯(ゆうめし)が後(おく)れたと見えて、膳(ぜん)を控えたまま楊枝(ようじ)を使っていた。自分は彼らを散歩に連れ出そうと試みた。母は疲れたと云って応じなかった。兄は面倒らしかった。嫂だけには行きたい様子が見えた。
「今夜は御止(およ)しよ」と母が留(と)めた。
 兄は寝転(ねころ)びながら話をした。そうして口では大阪を知ってるような事を云った。けれどもよく聞いて見ると、知っているのは天王寺(てんのうじ)だの中の島だの千日前(せんにちまえ)だのという名前ばかりで地理上の知識になると、まるで夢のように散漫極(きわ)まるものであった。
 もっとも「大坂城の石垣の石は実に大きかった」とか、「天王寺の塔の上へ登って下を見たら眼が眩(くら)んだ」とか断片的の光景は実際覚えているらしかった。そのうちで一番面白く自分の耳に響いたのは彼の昔泊(とま)ったという宿屋の夜の景色であった。
「細い通りの角で、欄干(らんかん)の所へ出ると柳が見えた。家が隙間(すきま)なく並んでいる割には閑静で、窓から眺(なが)められる長い橋も画(え)のように趣(おもむき)があった。その上を通る車の音も愉快に響いた。もっとも宿そのものは不親切で汚なくって困ったが……」
「いったいそれは大阪のどこなの」と嫂が聞いたが、兄は全く知らなかった。方角さえ分らないと答えた。これが兄の特色であった。彼は事件の断面を驚くばかり鮮(あざや)かに覚えている代りに、場所の名や年月(としつき)を全く忘れてしまう癖があった。それで彼は平気でいた。
「どこだか解らなくっちゃつまらないわね」と嫂がまた云った。兄と嫂とはこんなところでよく喰い違った。兄の機嫌(きげん)の悪くない時はそれでも済むが、少しの具合で事が面倒になる例(ためし)も稀(まれ)ではなかった。こういう消息に通じた母は、「どこでも構わないが、それだけじゃないはずだったのにね。後(あと)を御話しよ」と云った。兄は「御母さんにも直(なお)にもつまらない事ですよ」と断って、「二郎そこの二階に泊ったとき面白いと思ったのはね」と自分に話し掛けた。自分は固(もと)より兄の話を一人で聞くべき責任を引受けた。
「どうしました」
「夜になって一寝入(ひとねいり)して眼が醒(さ)めると、明かるい月が出て、その月が青い柳を照していた。それを寝ながら見ているとね、下の方で、急にやっという掛声が聞こえた。あたりは案外静まり返っているので、その掛声がことさら強く聞こえたんだろう、おれはすぐ起きて欄干(らんかん)の傍(そば)まで出て下を覗(のぞ)いた。すると向(むこう)に見える柳の下で、真裸(まっぱだか)な男が三人代る代る大(おおき)な沢庵石(たくあんいし)の持ち上げ競(くら)をしていた。やっと云うのは両手へ力を入れて差し上げる時の声なんだよ。それを三人とも夢中になって熱心にやっていたが、熱心なせいか、誰も一口も物を云わない。おれは明らかな月影に黙って動く裸体(はだか)の人影を見て、妙に不思議な心持がした。するとそのうちの一人が細長い天秤棒(てんびんぼう)のようなものをぐるりぐるりと廻し始めた……」
「何だか水滸伝(すいこでん)のような趣(おもむき)じゃありませんか」
「その時からしてがすでに縹緲(ひょうびょう)たるものさ。今日(こんにち)になって回顧するとまるで夢のようだ」
 兄はこんな事を回想するのが好であった。そうしてそれは母にも嫂(あによめ)にも通じない、ただ父と自分だけに解る趣であった。
「その時大阪で面白いと思ったのはただそれぎりだが、何だかそんな連想を持って来て見ると、いっこう大阪らしい気がしないね」
 自分は三沢のいた病院の三階から見下(みおろ)される狭い綺麗(きれい)な通を思い出した。そうして兄の見た棒使や力持はあんな町内にいる若い衆じゃなかろうかと想像した。
 岡田夫婦は約のごとくその晩また尋(たず)ねて来た。

        四

 岡田はすこぶる念入の遊覧目録といったようなものを、わざわざ宅(うち)から拵(こしら)えて来て、母と兄に見せた。それがまた余り綿密過ぎるので、母も兄も「これじゃ」と驚いた。
「まあ幾日(いくか)くらい御滞在になれるんですか、それ次第でプログラムの作り方もまたあるんですから。こっちは東京と違ってね、少し市を離れるといくらでも見物する所があるんです」
 岡田の言葉のうちには多少の不服が籠(こも)っていたが、同時に得意な調子も見えた。
「まるで大阪を自慢していらっしゃるようよ。あなたの話を傍(そば)で聞いていると」
 お兼さんは笑いながらこう云って真面目(まじめ)な夫に注意した。
「いえ自慢じゃない。自慢じゃないが……」
 注意された岡田はますます真面目になった。それが少し滑稽(こっけい)に見えたので皆(みん)なが笑い出した。
「岡田さんは五六年のうちにすっかり上方風(かみがたふう)になってしまったんですね」と母が調戯(からか)った。
「それでもよく東京の言葉だけは忘れずにいるじゃありませんか」と兄がその後(あと)に随(つ)いてまた冷嘲(ひやか)し始めた。岡田は兄の顔を見て、「久しぶりに会うと、すぐこれだから敵(かな)わない。全く東京ものは口が悪い」と云った。
「それにお重(しげ)の兄(あにき)だもの、岡田さん」と今度は自分が口を出した。
「お兼(かね)少し助けてくれ」と岡田がしまいに云った。そうして母の前に置いてあった先刻(さっき)のプログラムを取って袂(たもと)へ入れながら、「馬鹿馬鹿しい、骨を折ったり調戯われたり」とわざわざ怒った風をした。
 冗談(じょうだん)がひとしきり済むと、自分の予期していた通り、佐野の話が母の口から持ち出された。母は「このたびはまたいろいろ」と云ったような打って変った几帳面(きちょうめん)な言葉で岡田に礼を述べる、岡田はまたしかつめらしく改まった口上で、まことに行き届きませんでなどと挨拶(あいさつ)をする、自分には両方共大袈裟(おおげさ)に見えた。それから岡田はちょうど好い都合だから、是非本人に会ってやってくれと、また会見の打ち合せをし始めた。兄もその話しの中に首を突込まなくっては義理が悪いと見えて、煙草を吹かしながら二人の相手になっていた。自分は病気で寝ているお貞(さだ)さんにこの様子を見せて、ありがたいと思うか、余計な御世話だと思うか、本当のところを聞いて見たい気がした。同時に三沢が別れる時、新しく自分の頭に残して行った美しい精神病の「娘さん」の不幸な結婚を聯想(れんそう)した。
 嫂(あによめ)とお兼さんは親しみの薄い間柄(あいだがら)であったけれども、若い女同志という縁故で先刻(さっき)から二人だけで話していた。しかし気心が知れないせいか、両方共遠慮がちでいっこう調子が合いそうになかった。嫂は無口な性質(たち)であった。お兼さんは愛嬌(あいきょう)のある方であった。お兼さんが十口(とくち)物をいう間に嫂は一口(ひとくち)しかしゃべれなかった。しかも種が切れると、その都度(つど)きっとお兼さんの方から供給されていた。最後に子供の話が出た。すると嫂の方が急に優勢になった。彼女はその小さい一人娘の平生を、さも興ありげに語った。お兼さんはまた嫂のくだくだしい叙述を、さも感心したように聞いていたが、実際はまるで無頓着(むとんじゃく)らしくも見えた。ただ一遍「よくまあお一人でお留守居(るすい)ができます事」と云ったのは誠らしかった。「お重さんによく馴(な)づいておりますから」と嫂は答えていた。

        五

 母と兄夫婦の滞在日数は存外少いものであった。まず市内で二三日市外で二三日しめて一週間足らずで東京へ帰る予定で出て来たらしかった。
「せめてもう少しはいいでしょう。せっかくここまで出ていらしったんだから。また来るたって、そりゃ容易な事じゃありませんよ、億劫(おっくう)で」
 こうは云うものの岡田も、母の滞在中会社の方をまるで休んで、毎日案内ばかりして歩けるほどの余裕は無論なかった。母も東京の宅(うち)の事が気にかかるように見えた。自分に云わせると、母と兄夫婦というからしてがすでに妙な組合せであった。本来なら父と母といっしょに来るとか、兄と嫂(あによめ)だけが連立(つれだ)って避暑に出かけるとか、もしまたお貞(さだ)さんの結婚問題が目的なら、当人の病気が癒(なお)るのを待って、母なり父なりが連れて来て、早く事を片づけてしまうとか、自然の予定は二通りも三通りもあった。それがこう変な形になって現れたのはどういう訳だか、自分には始めから呑(の)み込めなかった。母はまたそれを胸の中に畳込(たたみこ)んでいるという風に見えた。母ばかりではない、兄夫婦もそこに気がついているらしいところもあった。
 佐野との会見は型(かた)のごとく済んだ。母も兄も岡田に礼を述べていた。岡田の帰った後でも両方共佐野の批評はしなかった。もう事が極って批評をする余地がないというようにも取れた。結婚は年の暮に佐野が東京へ出て来る機会を待って、式を挙げるように相談が調(ととの)った。自分は兄に、「おめでた過ぎるくらい事件がどんどん進行して行く癖に、本人がいっこう知らないんだから面白い」と云った。
「当人は無論知ってるんだ」と兄が答えた。
「大喜びだよ」と母が保証した。
 自分は一言もなかった。しばらくしてから、「もっともこんな問題になると自分でどんどん進行させる勇気は日本の婦人にあるまいからな」と云った。兄は黙っていた。嫂は変な顔をして自分を見た。
「女だけじゃないよ。男だって自分勝手にむやみと進行されちゃ困りますよ」と母は自分に注意した。すると兄が「いっそその方が好いかも知れないね」と云った。その云い方が少し冷(ひやや)か過ぎたせいか、母は何だか厭(いや)な顔をした。嫂もまた変な顔をした。けれども二人とも何とも云わなかった。
 少し経(た)ってから母はようやく口を開いた。
「でも貞だけでもきまってくれるとお母さんは大変楽(らく)な心持がするよ。後(あと)は重(しげ)ばかりだからね」
「これもお父さんの御蔭(おかげ)さ」と兄が答えた。その時兄の唇(くちびる)に薄い皮肉の影が動いたのを、母は気がつかなかった。
「全くお父さんの御蔭に違ないよ。岡田が今ああやってるのと同じ事さ」と母はだいぶ満足な体(てい)に見えた。
 憐(あわ)れな母は父が今でも社会的に昔通りの勢力をもっているとばかり信じていた。兄は兄だけに、社会から退隠したと同様の今の父に、その半分の影響さえむずかしいと云う事を見破っていた。
 兄と同意見の自分は、家族中ぐるになって、佐野を瞞(だま)しているような気がしてならなかった。けれどもまた一方から云えば、佐野は瞞されてもしかるべきだという考えが始めから頭のどこかに引っかかっていた。
 とにかく会見は満足のうちに済んだ。兄は暑いので脳に応(こた)えるとか云って、早く大阪を立ち退(の)く事を主張した。自分は固(もと)より賛成であった。

        六

 実際その頃の大阪は暑かった。ことに我々の泊っている宿屋は暑かった。庭が狭いのと塀(へい)が高いので、日の射し込む余地もなかったが、その代り風の通る隙間(すきま)にも乏しかった。ある時は湿(しめ)っぽい茶座敷の中で、四方から焚火(たきび)に焙(あぶ)られているような苦しさがあった。自分は夜通(よどお)し扇風器をかけてぶうぶう鳴らしたため、馬鹿な真似をして風邪(かぜ)でもひいたらどうすると云って母から叱られた事さえあった。
 大阪を立とうという兄の意見に賛成した自分は、有馬(ありま)なら涼しくって兄の頭によかろうと思った。自分はこの有名な温泉をまだ知らなかった。車夫が梶棒(かじぼう)へ綱を付けて、その綱の先をまた犬に付けて坂路を上(のぼ)るのだそうだが、暑いので犬がともすると渓河(たにがわ)の清水(しみず)を飲もうとするのを、車夫が怒(いか)って竹の棒でむやみに打擲(うちたた)くから、犬がひんひん苦しがりながら俥(くるま)を引くんだという話を、かつて聞いたまましゃべった。
「厭(いや)だねそんな俥に乗るのは、可哀想(かわいそう)で」と母が眉(まゆ)をひそめた。
「なぜまた水を飲ませないんだろう。俥が遅れるからかね」と兄が聞いた。
「途中で水を飲むと疲れて役に立たないからだそうです」と自分が答えた。
「へえー、なぜ」と今度は嫂(あによめ)が不思議そうに聞いたが、それには自分も答える事ができなかった。
 有馬行(ありまゆき)は犬のせいでもなかったろうけれども、とうとう立消(たちぎえ)になった。そうして意外にも和歌(わか)の浦(うら)見物が兄の口から発議(ほつぎ)された。これは自分もかねてから見たいと思っていた名所であった。母も子供の時からその名に親しみがあるとかで、すぐ同意した。嫂だけはどこでも構わないという風に見えた。
 兄は学者であった。また見識家(けんしきか)であった。その上詩人らしい純粋な気質を持って生れた好い男であった。けれども長男だけにどこかわがままなところを具えていた。自分から云うと、普通の長男よりは、だいぶ甘やかされて育ったとしか見えなかった。自分ばかりではない、母や嫂に対しても、機嫌(きげん)の好い時は馬鹿に好いが、いったん旋毛(つむじ)が曲り出すと、幾日(いくか)でも苦い顔をして、わざと口を利(き)かずにいた。それで他人の前へ出ると、また全く人間が変ったように、たいていな事があっても滅多(めった)に紳士の態度を崩(くず)さない、円満な好侶伴(こうりょはん)であった。だから彼の朋友はことごとく彼を穏(おだや)かな好い人物だと信じていた。父や母はその評判を聞くたびに案外な顔をした。けれどもやっぱり自分の子だと見えて、どこか嬉(うれ)しそうな様子が見えた。兄と衝突している時にこんな評判でも耳に入ろうものなら、自分はむやみに腹が立った。一々その人の宅(うち)まで出かけて行って、彼らの誤解を訂正してやりたいような気さえ起った。
 和歌の浦行に母がすぐ賛成したのも、実は彼女が兄の気性(きしょう)をよく呑み込んでいるからだろうと自分は思った。母は長い間わが子の我(が)を助けて育てるようにした結果として、今では何事によらずその我(が)の前に跪(ひざまず)く運命を甘んじなければならない位地(いち)にあった。
 自分は便所に立った時、手水鉢(ちょうずばち)の傍(そば)にぼんやり立っていた嫂(あによめ)を見付(めっ)けて、「姉さんどうです近頃は。兄さんの機嫌(きげん)は好い方なんですか悪い方なんですか」と聞いた。嫂は「相変らずですわ」とただ一口答えただけであった。嫂はそれでも淋(さみ)しい頬に片靨(かたえくぼ)を寄せて見せた。彼女は淋しい色沢(いろつや)の頬をもっていた。それからその真中に淋しい片靨をもっていた。

