小熊秀雄全集-22
[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:小熊秀雄 

[目次]
星野博士(ほしのはかせ)
火星(くわせい)への通信(つうしん)
火星(くわせい)の運河(うんが)
火星(くわせい)に人間(にんげん)が住(す)んでゐるか
空中飛行(くうちうひかう)
火星(くわせい)の首都(みやこ)ミルチス・マヂョル市(し)
大歓迎会(だいくわんげいくわい)
腹痛(はらいた)
トマト騒動(さうどう)
火星(くわせい)の看護婦(かんごふ)さん
地球(ちきう)に向(むか)つて
テン太郎(たらう)の報告(はうこく)
人間(にんげん)のヒゲと猫(ねこ)のヒゲ
コオロギと蛙(かへる)
[#改ページ]

星野博士(ほしのはかせ)


テン太郎や お昼(ひる)のおべんとうを 天文台(もんだい)のお父(とう)さんに とどけておくれ
ハイ 行つてきます


ニヤン子とピチクン 僕(ぼく)についてきたまへ
天文台をみせてくれる?
テン太郎さん ぼくもついてゆきますよ


さあ みんなでそろつて でかけやう
足(あし)なみ そろへて
一二 一二


ピチクン あんまり鼻(はな)をくつつけては いけないよ
だつて いい匂(にほ)ひがするんだもの
あら ほんとだ 匂ひだけかぐのは つらいわね


あれが天文台(もんだい)だ あそこでお父(とう)さんは 星の世界(せかい)の研究(けんきう)をなさつてゐるのだ
月や星を見る望遠鏡(ばうゑんきやう)は あのまあるい屋根(やね)の やうな所にあるのよ
ニヤン君(くん) よくしつてゐるね


小使さんがゐるかしら
きれいな建物(たてもの)ね
屋根(やね)の上で なんだかくるくる まはつてゐるね


小使さん お父(とう)さんの所へ おべんとうをもつてきました
わたしも おともしたんだわ
これは これは 星野(の)博士(はかせ)のぼつちやんですか 博士は研究室(けんきうしつ)の方です


ぢや ぼくたち 中に入つてもいゝですね
あゝ ええですとも その長いらうかを通つて 突(つ)きあたりの丸(まる)い建物です


あそこだな
あらまあ
ずゐぶん長いらうかだなあ


ここがね お父(とう)さんがゐらつしやる 火星研究室(くわせいけんきうしつ)だよ
火星といふのは 人間(げん)がすんでゐるといふ 星のことだわね
さうだよ


あら 向ふにつづいてる丸(まる)い円筒(ゑんとう)のやうな建物(たてもの)はなにかしら
あの建物は、火星へ飛(と)んでゆく、ロケットの格納庫(かくなふこ)なんだ
ちよつとのぞいてみたいわね


テン太郎さん ちよつと、まつて なんだか中の様子(やうす)がへんですよ
ほんとにへんだわ
さうかしら ぢや、ニヤンちやん調(しら)べてくれ給(たま)へ


あらまあ おどろいた 大変(へん)だわ


(ドタバタ ドタバタ)
なかで 何か起(おこ)つたの
早く 降(お)りてくれ、何があつたか、しらしてくれ


どうしたんだ ニャンちやん
研究室の中では、ヒゲの引(ひ)つ張(ぱ)り合ひよ
それぢや、喧嘩(けんくわ)を、してゐるの


さうなのよ テン太郎さんのお父(とう)さんと月野(の)博士(はかせ)とが
それは大変だ のぞいてみやう
それがいい


この窓(まど)からのぞいてみやう シーッしづかにしづかに
あらまあ
へんな喧嘩(けんくわ)だな


わしは、どうしても 火星(くわせい)には人間(げん)が をらんと思ひますのぢや
いや、ちがふ 火星には人間がをりますよ


これはけしからん わしのヒゲを引(ひ)つぱつて
わしのヒゲも あなたに引ッぱられてをりますのぢや


ヒゲがぬけてしまつても わしはわしの考(かんが)へを変(か)へません
わしは首がぬけても さう信(しん)じてをりますわい


これではいつまでたつてもケリがつかん 研究(けんきう)をつづけませう
さやう 研究がだいいちです 月野(の)さん、わしのヒゲを離(はな)して下さい


これは失礼(しつれい)
わしこそ 失礼しました


星野(の)さん あなたはたいへんヒゲが御自慢(ごじまん)のやうですな
あなたのこそ美事(みごと)ですよ わしが、ひつぱつて台(だい)なしにしましたわい どれ櫛(くし)をもつてをりますよ


これは恐縮(きようしゆく)の至(いた)りです
いや、どうも お互(たが)ひさまで


ヒゲを引(ひ)つぱつてゐるときは どうなるかと思ひましたよ
そつと降(を)りやう いや、おどろいてしまつた
ほんとに心配(しんぱい)したわ でも仲直(なかなほ)りしてよかつたわ


お父(とう)さん お昼(ひる)のお弁当(べんたう)をもつてきました


おお テン太郎か
おや ニャン子にピチも御苦労(くろう) 入り給(たま)へ


これは坊(ぼつ)ちやん やあ、いらつしやい いま貴方(あなた)のお父さんと床屋(とこや)ごつこをやつてゐましたわい
全(まつた)くその通り アハハ
ウフフ
ウフフ
ウフフ


けふのお弁当は何んぢや これはノリで包(つつ)んだおにぎりぢやなあ
何ぢや君たちは なにがそんなにおかしいのぢや
ウフフ クス クス


月野(の)さん ひとついかが
ほほう これはわしの大好物(かうぶつ)でして ひとつちやうだい致(いた)しませう


ええと これが火星(くわせい)だとしますと


火星の運河(うんが)の問題(もんだい)ですかな
左様(さやう) 望遠鏡(ばうゑんきやう)でみますと 河(かは)はみんなまつすぐに見えますね


火星人(じん)が造(つく)つたものだといふんですな
その通り 火星の運河は 洪水(こうずゐ)とか噴火(ふんくわ)とかの自然(しぜん)の力で出来たとは思へませんね


それはちがひますよ、あまり地球(ちきう)から遠いので 直線(ちよくせん)にみえるだけですよ
それは ちがひますな


現(げん)に写真(しやしん)にも まつすぐにうつりますからね
写真や望遠鏡は まだ完全(くわんぜん)ではありませんな
あら、また始(はじ)まりさうだぞ
いまにどつちかがヒゲをひッぱつてよ
これは天候(てんこう)険悪(けんあく)だぞ


星野さん あなたはどうも強情(ごうじやう)でよろしくない
貴方(あなた)こそ強情ですわい
あらあら
とうとう ヒゲををひつぱつたい
アハハ おかしい おかしい


あつ これはとんだ失敗(しつぱい)だ あなたのお父(とう)さんの大事なヒゲを 引(ひ)つぱつてしまつたわい
いや かまわんですよ ハハハ
アハハ ハハ ハ


いかがです 月野(の)さん おにぎりを半分(はんぶん)さしあげませう
これはどうも
おや また仲直(なかなほ)りだ
仲が良(よ)いんだか悪(わる)いんだか わからないなあ


ぼく達(たち)も おにぎりをたべたいなあ
さうだつたね これは気がつかなかつた さあ君たちもおあがり
火星(くわせい)の話も面(おも)白いけれど
おにぎりもうまいわね
その通りぢやアハハ
[#改ページ]

火星(くわせい)への通信(つうしん)


坊(ぼつ)ちやん、わしが研究室(けんきうしつ)を案内(あんない)してあげやう
やあ、うれしいなあ
みせて もらはう


わたし 火星へ行つてみたくなつたわ


これは、わしが研究(けんきう)をうけもつてゐる機械(きかい)ですよ
大きなものだなあ
何んだらう
何んの機械だらう


いま機械の覆(をほ)ひをとりますから 離(はな)れて見てゐてごらん
アッ わかつた いつかお父(とう)さんが話してくれた 火星信号器(くわせいしんがうき)だ


さうです、この機械は 地球(ちきう)から火星へ信号するのです
すごいなあ
ずゐぶん光るわね
まるで鏡(かがみ)のやうだ


さうです これは鏡(かがみ)です ピッカリングといふ天文学者(もんがくしや)が考(かんが)へ出した 火星(くわせい)への信号(しんがふ)の仕方(しかた)です
これで火星へ 信号してゐるのかしら


いやこれは実験模型(じつけんもけい)です ほんとうに信号するときは 半哩(はんまいる)四方ほどの大きな鏡にするのです
半哩四方とは すごい大きな鏡を使ふんだな


ほをら あそこの山へ光線(くわうせん)を反射(はんしや)させましたよ
あら、山へ映(うつ)つてきれいだわ
やあ 光る光る


太陽(やう)の面(めん)の百万分(ひやくまんぶん)の一の大きさの鏡をつくると 丁度(ちやうど)半哩平(へい)方程(ほど)の鏡がいることになります
その大きな鏡に 太陽の光をうけさせて光らすと 火星の側(がは)から見ると第(だい)五等級(とうきふ)の星の光ほどに光つてみえる……


しかしいくら信号をしても 火星に智慧(ちゑ)のある生物(いきもの)がゐなければ 我(われ)々の信号を受取(うけと)ることができない
やあ あんなに遠くの方の森が照(て)らされて 明(あか)るくなつた


さあ こんどは鏡の反射を街(まち)の方へ移(うつ)してみやう


やあ いま光つた所は水道(すゐだう)タンクだ


でも火星(くわせい)に生物(いきもの)がゐなかつたら かういふ研究(けんきう)は無駄(むだ)になるわね
いやいや さうではない、学者(がくしや)の研究に無駄はない 研究さへして置(お)けば他(ほか)のことにも応用(おうよう)できる


