停車場の少女
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:岡本綺堂 

「こんなことを申上げますと、なんだか嘘らしいやうに思召(おぼしめ)すかも知れませんが、これはほんたうの事で、わたくしが現在出会つたのでございますから、どうか其(その)思召(おぼしめし)でお聴きください。」
 Mの奥さんはかういふ前置(まえおき)をして、次の話をはじめた。奥さんはもう三人の子持で、その話は奥さんがまだ女学校時代の若い頃の出来事ださうである。

 まつたくあの頃はまだ若うございました。今考へますと、よくあんなお転婆(てんば)が出来たものだと、自分ながら呆(あき)れかへるくらゐでございます。併(しか)し又かんがへて見ますと、今ではそんなお転婆も出来ず、又そんな元気もないのが、なんだか寂しいやうにも思はれます。そのお転婆の若い盛りに、あとにも先にも唯(た)つた一度、わたくしは不思議なことに出逢(であ)ひました。そればかりは今でも判(わか)りません。勿論(もちろん)、わたくし共のやうな頭の古いものには不思議のやうに思はれましても、今の若い方達には立派に解釈が付いていらつしやるかも知れません。したがつて「あり得(う)べからざる事」などといふ不思議な出来事ではないかも知れませんが、前にも申上げました通り、わたくし自身が現在立会(たちあ)つたのでございますから、嘘や作り話でないことだけは、確(たしか)にお受合ひ申します。
 日露戦争が済んでから間もない頃でございました。水沢さんの継子(つぎこ)さんが、金曜日の晩にわたくしの宅へおいでになりまして、明後日(あさって)の日曜日に湯河原(ゆがわら)へ行かないかと誘つて下すつたのでございます。継子さんの阿兄(おあにい)さんは陸軍中尉で、奉天(ほうてん)の戦ひで負傷して、しばらく野戦病院に這入(はい)つてゐたのですが、それから内地へ後送されて、矢(や)はりしばらく入院してゐましたが、それでも負傷はすつかり癒(なお)つて二月のはじめ頃から湯河原へ転地してゐるので、学校の試験休みのあひだに一度お見舞に行きたいと、継子さんはかね/″\云つてゐたのですが、いよ/\明後日の日曜日に、それを実行することになつて、ふだんから仲の好いわたくしを誘つて下すつたといふわけでございます。とても日帰りといふ訳には行きませんので、先方に二晩泊つて、火曜日の朝帰つて来るといふことでしたが、修学旅行以外には滅多(めった)に外泊したことの無いわたくしですから、兎(と)もかくも両親に相談した上で御返事をすることにして、その日は継子さんに別れました。
 それから両親に相談いたしますと、おまへが行きたければ行つても好いと、親達もこゝろよく承知してくれました。わたくしは例のお転婆(てんば)でございますから、大よろこびで直(すぐ)に行くことにきめまして、継子さんとも改めて打合せた上で、日曜日の午前の汽車で、新橋を発(た)ちました。御承知の通り、その頃はまだ東京駅はございませんでした。継子さんは熱海(あたみ)へも湯河原へも旅行した経験があるので、わたくしは唯(ただ)おとなしくお供をして行けば好いのでした。
 お供と云つて、別に謙遜の意味でも何でもございません。まつたく文字通りのお供に相違ないのでございます。と云ふのは、水沢継子さんの阿兄(おあにい)さん――継子さんもそう云つてゐますし、わたくし共も矢はりさう云つてゐましたけれど、実はほんたうの兄(あに)さんではない、継子さんとは従兄妹(いとこ)同士で、ゆく/\は結婚なさるといふ事をわたくしも予(かね)て知つてゐたのでございます。その阿兄さんのところへ尋ねて行く継子さんはどんなに楽(たのし)いことでせう。それに附いて行くわたくしは、どうしてもお供といふ形でございます。いえ、別に嫉妬(やきもち)を焼くわけではございませんが、正直のところ、まあそんな感じが無いでもありません。けれども、又一方にはふだんから仲の好い継子さんと一緒に、たとひ一日でも二日でも春の温泉場へ遊びに行くといふ事がわたくしを楽ませたに相違ありません。
 殊(こと)にその日は三月下旬の長閑(のどか)な日で、新橋を出ると、もうすぐに汽車の窓から春の海が広々とながめられます。わたくし共の若い心はなんとなく浮立つて来ました。国府津(こうづ)へ着くまでのあひだも、途中の山や川の景色がどんなに私(わたくし)どもの眼(め)や心を楽ませたか知れません。国府津から小田原、小田原から湯河原、そのあひだも二人は絶えず海や山に眼を奪はれてゐました。宿屋の男に案内されて、ふたりが馬車に乗つて宿に行き着きましたのは、もう午後四時に近い頃でした。
「やあ来ましたね。」
 継子さんの阿兄(おあにい)さんは嬉(うれ)しさうに私(わたくし)どもを迎へてくれました。阿兄さんは不二雄(ふじお)さんと仰(おっ)しやるのでございます。不二雄さんはもうすつかり癒(なお)つたと云つて、元気も大層よろしいやうで、来月中旬には帰京すると云ふことでした。
「どうです。わたしの帰るまで逗留して、一緒に東京へ帰りませんか。」などと、不二雄さんは笑つて云ひました。
 その晩は泊りまして、あくる日は不二雄さんの案内で近所を見物してあるきました。春の温泉場――そののびやかな気分を今更(いまさら)委(くわ)しく申し上げませんでも、どなたもよく御存じでございませう。わたくし共はその一日を愉快に暮しまして、あくる火曜日の朝、いよ/\こゝを発(た)つことになりました。その間にも色々のお話がございますが、余り長くなりますから申上げません。そこで今朝はいよ/\発つと云ふことになりまして、継子さんとわたくしとは早く起きて風呂場へまゐりますと、なんだか空が曇つてゐるやうで、廊下の硝子(がらす)窓から外を覗(のぞ)いてみますと、霧のやうな小雨が降つてゐるらしいのでございます。雨か靄(もや)か確(たしか)にはわかりませんが、中庭の大きい椿(つばき)も桜も一面の薄い紗(しゃ)に包まれてゐるやうにも見えました。