        七

 自分は立つ前に岡田に借りた金の片(かた)をつけて行きたかった。もっとも彼に話をしさえすれば、東京へ帰ってからでも構わないとは思ったけれども、ああいう人の金はなるべく早く返しておいた方が、こっちの心持がいいという考えがあった。それで誰も傍(そば)にいない折を見計らって、母にどうかしてくれと頼んだ。
 母は兄を大事にするだけあって、無論彼を心(しん)から愛していた。けれども長男という訳か、また気むずかしいというせいか、どこかに遠慮があるらしかった。ちょっとの事を注意するにしても、なるべく気に障(さわ)らないように、始めから気を置いてかかった。そこへ行くと自分はまるで子供同様の待遇を母から受けていた。「二郎そんな法があるのかい」などと頭ごなしにやっつけられた。その代りまた兄以上に可愛(かわい)がられもした。小遣(こづかい)などは兄にないしょでよく貰った覚(おぼえ)がある。父の着物などもいつの間にか自分のに仕立直してある事は珍らしくなかった。こういう母の仕打が、例の兄にはまたすこぶる気に入らなかった。些細(ささい)な事から兄はよく機嫌(きげん)を悪くした。そうして明るい家の中(うち)に陰気な空気を漲(みな)ぎらした。母は眉(まゆ)をひそめて、「また一郎の病気が始まったよ」と自分に時々私語(ささや)いた。自分は母から腹心の郎党として取扱われるのが嬉しさに、「癖なんだから、放(ほう)っておおきなさい」ぐらい云って澄ましていた時代もあった。兄の性質が気むずかしいばかりでなく、大小となく影でこそこそ何かやられるのを忌(い)む正義の念から出るのだという事を後(あと)から知って以来、自分は彼に対してこんな軽薄な批評を加えるのを恥(は)ずるようになった。けれども表向(おもてむき)兄の承諾を求めると、とうてい行われにくい用件が多いので、自分はつい機会(おり)を見ては母の懐(ふところ)に一人抱(だ)かれようとした。
 母は自分が三沢のために岡田から金を借りた顛末(てんまつ)を聞いて驚いた顔をした。
「そんな女のためにお金を使う訳がないじゃないか、三沢さんだって。馬鹿らしい」と云った。
「だけど、そこには三沢も義理があるんだから」と自分は弁解した。
「義理義理って、御母さんには解らないよ、お前のいう事は。気の毒なら、手ぶらで見舞に行くだけの事じゃないか。もし手ぶらできまりが悪ければ、菓子折の一つも持って行きゃあたくさんだね」
 自分はしばらく黙っていた。
「よし三沢さんにそれだけの義理があったにしたところでさ。何もお前が岡田なんぞからそれを借りて上げるだけの義理はなかろうじゃないか」
「じゃよござんす」と自分は答えた。そうして立って下へ行こうとした。兄は湯に入っていた。嫂(あによめ)は小さい下の座敷を借りて髪を結わしていた。座敷には母よりほかにいなかった。
「まあお待ちよ」と母が呼び留めた。「何も出して上げないと云ってやしないじゃないか」
 母の言葉には兄一人でさえたくさんなところへ、何の必要があって、自分までこの年寄を苛(いじ)めるかと云わぬばかりの心細さが籠(こも)っていた。自分は母のいう通り元の席に着いたが、気の毒でちょっと顔を上げ得なかった。そうしてこの無恰好(ぶかっこう)な態度で、さも子供らしく母から要(い)るだけの金子(きんす)を受取った。母が一段声を落して、いつものように、「兄さんにはないしょだよ」と云った時、自分は不意に名状しがたい不愉快に襲われた。

        八

 自分達はその翌日の朝和歌山へ向けて立つはずになっていた。どうせいったんはここへ引返して来なければならないのだから、岡田の金もその時で好いとは思ったが、性急(せっかち)の自分には紙入をそのまま懐中しているからがすでに厭(いや)だった。岡田はその晩も例の通り宿屋へ話に来るだろうと想像された。だからその折にそっと返しておこうと自分は腹の中(うち)できめた。
 兄が湯から上って来た。帯も締(し)めずに、浴衣(ゆかた)を羽織るようにひっかけたままずっと欄干(らんかん)の所まで行ってそこへ濡手拭(ぬれてぬぐい)を懸けた。
「お待遠」
「お母さん、どうです」と自分は母を促(うな)がした。
「まあお這入(はい)りよ、お前から」と云った母は、兄の首や胸の所を眺(なが)めて、「大変好い血色におなりだね。それに少し肉が付いたようじゃないか」と賞(ほ)めていた。兄は性来(しょうらい)の痩(やせ)っぽちであった。宅(うち)ではそれをみんな神経のせいにして、もう少し肥(ふと)らなくっちゃ駄目(だめ)だと云い合っていた。その内でも母は最も気を揉(も)んだ。当人自身も痩せているのを何かの刑罰のように忌(い)み恐れた。それでもちっとも肥れなかった。
 自分は母の言葉を聞きながら、この苦しい愛嬌(あいきょう)を、慰藉(いしゃ)の一つとしてわが子の前に捧げなければならない彼女の心事を気の毒に思った。兄に比べると遥(はる)かに頑丈(がんじょう)な体躯(からだ)を起しながら、「じゃ御先へ」と母に挨拶(あいさつ)して下へ降りた。風呂場の隣の小さい座敷をちょいと覗(のぞ)くと、嫂は今髷(まげ)ができたところで、合せ鏡をして鬢(びん)だの髱(たぼ)だのを撫(な)でていた。
「もう済んだんですか」
「ええ。どこへいらっしゃるの」
「御湯へ這入ろうと思って。お先へ失礼してもよござんすか」
「さあどうぞ」
 自分は湯に入(い)りながら、嫂が今日に限ってなんでまた丸髷(まるまげ)なんて仰山(ぎょうさん)な頭に結(ゆ)うのだろうと思った。大きな声を出して、「姉さん、姉さん」と湯壺(ゆつぼ)の中から呼んで見た。「なによ」という返事が廊下の出口で聞こえた。
「御苦労さま、この暑いのに」と自分が云った。
「なぜ」
「なぜって、兄さんの御好(おこの)みなんですか、そのでこでこ頭は」
「知らないわ」
 嫂(あによめ)の廊下伝いに梯子段(はしごだん)を上(のぼ)る草履(ぞうり)の音がはっきり聞こえた。
 廊下の前は中庭で八つ手の株が見えた。自分はその暗い庭を前に眺(なが)めて、番頭に背中を流して貰(もら)っていた。すると入口の方から縁側(えんがわ)を沿って、また活溌(かっぱつ)な足音が聞こえた。
 そうして詰襟(つめえり)の白い洋服を着た岡田が自分の前を通った。自分は思わず、「おい君、君」と呼んだ。
「や、今お湯、暗いんでちっとも気がつかなかった」と岡田は一足(ひとあし)後戻りして風呂を覗(のぞ)き込みながら挨拶(あいさつ)をした。
「あなたに話がある」と自分は突然云った。
「話が? 何です」
「まあ、お入(はい)んなさい」
 岡田は冗談(じょうだん)じゃないと云う顔をした。
「お兼は来ませんか」
 自分が「いいえ」と答えると、今度は「皆さんは」と聞いた。自分がまた「みんないますよ」というと、不思議そうに「じゃ今日はどこへも行かなかったんですか」と聞いた。
「行ってもう帰って来たんです」
「実は僕も今会社から帰りがけですがね。どうも暑いじゃあありませんか。――とにかくちょっと伺候(しこう)して来ますから。失礼」
 岡田はこう云い捨てたなり、とうとう自分の用事を聞かずに二階へ上(あが)って行ってしまった。自分もしばらくして風呂から出た。

        九

 岡田はその夜(よ)だいぶ酒を呑んだ。彼は是非都合して和歌の浦までいっしょに行くつもりでいたが、あいにく同僚が病気で欠勤しているので、予期の通りにならないのがはなはだ残念だと云ってしきりに母や兄に詫(わ)びていた。
「じゃ今夜が御別れだから、少し御過(おす)ごしなさい」と母が勧めた。
 あいにく自分の家族は酒に親しみの薄いものばかりで、誰も彼の相手にはなれなかった。それで皆(みん)な御免蒙(ごめんこうむ)って岡田より先へ食事を済ました。岡田はそれがこっちも勝手だといった風に、独(ひと)り膳(ぜん)を控えて盃(さかずき)を甜(な)め続けた。
 彼は性来(しょうらい)元気な男であった。その上酒を呑むとますます陽気になる好い癖を持っていた。そうして相手が聞こうが聞くまいが、頓着(とんじゃく)なしに好きな事を喋舌(しゃべ)って、時々一人高笑いをした。
 彼は大阪の富が過去二十年間にどのくらい殖(ふ)えて、これから十年立つとまたその富が今の何十倍になるというような統計を挙(あ)げておおいに満足らしく見えた。
「大阪の富より君自身の富はどうだい」と兄が皮肉を云ったとき、岡田は禿(は)げかかった頭へ手を載(の)せて笑い出した。
「しかし僕の今日(こんにち)あるも――というと、偉過(えらす)ぎるが、まあどうかこうかやって行けるのも、全く叔父(おじ)さんと叔母さんのお蔭(かげ)です。僕はいくらこうして酒を呑(の)んで太平楽(たいへいらく)を並べていたって、それだけはけっして忘れやしません」
 岡田はこんな事を云って、傍(そば)にいる母と遠くにいる父に感謝の意を表した。彼は酔うと同じ言葉を何遍も繰返す癖のある男だったが、ことにこの感謝の意は少しずつ違った形式で、幾度(いくたび)か彼の口から洩(も)れた。しまいに彼は灘万(なだまん)のまな鰹(がつお)とか何とかいうものを、是非父に喰わせたいと云い募(つの)った。
 自分は彼がもと書生であった頃、ある正月の宵(よい)どこかで振舞酒(ふるまいざけ)を浴びて帰って来て、父の前へ長さ三寸ばかりの赤い蟹(かに)の足を置きながら平伏して、謹(つつし)んで北海の珍味を献上しますと云ったら、父は「何だそんな朱塗(しゅぬ)りの文鎮(ぶんちん)見たいなもの。要(い)らないから早くそっちへ持って行け」と怒った昔を思い出した。
 岡田はいつまでも飲んで帰らなかった。始めは興(きょう)を添えた彼の座談もだんだん皆(みん)なに飽きられて来た。嫂(あによめ)は団扇(うちわ)を顔へ当てて欠(あくび)を隠した。自分はとうとう彼を外へ連出さなければならなかった。自分は散歩にかこつけて五六町彼といっしょに歩いた。そうして懐(ふところ)から例の金を出して彼に返した。金を受取った時の彼は、酔っているにもかかわらず驚ろくべくたしかなものであった。「今でなくってもいいのに。しかしお兼が喜びますよ。ありがとう」と云って、洋服の内隠袋(うちがくし)へ収めた。
 通りは静であった。自分はわれ知らず空を仰いだ。空には星の光が存外(ぞんがい)濁っていた。自分は心の内に明日(あす)の天気を気遣(きづか)った。すると岡田が藪(やぶ)から棒に「一郎さんは実際むずかしやでしたね」と云い出した。そうして昔(むか)し兄と自分と将棋(しょうぎ)を指した時、自分が何か一口(ひとくち)云ったのを癪(しゃく)に、いきなり将棋の駒を自分の額へぶつけた騒ぎを、新しく自分の記憶から呼び覚(さま)した。
「あの時分からわがままだったからね、どうも。しかしこの頃はだいぶ機嫌(きげん)が好いようじゃありませんか」と彼がまた云った。自分は煮え切らない生(なま)返事をしておいた。
「もっとも奥さんができてから、もうよっぽどになりますからね。しかし奥さんの方でもずいぶん気骨(きぼね)が折れるでしょう。あれじゃ」
 自分はそれでも何の答もしなかった。ある四角(よつかど)へ来て彼と別れるときただ「お兼さんによろしく」と云ったまままた元の路へ引き返した。