おぢさん いろいろ見せていただいてありがたう
ほんとうに面(おも)白かつたわ
おぢさん ありがたう
また、天文台(もんだい)にやつて来給(たま)へ 他(ほか)のものを見せてあげやう


やあ 愉快(ゆくわい)愉快
火星に生物が住んでゐたら面白いなあ
わたしたちのやうな猫(ねこ)もゐるかしら
猫がゐるとすれば、当然(たうぜん)鼠(ねずみ)もゐるだらうな


火星に鼠がゐるとすれば 鼠トリも発明(はつめい)されてゐるだらうなあ
とつた鼠は交番(かうばん)にもつていつて 買(か)つてもらふだらうな
すると 火星には交番(かうばん)もあるといふことになるわね


あつ これは大変(へん)だ
やあ 急に目がくらくらしだした
どうしたのでせう わたし


さあ早く みんなどこかにかくれろ
やあ わかつた 月野(の)博士(はかせ)が火星信号器(くわせいしんがうき)でぼく達(たち)へ光ををくつてゐるんだ
なんて まぶしいんでせう


ハハハ みんなまぶしがつて逃(に)げ出したぞ


降参(かうさん)だ
わあ逃げろ 逃げろ
待(ま)つてちやうだい
[#改ページ]

火星(くわせい)の運河(うんが)


ああ重(おも)い もうすこしだ エッチラエッチラ
やあ お父(とう)さんがお帰(かへ)りになつた


テン太郎 けふ お父(とう)さんは気嫌(きげん)が悪(わる)いんぢや
こりや いかん
まあ どうなさいました


どうもかうもない わしは月野(の)さんにヒゲをつかまれたんぢや
おや まあ
お父さんはいつも議論(ぎろん)をやつてゐるんだなあ


その通り しかし、わしも月野さんのヒゲをつかんでやつた
あなた ではまた火星(くわせい)のことか何かで
うん さうぢや


わしや腹(はら)が立つて かういふ風(ふう)にな うんとひつぱつてやつた
すると 月野もわしのヒゲにぶらさがつて うんとかうして引(ひ)つぱりおつた


(ブス ブスン)
あつ これは失敗(しつぱい)
まあ大体(たい) けふは天文台(もんだい)で かういふ風な大さわぎぢやつたんぢや!
まあ ご本が
これはおどろいた


ニャン君 ご主人(しゆじん)の おへやで仕事(しごと)だ 仕事だ 早くきて手伝(つだ)つておくれよ
ご用
いいわ 手伝つてあげるわ


大げさね ピチ君 白ハチ巻(まき)なんかして
そういふ君だつて頬(ほほ)かぶりなんかしておかしいよ
や、これ何んです お父(とう)さん
なんぢや


うむ、それぢや それが月野(の)博士(はかせ)との問題(もんだい)の種(たね)だつたのだ
それは火星(くわせい)の運河(うんが)を写生(しやせい)した絵(ゑ)ぢや
運河といふのは 堀割(ほりわ)りの大きなやうなのですね


さうぢや この運河を望遠鏡(ばうゑんきやう)で見ると この様(やう)に あまり きれいにまつすぐな線(せん)なんで
(火星(かせい)シヤセイヅ)
その運河は何か生物(いきもの)がほつて造(つく)つたのだといふんですね


さうぢやよ 火星に生(い)きものがゐて運河をつくつたといふ説(せつ)をたてる学者(がくしや)がゐる
お父(とう)さんは 火星には生物(いきもの)がゐないといふんですか


わしは居(ゐ)ないとはいはん しかし居るともいはん
お父さんはどつちなんです


どつちか分らん ただね あの運河の様(やう)なものは 人間(げん)なんかでなくともできると言(い)ふのぢや
火星に人間がゐると面(おも)白いんだがなア


テン太郎や 庭(には)へ出ておいで
何をするんですか


ピチ おまへ この紙をくわへて走れ わがはいがよしといふ所までだ よいか


馳(かけ)つこなら あたしだつて負(ま)けないわ
ニャン君(くん)になんか負けるもんか


フーフー どこまで走るんだらう
なあんだ いくぢがないのね


博士(はかせ)もつと走るんですか
止まれ よろしい 樹(き)の上にのぼれ


うわあ僕(ぼく)は犬だから 木のぼりは困(こま)つたなア
それぢや わたしが代(かは)つて登(のぼ)つてあげるわ


テン太郎サアン この辺(へん)でいいですか
てつぺんまで登れつて いつてゐるよ


もつとのぼるの 少しこわいわね
なあんだ僕をいくぢなしといつたくせに


ぢや、もつと登つたつていいわ ちよつと芸当(げいたう)だわね
おや 博士が大きな声(こゑ)で何か言(い)つてゐるよ
紙をこつちに見せてくれつてさ


さてテン太郎 いまニャン君がもつてゐる紙をよくごらん
何かがかいてありますね


おや
たくさん線(せん)が 引(ひ)いてあるやうですね
あれを火星(くわせい)の運河(うんが)だとして 一つ写生(しやせい)をしてごらん


よしきた、でもよく見えないんです
そんな弱虫(よわむし)をいつてはいかん お父(とう)さんは毎(まい)日天文台(もんだい)でもつと遠くを見てゐるんだ


これは難(むづ)かしい仕事(しごと)だなあ
お父さんなんかどうする 毎日地球(ちきう)と太陽(よう)との距離(きより)六千(せん)二百万哩(ひやくまんまいる)の向ふを見てゐるんだよ


火星(くわせい)が地球(ちきう)に一ばん近いときでも 年(とし)によつて違(ちが)ふが 三千(ぜん)五百万哩(ひやくまんまいる)もある
もの凄(すご)く遠くに 在(あ)るんだなあ


いやそれ所か、もつともつと遠くに離(はな)れてゐる星が 空には一ぱいあるのだ


もう我慢(がまん)できないわ 手がしびれて上からすべり落ちさうだわ


なんだ 智慧(ちゑ)がないなあ 君は足だつて使へるぢやないかあ


もう駄(だ)目よ 足(あし)もふるへてきたのよ
もう一段(だん)下の枝(えだ)に 下り給(たま)へ 叱(しか)られやしないよ


ああお尻(しり)が 痛(いた)くなつちやつた
困(こま)つたなあ ぢやもう一段下の枝へ


あたい つまらなくなつたわ
僕(ぼく)もたいくつだよ 下の枝まで降(お)りてき給(たま)へ


これなら楽(らく)だわ あんたキャラメルもつてゐたわね
さうだつた 一つあげやう


おや樹(き)の所に 何も見えなくなつたぞ
ほんとだ ニャン子たち 何うしたのだらう


あさうだ 望遠鏡(ばうゑんきやう)をもつてきて見てやらう
ああそれから お父(とう)さんが作(つく)つてやつた模型(もけい)のロケットもとつておいで


どれどれ
おやあ これは驚(おど)ろいた ふたりとも樹の下で眠(ねむ)つてゐるぞ


このロケットで驚ろかしてやれ
アハハ 驚ろくぞきつと


(ドカン!)
うわあ おどろいた


すつかり眠(ねむ)つちやつた
テン太郎さん ごめんなさいね


きみ達(たち)は、もつと火星(くわせい)の研究(けんきう)に熱心(ねつしん)にならなければいけないよ
だつてわたし ずゐぶん高い木のてつぺんに上つてこわかつたわ
まあよろしい
いや、どうも恐(おそ)れ入りました


ところでテン太郎 お前の写生(しやせい)した絵(ゑ)を見せてごらん
こんなにかけました


テン太郎 お前の描(か)いた絵はこれだ ところで
ほんとうの絵はこれだ
あらッ まるで違(ちが)つちまつた
ほんとに
おかしいわねえ


どうぢや目茶(めちや)くちやな点(てん)だつて ある距離(きより)から見ると そんなに真(まつ)すぐに見えるんぢや
ほんとうですね だから 星の運河(うんが)だつて真すぐに見えても 人間(げん)がつくつたとはいへませんね
その通りぢや お前は呑(の)みこみが早いぞ


月野(の)先生(せんせい)は なんとおつしやるんですか
月野博士(はかせ)はロウエル教授(けうじゆ)と同(おな)じ考(かんが)へで 火星(くわせい)は水が少(すく)ない そこで運河(うんが)へは火星人(じん)が大仕掛(じかけ)の給水(きふすゐ)ポンプで水をくばるといふのぢや
ほんとかしら
うそかしら


さあ 夕飯(ゆふはん)がすんだら 今晩(こんばん)はみんなにいいものを見せてあげるぞ
あ、さうだ けふはお父(とう)さんに幻燈写真(げんとうしやしん)を見せていただく約束(やくそく)だつた うれしいなあ
幻燈
まあうれしい 早く見たいわ
[#改ページ]

火星(くわせい)に人間(にんげん)が住(す)んでゐるか


これが 火星の運河(うんが)を想像(さうざう)して描(か)いた絵(ゑ)の幻燈だ
うわあ すごいなあ
この太い管(かん)はなんでせう
これが きつと 火星の運河のある所に茂(しげ)つてゐる植物(しよくぶつ)に水を送(おく)る管だ


運河(うんが)の長さはどれ位(くらゐ)あるんです
それが大変(へん)ぢや 何千哩(ぜんまいる)も続(つゞ)いてゐることになる
そして時々望遠鏡(ばうゑんきやう)で火星(くわせい)の運河が二本に見える 学者(がくしや)はこれを二重(ぢゆう)運河といつてゐるんぢや


