虫干し
[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:鷹野つぎ 

 海の南風(みなみかぜ)をうけている浜松の夏は、日盛りでもどこか磯風の通う涼しさがありましたが、夜は海の吐き出す熱気(ねっき)のために、却って蒸(むし)暑い時もあるのでした。
 そうした夜は寝床にうすべりを敷き、私たちも大人の真似をしてひとしきり肩に濡手拭をあてて寝(やす)む事もあるのでした。けれどそれも八月頃のことで、九月も終り頃からは、朝あけや、夕方の空は、露っぽい蒼さに澄んでくるのでした。
 そのうち日中(にっちゅう)でも秋の爽やかな風が通(かよ)う頃になりますと、私の家でも虫干しが始まりました。
 衣類が干される日には、私は小腰をかがめて、吊紐にかけた衣類の下を潜(くぐ)って歩いたりしました。すると樟脳や包袋(においぶくろ)の香りと一緒に、長らく蔵(しま)われていたものの古臭いような、それでいて好もしい、匂いも錯(まじ)って鼻を打ってくるのでした。母は私にあまり手を触れないようにと注意しながらも、あたりの衣類を指して、思い出話をするのでした。
 私は祖父の古い梨子地(なしじ)の裃(かみしも)というのも見ました。祖母の縫取模様の衣類や帯、父の若い時に着た革羽織(かわばおり)というのも見ました。また母の婚礼の時の重衣(かさね)や、いたことか、黄八丈とか、呉羅(ごろ)とか、唐桟(とうざん)などという古い織物の着物や帯なども教えられて見ました。
 子供たちの七五三(しちごさん)の祝着(いわいぎ)なども干されましたが、そのなかで背中に飾紐のついてる広袖の着物が、私のお宮詣りの日に着たものだと聴かされた時には、自分の憶えのない遠い赤児の頃を思って、ふしぎな気持がしました。
 又吊紐のひとところには緑色の地に金銀や朱色の糸で刺繍した、お角力さんのとそっくりな小型な化粧まわしが吊されていました。
『それはの、大きい兄さんが幼(ちい)さい時に草角力(くさずもう)に出るので拵(こしら)えたものだよ。よく見てごらん、名前が繍(ぬ)ってあるずら』
『ええ、あるわ』
 私は金糸の撚糸(よりいと)の垂房(たれぶさ)に触(さわ)りながら、滝に鯉の繍(ぬい)とりの中に、信太郎と浮き出している字を見つけました。
 そのほかにも母には一つ一つ思出がありそうでしたが、私はたいていのところで、聴(き)くのをやめて外へ遊びに出て了うのでした。
 また別の日には、父の何年ぶりかの所蔵品(もちもの)の虫干もありました。此の日には私は離れの方へ見に行きました。
 刀(かたな)だの、軸ものだの、文庫にはいっている古い書類だの、そのほか色々な器物(うつわ)が、古道具屋の店みたいに並べてありました。
 上に円い枠(わく)のついた三本脚の黒塗の台に、硝子鉢が篏めてありましたが、父はそれを『ギヤマンの金魚鉢』と呼んでいました。
 私は刀に少し触(さわ)ってみたり、文庫の中をのぞいて見たりするのですが、その中には祖父の句集や、道中記などの半紙綴りのものなどもありました。
 父が此の上もなく大切にしている堆朱(ついしゅ)の棗(なつめ)というのを覗かしてもらいましたら、それは私のおはじきを納れるによい容器(いれもの)のように思われました。
 なおも私があちこち見廻していましたら、『絵ならおもしろい錦絵がそこにある。それをご覧』と、父は片隅を指してくれました。
 糊(のり)でつながれて部厚く巻込まれた錦絵を私が手に取り上げましたら、父が片方を徐かにほぐして行きながら、縁の端まで行って立ち止まってくれるのでした。絵巻きには長い顔や、大きな眼や、手拭かぶりや、蛇目傘(じゃのめがさ)や、柳の木や、黒塗の下駄などが、色刷の一枚ごとの美しさを競うように、眼うつりになって、きらびやかにちらついて見えるのでした。
 此の稀(たま)の虫干しの日に、遂に私は粗相をしました。うっかり何かにぶつけて、父の大切にしている赤い絵模様の水差(みずさし)の握手(にぎりて)を折って了ったのでした。その時胸はドキドキと鳴り私はすぐには許しも乞えませんでした。でも
『もう済んで了ったことだ、これからは気をつけなさい』と父は気をとりなおして云ってくれました。此の時の父のやさしさは子供心にもふかく肝(きも)に応(こた)えたものでありました。




ページジャンプ
青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:3608 Bytes

担当:undef