大塩平八郎
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:森鴎外 

   一、西町奉行所

 天保(てんぱう)八年丁酉(ひのととり)の歳(とし)二月十九日の暁方(あけがた)七つ時(どき)に、大阪西町奉行所(にしまちぶぎやうしよ)の門を敲(たゝ)くものがある。西町奉行所と云ふのは、大阪城の大手(おほて)の方角から、内本町通(うちほんまちどほり)を西へ行つて、本町橋(ほんまちばし)に掛からうとする北側にあつた。此頃はもう四年前から引き続いての飢饉(ききん)で、やれ盗人(ぬすびと)、やれ行倒(ゆきだふれ)と、夜中(やちゆう)も用事が断(た)えない。それにきのふの御用日(ごようび)に、月番(つきばん)の東町(ひがしまち)奉行所へ立会(たちあひ)に往(い)つて帰つてからは、奉行堀伊賀守利堅(ほりいがのかみとしかた)は何かひどく心せはしい様子で、急に西組与力(にしぐみよりき)吉田勝右衛門(かつゑもん)を呼び寄せて、長い間密談をした。それから東町奉行所との間に往反(わうへん)して、けふ十九日にある筈(はず)であつた堀の初入式(しよにふしき)の巡見が取止(とりやめ)になつた。それから家老中泉撰司(なかいづみせんし)を以(もつ)て、奉行所詰(ぶぎやうしよづめ)のもの一同に、夜中(やちゆう)と雖(いへども)、格別に用心するやうにと云ふ達(たつ)しがあつた。そこで門を敲(たゝ)かれた時、門番がすぐに立つて出て、外に来たものの姓名と用事とを聞き取つた。
 門外に来てゐるのは二人(にん)の少年であつた。一人(にん)は東組町同心(どうしん)吉見九郎右衛門(よしみくらうゑもん)の倅(せがれ)英太郎(えいたらう)、今一人は同組同心河合郷左衛門(かはひがうざゑもん)の倅八十次郎(やそじらう)と名告(なの)つた。用向(ようむき)は一大事があつて吉見九郎右衛門の訴状(そじやう)を持参したのを、ぢきにお奉行様(ぶぎやうさま)に差し出したいと云ふことである。
 上下共(じやうげとも)何か事がありさうに思つてゐた時、一大事と云つたので、それが門番の耳にも相応に強く響いた。門番は猶予(いうよ)なく潜門(くゞりもん)をあけて二人の少年を入れた。まだ暁(あかつき)の白(しら)けた光が夜闇(よやみ)の衣(きぬ)を僅(わづか)に穿(うが)つてゐる時で、薄曇(うすぐもり)の空の下、風の無い、沈んだ空気の中に、二人は寒げに立つてゐる。英太郎(えいたらう)は十六歳、八十次郎(やそじらう)は十八歳である。
「お奉行様にぢきに差し上げる書付(かきつけ)があるのだな。」門番は念を押した。
「はい。ここに持つてをります。」英太郎が懐(ふところ)を指(ゆび)さした。
「お前がその吉見九郎右衛門の倅(せがれ)か。なぜ九郎右衛門が自分で持つて来ぬのか。」
「父は病気で寝てをります。」
「一体(いつたい)東のお奉行所附(づき)のものの書付(かきつけ)なら、なぜそれを西のお奉行所へ持つて来たのだい。」
「西のお奉行様にでなくては申し上げられぬと、父が申しました。」
「ふん。さうか。」門番は八十次郎(やそじらう)の方に向いた。「お前はなぜ附いて来たのか。」
「大切な事だから、間違(まちがひ)の無いやうに二人(ふたり)で往(い)けと、吉見のをぢさんが言ひ附けました。」
「ふん。お前は河合と言つたな。お前の親父様(おやぢさま)は承知してお前をよこしたのかい。」
「父は正月の二十七日に出た切(きり)、帰つて来ません。」
「さうか。」
 門番は二人の若者に対して、こんな問答をした。吉見の父が少年二人を密訴(みつそ)に出したので、門番も猜疑心(さいぎしん)を起さずに応対して、却(かへ)つて運びが好かつた。門番の聞き取つた所を、当番のものが中泉(なかいづみ)に届ける。中泉が堀に申し上げる。間もなく堀の指図で、中泉が二人を長屋に呼び入れて、一応取り調べた上訴状(そじやう)を受け取つた。