それは、ほんとうに二重でせうか
それはわからん 反対者(はんたいしや)もある
これを主張(しゆちやう)する学者は火星にある運河の四分(ぶん)の一が、二重だといふのぢや


お父(とう)さん 火星の人間(げん)はどんな格好(かくかう)をしてゐるでせうね
それは分らんね 想像(さうざう)もつかん またどんな想像したつてかまはん
足(あし)や手が有(あ)るかも分(わか)らないね
だつてそんな立派(りつぱ)な運河をこしらへるんだもの 頭(あたま)や手はきつと有(あ)るわ


さうだ ニャン子のいふ通りだ とにかく何千哩(ぜんまいる)もの運河を造(つく)つてゐるとすれば 測量術(そくりやうじゆつ)だけは発達(はつたつ)してゐることになる
ソクリョウ術(じゆつ)つてどんなのかしら
ニャン君 きみ、まだしらないのかい


ほら よくそとで三本足(あし)をたてて 望遠鏡のやうなものをのぞいては地面(めん)や道なぞを量(はか)つてゐる人があるだらう
ああ 分(わか)つたわ
あれだよ 僕(ぼく)なんかちやんと知つてらあ


でもね人間の力でなくても 自然(しぜん)の力でも いまここに映(うつ)る位(ぐら)いのまつすぐな運河もできるのぢや ごらんあれを
やあ
満月(まんげつ)だわ
きれいなお月さんだ


あの月がいい証拠(しやうこ)だよ 火星(くわせい)を調(しら)べるには月がとてもいい参考(さんかう)になるんぢや
ぢや 月にも 火星の運河(うんが)のやうなものがありますか
あるよ しかも 真(ま)つすぐなのもある


さあ ごらん これが月の面をとつた写真(しやしん)だよ まん中の所に真つすぐな線(せん)があるだらう
ああ あつた あつた
ほんとだわ
あれはなんです お父(とう)さん


あれは火山(ざん)の裂(さ)け目だ 名前はアリアダウエス小流(せうりゆう)といつてゐる
あれは どの位(くらい)の長さですか
長さは百(ひやく)五十哩(まいる)ぢや


月には こんな運河のやうなものは沢山(たくさん)あるんですか
いや 月には十哩(まいる)以上(いじやう)のものはあまりない しかし火星の運河はみな大きいのぢや


さあ おそくなつてしまつた これで終(をは)りだ
みんな早くおやすみ またあしたね
ぢや お父さん おやすみ
おやすみなさい
おやすみなさい


さあ眠(ねむ)らう いい月だなあ
わたし火星(くわせい)の童謡(どうえう)ができたわ
ぢや うたつてごらん


火星に猫が居(ゐ)るならば ニヤンとはなかない[#「なかない」は底本では「なかな」]ワンとなく
やあ うまい うまい
ひどいなあ ぢや僕(ぼく)だつてできた


火星に犬が居(ゐ)るならば ワンとはなかないニヤンとなく
やあ うまい うまい
ひどいわ ひどいわ


わたしの歌(うた)のまねだわ まねだわ
あれッ 痛(いた)いッ 僕の顔(かほ)をひつかいた
あつ 喧嘩(けんくわ)をするんぢやないよ よしなつてば


さあ仲(なか)よく合唱(がつしやう)しやう
火星に猫(ねこ)がゐるならば
火星に猫(ねこ)がゐるならば


おやまあ なんてさわがしいんでせう


シッ お母(かあ)さんが来たぞ
大変(へん)だ
もぐれ もぐれ
[#改ページ]

空中飛行(くうちゆうひかう)


グー グー
グー グー
クー クー クー
おや みんなよく寝(ね)てゐるやうだわね


お母(かあ)さんが行つてしまつた みんなこんどはほんたうに眠(ねむ)らうね
クウ


テン太郎さん テン太郎さん テン太郎さん
クー
クー
クー


テン太郎さん
テン太郎さん 早く起(お)きてください 大変(へん)です 大変です
オヤ 何んだらう
グー グー
クー


おや ストーブの煙突(えんとつ)の穴(あな)から何か入(はい)つてきたわ
テン太郎さん
テン太郎さん


まあ たくさん出てきたわ
あなたは誰(だれ)
僕達(ぼくたち)は火星人(くわせいじん)です
早く テン太郎さんを起(おこ)して下さい


火星人…… まあ大変(へん)だわ それではすぐ起すわ
洪水(こうずゐ)がやつて来さうです
すぐ仕度(したく)をして逃(に)げださなければ大変です


テン太郎さん 早く起きて下さい 大変よ 大変よ
あつ おどろいた どうしたの
ムニャ ムニャ
こちらの 耳の長いかたも起きて下さい


やあ 一体全体(たいぜんたい)これは何だい ずゐぶん小さな人間(げん)だなあ
この人達(たち)は 火星の人たちです、さあ
クン クンクン 気持ちが悪(わる)いな


ごらんなさい もう洪水がやつて来ました
いつたい ここは どこなんだらう
テン太郎さん 早く逃げませうよ
ここが火星ですか おかしいなあ


あつ 窓(まど)の外(そと)はすばらしい街(まち)だ
まあ なんてきれいな所なんでせう
やあ驚(おどろ)いた りつぱだなあ
さあ早く仕度をして下さい


僕(ぼく)たちはどうして火星(くわせい)へやつて来たらう
わたしも わからないわ
僕もだ
さあ そんなことはどうでもいいのです 窓(まど)から早く


やあ高いなあ こんな所から飛(と)び降(お)りられないよ
わたし とても駄(だ)目よ こわいわ


僕たちを信(しん)用して下さい ほらかうして飛び降りるんです


あなた達(たち)は地球(きう)からの大切(せつ)なお客様(きやくさま)です 悪(わる)いことにはなりません
ぢや わたし体(からだ)が軽(かる)いから先に飛び降てみるわ
それでは僕だつて
僕も降りることにしやう


やあ 愉快(ゆくわい)愉快
体(からだ)がふわふわと飛んでるぞ 不思議(ふしぎ)だなあ
どうです 地球とはまるでちがふでせう
あらまあ 蝶(てふ)々のやうに飛べるわ
ほほ これは面(おも)白い 面白い


ごらんなさい あそこを いま火星人(くわせいじん)は洪水(こうづゐ)を避難(ひなん)してゐます
やあ 雲(くも)のやうに たくさん火星人がとんでゐる
あらまあ 鳥(とり)のやうに建物(たてもの)の屋根(やね)の上にとまつてゐるわ


さあ 僕(ぼく)たちがあなた達(たち)を安全(あんぜん)な所へ案内(あんない)しませう
洪水(こうづゐ)はいつまでもつづきますか
火星(くわせい)の洪水はきまつてあるのです
あれ あれ 水があんなにあふれて来たわ
運河(うんが)の岸(きし)が いまにもかくれさうに水がびたびたになつちまつてゐるぞ


うわあ! すごい建物(たてもの)だなあ
なんて高い建物でせう
これは地球(きう)ホテルといふ 火星一の高いビルデングです


このホテルは 地球からのお客様(きやくさま)を迎(むか)へるために、わざわざつくつたのです
すると僕達が 最初(さいしよ)のお客なんですね
地球からの第(だい)一着(ちやく)だすごいぞ
面(おも)白いわね


さあ こゝが貴方(あなた)たちの部屋(へや)です
まあ! きれいなベット
きれいな敷物(しきもの)
どこもこゝも縞模様(しまもやう)


とんだり はねたり おもしろい
さあ 下の露台(ろだい)にでてみませう


やあ、火星人(くわせいじん)の行列(ぎやうれつ)だ
みんな妙(めう)な格好(かつかう)をするわ
何か歌(うた)つてゐるよ
あれは あなた達(たち)を歓迎(くわんげい)してアイサツをしてゐるのです
[#改ページ]

火星(くわせい)の首都(みやこ)ミルチス・マヂョル市(し)


これから 市街(しがい)を御案内(ごあんない)いたしませう
ここの街(まち)は なんといふのです
火星の首都(みやこ)です ミルチス・マヂョル市といふのです


ごらんなさい この素晴(すば)[#ルビの「すば」は底本では「すばら」]らしい火星の運河(うんが)を
大きいなあ
なんて立派(りつぱ)なんでせう
この運河はまつすぐだい


この運河(うんが)はなんに使ふんですか
火星(くわせい)では一年に数回(すうくわい)大洪水(こうずゐ)があるのです、そのときに畑(はたけ)に水をやるんですよ


あの畑にはなにが植(う)へてあるんです
トマトですよ
それから何にがあるの
トマトよりありませんよ
おどろいた あの畑がみんなトマト


さうですよ 地球(きう)ではパンとか米(こめ)とかが常食(じやうしよく)でせう、火星の人間(げん)は トマトだけよりたべないんです
トマトだけしかたべないから 火星の人は大きくならないんだわ
きつとさうだよ
でも体(からだ)が小さくても 智慧(ちゑ)があるようだな


ふふふ 智慧は地球の人に負(ま)けませんよ、そら あの人たちをごらんなさい
おや?
頭(あたま)の大きな人と
頭の小さな人とがやつてきたね


火星人は 頭の大きい人はものを考(かんが)へてばかりゐるんです
頭の小さい人は?
小さい人は 働(はたら)いてばかりゐるんです
頭の大きい人の考へたことは
頭の小さい人がどんどん作りあげてしまふのです


やあ トマトの収獲(とりいれ)だ
ほら いま面(おも)白いことが始(はじ)まりますよ
あら トマトを運(はこ)び出したわ


火星(くわせい)では一日に二回(くわい) 食物(しよくもつ)を市民(しみん)に配(くば)ります
やあい みんな窓(まど)から首を出した


ほら、あゝして下から投(な)げるのですよ
やあ上手(じやうづ)だなあ


うけとるのもうまいわね
あんな高いテッペンまで上る
僕(ぼく)もトマトを喰(た)べたいなあ 好(す)きなんだけれどなあ……


ほら 合図(づ)をすると投(ほう)つてくれます
やあ投げてくれたぞ
上手にうけとれ


おいしい おいしい
舌(した)が落ちさうにうまいわ
火星のトマトはうまいぞ


向ふの建物(たてもの)が市役所(しやくしよ)
その左(ひだり)の曲(まが)つた建物は何んです
建物ではありません あれは火星の天体(たい)望遠鏡(ばうゑんきやう)です
えつ望遠鏡? すごいんだなあ


ぢや、あそこが火星(くわせい)の天文台(もんだい)ですか
さうです 行つてみませう


御紹介(ごせうかい)します こちらが火星天文台の所長(しよちやう)さんです
僕(ぼく) 星野(の)テン太郎です
わたし 星野ニャン子よ
僕は 星野ピチです


僕のお父(とう)さんは 地球(きう)の天文台で研究(けんきう)してゐます
これはこれは ようこそ 星野さんは私よく存(ぞん)じてをります
あれつ?


