池袋の怪
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:岡本綺堂 

 安政の大地震の翌(あく)る年の事で、麻布の某藩邸に一種の不思議が起った。即ち麻布六本木に西国某藩の上屋敷があって、ここに先殿(せんとの)のお部屋様が隠居所として住って居られたが、幾年来別に変った事もなく、怪しい事もなく、邸内無事に暮していた。然(しか)るにその年の夏のはじめ、一匹の蛙(かわず)が椽(えん)から座敷へ這上って、右お部屋様の寝間の蚊帳(かちょう)の上にヒラリと飛び上ったので、取あえず侍女(こしもと)共を呼んでその蛙を取捨てさせた所が、不思議にもその翌晩も飛び上る、その翌々晩も這上る。草深い麻布の奥、元より庭も広く、池も深く、木立も草叢も繁茂(おいしげ)っているから、夏季になれば蛇も這出そう、蛙も飛出そう、左(さ)のみ怪しむにも及ばぬ事と、最初は誰も気にも留めずに打過ぎたが、何分にもその蛙が夜な夜な現われると云うに至っては、少しく怪しまざるを得ない。しかも日を経るに随(したが)って、蛙は一匹に止らず、二匹三匹と数増して、果(はて)は夜も昼も無数の蛙が椽に飛び上り、座敷に這込むという始末に、一同も是(こ)れ尋常事(ただごと)でないと眉を顰め、先ずその蛙の巣窟を攘(はら)うに如ずと云うので、お出入りの植木職を呼あげて、庭の植込を洗(ふ)かせ、草を苅らせ、池を浚(さら)わせた。で、それが為かあらぬか、その以来、例の蛙は一匹も姿を見せぬようになったので、先ず可(よ)しと何(いず)れも安心したが、何ぞ測らん右の蛙がそもそも不思議の発端で、それからこの邸内に種々の怪異(あやしみ)を見る事となった。ある日の夕ぐれ、突然(だしぬけ)にドドンと凄じい音がして、俄に家がグラグラと揺れ出したので、去年の大地震に魘(おび)えている人々は、ソレ地震だと云う大騒ぎ、ところが又忽ちに鎮って何の音もない。で、それからは毎夕点燈頃(ひともしごろ)になると、何処(いずく)よりとも知らず大浪の寄せるようなゴウゴウという響(ひびき)と共に、さしもに広き邸がグラグラと動く。詰合(つめあい)の武士も怪しんで種々(いろいろ)に詮議(せんぎ)穿索(せんさく)して見たが、更にその仔細が分らず、気の弱い女共は肝(きも)を冷して日を送っている中に、右の家鳴震動は十日ばかりで歇(や)んだかと思うと、今度は石が降る。この「石が降る」という事は往々聞く所だが、必らずしも雨霰の如くに小歇(おや)なくバラバラ降るのではなく何処(いずく)よりとも知らず時々にバラリバラリと三個(みつ)四個(よつ)飛び落ちて霎時(しばらく)歇(や)み、また少しく時を経て思い出したようにバラリバラリと落ちる。けれども、不思議な事には決して人には中(あた)らぬもので、人もなく物も無く、ツマリ当り障りのない場所を択んで落ちるのが習慣(ならわし)だという。で、右の石は庭内にも落ちるが、座敷内にも落ちる、何が扨(さて)、その当時の事であるから、一同ただ驚き怪しんで只管(いたずら)に妖怪変化の所為(しわざ)と恐れ、お部屋様も遂にこの邸(やしき)に居堪(いたたま)れず、浅草並木辺の実家へ一先(ひとまず)お引移りという始末。この事、中屋敷下屋敷へも遍(あまね)く聞え渡ったので、血気の若侍共は我れその変化の正体を見届けて、渡辺綱、阪田公時にも優る武名を轟かさんと、いずれも腕を扼(さす)って上屋敷へ詰かけ、代る代る宿直(とのい)を為(し)たが、何分にも肝腎の妖怪は形を現わさず、夜毎夜毎に石を投げるばかり。で、一同も少しく魂負けがして、念の為に石の最も多く降るという座敷にズラリと居列(いなら)んで、屹(きっ)と頭(かしら)をあげて天井を睨み詰めていると、石は一向に落ちて来ぬ。かくて半□(はんとき)も過ぎると、何(いず)れも漸く飽(あき)が来て、思わず頭を低(た)れると、あたかもその途端に石がバラリと落ちるという工合で、どうしても上に物あって下の挙動を窺っているとよりは見えぬ。