        十

 翌日(よくじつ)朝の汽車で立った自分達は狭い列車のなかの食堂で昼飯(ひるめし)を食った。「給仕がみんな女だから面白い。しかもなかなか別嬪(べっぴん)がいますぜ、白いエプロンを掛けてね。是非中で昼飯をやって御覧なさい」と岡田が自分に注意したから、自分は皿を運んだりサイダーを注(つ)いだりする女をよく心づけて見た。しかし別にこれというほどの器量をもったものもいなかった。
 母と嫂(あによめ)は物珍らしそうに窓の外を眺(なが)めて、田舎(いなか)めいた景色を賞し合った。実際窓外(そうがい)の眺めは大阪を今離れたばかりの自分達には一つの変化であった。ことに汽車が海岸近くを走るときは、松の緑と海の藍(あい)とで、煙に疲れた眼に爽(さわや)かな青色を射返(いかえ)した。木蔭(こかげ)から出たり隠れたりする屋根瓦の積み方も東京地方のものには珍らしかった。
「あれは妙だね。御寺かと思うと、そうでもないし。二郎、やっぱり百姓家なのかね」と母がわざわざ指をさして、比較的大きな屋根を自分に示した。
 自分は汽車の中で兄と隣り合せに坐った。兄は何か考え込んでいた。自分は心の内でまた例のが始まったのじゃないかと思った。少し話でもして機嫌(きげん)を直そうか、それとも黙って知らん顔をしていようかと躊躇(ちゅうちょ)した。兄は何か癪(しゃく)に障(さわ)った時でも、むずかしい高尚な問題を考えている時でも同じくこんな様子をするから、自分にはいっこう見分がつかなかった。
 自分はしまいにとうとう思い切ってこっちから何か話を切り出そうとした。と云うのは、向側(むこうがわ)に腰をかけている母が、嫂と応対の相間(あいま)相間に、兄の顔を偸(ぬす)むように一二度見たからである。
「兄さん、面白い話がありますがね」と自分は兄の方を見た。
「何だ」と兄が云った。兄の調子は自分の予期した通り無愛想(ぶあいそう)であった。しかしそれは覚悟の前であった。
「ついこの間三沢から聞いたばかりの話ですがね。……」
 自分は例の精神病の娘さんがいったん嫁(とつ)いだあと不縁になって、三沢の宅(うち)へ引き取られた時、三沢の出る後(あと)を慕(した)って、早く帰って来てちょうだいと、いつでも云い習わした話をしようと思ってちょっとそこで句を切った。すると兄は急に気乗りのしたような顔をして、「その話ならおれも聞いて知っている。三沢がその女の死んだとき、冷たい額へ接吻(せっぷん)したという話だろう」と云った。
 自分は喫驚(びっくり)した。
「そんな事があるんですか。三沢は接吻の事については一口も云いませんでしたがね。皆(みん)ないる前でですか、三沢が接吻したって云うのは」
「それは知らない。皆(みんな)の前でやったのか。またはほかに人のいない時にやったのか」
「だって三沢がたった一人でその娘さんの死骸(しがい)の傍(そば)にいるはずがないと思いますがね。もし誰もそばにいない時接吻(せっぷん)したとすると」
「だから知らんと断ってるじゃないか」
 自分は黙って考え込んだ。
「いったい兄さんはどうして、そんな話を知ってるんです」
「Hから聞いた」
 Hとは兄の同僚で、三沢を教えた男であった。そのHは三沢の保証人だったから、少しは関係の深い間柄(あいだがら)なんだろうけれども、どうしてこんな際(きわ)どい話を聞き込んで、兄に伝えたものだろうか、それは彼も知らなかった。
「兄さんはなぜまた今日までその話を為(し)ずに黙っていたんです」と自分は最後に兄に聞いた。兄は苦(にが)い顔をして、「する必要がないからさ」と答えた。自分は様子によったらもっと肉薄して見ようかと思っているうちに汽車が着いた。

        十一

 停車場(ステーション)を出るとすぐそこに電車が待っていた。兄と自分は手提鞄(てさげかばん)を持ったまま婦人を扶(たす)けて急いでそれに乗り込んだ。
 電車は自分達四人が一度に這入(はい)っただけで、なかなか動き出さなかった。
「閑静な電車ですね」と自分が侮(あな)どるように云った。
「これなら妾達(わたしたち)の荷物を乗っけてもよさそうだね」と母は停車場の方を顧(かえり)みた。
 ところへ書物を持った書生体(しょせいてい)の男だの、扇を使う商人風の男だのが二三人前後して車台に上(のぼ)ってばらばらに腰をかけ始めたので、運転手はついに把手(ハンドル)を動かし出した。
 自分達は何だか市の外廓(がいかく)らしい淋(さむ)しい土塀(どべい)つづきの狭い町を曲って、二三度停留所を通り越した後(のち)、高い石垣の下にある濠(ほり)を見た。濠の中には蓮(はす)が一面に青い葉を浮べていた。その青い葉の中に、点々と咲く紅(くれない)の花が、落ちつかない自分達の眼をちらちらさせた。
「へえーこれが昔のお城かね」と母は感心していた。母の叔母というのが、昔し紀州家の奥に勤めていたとか云うので、母は一層感慨の念が深かったのだろう。自分も子供の時、折々耳にした紀州様、紀州様という封建時代の言葉をふと思い出した。
 和歌山市を通り越して少し田舎道(いなかみち)を走ると、電車はじき和歌の浦へ着いた。抜目(ぬけめ)のない岡田はかねてから注意して土地で一流の宿屋へ室(へや)の注文をしたのだが、あいにく避暑の客が込み合って、眺(なが)めの好い座敷が塞(ふさ)がっているとかで、自分達は直(ただち)に俥(くるま)を命じて浜手の角を曲った。そうして海を真前(まんまえ)に控えた高い三階の上層の一室に入った。
 そこは南と西の開(あ)いた広い座敷だったが、普請(ふしん)は気の利(き)いた東京の下宿屋ぐらいなもので、品位からいうと大阪の旅館とはてんで比べ物にならなかった。時々大一座(おおいちざ)でもあった時に使う二階はぶっ通しの大広間で、伽藍堂(がらんどう)のような真中(まんなか)に立って、波を打った安畳を眺(なが)めると、何となく殺風景な感が起った。
 兄はその大広間に仮の仕切として立ててあった六枚折の屏風(びょうぶ)を黙って見ていた。彼はこういうものに対して、父の薫陶(くんとう)から来た一種の鑑賞力をもっていた。その屏風には妙にべろべろした葉の竹が巧(たくみ)に描(えが)かれていた。兄は突然後(うしろ)を向いて「おい二郎」と云った。
 その時兄と自分は下の風呂に行くつもりで二人ながら手拭(てぬぐい)をさげていた。そうして自分は彼の二間ばかり後(うしろ)に立って、屏風の竹を眺める彼をまた眺めていた。自分は兄がこの屏風の画(え)について、何かまた批評を加えるに違いないと思った。
「何です」と答えた。
「先刻(さっき)汽車の中で話しが出た、あの三沢の事だね。お前はどう思う」
 兄の質問は実際自分に取って意外であった。彼はなぜその話しを今まで自分に聞かせなかったと汽車の中で問われた時、すでに苦(にが)い顔をして必要がないからだと答えたばかりであった。
「例の接吻(キッス)の話ですか」と自分は聞き返した。
「いえ接吻じゃない。その女が三沢の出る後(あと)を慕って、早く帰って来てちょうだいと必ず云ったという方の話さ」
「僕には両方共面白いが、接吻の方が何だかより多く純粋でかつ美しい気がしますね」
 この時自分達は二階の梯子段(はしごだん)を半分ほど降りていた。兄はその中途でぴたりと留(とま)った。
「そりゃ詩的に云うのだろう。詩を見る眼で云ったら、両方共等しく面白いだろう。けれどもおれの云うのはそうじゃない。もっと実際問題にしての話だ」

        十二

 自分には兄の意味がよく解らなかった。黙って梯子段の下まで降りた。兄も仕方なしに自分の後(あと)に跟(つ)いて来た。風呂場の入口で立ち留った自分は、ふり返って兄に聞いた。
「実際問題と云うと、どういう事になるんですか。ちょっと僕には解らないんですが」
 兄は焦急(じれっ)たそうに説明した。
「つまりその女がさ、三沢の想像する通り本当にあの男を思っていたか、または先の夫に対して云いたかった事を、我慢して云わずにいたので、精神病の結果ふらふらと口にし始めたのか、どっちだと思うと云うんだ」
 自分もこの問題は始めその話を聞いた時、少し考えて見た。けれどもどっちがどうだかとうてい分るべきはずの者でないと諦(あきら)めて、それなり放ってしまった。それで自分は兄の質問に対してこれというほどの意見も持っていなかった。
「僕には解らんです」
「そうか」
 兄はこう云いながら、やっぱり風呂に這入(はい)ろうともせず、そのまま立っていた。自分も仕方なしに裸になるのを控えていた。風呂は思ったより小さくかつ多少古びていた。自分はまず薄暗い風呂を覗(のぞ)き込んで、また兄に向った。
「兄さんには何か意見が有るんですか」
「おれはどうしてもその女が三沢に気があったのだとしか思われんがね」
「なぜですか」
「なぜでもおれはそう解釈するんだ」
 二人はその話の結末をつけずに湯に入った。湯から上って婦人連(れん)と入代った時、室(へや)には西日がいっぱい射(さ)して、海の上は溶けた鉄のように熱く輝いた。二人は日を避けて次の室に這入った。そうしてそこで相対して坐った時、先刻(さっき)の問題がまた兄の口から話頭に上(のぼ)った。
「おれはどうしてもこう思うんだがね……」
「ええ」と自分はただおとなしく聞いていた。
「人間は普通の場合には世間の手前とか義理とかで、いくら云いたくっても云えない事がたくさんあるだろう」
「それはたくさんあります」
「けれどもそれが精神病になると――云うとすべての精神病を含めて云うようで、医者から笑われるかも知れないが、――しかし精神病になったら、大変気が楽(らく)になるだろうじゃないか」
「そう云う種類の患者もあるでしょう」
「ところでさ、もしその女がはたしてそういう種類の精神病患者だとすると、すべて世間並(せけんなみ)の責任はその女の頭の中から消えて無くなってしまうに違なかろう。消えて無くなれば、胸に浮かんだ事なら何でも構わず露骨に云えるだろう。そうすると、その女の三沢に云った言葉は、普通我々が口にする好い加減な挨拶(あいさつ)よりも遥(はるか)に誠の籠(こも)った純粋のものじゃなかろうか」
 自分は兄の解釈にひどく感服してしまった。「それは面白い」と思わず手を拍(う)った。すると兄は案外不機嫌(ふきげん)な顔をした。
「面白いとか面白くないとか云う浮いた話じゃない。二郎、実際今の解釈が正確だと思うか」と問いつめるように聞いた。
「そうですね」
 自分は何となく躊躇(ちゅうちょ)しなければならなかった。
「噫々(ああああ)女も気狂(きちがい)にして見なくっちゃ、本体はとうてい解らないのかな」
 兄はこう云って苦しい溜息(ためいき)を洩(も)らした。

        十三

 宿の下にはかなり大きな掘割(ほりわり)があった。それがどうして海へつづいているかちょっと解らなかったが、夕方には漁船が一二艘(そう)どこからか漕(こ)ぎ寄せて来て、緩(ゆる)やかに楼の前を通り過ぎた。
 自分達はその掘割に沿うて一二丁右の方へ歩いた後(あと)、また左へ切れて田圃路(たんぼみち)を横切り始めた。向うを見ると、田の果(はて)がだらだら坂の上(のぼ)りになって、それを上り尽した土手の縁(ふち)には、松が左右に長く続いていた。自分達の耳には大きな波の石に砕ける音がどどんどどんと聞えた。三階から見るとその砕けた波が忽然(こつぜん)白い煙となって空(くう)に打上げられる様が、明かに見えた。
 自分達はついにその土手の上へ出た。波は土手のもう一つ先にある厚く築き上げられた石垣に当って、みごとに粉微塵(こみじん)となった末、煮え返るような色を起して空(くう)を吹くのが常であったが、たまには崩(くず)れたなり石垣の上を流れ越えて、ざっと内側へ落ち込んだりする大きいのもあった。
 自分達はしばらくその壮観に見惚(みと)れていたが、やがて強い浪(なみ)の響を耳にしながら歩き出した。その時母と自分は、これが片男波(かたおなみ)だろうと好い加減な想像を話の種に二人並んで歩いた。兄夫婦は自分達より少し先へ行った。二人とも浴衣(ゆかた)がけで、兄は細い洋杖(ステッキ)を突いていた。嫂(あによめ)はまた幅の狭い御殿模様か何かの麻(あさ)の帯を締めていた。彼らは自分達よりほとんど二十間ばかり先へ出ていた。そうして二人とも並んで足を運ばして行った。けれども彼らの間にはかれこれ一間の距離があった。母はそれを気にするような、また気にしないような眼遣(めづかい)で、時々見た。その見方がまた余りに神経的なので、母の心はこの二人について何事かを考えながら歩いているとしか思えなかった。けれども自分は話しの面倒になるのを恐れたから、素知(そし)らぬ顔をしてわざと緩々(ゆるゆる)歩いた。そうしてなるべく呑(の)ん気(き)そうに見せるつもりで母を笑わせるような剽軽(ひょうきん)な事ばかり饒舌(しゃべ)った。母はいつもの通り「二郎、御前見たいに暮して行けたら、世間に苦はあるまいね」と云ったりした。
 しまいに彼女はとうとう堪(こら)え切れなくなったと見えて、「二郎あれを御覧」と云い出した。
「何ですか」と自分は聞き返した。
「あれだから本当に困るよ」と母が云った。その時母の眼は先へ行く二人の後姿をじっと見つめていた。自分は少くとも彼女の困ると云った意味を表向(おもてむき)承認しない訳に行かなかった。
「また何か兄さんの気に障(さわ)る事でもできたんですか」
「そりゃあの人の事だから何とも云えないがね。けれども夫婦となった以上は、お前、いくら旦那(だんな)が素(そ)っ気(け)なくしていたって、こっちは女だもの。直(なお)の方から少しは機嫌(きげん)の直るように仕向けてくれなくっちゃ困るじゃないか。あれを御覧な、あれじゃまるであかの他人が同(おん)なじ方角へ歩いて行くのと違やしないやね。なんぼ一郎だって直に傍へ寄ってくれるなと頼みやしまいし」
 母は無言のまま離れて歩いている夫婦のうちで、ただ嫂(あによめ)の方にばかり罪を着せたがった。これには多少自分にも同感なところもあった。そうしてこの同感は平生から兄夫婦の関係を傍(はた)で見ているものの胸にはきっと起る自然のものであった。
「兄さんはまた何か考え込んでいるんですよ。それで姉さんも遠慮してわざと口を利(き)かずにいるんでしょう」
 自分は母のためにわざとこんな気休(きやす)めを云ってごまかそうとした。