こないだは あなたのお父さんと月野博士(はかせ)と髯(ひげ)のひつぱりつこをやりましたね
あれつ? どうして知つてゐるんだらう


よく知つてゐますよ あははゝゝ
地球の出来事(ごと)は 火星からは、みんな見えるのですよ
おどろいたなあ………


なにも驚(おどろ)くことはありませんよ
みなさん、この天文台の設備(せつび)を注意(ちゆうい)して見て下さい
すごいなあ……


テン太郎さん あなたのお父さんは どんな望遠鏡(ばうゑんきやう)をお使ひになつてゐますか
いろいろあります 口径(さしわたし)六吋(インチ)のと 大きいのは二十四吋(インチ)のと
火星のは 地球のの千倍(ばい)も大きいのを使つてゐます


ぢや地球(きう)の出来事(ごと)は なんでもみえるんだなあ
さうですよ さあ一つ望遠鏡(ばうゑんきやう)をのぞかせてあげやうか


さあ テン太郎さん ごらんなさい
アッ? お父(とう)さんだ
わたしにも見せて
僕(ぼく)にも


あなたのお父さんが 何にかしきりに計算(けいさん)してゐるでせう
ほんとにさうだ
やあ 手帳(ちやう)の上の数字(すうじ)まで見える


お父さあーん 僕です テン太郎です
あははゝゝ 呼んだつて聞えませんよ
わたしにも見せて


さあ 望遠鏡の方向(かう)をかへて見ませう
あら なんだか見たことがあるやうなところだわ
どれどれ 僕にも見せて


あれつ わかつた! お豆屋(まめや)だ
ぢや 学校のそばにあるお豆屋かしら?
どれどれ 見せて


やつぱりさうだ やあ 子供(ども)が豆を買ひに来た おや、おぢさんが豆を三粒(つぶ)こぼした


おどろいた 何んでも見えるのね
どうもいろいろありがたうございました
地球へかへつたら 星野(の)博士(はかせ)や月野博士によろしく
さあ これから市長(しちやう)が貴方(あなた)たちの歓迎会(くわんげいくわい)をひらくそうです 行きませう
[#改ページ]

大歓迎会(だいくわんげいくわい)


あれが ミルチス・マヂョル市庁(しちよう)の玄関(げんくわん)です
やあ…
りつぱですね


やあ ずゐぶん列(なら)んでゐるな
わたし なんだかはづかしいわ
なんだ弱虫(よわむし) 大丈夫(ぢやうぶ)だよ


テン太郎さん この人がミルチス・マヂョル市長(ちやう)です
これはこれは ようこそ ようこそ


さあ どうぞ ここへおかけ下さい
こんな正面(しやうめん)にですか
地球(きう)からのお客(きやく)さんです さあどうぞ


ニャンちやん すましてゐるなあ
あんただつて気取つてるわ


これより地球(きう)からはるばるおいでになつた お客(きやく)さんの歓迎会(くわんげいくわい)を開(ひら)きます
まづ最初(さいしよ) 地球のお客さんから 自己紹介(じこせうかい)をしていただきます




こまつたわ ジコショウカイつてなんだか わたし知らないわ
僕(ぼく)も知らないよ こまつたなあ
それはね 自分(じぶん)がどういふものだか 自分でいふことを 自己紹介といふんだよ 僕がするからまねをしたまへ


みなさん今日(こんにち)は 僕は地球の小学生で名前は星野(の)テン太郎 毎日学校へ行くのが仕事(しごと)です
ははあ学校 火星(くわせい)にはさういふものはありませんな


僕は 星野(の)ピチといひます 地球の犬であります 仕事は 泥棒(どろぼう)や怪(あや)しいものを追(お)ひ払(はら)ふことです
ははあ 犬、泥棒 怪しいもの火星にはさういふものは居(を)りませんな


わたくしは星野ニャン子と申(もう)します 地球の猫(ねこ)の女(をんな)の子であります 仕事は悪(わる)い鼠(ねずみ)を喰(た)べたり 追つたりいたします
猫,鼠 さういふものは火星にはをりませんな


これより音楽会(おんがくくわい) つづいておどりの大会(くわい)をひらきます


すてきねー
このすばらしい音楽(おんがく)はあのラッパのある自動音楽機(き)が ひとりで奏(や)つてゐるのです
愉快(ゆくわい)だなあ


あつ、これはへんだぞ
どうかしましたか


急にお腹(なか)が痛(いた)くなつてきた
それは大変(へん)!
あら わたしもお腹がチクチク痛くなつてきた


ウーン ウーン
痛い 痛い あいたつッ
僕(ぼく)もお腹が痛い
これは大変だ 病(びやう)気らしい
さつそく病院(ゐん)に送(おく)るやうに


お腹が痛い ウーム
痛い痛い
アーン アーン
早く 病院車(しや)を呼べ
みなさん せつかくですが歓迎会(くわんげいくわい)は中止(ちゆうし)にいたしまあーす
[#改ページ]

腹痛(はらいた)


地球(きう)のお客(きやく)さんが病気になつたのだ
どうしたのだらう
やあ 病院車がやつてきた
(みなさん さわがないでくださあーい)

いたい いたい
ピチ あんまりあばれてはいけないよ
でも 痛(いた)いんだア


どうも 様子(やうす)がわからん
みなさん 手をかして下さい
病(びやう)人だから静(しづ)かにのせて下さい


それ! 病院(ゐん)までスピート


さあ 病院へ着(つ)きましたよ


さつそく 注射(ちゆうしや)を百(ひやつ)本ほどやらなければ
ウワア そんなに注射するんですか


ここがレントゲン室(しつ)です お腹(なか)の中を見てあげませう
お医者(ゐしや)さん 早くみてちようだいよ いたいんですもの


ははあん これは怪(あや)しい
お腹 どうかなつてゐますか
早く痛(いた)いのを治(なほ)して下さい
痛みはすぐとめてあげますよ
しかし これは治療(ちれう)が長引(び)きますな


さあ 病室(びやうしつ)に入るのです
これこれ 病室にベットを三つ用意(い)して
はい
困(こ)まつたことになつたねえ


しづかに寝(ね)[#ルビの「ね」は底本では「て」]てゐらつしやい
どのくらゐたつたら治(なほ)るんだらうなあ
痛みはすぐとめてあげますよ
やあ うれしい


ただいま市長(しちやう)からお見舞(まい)の花がとどきました
どうですみなさん 痛みはとまつたでせう
やあ 痛いのが治つたぞ


さあ 市長からの花束(たば)です
やあ ありがたう
火星(くわせい)の市長さんは親切(しんせつ)だわね
きれいな花だなあ


あれつ? 僕(ぼく)が花を握(にぎ)つたら燃(も)えだした
どうしたんでせう
これは大変(へん)だ
いや それほど熱(ねつ)が高いのです だからおとなしく寝(ね)てゐることです


テン太郎さん どうなんるんでせうね
なに すぐ治(なほ)るよ 火星(くわせい)の医学(ゐがく)は進歩(しんぽ)してゐるよ


これは驚(おどろ)いた 僕も、大変(へん)な高(かう)熱だ
あら? 手にふれるものがみんな燃えちまふわ
わあ みんなすごい熱だ


あの病(びやう)気はつまりペチャ クシャ
うむ、それでペチャ ペチャ
それだから ペチャクシャ
どうも大ぶ病気が重(おも)いのぢや


あれつ? なにを病人がさわいでゐるんだらう
(ドタン バタン)


やあ みなさんどうしました
だつて 手にさわるものみんな燃えるんだもの
いま火を消(け)してゐるんですよ


火が燃(も)え出したらテン太郎さん そこのボタンを押(お)して下さい
ボタン?
どれでせう
あゝ このボタンを押すんですか


(ザザアー ザアー ザアー)


あつ? びつくりした
天井(じやう)から大雨が降(ふ)つてきた
やあ これは面(おも)白い面白い


熱(ねつ)が大ぶありますから あまり手をふりまはさないやうに
みなさん 手を額(ひたい)の上にのせて寝(ね)てゐるのです
これは退屈(たいくつ)だなあ
あゝ 早く治(なほ)りたいわ…