それには何(いず)れも持て余してどうしたらよかろうと協議の末、井神何某と云う侍が、コリャ狐狸の所為(しわざ)に相違ないから、恐嚇(おどし)に空鉄砲を撃って見るがいいと、取あえず鉄砲を持ってその場へ引返して来る、この時早し彼時遅し、忽(たちま)ちに一個(ひとつ)の切石が風を剪って飛んで来て、今や鉄砲を空に向けんとする井神の真向に礑(はた)と中(あた)ったから堪らない、眉間は裂けて鮮血(なまち)が颯(さっ)と迸出(ほとばし)る。この不意撃に一同も総立となって、井神は屈せず鉄砲を放ったが、空砲(からづつ)とは云いながら何の効目(ききめ)もなく、石はますます降るという始末に、何(いず)れも殆ど匙を投げて、どうにもこうにも手の着様(つけよう)がない。何しろ、これまで曾(かつ)て人を傷つけたことの無いこの石が、鉄砲を持出すと直ちにその人を撲(う)つというのは如何にも奇怪で、何でも怪しの物が潜んでいるに相違ないと、更に家(や)探しに取かかって、座敷内は云うに及ばず、天井裏まで取調べたけれども、更にこれぞと云う手懸(てがかり)もなく、また庭の内には狐狸の住家らしい穴も見当らぬので、ただ不思議不思議と云い暮して日を経る中に、ある者の説に曰く、昔からの伝説(いいつたえ)に、池袋村(北豊島郡)の女を下女に雇うと、不思議にもその家に種々の怪異(あやしみ)がある。これは池袋の神が我が氏子を他へ遣るのを厭(いと)って、かかる祟(たたり)を為(な)すのだと云う、で、今度の不思議も或はその祟ではあるまいか、念の為にこの邸の下女を調べて見たらば可(よ)かろうとの事。成ほど、そんな事があるかも知れぬと、侍女(こしもと)下女を一々取調べた所が、果してその中に池袋生れの者があったので、当人の知った事ではあるまいが、兎も角もこれに長の暇(いとま)を出して、さてどうであろうとその後の模様を窺うと、石は相変らず降る。エエ何の事だ、池袋も的(あて)にはならぬと愚痴を飜(こぼ)していると、それから二日経ち、三日経つ中に、石は次第に数が減って、五六日の後には一個も降らぬようになったのも不思議、しかもその後には何の怪異(あやしみ)もなかったことはいよいよ不思議。で、右の怪異は全く池袋の祟と一決して、一同もホッと息を吐いたと云う。
 以上は紛れもなき事実で、現在これを目撃した人の談話(はなし)をそのまま筆記したものである、しかしそれが果して池袋の祟であるや否やは勿論保証の限(かぎり)でない。今日でも北豊島に池袋村という村は存在しているが、当時は曾てそんな噂を聞かぬ。けれども、江戸時代には専らそんな説が伝えられたのは事実で、これに類似の奇談が往々ある。で、名奉行と聞えた根岸肥前守の随筆「耳袋」の中にも「池尻村とて東武の南、池上本門寺より程近き一村あり、彼(かの)村出生の女を召仕えば果して妖怪などありしと申し伝えたり、実否を知らず」と記(しる)してある。シテ見ると、池尻の者にもそんな伝説があるか知らぬが、これは余り聞き及ばぬ事で、恐らく筆者の肥前守が池袋を池尻と聞き誤ったのではあるまいか。しかし北豊島と池上では、北と南で全然方角が違うから、或は実際別物かも知れぬ。兎にかく江戸時代には池袋の奉公人を嫌うとは不思議で、何か一家に怪しい事があれば、先ず狐(きつね)狸(たぬき)の所為(しわざ)といい、次には池袋と云うのが紋切形の文句であった。又一説には、単に奉公人として召仕う分には仔細ないが、万一これと情を通ずる者があると、それから種々の怪異を見るのだとも云う。何方(どっち)にしても、その原因や理由の解(わか)ろう筈はなく、当時ではかかる噂も全く絶えて了ったようだ。
(『文藝倶楽部』02[#「02」は縦中横]年4月号)
*〈日本妖怪実譚〉(記者)より。筆名は「不語堂」使用。




ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[ページジャンプ]
[青空文庫の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[作品情報参照]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

Size:6436 Bytes

担当:FIRTREE