        十四

「たとい何か考えているにしてもだね。直(なお)の方がああ無頓着(むとんじゃく)じゃ片っ方でも口の利きようがないよ。まるでわざわざ離れて歩いているようだもの」
 兄に同情の多い母から見ると、嫂の後姿(うしろすがた)は、いかにも冷淡らしく思われたのだろう。が自分はそれに対して何とも答えなかった。ただ歩きながら嫂の性格をもっと一般的に考えるようになった。自分は母の批評が満更(まんざら)当っていないとも思わなかった。けれども我肉身の子を可愛(かわい)がり過ぎるせいで、少し彼女の欠点を苛酷(かこく)に見ていはしまいかと疑った。
 自分の見た彼女はけっして温(あたた)かい女ではなかった。けれども相手から熱を与えると、温め得る女であった。持って生れた天然の愛嬌(あいきょう)のない代りには、こっちの手加減でずいぶん愛嬌を搾(しぼ)り出す事のできる女であった。自分は腹の立つほどの冷淡さを嫁入後(よめいりご)の彼女に見出した事が時々あった。けれども矯(た)めがたい不親切や残酷心はまさかにあるまいと信じていた。
 不幸にして兄は今自分が嫂について云ったような気質を多量に具えていた。したがって同じ型に出来上ったこの夫婦は、己(おの)れの要するものを、要する事のできないお互に対して、初手(しょて)から求め合っていて、いまだにしっくり反(そり)が合わずにいるのではあるまいか。時々兄の機嫌(きげん)の好い時だけ、嫂も愉快そうに見えるのは、兄の方が熱しやすい性(たち)だけに、女に働きかける温か味の功力(くりき)と見るのが当然だろう。そうでない時は、母が嫂を冷淡過ぎると評するように、嫂もまた兄を冷淡過ぎると腹のうちで評しているかも知れない。
 自分は母と並んで歩きながら先へ行く二人をこんなに考えた。けれども母に対してはそんなむずかしい理窟(りくつ)を云う気にはなれなかった。すると「どうも不思議だよ」と母が云い出した。
「いったい直は愛嬌のある質(たち)じゃないが、御父さんや妾(わたし)にはいつだって同(おん)なじ調子だがね。二郎、御前にだってそうだろう」
 これは全く母の云う通りであった。自分は元来性急(せっかち)な性分で、よく大きな声を出したり、怒鳴(どな)りつけたりするが、不思議にまだ嫂(あによめ)と喧嘩(けんか)をした例(ためし)はなかったのみならず、場合によると、兄よりもかえって心おきなく話をした。
「僕にもそうですがね。なるほどそう云われれば少々変には違ない」
「だからさ妾(わたし)には直が一郎に対してだけ、わざわざ、あんな風をつらあてがましくやっているように思われて仕方がないんだよ」
「まさか」
 自白すると自分はこの問題を母ほど細(こま)かく考えていなかった。したがってそんな疑いを挟(さしは)さむ余地がなかった。あってもその原因が第一不審であった。
「だって宅中(うちじゅう)で兄さんが一番大事な人じゃありませんか、姉さんにとって」
「だからさ。御母さんには訳が解らないと云うのさ」
 自分にはせっかくこんな景色の好い所へ来ながら、際限もなく母を相手に、嫂を陰で評しているのが馬鹿らしく感ぜられてきた。
「そのうち機会(おり)があったら、姉さんにまたよく腹の中を僕から聞いて見ましょう。何心配するほどの事はありませんよ」と云い切って、向(むこう)の石垣まで突き出している掛茶屋から防波堤(ぼうはてい)の上に馳(か)け上った。そうして、精一杯の声を揚(あ)げて、「おーいおーい」と呼んだ。兄夫婦は驚いてふり向いた。その時石の堤に当って砕けた波が、吹き上げる泡(あわ)と脚(あし)を洗う流れとで、自分を濡鼠(ぬれねずみ)のごとくにした。
 自分は母に叱られながら、ぽたぽた雫(しずく)を垂らして、三人と共に宿に帰った。どどんどどんという波の音が、帰り道中(じゅう)自分の鼓膜(こまく)に響いた。

        十五

 その晩自分は母といっしょに真白な蚊帳(かや)の中に寝た。普通の麻よりは遥(はるか)に薄くできているので、風が来て綺麗(きれい)なレースを弄(もてあそ)ぶ様(さま)が涼しそうに見えた。
「好い蚊帳ですね。宅(うち)でも一つこんなのを買おうじゃありませんか」と母に勧めた。
「こりゃ見てくれだけは綺麗だが、それほど高いものじゃないよ。かえって宅にあるあの白麻の方が上等なんだよ。ただこっちのほうが軽くって、継(つ)ぎ目(め)がないだけに華奢(きゃしゃ)に見えるのさ」
 母は昔ものだけあって宅(うち)にある岩国(いわくに)かどこかでできる麻の蚊帳の方を賞(ほ)めていた。
「だいち寝冷(ねびえ)をしないだけでもあっちの方が得じゃないか」と云った。
 下女が来て障子(しょうじ)を締め切ってから、蚊帳は少しも動かなくなった。
「急に暑苦しくなりましたね」と自分は嘆息するように云った。
「そうさね」と答えた母の言葉は、まるで暑さが苦にならないほど落ちついていた。それでも団扇遣(うちわづかい)の音だけは微(かす)かに聞こえた。
 母はそれからふっつり口を利(き)かなくなった。自分も眼を眠(ねむ)った。襖(ふすま)一つ隔てた隣座敷には兄夫婦が寝ていた。これは先刻(さっき)から静(しずか)であった。自分の話相手がなくなってこっちの室(へや)が急にひっそりして見ると、兄の室はなお森閑と自分の耳を澄ました。
 自分は眼を閉じたままじっとしていた。しかしいつまで経(た)っても寝つかれなかった。しまいには静さに祟(たた)られたようなこの暑い苦しみを痛切に感じ出した。それで母の眠(ねむり)を妨(さまた)げないようにそっと蒲団(ふとん)の上に起き直った。それから蚊帳(かや)の裾(すそ)を捲(まく)って縁側(えんがわ)へ出る気で、なるべく音のしないように障子(しょうじ)をすうと開(あ)けにかかった。すると今まで寝入っていたとばかり思った母が突然「二郎どこへ行くんだい」と聞いた。
「あんまり寝苦しいから、縁側へ出て少し涼もうと思います」
「そうかい」
 母の声は明晰(めいせき)で落ちついていた。自分はその調子で、彼女がまんじりともせずに今まで起きていた事を知った。
「御母さんも、まだ御休みにならないんですか」
「ええ寝床の変ったせいか何だか勝手が違ってね」
 自分は貸浴衣(かしゆかた)の腰に三尺帯を一重(ひとえ)廻しただけで、懐(ふところ)へ敷島(しきしま)の袋と燐寸(マッチ)を入れて縁側へ出た。縁側には白いカヴァーのかかった椅子が二脚ほど出ていた。自分はその一脚を引き寄せて腰をかけた。
「あまりがたがた云わして、兄さんの邪魔になるといけないよ」
 母からこう注意された自分は、煙草(たばこ)を吹かしながら黙って、夢のような眼前(めのまえ)の景色を眺めていた。景色は夜と共に無論ぼんやりしていた。月のない晩なので、ことさら暗いものが蔓(はびこ)り過ぎた。そのうちに昼間見た土手の松並木だけが一際(ひときわ)黒ずんで左右に長い帯を引き渡していた。その下に浪(なみ)の砕けた白い泡が夜の中に絶間なく動揺するのが、比較的刺戟強(しげきづよ)く見えた。
「もう好い加減に御這入(おはい)りよ。風邪(かぜ)でも引くといけないから」
 母は障子(しょうじ)の内からこう云って注意した。自分は椅子に倚(よ)りながら、母に夜の景色を見せようと思ってちょっと勧めたが、彼女は応じなかった。自分は素直にまた蚊帳の中に這入って、枕の上に頭を着けた。
 自分が蚊帳を出たり這入ったりした間、兄夫婦の室は森(しん)として元のごとく静かであった。自分が再び床に着いた後(あと)も依然として同じ沈黙に鎖(とざ)されていた。ただ防波堤に当って砕ける波の音のみが、どどんどどんといつまでも響いた。

        十六

 朝起きて膳(ぜん)に向った時見ると、四人(よつたり)はことごとく寝足らない顔をしていた。そうして四人ともその寝足らない雲を膳の上に打ちひろげてわざと会話を陰気にしているらしかった。自分も変に窮屈だった。
「昨夕(ゆうべ)食った鯛(たい)の焙烙蒸(ほうろくむし)にあてられたらしい」と云って、自分は不味(まず)そうな顔をして席を立った。手摺(てすり)の所へ来て、隣に見える東洋第一エレヴェーターと云う看板を眺めていた。この昇降器は普通のように、家の下層から上層に通じているのとは違って、地面から岩山の頂(いただき)まで物数奇(ものずき)な人間を引き上げる仕掛であった。所にも似ず無風流(ぶふうりゅう)な装置には違ないが、浅草にもまだない新しさが、昨日(きのう)から自分の注意を惹(ひ)いていた。
 はたして早起の客が二人三人ぽつぽつもう乗り始めた。早く食事を終えた兄はいつの間にか、自分の後(うしろ)へ来て、小楊枝(こようじ)を使いながら、上(のぼ)ったり下(お)りたりする鉄の箱を自分と同じように眺めていた。
「二郎、今朝(けさ)ちょっとあの昇降器へ乗って見ようじゃないか」と兄が突然云った。
 自分は兄にしてはちと子供らしい事を云うと思って、ひょっと後(うしろ)を顧(かえり)みた。
「何だか面白そうじゃないか」と兄は柄(がら)にもない稚気(ちき)を言葉に現した。自分は昇降器へ乗るのは好いが、ある目的地へ行けるかどうかそれが危(あや)しかった。
「どこへ行けるんでしょう」
「どこだって構わない。さあ行こう」
 自分は母と嫂(あによめ)も無論いっしょに連れて行くつもりで、「さあさあ」と大きな声で呼び掛けた。すると兄は急に自分を留めた。
「二人で行こう。二人ぎりで」と云った。
 そこへ母と嫂が「どこへ行くの」と云って顔を出した。
「何ちょっとあのエレヴェーターへ乗って見るんです。二郎といっしょに。女には剣呑(けんのん)だから、御母さんや直(なお)は止した方が好いでしょう。僕らがまあ乗って、試(ため)して見ますから」
 母は虚空(こくう)に昇って行く鉄の箱を見ながら気味の悪そうな顔をした。
「直お前どうするい」
 母がこう聞いた時、嫂は例の通り淋(さむ)しい靨(えくぼ)を寄せて、「妾(わたくし)はどうでも構いません」と答えた。それがおとなしいとも取れるし、また聴きようでは、冷淡とも無愛想とも取れた。それを自分は兄に対して気の毒と思い嫂に対しては損だと考えた。
 二人は浴衣(ゆかた)がけで宿を出ると、すぐ昇降器へ乗った。箱は一間四方くらいのもので、中に五六人這入(はい)ると戸を閉めて、すぐ引き上げられた。兄と自分は顔さえ出す事のできない鉄の棒の間から外を見た。そうして非常に欝陶(うっとう)しい感じを起した。
「牢屋見たいだな」と兄が低い声で私語(ささや)いた。
「そうですね」と自分が答えた。
「人間もこの通りだ」
 兄は時々こんな哲学者めいた事をいう癖があった。自分はただ「そうですな」と答えただけであった。けれども兄の言葉は単にその輪廓(りんかく)ぐらいしか自分には呑み込めなかった。
 牢屋に似た箱の上(のぼ)りつめた頂点は、小さい石山の天辺(てっぺん)であった。そのところどころに背の低い松が噛(かじ)りつくように青味を添えて、単調を破るのが、夏の眼に嬉(うれ)しく映った。そうしてわずかな平地(ひらち)に掛茶屋があって、猿が一匹飼ってあった。兄と自分は猿に芋をやったり、調戯(からか)ったりして、物の十分もその茶屋で費やした。
「どこか二人だけで話す所はないかな」
 兄はこう云って四方(あたり)を見渡した。その眼は本当に二人だけで話のできる静かな場所を見つけているらしかった。