さて、みなさん あなたたちは今日(けふ)なにを召(めし)上りました トマトをたべたでせう しかも種(たね)まで
ハイ 僕(ぼく)たちはたべました


それがいかんのです 種をたべたのが
地球(きう)では トマトは種までたべるんですよ


火星(くわせい)ではトマトの種(たね)はたべません 種は、ていねいに出して運河(うんが)に捨(す)てます
すると 大洪水(こうずゐ)のとき種は畑(はたけ)に自然(しぜん)にまかれる
それぢや 種をまかなくてもいいや


あなた方は トマトを種ごと呑(の)んだ だからトマトが お腹(なか)に生(は)へだしたのです
えつ? 僕(ぼく)たちの体(からだ)の中に?
トマトが生へだしたんですかあ?
ウワア! 困(こま)つた


困つたなあ
アーン アーンあたし 困つたわ
泣いたつて治(なほ)りはしないよ
いや心配(しんぱい)なく かならず治してあげませう
ぢや また見舞(ま)ひにまいります[#「まいります」は底本では「まいりま」]
[#改ページ]

トマト騒動(さうどう)


あゝ つまらないなあ
ピチちやん さう手をふりまはしちやだめよ
いやだ 退屈(たいくつ)だよ


わあ面(おも)白い 握(にぎ)つたものがみんな燃(も)えるよ
だめだつたら ピチちやんおよしよ およしつたらさ
うるさいなあ


みんな静(しづか)にゐなけりやあ治(なほ)らないよ
そう手をふりまはしちやだめだつたらさ
いくら言(い)つてもわからないのこのひと
あ痛(いた)! あれつ 引(ひ)つかいたな


あつ! ニャン君 大変(へん)だ
あら わたしのリボンが どうしやう
あッ!


困(こま)つちやつたなあ
アーン アーン
だれか早く消(け)してちようだい
さうだ早くあのボタンを押(お)さう


やあ これは涼(すず)しい
ごめんね ニャンちやん
アーン アーン だつて わたしこれきしリボンもつてないんですもの


ひどいわ ひどいわ リボンがない……
アーン アーン
ごめんね そのうちにどこからか拾(ひろ)つてきてあげるわよ


もし もし
あつ だれかきた
……
……


まあー みなさん どうしました 室(へや)の中が水だらけ
やあ病院(びやうゐん)の看護婦(かんごふ)さんだ
看護婦さん ピチちやんがわたしのリボン燃(も)やしてしまつたの


ボタンを押(お)して 水をとめて下さい
ホイキタ 合点(がつてん)だ


とき/″\喧嘩(けんくわ)するんですよ
だつて リボンをなくしちやつたんだもの
さあ 泣くんぢやないですよ かわりをあげませう


さあ わたしのリボンをあげませう
まあ うれしい!
やあ! 素的(すてき)だなア!


ではみなさん 喧嘩をしないで おやすみなさいよ
看護婦(かんごふ)さん リボンありがたう
看護婦さんおやすみ!


僕(ぼく)が[#「が」は底本では「か」] 君のリボン 焼(や)いたからもらつたんだよ
そんなことないわよ いぢわる[#「いぢわる」は底本では「いちわる」]
親切(しんせつ)な看護婦(かんごふ)さんだな


困(こま)つたなあ トマトがお腹(なか)に生(は)へる病(びやう)気なんて
わたし 地球(きう)へかへりたくなつてきたわ
駄目(だめ)だい 病気が治(なほ)らなければかへれないや


では あの地球からのお客(きやく)さんたちは 野外(やぐわい)病院(ゐん)の方へ移(うつ)しませう
なるべく患者(くわんじや)を驚(おど)ろかさないやうにね
準備(じゆんび)はできました
[#改ページ]

火星(くわせい)の看護婦(かんごふ)さん


あなた方(がた)はこれから野外病院の方へ移(うつ)ります
どうです 体(からだ)の具合(ぐあ)[#ルビの「ぐあ」は底本では「ぐあひ」]ひは
どうも熱(ねつ)が下りません
外(そと)の病院へ行くんですか


では トマトの葉(は)つぱで三人とも目かくしをしてくれ
はい かしこまりました
どうするんですか
心配(しんぱい)だわ


そんなに心配(しんぱい)しなくともいいですよ
でも、わたし気味(み)がわるいわ
あゝ 何んにも見えない
自動車を三台(だい)用意(い)
はい かしこまりました


用意ができました
では出発(しゆつぱつ)!


どの辺(へん)を走つてゐるのか さつぱりわからない
ここは運河(うんが)づたひに走つてゐるのです


野外病院(やぐわいびやうゐん)といふのはどんなところです
それはハイカラな病院ですよ


みんな離(はな)ればなれになつてしまつたわ
またすぐみんなと一緒(しよ)になりますからね


さあ みなさん病院(びやうゐん)に着(つ)きました
この辺(へん)一帯(たい)が病院です
だつて目かくしされてるから見えませんよ
クンクン 何にか良(よ)い匂(にほ)ひがする
トマトのやうな匂ひがする


さあ この入口から階段(かいだん)を下りませう
ころばないやうに


なんだか地面(めん)の下を歩いてゐるやうだ
さうなんです
わたし いやだわ
心(こころ)細いね


長いらうかだなあ
いやになつてしまふわ
もうすぐ地上(じやう)に出られます


さあみなさんもう着(つ)きました
葉(は)つぱの目かくし取つていいですか
まだ まだ


あなた この台(だい)の上に立つてゐてください ころばないやうに
やあ体(からだ)が上へあがるやうだ
(ぶるん ぶるん ぶるん)


お次(つぎ)ーあなた さあ、しつかり立つて
よし スイッチをいれてくれ給(たま)へ



(ぶるん ぶるん ぶるん)
やあ 天国(ごく)へゆくのか 地獄(ごく)へゆくのか わからない


さあ猫(ねこ)のお嬢(ぢよう)さん あがりますよ
あたし こわいわ
心配(しんぱい)しなくてもいいのです


(ぶるん ぶるん ぶるん)
あゝ こわいー


さあ 仕事(しごと)がすんだ 帰(か)[#ルビの「か」は底本では「かへ」]へらう
あの病(びやう)人たちは 地球(きう)の病人なんで骨(ほね)が折(を)れますね
どうも 火星(くわせい)の病人とは勝(かつ)手がちがひますね


わつ こんなところに出てきた
これはガラスの筒(つつ)の中だ
みんなはどうしたらう


あらまあ! みんな こんな容物(いれもの)に入れられちやつた


うわあ みんな ちりぢりばらばらになつてしまつた
テン太郎さーん 早く救(たす)けて下さい
僕(ぼく)だつて出られないんだよ


こりや いくらあばれても駄(だ)目だ くやしいなあ
よし! ここを出たらトマトたちめ みんな踏(ふ)みつけてやるから
わはあ 地球(きう)のお客(きやく)の喰(く)ひしん棒(ぼう)
種(たね)までたべたいやしん棒
ずゐぶん貴方(あなた)たちは意(い)地わるね さうのぞくもんぢやないわ
お腹(なか)にトマトが生(は)へるとさ
うわあ、これぢや手も足(あし)も出ないや とんだ野外病院(やぐわいびやうゐん)に入れられてしまつた


おや お医者(ゐしや)さんがやつてきた
どうです 火星(くわせい)の病院(びやうゐん)はなかなかいいでせう
ちつともよかないわ
早くこんなとこ出してよ
ははあ おとなしくしてゐませんな


お医者さん ひどいですよ こんなところに押(お)しこめて
いや さうではありません 地球(きう)にだつて温室(おんしつ)といふのがあるですよ


どれ診察(しんさつ)しませう
うわッ!
そう こわがらなくてもいいですよ
だいぶよろしいやうですな


こんどはアーンと舌(した)を出してごらん
アーン


いや なかなかりつぱな舌ですな
いや みごと、みごと
舌なんかどうでもいいや いつ治りますか


さやう 千年(ねん)ぐらひたつたら退院(たいゐん)ができるでせう
え! 千年?
ウワアー
アハハハ


さてこんどは猫(ねこ)のお嬢(ぢよう)さんいかがです
ずゐぶんひどいわ こんなところに入れて
ほほう 大立腹(りつぷく)ですな すぐ治(なほ)りますよ


あら まあ嬉(うれ)しい! 親切(しんせつ)な看護婦(かんごふ)さんだわ
ほう 猫(ねこ)のお嬢(ぢよう)さんはだいぶ君が気に入つてゐるやうだよ
ええ リボンをさしあげたのです


このガラスの筒(つつ)の中は 地球(きう)の温(おん)度と同(おな)じにしてあるのです
なるほど
さうすればトマトが 生えないですむんですか
その通り


ぢやみなさん おとなしくしてゐるんですよ
またきますからね


もう へたばつてしまつた
どこを見てもトマト畑(ばたけ)ばつかりつまらないわ
地球へかへりたくなつたなあ


なんとかしてこゝを出られないかなあ
わたしだつて帰(かへ)りたいわ
お父(とう)さんやお母(かあ)さんに 急にあひたくなつてきた


やあ テン太郎さんがメソメソ泣き出した
無理(むり)ないわ あたしだつて悲(かな)しくなつちまつたわ アーン アーン
みんな地球がこひしくなつたんだ
[#改ページ]

地球(ちきう)に向(むか)つて


やあ 嵐(あらし)だ! 嵐だ!
わつ! こわい! 稲光(いなびかり)が!
すごい暴風雨(ばうふうう)だ!


わア!
助けてえ!
みんな しつかりするんだよ


わあ ガラスの病院(びやうゐん)が倒(たふ)れさうだぞ
もしかするとわたしたち 出られるかもしれないわ
風よ吹け吹け ガラス病院を吹き倒してくれ


ワッショイ ワッショイ[#「ワッショイ」は底本では「ワッシイ」]
風さーん 頼(たの)みますよ
やつ? 病院が舞(ま)ひ上つた!