 堀は前役(ぜんやく)矢部駿河守定謙(やべするがのかみさだかた)の後(のち)を襲(つ)いで、去年十一月に西町奉行になつて、やう/\今月二日に到着した。東西の町奉行は月番交代(つきばんかうたい)をして職務を行(おこな)つてゐて、今月は堀が非番(ひばん)である。東町奉行跡部山城守良弼(あとべやましろのかみよしすけ)も去年四月に現職に任ぜられて、七月に到着したのだから、まだ大阪には半年しかをらぬが、兎(と)に角(かく)一日(じつ)の長(ちやう)があるので、堀は引(ひ)き廻(まは)して貰(もら)ふと云ふ風になつてゐる。町奉行になつて大阪に来たものは、初入式(しよにふしき)と云つて、前からゐる町奉行と一しよに三度に分けて市中を巡見する。初度(しよど)が北組(きたぐみ)、二度目が南組、三度目が天満組(てんまぐみ)である。北組、南組とは大手前(おほてまへ)は本町通(ほんまちどほり)北側、船場(せんば)は安土町通(あづちまちどほり)、西横堀(にしよこぼり)以西は神田町通(かんだまちどほり)を界(さかひ)にして、市中を二分してあるのである。天満組(てんまぐみ)とは北組の北界(きたざかひ)になつてゐる大川(おほかは)より更に北方に当る地域で、東は材木蔵(ざいもくぐら)から西は堂島(だうじま)の米市場(こめいちば)までの間、天満(てんま)の青物市場(あをものいちば)、天満宮(てんまんぐう)、総会所(そうくわいしよ)等を含んでゐる。北組が二百五十町、南組が二百六十一町、天満組が百九町ある。予定通にすると、けふは天満組を巡見して、最後に東照宮(とうせうぐう)附近の与力町(よりきまち)に出て、夕(ゆふ)七つ時(どき)には天満橋筋長柄町(ながらまち)を東に入(い)る北側の、迎方(むかへかた)東組与力朝岡助之丞(あさをかすけのじよう)が屋敷で休息するのであつた。迎方(むかへかた)とは新任の奉行を迎へに江戸に往つて、町与力(まちよりき)同心(どうしん)の総代として祝詞(しゆくし)を述べ、引き続いて其奉行の在勤中、手許(てもと)の用を達(た)す与力一人(にん)同心二人(にん)で、朝岡は其与力である。然(しか)るにきのふの御用日の朝、月番跡部(あとべ)の東町奉行所へ立会(たちあひ)に往くと、其前日十七日の夜東組同心平山助次郎(ひらやますけじらう)と云ふものの密訴(みつそ)の事を聞せられた。一大事と云ふ詞(ことば)が堀の耳を打つたのは此時(このとき)が始(はじめ)であつた。それからはどんな事が起つて来るかと、前晩(ぜんばん)も殆(ほとんど)寝ずに心配してゐる。今中泉(なかいづみ)が一大事の訴状を持つて二人の少年が来たと云ふのを聞くと、堀はすぐにあの事だなと思つた。堀のためには、中泉が英太郎の手から受け取つて出した書付(かきつけ)の内容は、未知(みち)の事の発明ではなくて、既知(きち)の事の証験(しようけん)として期待せられてゐるのである。
 堀は訴状を披見(ひけん)した。胸を跳(をど)らせながら最初から読んで行くと、果(はた)してきのふ跡部(あとべ)に聞いた、あの事である。陰謀(いんぼう)の首領(しゆりやう)、その与党(よたう)などの事は、前に聞いた所と格別の相違は無い。長文の訴状の末三分の二程は筆者九郎右衛門の身囲(みがこひ)である。堀が今少しく精(くは)しく知りたいと思ふやうな事は書いてなくて、読んでも読んでも、陰謀に対する九郎右衛門の立場、疑懼(ぎく)、愁訴(しうそ)である。きのふから気に掛かつてゐる所謂(いはゆる)一大事がこれからどう発展して行くだらうか、それが堀自身にどう影響するだらうかと、とつおいつ考へながら読むので、動(やゝ)もすれば二行も三行も読んでから、書いてある意味が少しも分かつてをらぬのに気が附く。