        十七

 そこは高い地勢のお蔭で四方ともよく見晴らされた。ことに有名な紀三井寺(きみいでら)を蓊欝(こんもり)した木立(こだち)の中に遠く望む事ができた。その麓(ふもと)に入江らしく穏かに光る水がまた海浜(かいひん)とは思われない沢辺(さわべ)の景色を、複雑な色に描き出していた。自分は傍(そば)にいる人から浄瑠璃(じょうるり)にある下(さが)り松(まつ)というのを教えて貰った。その松はなるほど懸崖(けんがい)を伝うように逆(さか)に枝を伸(の)していた。
 兄は茶店の女に、ここいらで静(しずか)な話をするに都合の好い場所はないかと尋ねていたが、茶店の女は兄の問が解らないのか、何を云っても少しも要領を得なかった。そうして地方訛(ちほうなまり)ののしとかいう語尾をしきりに繰返した。
 しまいに兄は「じゃその権現様(ごんげんさま)へでも行くかな」と云い出した。
「権現様も名所の一つだから好いでしょう」
 二人はすぐ山を下りた。俥(くるま)にも乗らず、傘(かさ)も差さず、麦藁帽子(むぎわらぼうし)だけ被(かぶ)って暑い砂道を歩いた。こうして兄といっしょに昇降器へ乗ったり、権現へ行ったりするのが、その日は自分に取って、何だか不安に感ぜられた。平生でも兄と差向いになると多少気不精(きぶっせい)には違なかったけれども、その日ほど落ちつかない事もまた珍らしかった。自分は兄から「おい二郎二人で行こう、二人ぎりで」と云われた時からすでに変な心持がした。
 二人は額から油汗をじりじり湧(わ)かした。その上に自分は実際昨夕(ゆうべ)食った鯛(たい)の焙烙蒸(ほうろくむし)に少しあてられていた。そこへだんだん高くなる太陽が容赦なく具合の悪い頭を照らしたので、自分は仕方なしに黙って歩いていた。兄も無言のまま体を運ばした。宿で借りた粗末な下駄(げた)がさくさく砂に喰い込む音が耳についた。
「二郎どうかしたか」
 兄の声は全く藪(やぶ)から棒が急に出たように自分を驚かした。
「少し心持が変です」
 二人はまた無言で歩き出した。
 ようやく権現の下へ来た時、細い急な石段を仰ぎ見た自分は、その高いのに辟易(へきえき)するだけで、容易に登る勇気は出し得なかった。兄はその下に並べてある藁草履(わらぞうり)を突掛けて十段ばかり一人で上(のぼ)って行ったが、後(あと)から続かない自分に気がついて、「おい来ないか」と嶮(けわ)しく呼んだ。自分も仕方なしに婆さんから草履を一足借りて、骨を折って石段を上り始めた。それでも中途ぐらいから一歩ごとに膝(ひざ)の上に両手を置いて、身体(からだ)の重みを託さなければならなかった。兄を下から見上げるとさも焦熱(じれ)ったそうに頂上の山門の角に立っていた。
「まるで酔っ払いのようじゃないか、段々を筋違(すじかい)に練って歩くざまは」
 自分は何と評されても構わない気で、早速帽子を地(じ)の上に投げると同時に、肌を抜いだ。扇を持たないので、手にした手帛(ハンケチ)でしきりに胸の辺りを払った。自分は後(うしろ)から「おい二郎」ときっと何か云われるだろうと思って、内心穏かでなかったせいか、汗に濡(ぬ)れた手帛をむやみに振り動かした。そうして「暑い暑い」と続けさまに云った。
 兄はやがて自分の傍(そば)へ来てそこにあった石に腰をおろした。その石の後は篠竹(しのだけ)が一面に生えて遥(はるか)の下まで石垣の縁(ふち)を隠すように茂っていた。その中から大きな椿(つばき)が所々に白茶けた幹を現すのがことに目立って見えた。
「なるほどここは静(しずか)だ。ここならゆっくり話ができそうだ」と兄は四方(あたり)を見廻した。

        十八

「二郎少し御前に話があるがね」と兄が云った。
「何です」
 兄はしばらく逡巡(しゅんじゅん)して口を開かなかった。自分はまたそれを聞くのが厭(いや)さに、催促もしなかった。
「ここは涼しいですね」と云った。
「ああ涼しい」と兄も答えた。
 実際そこは日影に遠いせいか涼しい風の通う高みであった。自分は三四分手帛を動かした後(のち)、急に肌を入れた。山門の裏には物寂(ものさ)びた小さい拝殿があった。よほど古い建物と見えて、軒に彫つけた獅子の頭などは絵の具が半分剥(は)げかかっていた。
 自分は立って山門を潜(くぐ)って拝殿の方へ行った。
「兄さんこっちの方がまだ涼しい。こっちへいらっしゃい」
 兄は答えもしなかった。自分はそれを機(しお)に拝殿の前面を左右に逍遥(しょうよう)した。そうして暑い日を遮(さえぎ)る高い常磐木(ときわぎ)を見ていた。ところへ兄が不平な顔をして自分に近づいて来た。
「おい少し話しがあるんだと云ったじゃないか」
 自分は仕方なしに拝殿の段々に腰をかけた。兄も自分に並んで腰をかけた。
「何ですか」
「実は直(なお)の事だがね」と兄ははなはだ云い悪(にく)いところをやっと云い切ったという風に見えた。自分は「直」という言葉を聞くや否や冷(ひや)りとした。兄夫婦の間柄は母が自分に訴えた通り、自分にもたいていは呑(の)み込めていた。そうして母に約束したごとく、自分はいつか折を見て、嫂(あによめ)に腹の中をとっくり聴糺(ききただ)した上、こっちからその知識をもって、積極的に兄に向(むか)おうと思っていた。それを自分がやらないうちに、もし兄から先(せん)を越されでもすると困るので、自分はひそかにそこを心配していた。実を云うと、今朝(けさ)兄から「二郎、二人で行こう、二人ぎりで」と云われた時、自分はあるいはこの問題が出るのではあるまいかと掛念(けねん)して自(おのず)と厭(いや)になったのである。
「嫂(ねえ)さんがどうかしたんですか」と自分はやむを得ず兄に聞き返した。
「直は御前に惚(ほ)れてるんじゃないか」
 兄の言葉は突然であった。かつ普通兄のもっている品格にあたいしなかった。
「どうして」
「どうしてと聞かれると困る。それから失礼だと怒られてはなお困る。何も文(ふみ)を拾ったとか、接吻(せっぷん)したところを見たとか云う実証から来た話ではないんだから。本当いうと表向(おもてむき)こんな愚劣な問を、いやしくも夫たるおれが、他人に向ってかけられた訳のものではない。ないが相手が御前だからおれもおれの体面を構わずに、聞き悪いところを我慢して聞くんだ。だから云ってくれ」
「だって嫂さんですぜ相手は。夫のある婦人、ことに現在の嫂ですぜ」
 自分はこう答えた。そうしてこう答えるよりほかに何と云う言葉も出なかった。
「それは表面の形式から云えば誰もそう答えなければならない。御前も普通の人間だからそう答えるのが至当だろう。おれもその一言(いちごん)を聞けばただ恥じ入るよりほかに仕方がない。けれども二郎御前は幸いに正直な御父さんの遺伝を受けている。それに近頃の、何事も隠さないという主義を最高のものとして信じているから聞くのだ。形式上の答えはおれにも聞かない先から解っているが、ただ聞きたいのは、もっと奥の奥の底にある御前の感じだ。その本当のところをどうぞ聞かしてくれ」

        十九

「そんな腹の奥の奥底にある感じなんて僕に有るはずがないじゃありませんか」
 こう答えた時、自分は兄の顔を見ないで、山門の屋根を眺めていた。兄の言葉はしばらく自分の耳に聞こえなかった。するとそれが一種の癇高(かんだか)い、さも昂奮(こうふん)を抑(おさ)えたような調子になって響いて来た。
「おい二郎何だってそんな軽薄な挨拶(あいさつ)をする。おれと御前は兄弟じゃないか」
 自分は驚いて兄の顔を見た。兄の顔は常磐木(ときわぎ)の影で見るせいかやや蒼味(あおみ)を帯びていた。
「兄弟ですとも。僕はあなたの本当の弟(おとと)です。だから本当の事を御答えしたつもりです。今云ったのはけっして空々しい挨拶でも何でもありません。真底そうだからそういうのです」
 兄の神経の鋭敏なごとく自分は熱しやすい性急(せっかち)であった。平生の自分ならあるいはこんな返事は出なかったかも知れない。兄はその時簡単な一句を射た。
「きっと」
「ええきっと」
「だって御前の顔は赤いじゃないか」
 実際その時の自分の顔は赤かったかも知れない。兄の面色(めんしょく)の蒼(あお)いのに反して、自分は我知らず、両方の頬の熱(ほて)るのを強く感じた。その上自分は何と返事をして好いか分らなかった。
 すると兄は何と思ったかたちまち階段から腰を起した。そうして腕組をしながら、自分の席を取っている前を右左に歩き出した。自分は不安な眼をして、彼の姿を見守った。彼は始めから眼を地面の上に落していた。二三度自分の前を横切ったけれどもけっして一遍もその眼を上げて自分を見なかった。三度目に彼は突如として、自分の前に来て立ち留った。
「二郎」
「はい」
「おれは御前の兄だったね。誠に子供らしい事を云って済まなかった」
 兄の眼の中には涙がいっぱい溜(たま)っていた。
「なぜです」
「おれはこれでも御前より学問も余計したつもりだ。見識も普通の人間より持っているとばかり今日(こんにち)まで考えていた。ところがあんな子供らしい事をつい口にしてしまった。まことに面目(めんぼく)ない。どうぞ兄を軽蔑(けいべつ)してくれるな」
「なぜです」
 自分は簡単なこの問を再び繰返した。
「なぜですとそう真面目(まじめ)に聞いてくれるな。ああおれは馬鹿だ」
 兄はこう云って手を出した。自分はすぐその手を握った。兄の手は冷たかった。自分の手も冷たかった。
「ただ御前の顔が少しばかり赤くなったからと云って、御前の言葉を疑ぐるなんて、まことに御前の人格に対して済まない事だ。どうぞ堪忍(かんにん)してくれ」
 自分は兄の気質が女に似て陰晴常なき天候のごとく変るのをよく承知していた。しかし一(ひ)と見識(けんしき)ある彼の特長として、自分にはそれが天真爛漫(てんしんらんまん)の子供らしく見えたり、または玉のように玲瓏(れいろう)な詩人らしく見えたりした。自分は彼を尊敬しつつも、どこか馬鹿にしやすいところのある男のように考えない訳に行かなかった。自分は彼の手を握ったまま「兄さん、今日は頭がどうかしているんですよ。そんな下らない事はもうこれぎりにしてそろそろ帰ろうじゃありませんか」と云った。

        二十

 兄は突然自分の手を放した。けれどもけっしてそこを動こうとしなかった。元の通り立ったまま何も云わずに自分を見下した。
「御前他(ひと)の心が解るかい」と突然聞いた。
 今度は自分の方が何も云わずに兄を見上げなければならなかった。
「僕の心が兄さんには分らないんですか」とやや間を置いて云った。自分の答には兄の言葉より一種の根強さが籠(こも)っていた。
「御前の心はおれによく解っている」と兄はすぐ答えた。
「じゃそれで好いじゃありませんか」と自分は云った。
「いや御前の心じゃない。女の心の事を云ってるんだ」
 兄の言語のうち、後(あと)一句には火の付いたような鋭さがあった。その鋭さが自分の耳に一種異様の響を伝えた。
「女の心だって男の心だって」と云いかけた自分を彼は急に遮(さえぎ)った。
「御前は幸福な男だ。おそらくそんな事をまだ研究する必要が出て来なかったんだろう」
「そりゃ兄さんのような学者じゃないから……」
「馬鹿云え」と兄は叱りつけるように叫んだ。
「書物の研究とか心理学の説明とか、そんな廻り遠い研究を指すのじゃない。現在自分の眼前にいて、最も親しかるべきはずの人、その人の心を研究しなければ、いても立ってもいられないというような必要に出逢(であ)った事があるかと聞いてるんだ」
 最も親しかるべきはずの人と云った兄の意味は自分にすぐ解った。
「兄さんはあんまり考え過ぎるんじゃありませんか、学問をした結果。もう少し馬鹿になったら好いでしょう」
「向うでわざと考えさせるように仕向けて来るんだ。おれの考え慣れた頭を逆に利用して。どうしても馬鹿にさせてくれないんだ」
 自分はここにいたって、ほとんど慰藉(いしゃ)の辞(じ)に窮した。自分より幾倍立派な頭をもっているか分らない兄が、こんな妙な問題に対して自分より幾倍頭を悩めているかを考えると、はなはだ気の毒でならなかった。兄が自分より神経質な事は、兄も自分もよく承知していた。けれども今まで兄からこう歇私的里的(ヒステリてき)に出られた事がないので、自分も実は途方に暮れてしまった。
「御前メレジスという人を知ってるか」と兄が聞いた。
「名前だけは聞いています」
「あの人の書翰集(しょかんしゅう)を読んだ事があるか」
「読むどころか表紙を見た事もありません」
「そうか」
 彼はこう云って再び自分の傍(そば)へ腰をかけた。自分はこの時始めて懐中に敷島(しきしま)の袋と燐寸(マッチ)のある事に気がついた。それを取り出して、自分からまず火を点(つ)けて兄に渡した。兄は器械的にそれを吸った。
「その人の書翰(しょかん)の一つのうちに彼はこんな事を云っている。――自分は女の容貌(ようぼう)に満足する人を見ると羨(うらや)ましい。女の肉に満足する人を見ても羨ましい。自分はどうあっても女の霊(れい)というか魂(たましい)というか、いわゆるスピリットを攫(つか)まなければ満足ができない。それだからどうしても自分には恋愛事件が起らない」
「メレジスって男は生涯(しょうがい)独身で暮したんですかね」
「そんな事は知らない。またそんな事はどうでも構わないじゃないか。しかし二郎、おれが霊も魂もいわゆるスピリットも攫まない女と結婚している事だけはたしかだ」