あれあれッ?
大変(へん)だ!
どうしやう?


あつ!
(ガチャン☆)


やあ 出られた
うれしーい


さあ みんな集まれ!
テン太郎さあーん
どうしませう


どうしませう テン太郎さん
何んとか考(かんが)へなければ…
あッ 向ふから
親切(しんせつ)な看護婦(かんごふ)さんが走つてきた


やあ 看護婦さん!
わたしたち ひどい目にあつたわ
さあ みなさん! 今のうちに早くこの火星(くわせい)からお逃(に)げなさい


またガラスの病院(びやうゐん)をかぶせられてしまふのはいやだい
すぐ天文台(もんだい)に行くのです 早く 早く! そしてロケットでお逃げなさい


看護婦(かんごふ)さん ありがたう
さあみんな続(つゞ)け!
早く! 早くしないと追(おつ)手がきます


なにをしてゐるのさ ピチクン トマトなんかむしつたりして のんきだわね
いや ロケットに食糧(しよくれう)を積(つ)みこまなければ!
抜(ぬ)けめがないな


走れ 走れ
地球(きう)行きのロケットは 格納庫(かくなふこ)の一ばん右はじです
ありがたう!


さうだ! わたし看護婦さんにリボンもらつたんだけれど お別(わか)れの記念(きねん)にあげるものないわ
ぢや これをあげりやいい


ほんとにいいことを思ひついてくれたわ
これあげるわ 服(ふく)のボタンだけれど
まあ! きれいだことありがたう ではさやうなら


さあ 天文台(もんだい)がすぐだよ
走れ 走れ!


さあ 着(つ)いたぞ!
これが格納庫(かくなふこ)だ
どこから入りませう


格納庫の天窓(まど)から入らう

よしつ!
それがいいわ


みんな 風に吹き飛(と)ばされないやうに気をつけるんだよ


みんな 気をつけるんだぞ
危(あぶな)い 危い
あッ! ここから入れるぞ


やあ ずゐぶんロケットがならべてあるな
うわあ! 驚(おど)ろいた 地球(きう)行きはどれだらう
あんまり沢山(たくさん)あるからわからないわ


格納庫(かくなふこ)の右端(はし)だと教(をし)へてくれたよ
これは金星(せい)行きのロケットだわ
あつたあつた! これだこれだ!


さあ、早くのりこまう
だつて広場(ひろば)にロケットを引き出さなければね
かまふものか このまゝ発射(はつしや)して屋根(やね)を突抜(つきぬ)いてしまふんだ


テン太郎さん あんたロケット操縦(さうじう)できて
僕(ぼく) 知らないや
ぢや 駄目(だめ)だ


大丈夫(ぢやうぶ)だよ そこらへんのボタンをみんな押(お)してみるんだよ
僕 ハンドルをみんな動かしてみる
それがいい それがいい


なんだらう ここに革帯(かはおび)がついてゐる
わかつた それで体(からだ)をしばるんだわ


しめた! 動きだした!
(ブルンブルン シュシュシュ)


(ヅドン)
すごいぞ!
わッ! ロケットが屋根(やね)を突(つ)きぬけた!
すごいぞ!


そこの丸窓(まるまど)からのぞいてごらん
あら! 看護婦(かんごふ)さんが見送(おく)つてゐるわ
看護婦さーん


さらば火星(くわせい)よ!


もうどの位(くらゐ)飛(と)んだかしら
出発(しゆつぱつ)してから一分(ぷん)五秒(べう)!
早さはどの位?
おゝ ものすごい! 一時間(じかん)七千(せん)キロメートルの早さだ□


どうしたの?
あれえ? 変(へん)だぞ 早く舵(かぢ)をさがしてくれ
舵はどれかしら


どうも見当(けんたう)がちがつた 地球(きう)ぢやない 月に向つて走つてゐるらしいんだ□
えッ! 月に向つて?
大変(へん)だわ どうしやう


やあ月だ□


これは大変(へん)□
月なんかに着(つ)いたら困(こま)つてしまふぞ


あッ これが舵(かぢ)らしいよ
早くロケットを 地球(きう)に向けなければ□


やあ どうやらこんどは地球に向つてゐるらしい


やれやれ やつと安心(あんしん)した
ほんとに心配(ぱい)してしまつた


おや? なんだか見たやうな街(まち)に着(つ)きさうだなあ……


あれあれ? 大変だ! 火星(くわせい)に舞(ま)ひもどつてきたわ


さあ困つた! どうしたんだらう
あゝ 汗(あせ)びつしよりだ


あれ? わかつた! ピチクン あんた変(へん)なボタンを踏(ふ)みつけてゐるわ
あッ! これはいけない
やあ 成功(せいこう)! 成功□


まつすぐに地球(きう)へ向つたらしい


ニャンちやん 右のハンドルをまはしてくれ
ピチクン そこのボタンをおしてみてくれ
やれ いそがしい


(ピピ ピピ ゲロンゲロン)
(ダダダダ)
(しゆしゆ)
ゲロン ゲロンだつてさ おかしい音だわね ホホ


おお 地球(きう)が近づいてきたぞ


あの光つたところは 太平洋(へいやう)らしいね
テン太郎さん 海の中へ落さないやうにたのみますよ


テン太郎さん トマト一つたべません
トマトどころぢやないよ ロケットが故障(こしやう)かもしれないんだ
(ピピ ピピ)


あれ ニャンちやん トマトをまた種(たね)ごと喰(た)べちやつた
いいわよ トマトが生へたら地球のお医者(ゐしや)さんに治(なほ)してもらふから
のん気な連中(れんぢゆう)だな どうもロケットがおかしいぞ
(ゲロン ゲロン)


(ゲロンゲロンゲロンゲロ)
またゲロンゲロンが始(はじ)まつたわ
やッ□ 大変(へん)だ! ロケットが故障(こしやう)だ!
早く早く パラシュートの用意(い)だ!
(ピピィピィピィ)


どうするのよ
パラシュートを体(からだ)につけるんだ
扉(とびら)を開(あ)けたら外(そと)に飛(と)び出す用意!


(ゲロン ゲロン ダダ プップッ)
やあ大変□ 横(よこ)ふりだ□


(ババン)
うわーい 破裂(はれつ)したい


ニャンちやん ニャンちやん
おや気絶(ぜつ)してゐる


よし 一つ活(くわつ)を入れてやれ
(ポン)
ウーム……


あ! わたし達(たち)助かつたわ


(ブツン)
あッ!


墜落(つゐらく)だ


痛(いた)いッ


あれッ? ここはどこだ?


あれッ 君達はどうしてたの?……
テン太郎さん 寝台(しんだい)から落つこちたりして
きつとねぼけたんだよ


あゝ助かつた 夢(ゆめ)でよかつた
夢をみたんだよ
わたし達びつくりしたわ


僕(ぼく) 君達(たち)と火星(くわせい)へ行つた夢(ゆめ)をみたんだよ
だつて僕はなんにもみない
わたしだつて 何にもみやしないわ つまらないわね
[#改ページ]

テン太郎(たらう)の報告(はうこく)


お父(とう)さん 僕ゆふべ火星へ行つた夢をみました
それはよかつた わしも見たかつたな


ピチクンも ニャンちやんも いつしよでした
わたし そんな夢 みないわ
僕ゆふべの夢はつまらなかつたの
ははゝゝ 大勢(ぜい)で同(おな)じ夢をみるわけにはいかないよ


火星(くわせい)には天文台(もんだい)もありました そこの所長(しよちやう)さんがお父(とう)さんを知つてゐました
エッ? わしを火星で知つてゐたか?


エヘン! オホン
さうぢやらう そこでわしの研究(けんきう)を火星で知つてゐたかね
ええ 何にもかもみな知つてゐました


月野(の)博士(はかせ)とお父さんと髯(ひげ)の引(ひ)つぱり合ひをしたのも
えッ? それはまたどうして? ……
(フフ)
(クスクス)


火星では 高い大きなビルデングのやうな望遠鏡(ばうゑんきやう)で 地球(きう)の出来ごとをみてゐるのです
ナニ?
そんなばかげたことがあつてたまるものか


だつてお父さん ほんとにあつたんです
そんな馬鹿(ばか)なことはない!
まあ貴方(あなた) それはテン太郎の夢(ゆめ)の話ぢやありませんか


僕(ぼく) 夢でほんとにみたんですよ
ほい 失敗(しま)つた! 本気に腹(はら)をたてたか ははゝゝ


さあさあ 朝ご飯(はん)の仕度(したく)ができました
しかしね テン太郎
地球(きう)から火星(くわせい)を見るのに大望遠鏡(ばうゑんきやう)がいるとはかぎらん
小さな望遠鏡でもいいんですか


さうぢや 鏡径(さしわたし)八インチか十インチもあれば沢山(たくさん)ぢや
望遠鏡の大きさより大切(せつ)なことがある
それはなんです


それを天文学者(もんがくしや)は『グット・シーイング』といつてゐるんだ
これは専門語(せんもんご)[#「専門語」は底本では「専問語」]だよ
グット シーイング
グット シーイング


グット シーイング 僕(ぼく)は天文学の専門語[#「専門語」は底本では「専問語」]を覚(おぼ)えてしまつたぞ エヘン!
おやムヅカシイことを言つてテン太郎 それは一体(たい)なんのことですか
あれ まだ聞いてゐなかつた