「雨でせうか。」
 二人は顔を見あはせました。いくら汽車の旅にしても、雨は嬉(うれ)しくありません。風呂に這入(はい)つてから継子さんは考へてゐました。
「ねえ、あなた。ほんたうに降つて来ると困りますね。あなたどうしても今日お帰りにならなければ不可(いけな)いんでせう。」
「えゝ火曜日には帰ると云つて来たんですから。」と、わたくしは云ひました。
「さうでせうね。」と、継子さんは矢はり考へてゐました。「けれども、降られるとまつたく困りますわねえ。」
 継子さんは頻(しき)りに雨を苦にしてゐるらしいのです。さうして、もし雨だつたらばもう一日逗留して行きたいやうなことを云ひ出しました。わたくしの邪推かも知れませんが、継子さんは雨を恐れるといふよりも、ほかに仔細(しさい)があるらしいのでございます。久振(ひさしぶ)りで不二雄さんの傍へ来て、唯(た)つた一日で帰るのはどうも名残惜(なごりおし)いやうな、物足らないやうな心持が、おそらく継子さんの胸の奥に忍んでゐるのであらうと察しられます。雨をかこつけに、もう一日か二日も逗留してゐたいといふ継子さんの心持は、わたくしにも大抵想像されないことはありません。邪推でなく、全くそれも無理のないことゝ私(わたくし)も思ひやりました。けれども、わたくしは何(ど)うしても帰らなければなりません、雨が降つても帰らなければなりません。で、その訳を云ひますと、継子さんはまだ考へてゐました。
「電報をかけても不可(いけ)ませんか。」
「ですけれども、三日の約束で出てまゐりましたのですから。」と、わたくしは飽(あく)までも帰ると云ひました。さうして、もし貴女(あなた)がお残(のこ)りになるならば、自分ひとりで帰つても可(い)いと云ひました。
「そりや不可(いけ)ませんわ。あなたが何(ど)うしてもお帰りになるならば、わたくしも無論御一緒に帰りますわ。」
 そんなことで二人は座敷へ帰りましたが、あさの御飯をたべてゐる中(うち)に、たうとう本降りになつてしまひました。
「もう一日遊んで行つたら可(い)いでせう。」と、不二雄さんも切(しき)りに勧めました。
 さうなると、継子さんはいよ/\帰りたくないやうな風に見えます。それを察してゐながら、意地悪く帰るといふのは余りに心無しのやうでしたけれど、その時のわたくしは何うしても約束の期限通りに帰らなければ両親に対して済まないやうに思ひましたので、雨のふる中をいよ/\帰ることにしました。継子さんも一緒に帰るといふのをわたくしは無理に断つて、自分だけが宿を出ました。
「でも、あなたを一人で帰しては済みませんわ。」と、継子さんは余ほど思案してゐるやうでしたが、結局わたくしの云ふ通りにすることになつて、ひどく気の毒さうな顔をしながら、幾たびかわたくしに云訳(いいわけ)をしてゐました。
 不二雄さんも、継子さんも、わたくしと同じ馬車に乗つて停車場まで送つて来てくれました。
「では、御免ください。」
「御機嫌よろしう。わたくしも天気になり次第に帰ります。」と、継子さんはなんだか謝(あやま)るやうな口吻(くちぶり)で、わたくしの顔色をうかゞひながら丁寧に挨拶(あいさつ)してゐました。
 わたくしは人車(じんしゃ)鉄道に乗つて小田原へ着きましたのは、午前十一時頃でしたらう。好い塩梅(あんばい)に途中から雲切れがして来まして、細(こまか)い雨の降つてゐる空の上から薄い日のひかりが時々に洩(も)れて来ました。陽気も急にあたゝかくなりました。小田原から電車で国府津に着きまして、そこの茶店(ちゃみせ)で小田原土産(みやげ)の梅干を買ひました。それは母から頼まれてゐたのでございます。
 十二時何分かの東京行列車を待合せるために、わたくしは狭い二等待合室に這入(はい)つて、テーブルの上に置いてある地方新聞の綴込(とじこ)みなどを見てゐるうちに、空はいよ/\明るくなりまして、春の日が一面にさし込んで来ました。日曜でも祭日でもないのに、けふは発車を待ちあはせてゐる人が大勢ありまして、狭い待合室は一杯になつてしまひました。わたくしはなんだか蒸暖(むしあった)かいやうな、頭がすこし重いやうな心持になりましたので、雨の晴れたのを幸ひに構外の空地(あきち)に出て、だん/\に青い姿をあらはしてゆく箱根の山々を眺めてゐました。
 そのうちに、もう改札口が明いたとみえまして、二等三等の人達がどや/\と押合つて出て行くやうですから、わたくしも引返(ひっかえ)して改札口の方へ行きますと、大勢の人たちが繋(つな)がつて押出されて行きます。わたくしもその人達の中にまじつて改札口へ近づいた時でございます。どこからとも無しにこんな声がきこえました。
「継子さんは死にました。」
 わたくしは悸然(ぎょっ)として振返りましたが、そこらに見識つたやうな顔は見出(みいだ)されませんでした。なにかの聞き違ひかと思つてゐますと、もう一度おなじやうな声がきこえました。
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[ページジャンプ]
[青空文庫の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[作品情報参照]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

Size:13 KB

担当:FIRTREE