        二十一

 兄の顔には苦悶(くもん)の表情がありありと見えた。いろいろな点において兄を尊敬する事を忘れなかった自分は、この時胸の奥でほとんど恐怖に近い不安を感ぜずにはいられなかった。
「兄さん」と自分はわざと落ちつき払って云った。
「何だ」
 自分はこの答を聞くと同時に立った。そうして、ことさらに兄の腰をかけている前を、先刻(さっき)兄がやったと同じように、しかし全く別の意味で、右左へと二三度横切った。兄は自分にはまるで無頓着(むとんじゃく)に見えた。両手の指を、少し長くなった髪の間に、櫛(くし)の歯のように深く差し込んで下を向いていた。彼は大変色沢(いろつや)の好い髪の所有者であった。自分は彼の前を横切るたびに、その漆黒(しっこく)の髪とその間から見える関節の細い、華奢(きゃしゃ)な指に眼を惹(ひ)かれた。その指は平生から自分の眼には彼の神経質を代表するごとく優しくかつ骨張って映った。
「兄さん」と自分が再び呼びかけた時、彼はようやく重そうに頭を上げた。
「兄さんに対して僕がこんな事をいうとはなはだ失礼かも知れませんがね。他(ひと)の心なんて、いくら学問をしたって、研究をしたって、解りっこないだろうと僕は思うんです。兄さんは僕よりも偉い学者だから固(もと)よりそこに気がついていらっしゃるでしょうけれども、いくら親しい親子だって兄弟だって、心と心はただ通じているような気持がするだけで、実際向うとこっちとは身体(からだ)が離れている通り心も離れているんだからしようがないじゃありませんか」
「他の心は外から研究はできる。けれどもその心になって見る事はできない。そのくらいの事ならおれだって心得ているつもりだ」
 兄は吐き出すように、また懶(ものう)そうにこう云った。自分はすぐその後(あと)に跟(つ)いた。
「それを超越するのが宗教なんじゃありますまいか。僕なんぞは馬鹿だから仕方がないが、兄さんは何でもよく考える性質(たち)だから……」
「考えるだけで誰が宗教心に近づける。宗教は考えるものじゃない、信じるものだ」
 兄はさも忌々(いまいま)しそうにこう云い放った。そうしておいて、「ああおれはどうしても信じられない。どうしても信じられない。ただ考えて、考えて、考えるだけだ。二郎、どうかおれを信じられるようにしてくれ」と云った。
 兄の言葉は立派な教育を受けた人の言葉であった。しかし彼の態度はほとんど十八九の子供に近かった。自分はかかる兄を自分の前に見るのが悲しかった。その時の彼はほとんど砂の中で狂う泥鰌(どじょう)のようであった。
 いずれの点においても自分より立ち勝った兄が、こんな態度を自分に示したのはこの時が始めてであった。自分はそれを悲しく思うと同時に、この傾向で彼がだんだん進んで行ったならあるいは遠からず彼の精神に異状を呈するようになりはしまいかと懸念(けねん)して、それが急に恐ろしくなった。
「兄さん、この事については僕も実はとうから考えていたんです……」
「いや御前の考えなんか聞こうと思っていやしない。今日御前をここへ連れて来たのは少し御前に頼みがあるからだ。どうぞ聞いてくれ」
「何ですか」
 事はだんだん面倒になって来そうであった。けれども兄は容易にその頼みというのを打ち明けなかった。ところへ我々と同じ遊覧人めいた男女(なんにょ)が三四人石段の下に現れた。彼らはてんでに下駄(げた)を草履(ぞうり)と脱ぎ易(か)えて、高い石段をこっちへ登って来た。兄はその人影を見るや否や急に立上がった。「二郎帰ろう」と云いながら石段を下(くだ)りかけた。自分もすぐその後に随(したが)った。

        二十二

 兄と自分はまた元の路へ引返した。朝来た時も腹や頭の具合が変であったが、帰りは日盛(ひざかり)になったせいかなお苦しかった。あいにく二人共時計を忘れたので何時(なんじ)だかちょっと分り兼ねた。
「もう何時だろう」と兄が聞いた。
「そうですね」と自分はぎらぎらする太陽を仰ぎ見た。「まだ午(ひる)にはならないでしょう」
 二人は元の路を逆に歩いているつもりであったが、どう間違えたものか、変に磯臭(いそくさ)い浜辺(はまべ)へ出た。そこには漁師(りょうし)の家が雑貨店と交(まじ)って貧しい町をかたち作っていた。古い旗を屋根の上に立てた汽船会社の待合所も見えた。
「何だか路(みち)が違ったようじゃありませんか」
 兄は相変らず下を向いて考えながら歩いていた。下には貝殻がそこここに散っていた。それを踏み砕く二人の足音が時々単調な歩行(ほこう)に一種田舎(いなか)びた変化を与えた。兄はちょっと立ち留って左右を見た。
「ここは往(いき)に通らなかったかな」
「ええ通りゃしません」
「そうか」
 二人はまた歩き出した。兄は依然として下を向き勝であった。自分は路を迷ったため、存外宿へ帰るのが遅くなりはしまいかと心配した。
「何狭(せま)い所だ。どこをどう間違えたって、帰れるのは同(おん)なじ事だ」
 兄はこう云ってすたすた行った。自分は彼の歩き方を後(うしろ)から見て、足に任せてという故(ふる)い言葉を思い出した。そうして彼より五六間後(おく)れた事をこの場合何よりもありがたく感じた。
 自分は二人の帰り道に、兄から例の依頼というのをきっと打ち明けられるに違いないと思って暗(あん)にその覚悟をしていた。ところが事実は反対で、彼はできるだけ口数を慎(つつし)んで、さっさと歩く方針に出た。それが少しは無気味でもあったがまただいぶ嬉(うれ)しくもあった。
 宿では母と嫂(あによめ)が欄干(らんかん)に縞絽(しまろ)だか明石(あかし)だかよそゆきの着物を掛けて二人とも浴衣(ゆかた)のまま差向いで坐っていた。自分達の姿を見た母は、「まあどこまで行ったの」と驚いた顔をした。
「あなた方はどこへも行かなかったんですか」
 欄干に干してある着物を見ながら、自分がこう聞いた時、嫂は「ええ行ったわ」と答えた。
「どこへ」
「あてて御覧なさい」
 今の自分は兄のいる前で嫂からこう気易(きやす)く話しかけられるのが、兄に対して何とも申し訳がないようであった。のみならず、兄の眼から見れば、彼女が故意(ことさら)に自分にだけ親しみを表わしているとしか解釈ができまいと考えて誰にも打ち明けられない苦痛を感じた。
 嫂はいっこう平気であった。自分にはそれが冷淡から出るのか、無頓着(むとんじゃく)から来るのか、または常識を無視しているのか、少し解り兼ねた。
 彼らの見物して来た所は紀三井寺(きみいでら)であった。玉津島明神(たまつしまみょうじん)の前を通りへ出て、そこから電車に乗るとすぐ寺の前へ出るのだと母は兄に説明していた。
「高い石段でね。こうして見上げるだけでも眼が眩(ま)いそうなんだよ、お母さんには。これじゃとても上(のぼ)れっこないと思って、妾(わたし)ゃどうしようか知らと考えたけれども、直に手を引っ張って貰(もら)って、ようやくお参りだけは済ませたが、その代り汗で着物がぐっしょりさ……」
 兄は「はあ、そうですかそうですか」と時々気のない返事をした。

        二十三

 その日は何事も起らずに済んだ。夕方は四人(よつたり)でトランプをした。みんなが四枚ずつのカードを持って、その一枚を順送りに次の者へ伏せ渡しにするうちに数の揃(そろ)ったのを出してしまうと、どこかにスペードの一が残る。それを握ったものが負になるという温泉場などでよく流行(はや)る至極(しごく)簡単なものであった。
 母と自分はよくスペードを握っては妙な顔をしてすぐ勘(かん)づかれた。兄も時々苦笑した。一番冷淡なのは嫂(あによめ)であった。スペードを握ろうが握るまいがわれにはいっこう関係がないという風をしていた。これは風というよりもむしろ彼女(かのじょ)の性質であった。自分はそれでも兄が先刻(さっき)の会談のあと、よくこれほどに昂奮(こうふん)した神経を治められたものだと思ってひそかに感心した。
 晩は寝られなかった。昨夕(ゆうべ)よりもなお寝られなかった。自分はどどんどどんと響く浪(なみ)の音の間に、兄夫婦の寝ている室(へや)に耳を澄ました。けれども彼らの室は依然として昨夜のごとく静(しずか)であった。自分は母に見咎(みとが)められるのを恐れて、その夜(よ)はあえて縁側(えんがわ)へ出なかった。
 朝になって自分は母と嫂を例の東洋第一エレヴェーターへ案内した。そうして昨日(きのう)のように山の上の猿に芋(いも)をやった。今度は猿に馴染(なじみ)のある宿の女中がいっしょに随(つ)いて来たので、猿を抱いたり鳴かしたり前の日よりはだいぶ賑(にぎ)やかだった。母は茶店の床几(しょうぎ)に腰をかけて、新和歌(しんわか)の浦(うら)とかいう禿(は)げて茶色になった山を指(さ)して何だろうと聞いていた。嫂はしきりに遠眼鏡(とおめがね)はないか遠眼鏡はないかと騒いだ。
「姉さん、芝の愛宕様(あたごさま)じゃありませんよ」と自分は云ってやった。
「だって遠眼鏡ぐらいあったって好いじゃありませんか」と嫂はまだ不足を並べていた。
 夕方になって自分はとうとう兄に引っ張られて紀三井寺(きみいでら)へ行った。これは婦人連(れん)が昨日すでに参詣(さんけい)したというのを口実に、我々二人だけが行く事にしたのであるが、その実兄の依頼を聞くために自分が彼から誘い出されたのである。
 自分達は母の見ただけで恐れたという高い石段を一直線に上(のぼ)った。その上は平(ひら)たい山の中腹で眺望(ちょうぼう)の好い所にベンチが一つ据(す)えてあった。本堂は傍(そば)に五重の塔を控えて、普通ありふれた仏閣よりも寂(さび)があった。廂(ひさし)の最中(まんなか)から下(さが)っている白い紐(ひも)などはいかにも閑静に見えた。
 自分達は何物も眼を遮(さえぎ)らないベンチの上に腰をおろして並び合った。
「好い景色ですね」
 眼の下には遥(はるか)の海が鰯(いわし)の腹のように輝いた。そこへ名残(なごり)の太陽が一面に射して、眩(まば)ゆさが赤く頬を染めるごとくに感じた。沢(さわ)らしい不規則な水の形もまた海より近くに、平たい面を鏡のように展(の)べていた。
 兄は例の洋杖(ステッキ)を顋(あご)の下に支えて黙っていたが、やがて思い切ったという風に自分の方を向いた。
「二郎実(じつ)は頼みがあるんだが」
「ええ、それを伺うつもりでわざわざ来たんだからゆっくり話して下さい。できる事なら何でもしますから」
「二郎実は少し云い悪(にく)い事なんだがな」
「云い悪い事でも僕だから好いでしょう」
「うんおれは御前を信用しているから話すよ。しかし驚いてくれるな」
 自分は兄からこう云われた時に、話を聞かない先(さき)にまず驚いた。そうしてどんな注文が兄の口から出るかを恐れた。兄の気分は前云った通り変り易(やす)かった。けれどもいったん何か云い出すと、意地にもそれを通さなければ承知しなかった。

        二十四

「二郎驚いちゃいけないぜ」と兄が繰返した。そうして現に驚いている自分を嘲(あざ)けるごとく見た。自分は今の兄と権現社頭(ごんげんしゃとう)の兄とを比較してまるで別人の観(かん)をなした。今の兄は翻(ひる)がえしがたい堅い決心をもって自分に向っているとしか自分には見えなかった。
「二郎おれは御前を信用している。御前の潔白な事はすでに御前の言語が証明している。それに間違はないだろう」
「ありません」
「それでは打ち明けるが、実は直(なお)の節操(せっそう)を御前に試(ため)して貰(もら)いたいのだ」
 自分は「節操を試す」という言葉を聞いた時、本当に驚いた。当人から驚くなという注意が二遍あったにかかわらず、非常に驚いた。ただあっけに取られて、呆然(ぼうぜん)としていた。
「なぜ今になってそんな顔をするんだ」と兄が云った。
 自分は兄の眼に映じた自分の顔をいかにも情(なさけ)なく感ぜざるを得なかった。まるでこの間の会見とは兄弟地を換えて立ったとしか思えなかった。それで急に気を取り直した。
「姉さんの節操を試すなんて、――そんな事は廃(よ)した方が好いでしょう」
「なぜ」
「なぜって、あんまり馬鹿らしいじゃありませんか」
「何が馬鹿らしい」
「馬鹿らしかないかも知れないが、必要がないじゃありませんか」
「必要があるから頼むんだ」
 自分はしばらく黙っていた。広い境内(けいだい)には参詣人(さんけいにん)の影も見えないので、四辺(あたり)は存外静(しずか)であった。自分はそこいらを見廻して、最後に我々二人の淋(さび)しい姿をその一隅に見出した時、薄気味の悪い心持がした。
「試すって、どうすれば試されるんです」
「御前と直が二人で和歌山へ行って一晩泊ってくれれば好いんだ」
「下らない」と自分は一口に退(しり)ぞけた。すると今度は兄が黙った。自分は固(もと)より無言であった。海に射(い)りつける落日(らくじつ)の光がしだいに薄くなりつつなお名残(なごり)の熱を薄赤く遠い彼方(あなた)に棚引(たなび)かしていた。
「厭(いや)かい」と兄が聞いた。
「ええ、ほかの事ならですが、それだけは御免(ごめん)です」と自分は判切(はっき)り云い切った。
「じゃ頼むまい。その代りおれは生涯(しょうがい)御前を疑ぐるよ」
「そりゃ困る」
「困るならおれの頼む通りやってくれ」
 自分はただ俯向(うつむ)いていた。いつもの兄ならもう疾(とく)に手を出している時分であった。自分は俯向(うつむ)きながら、今に兄の拳(こぶし)が帽子の上へ飛んで来るか、または彼の平手(ひらて)が頬のあたりでピシャリと鳴るかと思って、じっと癇癪玉(かんしゃくだま)の破裂するのを期待していた。そうしてその破裂の後(のち)に多く生ずる反動を機会として、兄の心を落ちつけようとした。自分は人より一倍強い程度で、この反動に罹(かか)り易(やす)い兄の気質をよく呑(の)み込んでいた。
 自分はだいぶ辛抱(しんぼう)して兄の鉄拳(てっけん)の飛んで来るのを待っていた。けれども自分の期待は全く徒労であった。兄は死んだ人のごとく静であった。ついには自分の方から狐のように変な眼遣(めづか)いをして、兄の顔を偸(ぬす)み見なければならなかった。兄は蒼(あお)い顔をしていた。けれどもけっして衝動的に動いて来る気色(けしき)には見えなかった。