ははゝゝそれはね 天体(たい)を見るには機械(きかい)にばかり頼(たよ)らないで『見るのに具(ぐ)合ひのいい調子(てうし)』にしておくことだよ
あゝ わかつた 高い山のてつぺんに天文台をつくるとか


さうだ、しかしいくら高い山へ建(た)てても雲が多(おほ)いとこぢや駄(だ)目だ
さうですね 高くて雲がなくて


さうだ 地球の上の雲はぢやまになる しかし火星の雲を見るのは これは仕事(しごと)だよ
むづかしいんですねえ…


テン太郎 火星(くわせい)に人間(げん)がゐたか
ゐましたよ 頭(あたま)の大きいのと小さいのと
あらー いつてみたいわねえ
ホヽヽ 面(おも)白いところねえ


気に喰(く)わん 生物(いきもの)が居(ゐ)るはづがない 空(くう)気が薄(うす)くて住めんはづぢや
あれ、またお父(とう)さんが テン太郎の夢(ゆめ)の話で憤慨(ふんがい)してゐますよ


あ また失敗(しつぱい)した


それから僕(ぼく)は 体(からだ)がとても軽(かる)くなつて 空を自由(いう)にとびまはりました
あらー あたし いつてみたいわ
だめだい テン太郎さんの夢の中へ行けるかい


火星の表面(へうめん)は地球(きう)の引力(いんりよく)の五分(ぶん)ノ二しかない だから人は地球にゐるときより二倍(ばい)半は高く飛(と)べるが しかし、それ以上(いじやう)高くは飛べるはずがないのぢや
なあーんだ それつぽつち[#「それつぽつち」は底本では「それつぱつち」]ぢやつまらない
お父さん 僕それから市長(しちやう)にあひました 街(まち)の名まへはミルチス・マヂョル市といひました


(えつ! ミルチス・マヂョル?)
あつ! 危(あぶな)い! お父さん
博士(はかせ)が目をまはした
どうなさいました 貴方(あなた)!


お父(とう)さん しつかりして下さい
まあ お行儀(ぎやうぎ)が悪(わる)い
いや 驚(おど)ろいたよ
あゝ びつくりした


テン太郎 お前の行つた街(まち)がミルチス・マヂョルといつたかね
ほんとうですよ
なんですか そのミルチス・マヂョルといふのは貴方(あなた)


わしは驚ろいたよ お前の夢(ゆめ)の話の中でそれだけは真当(ほんたう)のことだよ
エ? お父さん ほんとにあるんですか
まあ 火星(くわせい)にさういふところがあるのですか


火星の街の名前ではないが 別(べつ)に地球(きう)の学者(がくしや)がつけた運河(うんが)の名前にたしかにあるよ
どうしてテン太郎がそれを夢にみたでせう


たしか ミルチス・マジョルといふのもあれば 運河にはネクタル・アガトドエモンとか ハデスとか みんな名前が[#「名前が」は底本では「名前か」]つけてある
それぢや 火星の地図(ちづ)がちやんとできてゐるんだなあ


それにしてもお前が夢でミルチス・マジョルをみるとは どうも不思議(ふしぎ)だ
ほんとにふしぎだわ
ほんとにねえー


どうもおかしい まてよ


あら どこへ行つたんだらう


テン太郎さんばかり面(おも)白い夢(ゆめ)をみてつまらないな
あ、さうだ さうだ ニャンちやんは火星(くわせい)の看護婦(かんごふ)さんからリボンをもらつたんだよ
まあ! ほんとう……なら……うれしいけど


これぢや これぢや


テン太郎 お前(まへ)はいつかお父さんの書斎(しよさい)でこんな本を見たことがなかつたかい
どんな本です 僕(ぼく)ときどきお父さんの本を見ますから


この本ぢや どうだ こういふ絵(ゑ)を見たことがなかつたか
あッ! あつた 見ましたよ


これが ミルチス・マジョルぢや


うーむ わかつた それぢや!
お前は本を見て頭(あたま)の底(そこ)に名前を覚(おぼ)えた それが夢(ゆめ)の中にフッとでてきたといふわけぢや
きつとさうだ


お父(とう)さん ほんとに僕(ぼく)が火星(くわせい)へ行つたと思つたんですか
さうは思はんが ほんとうの名前を言(い)つたんで わしもびつくりしたよハヽヽヽヽ
ホホヽヽ


テン太郎は夢で、だいぶ火星の嘘(うそ)を頭に仕込(しこ)んだから わしの研究室(けんきうしつ)へおいで ほんとうを見せてあげやう
うれしい! 今日(けふ)みんな行かうね
いつていらつしやいませ
[#改ページ]

人間(にんげん)のヒゲと猫(ねこ)のヒゲ


テン太郎さん あんた大きくなつたら天文学者(もんがくしや)になるの
僕なるんだ
いいなあ さうして火星へロケッ[#「ロケッ」はママ]飛(と)んで行くの


いやだい 火星に行くのは やつぱり地球(きう)に住んでゐるのがいいよ
あら 弱虫(よわむし)の天文学者に なるのね


だつて お父(とう)さんやお母(かあ)さんのゐない所へ行くのはいやだい


ぢや 君たちも僕(ぼく)といつしよに火星(くわせい)へ行く どう?
ピチクン あんたどう
あんまり気が進(すゝ)まないな


やあい 君たちだつて弱虫(よわむし)だい
行けても 帰(か)へれなくなつたら困(こま)るわ


ニャンちやんは大きくなつたら何になるの
大きくなつても 猫(ねこ)よりほかに何にもなれなくてつまらないわ
そんなことをいへば 僕だつて犬より出世(しゆつせ)はできないや


それでもいいの 鼠(ねずみ)を上手(じやうず)にとれるやうになれば……
さうだ さうだ
みんな本分(ほんぶん)をつくせばいいんだ


あ! 天文台(もんだい)の庭でお父さんがこつちを見てゐる
早く行かう
走れ! 走れ!


ほう よく来た、何にをみんなでしやべつてゐたんだ
ニャンちやんとピチ君が天文学者(もんがくしや)になれないつて悲観(ひくわん)してゐたんです


アハハハ それは考(かんが)へちがひぢや
ニャン子 お前のヒゲは何のためにある
このヒゲですか 鼠(ねずみ)をとるために大切(せつ)なものです


では どういう風(ふう)に使ふか やつてごらん
ハイ 世間(せけん)では猫(ねこ)はどんな暗(くら)やみでも見えるといひますが嘘(うそ)です
少しも光のない暗(くら)い所では目は見えませんから


さういふ時にかういふ格構(かくかう)でヒゲをかうして床(ゆか)にさはつて歩いて鼠の居(ゐ)さうな所をさがすのです


だから人間(げん)はわたしたち猫のヒゲを切つてはいけません


そらごらん 猫のヒゲはそんな立派(りつぱ)な使ひ道がある
ところで この人間のヒゲは何のために生へてゐるか
あゝわかつた 威張(いば)るためについてゐるんだ
ハハハおかしいな


ハハハ その通りぢや それからニャン子は足(あし)をなめたり 耳や鼻(はな)を何度(ど)も洗ふときがあるね
ええ それは雪降(ふ)りや嵐(あらし)がやつて来る前 お天気が変(かは)りさうになるからです


それごらん 天気の変(かは)り目をちやんと知るのは天文学者(もんがくしや)より偉(えら)いんだよ
猫(ねこ)だつて 偉いんだなア
ほんとだ
そんなにほめられるとあたし恥(はづ)かしいわ


やあ ニャン子がほめられてすつかり恥かしがつてゐるよ
ニャンちやん そんな顔(かほ)をするとこつちが恥かしくなつてしまふよ
あれ、こんどはピチ君が恥かしがつてゐらア


(火星実験室(くわせいぢつけんしつ))
ここが特別研究室(とくべつけんきうしつ)だ さあ みんなお入り
へんな建物(たてもの)だなあ


やあ おかしいなあ 中ががらんどうだ
なんだか薄気味(うすきみ)がわるいわ
さあ そこに丸窓(まるまど)や扉(とびら)があるから のぞいてごらん


やあ おどろいた ここの部屋(へや)は二重(ぢゆう)になつてゐる
機械(きかい)がぎつしりあるわ
ここは何にをするところです
いま いろいろの実験(じつけん)をやつて見せやう


さあ みんなマスクをかけ給(たま)へ
ニャンちやん マスクのかけ方がさかさまだよ
あら さう


マスクつて変(へ)んな格好(かくかう)のものね
そのマスクは酸素吸入器(さんそきふにふき)にもなつてゐるんだ
みんなタコのお化(ば)けのやうだ


おや お父(とう)さんだけマスクをかけないんですね
わしは次(つぎ)の室(へや)だ 最初(さいしよ)この部屋(へや)を火星(くわせい)の状態(じやうたい)にする


何が始(はじ)まるんだらう
お父さん あんまり恐(こわ)いことをしないでね
なんぢや 科学者(くわがくしや)の子がそんな弱音(よわね)を吐(は)いて


もし危険(きけん)なことが起(お)きたら 扉(ドア)をあけてそとに出たらいい


説明(せつめい)はその壁(かべ)にうつる仕掛(しかけ)になつてゐる
みんな用意(い)はいいか
イイデス……
なんだ 情(なさ)けない声(こゑ)を出すね


あれ お父(とう)さんが隠(かく)れてしまつた
やあ 機械(きかい)のうなる音がしだした
(ブルン ブルン ブルン)
テン太郎さん 大丈夫(だいぢやうぶ)かしら


(ブルルン ブルルン ブルブル ピューキャタ キャタ キャタ ホホホヽ)