はつと思つては又読み返す。やう/\読んでしまつて、堀の心の内には、きのふから知つてゐる事の外に、これ丈(だけ)の事が残つた。陰謀の与党の中で、筆者と東組与力渡辺良左衛門(わたなべりやうざゑもん)、同組同心河合郷左衛門(かはひがうざゑもん)との三人は首領を諫(いさ)めて陰謀を止(や)めさせようとした。併(しか)し首領が聴かぬ。そこで河合は逐電(ちくてん)した。筆者は正月三日後(ご)に風を引いて持病が起つて寝てゐるので、渡辺を以(もつ)て首領にことわらせた。此体(このてい)では事を挙げられる日になつても所詮(しよせん)働く事は出来ぬから、切腹して詫(わ)びようと云つたのである。渡辺は首領の返事を伝へた。そんならゆる/\保養しろ。場合によつては立(た)ち退(の)けと云ふことである。これを伝へると同時に、渡辺は自分が是非なく首領と進退を共にすると決心したことを話した。次いで首領は倅(せがれ)と渡辺とを見舞によこした。筆者は病中やう/\の事で訴状を書いた。それを支配を受けてゐる東町奉行に出さうには、取次(とりつぎ)を頼むべき人が無い。そこで隔所(かくしよ)を見計(みはか)らつて托訴(たくそ)をする。筆者は自分と倅英太郎以下の血族との赦免(しやめん)を願ひたい。尤(もつと)も自分は与党(よたう)を召(め)し捕(と)られる時には、矢張(やはり)召し捕つて貰(もら)ひたい。或は其間(そのあひだ)に自殺するかも知れない。留置(とめおき)、預(あづ)けなどゝ云ふことにせられては、病体で凌(しの)ぎ兼(か)ねるから、それは罷(やめ)にして貰ひたい。倅英太郎は首領の立てゝゐる塾で、人質(ひとじち)のやうになつてゐて帰つて来ない。兎(と)に角(かく)自分と一族とを赦免(しやめん)して貰ひたい。それから西組与力見習(よりきみならひ)に内山彦次郎(うちやまひこじらう)と云ふものがある。これは首領に嫉(にく)まれてゐるから、保護を加へて貰ひたいと云ふのである。
 読んでしまつて、堀は前から懐(いだ)いてゐた憂慮は別として、此訴状の筆者に対する一種の侮蔑(ぶべつ)の念を起さずにはゐられなかつた。形式に絡(から)まれた役人生涯に慣れてはゐても、成立してゐる秩序を維持するために、賞讃すべきものにしてある返忠(かへりちゆう)を、真(まこと)の忠誠だと看(み)ることは、生(うま)れ附いた人間の感情が許さない。その上自分の心中の私(わたくし)を去ることを難(かた)んずる人程却(かへ)つて他人の意中の私(わたくし)を訐(あば)くに敏(びん)なるものである。九郎右衛門は一しよに召(め)し捕(と)られたいと云ふ。それは責(せめ)を引く潔(いさぎよ)い心ではなくて、与党を怖(おそ)れ、世間を憚(はゞか)る臆病である。又自殺するかも知れぬと云ふ。それは覚束(おぼつか)ない。自殺することが出来るなら、なぜ先(ま)づ自殺して後に訴状を貽(のこ)さうとはしない。又牢に入れてくれるなと云ふ。大阪の牢屋から生きて還(かへ)るものゝ少いのは公然の秘密だから、病体でなくても、入(い)らずに済(す)めば入(い)るまいとする筈である。横着者(わうちやくもの)だなとは思つたが、役馴(やくな)れた堀は、公儀(こうぎ)のお役に立つ返忠(かへりちゆう)のものを周章(しうしやう)の間にも非難しようとはしない。
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[ページジャンプ]
[青空文庫の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[作品情報参照]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

Size:120 KB

担当:FIRTREE