        二十五

 ややあって兄は昂奮(こうふん)した調子でこう云った。
「二郎おれはお前を信用している。けれども直(なお)を疑ぐっている。しかもその疑ぐられた当人の相手は不幸にしてお前だ。ただし不幸と云うのは、お前に取って不幸というので、おれにはかえって幸(さいわい)になるかも知れない。と云うのは、おれは今明言した通り、お前の云う事なら何でも信じられるしまた何でも打明けられるから、それでおれには幸いなのだ。だから頼むのだ。おれの云う事に満更(まんざら)論理のない事もあるまい」
 自分はその時兄の言葉の奥に、何か深い意味が籠(こも)っているのではなかろうかと疑い出した。兄は腹の中で、自分と嫂(あによめ)の間に肉体上の関係を認めたと信じて、わざとこういう難題を持ちかけるのではあるまいか。自分は「兄さん」と呼んだ。兄の耳にはとにかく、自分はよほど力強い声を出したつもりであった。
「兄さん、ほかの事とは違ってこれは倫理上の大問題ですよ……」
「当り前さ」
 自分は兄の答えのことのほか冷淡なのを意外に感じた。同時に先の疑いがますます深くなって来た。
「兄さん、いくら兄弟の仲だって僕はそんな残酷な事はしたくないです」
「いや向うの方がおれに対して残酷なんだ」
 自分は兄に向って嫂(あによめ)がなぜ残酷であるかの意味を聞こうともしなかった。
「そりゃ改めてまた伺いますが、何しろ今の御依頼だけは御免蒙(ごめんこうむ)ります。僕には僕の名誉がありますから。いくら兄さんのためだって、名誉まで犠牲にはできません」
「名誉?」
「無論名誉です。人から頼まれて他(ひと)を試験するなんて、――ほかの事だって厭(いや)でさあ。ましてそんな……探偵じゃあるまいし……」
「二郎、おれはそんな下等な行為をお前から向うへ仕かけてくれと頼んでいるのじゃない。単に嫂としまた弟として一つ所へ行って一つ宿へ泊ってくれというのだ。不名誉でも何でもないじゃないか」
「兄さんは僕を疑ぐっていらっしゃるんでしょう。そんな無理をおっしゃるのは」
「いや信じているから頼むのだ」
「口で信じていて、腹では疑ぐっていらっしゃる」
「馬鹿な」
 兄と自分はこんな会話を何遍も繰返した。そうして繰返すたびに双方共激して来た。するとちょっとした言葉から熱が急に引いたように二人共治まった。
 その激したある時に自分は兄を真正の精神病患者だと断定した瞬間さえあった。しかしその発作(ほっさ)が風のように過ぎた後(あと)ではまた通例の人間のようにも感じた。しまいに自分はこう云った。
「実はこの間から僕もその事については少々考えがあって、機会があったら姉さんにとくと腹の中を聞いて見る気でいたんですから、それだけなら受合いましょう。もうじき東京へ帰るでしょうから」
「じゃそれを明日(あした)やってくれ。あした昼いっしょに和歌山へ行って、昼のうちに返って来れば差支(さしつか)えないだろう」
 自分はなぜかそれが厭(いや)だった。東京へ帰ってゆっくり折を見ての事にしたいと思ったが、片方を断った今更一方も否(いや)とは云いかねて、とうとう和歌山見物だけは引き受ける事にした。

        二十六

 その明くる朝は起きた時からあいにく空に斑(ふ)が見えた。しかも風さえ高く吹いて例の防波堤(ぼうはてい)に崩(くだ)ける波の音が凄(すさま)じく聞え出した。欄干(らんかん)に倚(よ)って眺めると、白い煙が濛々(もうもう)と岸一面を立て籠(こ)めた。午前は四人とも海岸に出る気がしなかった。
 午(ひる)過ぎになって、空模様は少し穏かになった。雲の重なる間から日脚(ひあし)さえちょいちょい光を出した。それでも漁船が四五艘(そう)いつもより早く楼前(ろうぜん)の掘割(ほりわり)へ漕(こ)ぎ入れて来た。
「気味が悪いね。何だか暴風雨(あらし)でもありそうじゃないか」
 母はいつもと違う空を仰いで、こう云いながらまた元の座敷へ引返(ひっかえ)して来た。兄はすぐ立ってまた欄干へ出た。
「何大丈夫だよ。大した事はないにきまっている。御母さん僕が受け合いますから出かけようじゃありませんか。俥(くるま)もすでに誂(あつら)えてありますから」
 母は何とも云わずに自分の顔を見た。
「そりゃ行っても好いけれど、行くなら皆(みん)なでいっしょに行こうじゃないか」
 自分はその方が遥(はるか)に楽(らく)であった。でき得るならどうか母の御供をして、和歌山行をやめたいと考えた。
「じゃ僕達もいっしょにその切り開いた山道の方へ行って見ましょうか」と云いながら立ちかけた。すると嶮(けわ)しい兄の眼がすぐ自分の上に落ちた。自分はとうていこれでは約束を履行(りこう)するよりほかに道がなかろうとまた思い返した。
「そうそう姉さんと約束があったっけ」
 自分は兄に対して、つい空惚(そらとぼ)けた挨拶(あいさつ)をしなければすまなくなった。すると母が今度は苦(にが)い顔をした。
「和歌山はやめにおしよ」
 自分は母と兄の顔を見比べてどうしたものだろうと躊躇(ちゅうちょ)した。嫂(あによめ)はいつものように冷然としていた。自分が母と兄の間に迷っている間、彼女はほとんど一言(いちごん)も口にしなかった。
「直(なお)御前二郎に和歌山へ連れて行って貰うはずだったね」と兄が云った時、嫂はただ「ええ」と答えただけであった。母が「今日はお止(よ)しよ」と止(と)めた時、嫂はまた「ええ」と答えただけであった。自分が「姉さんどうします」と顧(かえり)みた時は、また「どうでも好いわ」と答えた。
 自分はちょっと用事に下へ降りた。すると母がまた後(あと)から降りて来た。彼女の様子は何だかそわそわしていた。
「御前本当に直と二人で和歌山へ行く気かい」
「ええ、だって兄さんが承知なんですもの」
「いくら承知でも御母さんが困るから御止(およ)しよ」
 母の顔のどこかには不安の色が見えた。自分はその不安の出所(でどころ)が兄にあるのか、または嫂と自分にあるか、ちょっと判断に苦しんだ。
「なぜです」と聞いた。
「なぜですって、御前と直と行くのはいけないよ」
「兄さんに悪いと云うんですか」
 自分は露骨にこう聞いて見た。
「兄さんに悪いばかりじゃないが……」
「じゃ姉さんだの僕だのに悪いと云うんですか」
 自分の問は前よりなお露骨であった。母は黙ってそこに佇(たた)ずんでいた。自分は母の表情に珍らしく猜疑(さいぎ)の影を見た。

        二十七

 自分は自分を信じ切り、また愛し切っているとばかり考えていた母の表情を見てたちまち臆した。
「では止します。元々僕の発案(ほつあん)で姉さんを誘い出すんじゃない。兄さんが二人で行って来いと云うから行くだけの事です。御母さんが御不承知ならいつでもやめます。その代り御母さんから兄さんに談判して行かないで好いようにして下さい。僕は兄さんに約束があるんだから」
 自分はこう答えて、何だかきまりが悪そうに母の前に立っていた。実は母の前を去る勇気が出なかったのである。母は少し途方に暮れた様子であった。しかししまいに思い切ったと見えて、「じゃ兄さんには妾(わたし)から話をするから、その代り御前はここに待ってておくれ、三階へ一緒に来るとまた事が面倒になるかも知れないから」と云った。
 自分は母の後影を見送りながら、事がこんな風に引絡(ひっから)まった日には、とても嫂(あによめ)を連れて和歌山などへ行く気になれない、行ったところで肝心(かんじん)の用は弁じない、どうか母の思い通りに事が変じてくれれば好いがと思った。そうして気の落ちつかない胸を抱いて、広い座敷を右左に目的もなく往ったり来たりした。
 やがて三階から兄が下りて来た。自分はその顔をちらりと見た時、これはどうしても行かなければ済まないなとすぐ読んだ。
「二郎、今になって違約して貰っちゃおれが困る。貴様だって男だろう」
 自分は時々兄から貴様と呼ばれる事があった。そうしてこの貴様が彼の口から出たときはきっと用心して後難を避けた。
「いえ行くんです。行くんですがお母さんが止せとおっしゃるから」
 自分がこう云ってるうちに、母がまた心配そうに三階から下りて来た。そうしてすぐ自分の傍(そば)へ寄って、
「二郎お母さんは先刻(さっき)ああ云ったけれども、よく一郎に聞いて見ると、何だか紀三井寺(きみいでら)で約束した事があるとか云う話だから、残念だが仕方ない。やっぱりその約束通りになさい」と云った。
「ええ」
 自分はこう答えて、あとは何にも云わない事にした。
 やがて母と兄は下に待っている俥(くるま)に乗って、楼前から右の方へ鉄輪(かなわ)の音を鳴らして去った。
「じゃ僕らもそろそろ出かけましょうかね」と嫂を顧みた時、自分は実際好い心持ではなかった。
「どうです出かける勇気がありますか」と聞いた。
「あなたは」と向(むこう)も聞いた。
「僕はあります」
「あなたにあれば、妾(あたし)にだってあるわ」
 自分は立って着物を着換え始めた。
 嫂(あによめ)は上着を引掛けてくれながら、「あなた何だか今日は勇気がないようね」と調戯(からか)い半分に云った。自分は全く勇気がなかった。
 二人は電車の出る所まで歩いて行った。あいにく近路(ちかみち)を取ったので、嫂の薄い下駄(げた)と白足袋(しろたび)が一足(ひとあし)ごとに砂の中に潜(もぐ)った。
「歩き悪(にく)いでしょう」
「ええ」と云って彼女(かのじょ)は傘(かさ)を手に持ったまま、後(うしろ)を向いて自分の後足(あとあし)を顧みた。自分は赤い靴を砂の中に埋(うず)めながら、今日の使命をどこでどう果したものだろうと考えた。考えながら歩くせいか会話は少しも機(はず)まない心持がした。
「あなた今日は珍らしく黙っていらっしゃるのね」とついに嫂から注意された。

        二十八

 自分は嫂と並んで電車に腰を掛けた。けれども大事の用を前に控えているという気が胸にあるので、どうしても機嫌(きげん)よく話はできなかった。
「なぜそんなに黙っていらっしゃるの」と彼女が聞いた。自分は宿を出てからこう云う意味の質問を彼女からすでに二度まで受けた。それを裏から見ると、二人でもっと面白く話そうじゃありませんかと云う意味も映っていた。
「あなた兄さんにそんな事を云ったことがありますか」
 自分の顔はやや真面目(まじめ)であった。嫂はちょっとそれを見て、すぐ窓の外を眺めた。そうして「好い景色ね」と云った。なるほどその時電車の走っていた所は、悪い景色ではなかったけれども、彼女のことさらにそれを眺めた事は明(あきら)かであった。自分はわざと嫂を呼んで再び前の質問を繰返した。
「なぜそんなつまらない事を聞くのよ」と云った彼女は、ほとんど一顧(いっこ)に価(あたい)しない風をした。
 電車はまた走った。自分は次の停留所へ来る前また執拗(しゅうね)く同じ問をかけて見た。
「うるさい方ね」と彼女がついに云った。「そんな事聞いて何になさるの。そりゃ夫婦ですもの、そのくらいな事云った覚(おぼえ)はあるでしょうよ。それがどうしたの」
「どうもしやしません。兄さんにもそういう親しい言葉を始終かけて上げて下さいと云うだけです」
 彼女は蒼白(あおじろ)い頬へ少し血を寄せた。その量が乏しいせいか、頬の奥の方に灯(ともしび)を点(つ)けたのが遠くから皮膚をほてらしているようであった。しかし自分はその意味を深くも考えなかった。
 和歌山へ着いた時、二人は電車を降りた。降りて始めて自分は和歌山へ始めて来た事を覚(さと)った。実はこの地を見物する口実の下(もと)に、嫂(あによめ)を連れて来たのだから、形式にもどこか見なければならなかった。
「あらあなたまだ和歌山を知らないの。それでいて妾(あたし)を連れて来るなんて、ずいぶん呑気(のんき)ね」
 嫂は心細そうに四方(あたり)を見廻した。自分も何分かきまりが悪かった。
「俥(くるま)へでも乗って車夫に好い加減な所へ連れて行って貰いましょうか。それともぶらぶら御城の方へでも歩いて行きますか」
「そうね」
 嫂は遠くの空を眺めて、近い自分には眼を注がなかった。空はここも海辺(かいへん)と同じように曇っていた。不規則に濃淡を乱した雲が幾重(いくえ)にも二人の頭の上を蔽(おお)って、日を直下(じか)に受けるよりは蒸し熱かった。その上いつ驟雨(しゅうう)が来るか解らないほどに、空の一部分がすでに黒ずんでいた。その黒ずんだ円(えん)の四方が暈(ぼか)されたように輝いて、ちょうど今我々が見捨(みす)てて来た和歌の浦の見当に、凄(すさま)じい空の一角を描き出していた。嫂は今その気味の悪い所を眉(まゆ)を寄せて眺めているらしかった。
「降るでしょうか」
 自分は固(もと)より降るに違ないと思っていた。それでとにかく俥を雇って、見るだけの所を馳(か)け抜けた方が得策だと考えた。自分は直(ただち)に俥を命じて、どこでも構わないからなるべく早く見物のできるように挽(ひ)いて廻れと命じた。車夫は要領を得たごとくまた得ないごとく、むやみに駆けた。狭い町へ出たり、例の蓮(はす)の咲いている濠(ほり)へ出たりまた狭い町へ出たりしたが、いっこうこれぞという所はなかった。最後に自分は俥の上で、こう駆けてばかりいては肝心(かんじん)の話ができないと気がついて、車夫にどこかゆっくり坐(すわ)って話のできる所へ連れて行けと差図(さしず)した。