あれまあ 機械が笑(わら)ひ出したわ


や 映写板(えいしやばん)に何にか映(うつ)つた
やあ これは面(おも)白い
(これからこの部屋(へや)の空気(くうき)をかき出(だ)してしまふ。)


(ガッタン ガッタン ガッタン)
(火星(くわせい)の直径(ちよっけい)は四千二〇〇哩(まいる)ある 地球(ちきゆう)の半分(はんぶん)よりちよっと長(なが)いくらいだ。)


あら? わたし体(からだ)が軽(かる)くなつてきた
おかしいなあ しやぼん玉(だま)のやうに軽いぞ
やあ 面(おも)白い 面白い


飛(と)んだり 跳(は)ねたり 愉快(ゆくわい)だなあ!
やあ 面(おも)白いなあ
いくらでも跳(と)べるわ
(火星(くわせい)の重力(じゆうりよく)は 地球(ちきゆう)の五分(ぶん)ノ二しかない。だから君達(きみたち)の重(おも)さも五分(ぶん)ノ二にへった。)


体(からだ)が軽(かる)くて気持ちがいい
(地球(ちきゆう)で百五〇封度(ポンド)の重(おも)さの人間も、火星(くわせい)では六〇封度(ポンド)になる。人は地球(ちきゆう)にゐるときよりも二倍半(ばいはん)高(たか)くとべる。)


(いま実験室(ぢつけんしつ)は火星(くわせい)のやうになってゐる。酸素(さんそ)・窒素(ちつそ)・水蒸気(すいじやうき)なんどは有(あ)ってもとても少い。)
あれ酸素(さんそ)が少いんだつて マスクがとれたらみんな死んでしまふぞ
まあ おそろしい
それぢや火星(くわせい)には人間(げん)なんかゐないや


酸素がなくちや猫(ねこ)だつて住めないわ
(火星(くわせい)には水(みづ)も少(すくな)い。もし海(うみ)があるとすれば、春(はる)の雪(ゆき)どけのときだけできる浅(あさ)い海だ(うみ)だ。)


(地球(ちきゆう)から見(み)える火星(くわせい)の黒(くろ)いところは、だから海(うみ)といふよりも沼(ぬま)か 小(ちい)さな沼(ぬま)の集(あつま)ったのか、川(かわ)だ。)
火星(くわせい)といふところは 寂(さび)しいところなんだなあ


(これが想像(さうざう)した火星(くわせい)の表面(へうめん)で一面(めん)の砂原(すなはら)で植物(しよくぶつ)もある。)
やあ 寂しいところに来てしまつたぞ
まるで砂漠(さばく)のやうね


僕(ぼく)の見た火星の夢(ゆめ)は こんなに寂しくはなかつたよ
だつて夢だもの なんでも見られるわ
さうだ 夢より科学(くわがく)の方がほんとうだ


ちがわい 夢からいろいろの科学だつて生れたんだい
ぢや テン太郎さん何んと何にが生れたの?


たとへば 人間(げん)が空を飛(と)びたいと考(かんが)へてゐたから とうとう飛行機(ひかうき)といふものを考へ出した
さうだ 想像(さうざう)は発明(はつめい)の母(はは)だ!


ちがひますよ テン太郎さんの夢(ゆめ)は目をつぶつて見たんでせう 科学(くわがく)を生みだす夢は目をあけてみる夢だわ
こいつ 生意気(なまいき)な!
目をあけて 夢を見られるかい


みられるわ さういふ夢を想像(さうざう)とか空想(くうさう)とかいふんだわ
うそだい 科学者(くわがくしや)なんか空想なんかしないよ
ちがひますよ しますよ


ニャンちやんなんか駄(だ)目だい
鼠(ねずみ)の夢より見ないんだから
ひどいわ ひどいわ アーン ぢやピチちやん あんたは泥棒(どろぼう)を追(お)つかける夢より見ないんだわ アーン


(これこれみんな喧嘩(けんくわ)をするな□)
あれ? 叱(しか)られた
なんでも映(うつ)るんだなあ
(フフフ。)


あれニャン君が今 フフつて笑(わら)つたぞ
いま泣いた烏(からす)が笑ひだした ハハハ
だつて あんなところに映つたりして おかしいんですもの
ニャンちやん 仲直(なかなほ)りしやうね


あら変(へん)だわ わたしなんだか寒(さむ)くなつてきたわ
どうしたんだらうね
僕(ぼく)は少しも寒くはない


おお寒(さむ)い! もうたまらないわ
(ブルブルブル)
ほんとだ 少し寒くなつてきたぞ
僕(ぼく)はすこしも感(かん)じませんよ


ニャン君 僕とピチ君の間(あひだ)にかうしてはさまつてをいでよ
(ブルブルブル)
昔(むかし)から猫(ねこ)は 寒がりときまつてゐるんだよ


あれッ、これはきれいだ
ほれごらんなさい こんなに氷(こほり)だらけになつたわ
(ブルブルブル)
やあ きれいだなあ うわあ、寒い寒い


(実験室(ぢつけんしつ)の中(なか)の温度(おんど)をだんだん下げて 火星(くわせい)の寒(さむ)さにしてみる。)
火星の寒さはどの位(くらゐ)だらうな
おや寒く なつてきたネ
(ブルブルブルブル)
昔から犬は 寒がらない動物(ぶつ)であつたはづだわ


(火星(くわせい)にも北極(ほつきよく)のやうな寒(さむ)いところがある。『極冠(きよくくわん)』と呼(よ)んでる。まんなかのは火星(くわせい)にのぼつた月(つき)だ。火星(くわせい)の寒(さむ)いところは零下(れいか)四十度(ど)から零下(れいか)七十度(ど)の寒(さむ)さだ。)
おお寒い寒い これはたまらん


あッ! ピチクンがのびちやつた
あれ?


お父さん! 大変です あけてください!
そんなところたたいてもだめだわ そこの扉(ドア)をあけるんだわ
[#改ページ]

コオロギと蛙(かへる)


やあ助かつた
お父(とう)さん ピチクンがこんなになつちまつた
こりや失敗(しつぱい) しかし実験室(じつけんしつ)はまだ零下(れいか)四十度そこそこなんだよ
早く温(あたた)めてやらなければ……


なに大丈夫(ぢやうぶ)だよ ほら目をあけた
おや? ここはどこだ
あんた凍(こゞ)え死ぬところだつたのよ
ピチクンはニャンちやんよりも弱虫(よわむし)だなあ アハハ


さあ、おいで 火星(くわせい)行ロケットを見せてあげやう
僕(ぼく)は火星へ行きませんよ
ハハハ テン太郎はすつかり火星嫌(きら)ひになつたね
ちがひます 僕は星はみな好(すき)です 中でも火星は大好きです


それに どうして火星へ行くのをいやがるんだね
あんまりへんな夢(ゆめ)をみてしまつたんです


ハハハハ それでテン太郎は ほんとうの事を知りたくなつたんだね
さうです


さうぢや ほんとうのことを知ることぢや 火星に人間(げん)がむりに居(ゐ)るやうに考(かんが)へてはいかん
さうですね 人間がゐるかゐないか研究(けんきう)すればいいんですね
さうぢや


火星(くわせい)の夢(ゆめ)を見たければ テン太郎のやうにベットの上で見たらいい
僕(ぼく)もう火星の夢はみません こんどは機械(きかい)をのぞいてほんとうのことを沢山(たくさん)知るんです
賛成(さんせい)!
賛成!


さあ みんな帰(かへ)らう
お父(とう)さんがいろいろのことを見せてやつた こんどはテン太郎は自分(じぶん)の学校の勉強(べんきやう)を帰つてやりなさい
さやうなら
さよなら


これこれテン太郎 一寸(ちよつと)まて きのふからな お父さんの髯(ひげ)にコオロギが巣(す)をつくつたんぢや
(エ?)
まあ驚(おどろ)いた 髯の中にですか?


さうぢや わしは殺(ころ)すことがきらひぢやから放(ほう)つておいたよ
ホレ鳴(な)いてゐる
やあ ふしぎだ?


あらほんと聞きたいわ
僕にも聞かせて下さい
さわいぢや鳴かないよ そつと寄(よ)つてきたまへ


(コロ コロ コロ)
ああ ほんとだ!
どうして髯の中になんか入つたんだらうな
いい声(こゑ)だなア


(コロ コロ コロ ハクション)
アレッ コオロギが くしやみをした!


ア、わかつた お父さんが口で鳴く真似(まね)をしてゐたんだ
では みなさんさやうなら


お父さんにやられちやつた
くやしいわね
なんだかこのまゝ帰るのは残念(ざんねん)だなあ


僕もさうだ 子供(ども)や犬や猫(ねこ)が科学者(くわがくしや)に負(ま)けるなんていまいましいなあ
なんだか、このまゝ帰れませんね
くやしいな


いいことを考(かんが)へついた みんな……………………ネ
うまい考へだな
くやしいわね


(ゲロゲロゲロゲロ ゲゲゲゲゲゲ ゲーロゲロ ゲロゲロ)
こりや助からん どうもうるさい蛙共(かへるども)ぢやなあ


星野(の)さん だいぶ蛙がうるさいやうですな
(ゲロゲロゲロ)
研究(けんきう)も何もできませんですね


おや これは
ヤしまつた
さつきの敵(かたき)うちか こりやいかん


(ピシャッ)


さあ みんな帰(かへ)らう
(ゲロゲロ ゲロゲロ)
やつと胸(むね)がスースーしたわ
(ゲゲゲゲゲゲ)
アハハハ
(ゲーロ ケロケロゲロ)




ページジャンプ
青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:68 KB

担当:FIRTREE