        二十九

 車夫は心得て駆け出した。今までと違って威勢があまり好過(よす)ぎると思ううちに、二人の俥は狭い横町を曲って、突然大きな門を潜(くぐ)った。自分があわてて、車夫を呼び留めようとした時、梶棒(かじぼう)はすでに玄関に横付(よこづけ)になっていた。二人はどうする事もできなかった。その上若い着飾った下女が案内に出たので、二人はついに上(あが)るべく余儀なくされた。
「こんな所へ来るはずじゃなかったんですが」と自分はつい言訳らしい事を云った。
「なぜ。だって立派な御茶屋じゃありませんか。結構だわ」と嫂が答えた。その答えぶりから推(お)すと、彼女は最初からこういう料理屋めいた所へでも来るのを予期していたらしかった。
 実際嫂のいった通りその座敷は物綺麗(ものぎれい)にかつ堅牢に出来上っていた。
「東京辺の安料理屋よりかえって好いくらいですね」と自分は柱の木口(きぐち)や床(とこ)の軸などを見廻した。嫂は手摺(てすり)の所へ出て、中庭を眺めていた。古い梅の株の下に蘭(らん)の茂りが蒼黒(あおぐろ)い影を深く見せていた。梅の幹にも硬(かた)くて細長い苔(こけ)らしいものがところどころに喰(くっ)ついていた。
 下女が浴衣(ゆかた)を持って風呂の案内に来た。自分は風呂に這入(はい)る時間が惜しかった。そうして日が暮れはしまいかと心配した。できるならば一刻も早く用を片づけて、約束通り明るい路を浜辺(はまべ)まで帰りたいと念じた。
「どうします姉さん、風呂は」と聞いて見た。
 嫂(あによめ)も明るいうちには帰るように兄から兼ねて云いつけられていたので、そこはよく承知していた。彼女は帯の間から時計を出して見た。
「まだ早いのよ、二郎さん。お湯へ這入っても大丈夫だわ」
 彼女は時間の遅く見えるのを全く天気のせいにした。もっとも濁った雲が幾重(いくえ)にも空を鎖(とざ)しているので、時計の時間よりは世の中が暗く見えたのはたしかに違いなかった。自分はまた今にも降り出しそうな雨を恐れた。降るならひとしきりざっと来た後(あと)で、帰った方がかえって楽だろうと考えた。
「じゃちょっと汗を流して行きましょうか」
 二人はとうとう風呂に入(い)った。風呂から出ると膳(ぜん)が運ばれた。時間からいうと飯には早過ぎた。酒は遠慮したかった。かつ飲める口でもなかった。自分はやむをえず、吸物を吸ったり、刺身を突(つっ)ついたりした。下女が邪魔になるので、用があれば呼ぶからと云って下げた。
 嫂には改まって云い出したものだろうか、またはそれとなく話のついでにそこへ持って行ったものだろうかと思案した。思案し出すとどっちもいいようでまたどっちも悪いようであった。自分は吸物椀(わん)を手にしたままぼんやり庭の方を眺めていた。
「何を考えていらっしゃるの」と嫂が聞いた。
「何、降りゃしまいかと思ってね」と自分はいい加減な答をした。
「そう。そんなに御天気が怖(こわ)いの。あなたにも似合わないのね」
「怖かないけど、もし強雨(ごうう)にでもなっちゃ大変ですからね」
 自分がこう云っている内に、雨はぽつりぽつりと落ちて来た。よほど早くからの宴会でもあるのか、向うに見える二階の広間に、二三人紋付(もんつき)羽織(はおり)の人影が見えた。その見当で芸者が三味線の調子を合わせている音が聞え出した。
 宿を出るときすでにざわついていた自分の心は、この時一層落ちつきを失いかけて来た。自分は腹の中で、今日はとてもしんみりした話をする気になれないと恐れた。なぜまたその今日に限って、こんな変な事を引受けたのだろうと後悔もした。

        三十

 嫂はそんな事に気のつくはずがなかった。自分が雨を気にするのを見て、彼女はかえって不思議そうに詰(なじ)った。
「何でそんなに雨が気になるの。降れば後が涼しくなって好いじゃありませんか」
「だっていつやむか解らないから困るんです」
「困りゃしないわ。いくら約束があったって、御天気のせいなら仕方がないんだから」
「しかし兄さんに対して僕の責任がありますよ」
「じゃすぐ帰りましょう」
 嫂(あによめ)はこう云って、すぐ立ち上った。その様子には一種の決断があらわれていた。向(むこう)の座敷では客の頭が揃(そろ)ったのか、三味線の音(ね)が雨を隔てて爽(さわや)かに聞え出した。電灯もすでに輝いた。自分も半(なか)ば嫂の決心に促(うなが)されて、腰を立てかけたが、考えると受合って来た話はまだ一言(ひとこと)も口へ出していなかった。後(おく)れて帰るのが母や兄にすまないごとく、少しも嫂に肝心(かんじん)の用談を打ち明けないのがまた自分の心にすまなかった。
「姉さんこの雨は容易にやみそうもありませんよ。それに僕は姉さんに少し用談があって来たんだから」
 自分は半分空を眺めてまた嫂をふり返った。自分は固(もと)よりの事、立ち上った彼女も、まだ帰る仕度(したく)は始めなかった。彼女は立ち上ったには、立ち上ったが、自分の様子しだいでその以後の態度を一定しようと、五分の隙間(すきま)なく身構えているらしく見えた。自分はまた軒端(のきば)へ首を出して上の方を望んだ。室(へや)の位置が中庭を隔てて向うに大きな二階建の広間を控えているため、空はいつものように広くは限界に落ちなかった。したがって雲の往来(ゆきき)や雨の降り按排(あんばい)も、一般的にはよく分らなかった。けれども凄(すさ)まじさが先刻(さっき)よりは一層はなはだしく庭木を痛振(いたぶ)っているのは事実であった。自分は雨よりも空よりも、まずこの風に辟易(へきえき)した。
「あなたも妙な方ね。帰るというからそのつもりで仕度をすれば、また坐(すわ)ってしまって」
「仕度ってほどの仕度もしないじゃありませんか。ただ立ったぎりでさあ」
 自分がこう云った時、嫂はにっこりと笑った。そうして故意(わざ)と己(おの)れの袖(そで)や裾(すそ)のあたりをなるほどといったようなまた意外だと驚いたような眼つきで見廻した。それから微笑を含んでその様子を見ていた自分の前に再びぺたりと坐った。
「何よ用談があるって。妾(あたし)にそんなむずかしい事が分りゃしないわ。それよりか向うの御座敷の三味線でも聞いてた方が増しよ」
 雨は軒に響くというよりもむしろ風に乗せられて、気ままな場所へ叩(たた)きつけられて行くような音を起した。その間に三味線の音が気紛(きまぐ)れものらしく時々二人の耳を掠(かす)め去った。
「用があるなら早くおっしゃいな」と彼女は催促した。
「催促されたってちょっと云える事じゃありません」
 自分は実際彼女から促された時、何と切り出して好いか分らなかった。すると彼女はにやにやと笑った。
「あなた取っていくつなの」
「そんなに冷かしちゃいけません。本当に真面目(まじめ)な事なんだから」
「だから早くおっしゃいな」
 自分はいよいよ改まって忠告がましい事を云うのが厭(いや)になった。そうして彼女の前へ出た今の自分が何だか彼女から一段低く見縊(みくび)られているような気がしてならなかった。それだのにそこに一種の親しみを感じずにはまたいられなかった。

        三十一

「姉さんはいくつでしたっけね」と自分はついに即(つ)かぬ事を聞き出した。
「これでもまだ若いのよ。あなたよりよっぽど下のつもりですわ」
 自分は始めから彼女の年と自分の年を比較する気はなかった。
「兄さんとこへ来てからもう何年になりますかね」と聞いた。
 嫂(あによめ)はただ澄まして「そうね」と云った。
「妾(あたし)そんな事みんな忘れちまったわ。だいち自分の年さえ忘れるくらいですもの」
 嫂のこの恍(とぼ)け方(かた)はいかにも嫂らしく響いた。そうして自分にはかえって嬌態(きょうたい)とも見えるこの不自然が、真面目(まじめ)な兄にはなはだしい不愉快を与えるのではなかろうかと考えた。
「姉さんは自分の年にさえ冷淡なんですね」
 自分はこんな皮肉を何となく云った。しかし云ったときの浮気(うわき)な心にすぐ気がつくと急に兄にすまない恐ろしさに襲われた。
「自分の年なんかに、いくら冷淡でも構わないから、兄さんにだけはもう少し気をつけて親切にして上げて下さい」
「妾そんなに兄さんに不親切に見えて。これでもできるだけの事は兄さんにして上げてるつもりよ。兄さんばかりじゃないわ。あなたにだってそうでしょう。ねえ二郎さん」
 自分は、自分にもっと不親切にして構わないから、兄の方には最(もう)少し優しくしてくれろと、頼むつもりで嫂の眼を見た時、また急に自分の甘(あま)いのに気がついた。嫂の前へ出て、こう差し向いに坐(すわ)ったが最後、とうてい真底から誠実に兄のために計る事はできないのだとまで思った。自分は言葉には少しも窮しなかった。どんな言語でも兄のために使おうとすれば使われた。けれどもそれを使う自分の心は、兄のためでなくってかえって自分のために使うのと同じ結果になりやすかった。自分はけっしてこんな役割を引き受けべき人格でなかった。自分は今更のように後悔した。
「あなた急に黙っちまったのね」とその時嫂が云った。あたかも自分の急所を突くように。
「兄さんのために、僕が先刻(さっき)からあなたに頼んでいる事を、姉さんは真面目に聞いて下さらないから」
 自分は恥ずかしい心を抑(おさ)えてわざとこう云った。すると嫂は変に淋(さみ)しい笑い方をした。
「だってそりゃ無理よ二郎さん。妾馬鹿で気がつかないから、みんなから冷淡と思われているかも知れないけれど、これで全くできるだけの事を兄さんに対してしている気なんですもの。――妾ゃ本当に腑抜(ふぬけ)なのよ。ことに近頃は魂(たましい)の抜殻(ぬけがら)になっちまったんだから」
「そう気を腐(くさ)らせないで、もう少し積極的にしたらどうです」
「積極的ってどうするの。御世辞(おせじ)を使うの。妾御世辞は大嫌(だいきら)いよ。兄さんも御嫌いよ」
「御世辞なんか嬉(うれ)しがるものもないでしょうけれども、もう少しどうかしたら兄さんも幸福でしょうし、姉さんも仕合せだろうから……」
「よござんす。もう伺わないでも」と云った嫂(あね)は、その言葉の終らないうちに涙をぽろぽろと落した。
「妾(あたし)のような魂(たましい)の抜殻(ぬけがら)はさぞ兄さんには御気に入らないでしょう。しかし私はこれで満足です。これでたくさんです。兄さんについて今まで何の不足を誰にも云った事はないつもりです。そのくらいの事は二郎さんもたいてい見ていて解りそうなもんだのに……」
 泣きながら云う嫂(あによめ)の言葉は途切(とぎ)れ途切れにしか聞こえなかった。しかしその途切れ途切れの言葉が鋭い力をもって自分の頭に応(こた)えた。

        三十二

 自分は経験のある或る年長者から女の涙に金剛石(ダイヤ)はほとんどない、たいていは皆ギヤマン細工(ざいく)だとかつて教わった事がある。その時自分はなるほどそんなものかと思って感心して聞いていた。けれどもそれは単に言葉の上の智識に過ぎなかった。若輩(じゃくはい)な自分は嫂の涙を眼の前に見て、何となく可憐(かれん)に堪(た)えないような気がした。ほかの場合なら彼女の手を取って共に泣いてやりたかった。
「そりゃ兄さんの気むずかしい事は誰にでも解ってます。あなたの辛抱も並大抵(なみたいてい)じゃないでしょう。けれども兄さんはあれで潔白すぎるほど潔白で正直すぎるほど正直な高尚な男です。敬愛すべき人物です……」
「二郎さんに何もそんな事を伺わないでも兄さんの性質ぐらい妾だって承知しているつもりです。妻(さい)ですもの」
 嫂はこう云ってまたしゃくり上げた。自分はますます可哀(かわい)そうになった。見ると彼女の眼を拭(ぬぐ)っていた小形の手帛(ハンケチ)が、皺(しわ)だらけになって濡(ぬ)れていた。自分は乾いている自分ので彼女の眼や頬を撫(な)でてやるために、彼女の顔に手を出したくてたまらなかった。けれども、何とも知れない力がまたその手をぐっと抑えて動けないように締めつけている感じが強く働いた。
「正直なところ姉さんは兄さんが好きなんですか、また嫌(きらい)なんですか」
 自分はこう云ってしまった後(あと)で、この言葉は手を出して嫂の頬を、拭いてやれない代りに自然口の方から出たのだと気がついた。嫂は手帛と涙の間から、自分の顔を覗(のぞ)くように見た。
「二郎さん」
「ええ」
 この簡単な答は、あたかも磁石(じしゃく)に吸われた鉄の屑(くず)のように、自分の口から少しの抵抗もなく、何らの自覚もなく釣り出された。
「あなた何の必要があってそんな事を聞くの。兄さんが好きか嫌いかなんて。妾(あたし)が兄さん以外に好いてる男でもあると思っていらっしゃるの」
「そういう訳じゃけっしてないんですが」
「だから先刻(さっき)から云ってるじゃありませんか。私が冷淡に見えるのは、全く私が腑抜(ふぬけ)のせいだって」
「そう腑抜をことさらに振り舞わされちゃ困るね。誰も宅(うち)のものでそんな悪口を云うものは一人もないんですから」
「云わなくっても腑抜よ。よく知ってるわ、自分だって。けど、これでも時々は他(ひと)から親切だって賞(ほ)められる事もあってよ。そう馬鹿にしたものでもないわ」
 自分はかつて大きなクッションに蜻蛉(とんぼ)だの草花だのをいろいろの糸で、嫂(あによめ)に縫いつけて貰った御礼に、あなたは親切だと感謝した事があった。

是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

次ページ
ページジャンプ
青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:516 KB

担当:FIRTREE