修禅寺物語
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:岡本綺堂 

(伊豆の修禅寺(しゅぜんじ)に頼家(よりいえ)の面(おもて)というあり。作人も知れず。由来もしれず。木彫の仮面(めん)にて、年を経たるまま面目分明ならねど、いわゆる古色蒼然(そうぜん)たるもの、観(み)来たって一種の詩趣をおぼゆ。当時を追懐してこの稿成る。)


 登場人物
面作師(おもてつくりし)   夜叉王(やしゃおう)
夜叉王の娘 かつら
同     かえで
かえでの婿 春彦
源左金吾(げんざきんご)頼家
下田五郎景安(かげやす)
金窪兵衛尉行親(かなくぼひょうえのじょうゆきちか)
修禅寺の僧
行親の家来など

     第一場

伊豆の国狩野(かの)の庄、修禅寺村(今の修善寺)桂川のほとり、夜叉王の住家。
藁葺(わらぶ)きの古びたる二重家体。破れたる壁に舞楽の面などをかけ、正面に紺暖簾(こんのれん)の出入口あり。下手に炉を切りて、素焼の土瓶(どびん)などかけたり。庭の入口は竹にて編みたる門、外には柳の大樹。そのうしろは畑を隔てて、塔の峰つづきの山または丘などみゆ。元久元年七月十八日。

(二重の上手につづける一間の家体は細工場(さいくば)にて、三方に古りたる蒲簾(がますだれ)をおろせり。庭さきには秋草の花咲きたる垣(かき)に沿うて荒むしろを敷き、姉娘桂、二十歳。妹娘楓、十八歳。相対して紙砧(かみぎぬた)を擣(う)っている。)

かつら (やがて砧の手をやめる)一□(いっとき)あまりも擣ちつづけたので、肩も腕も痺(しび)るるような。もうよいほどにして止(や)みょうでないか。かえで とは言うものの、きのうまでは盆休みであったほどに、きょうからは精出して働こうではござんせぬか。かつら 働きたくばお前ひとりで働くがよい。父様(ととさま)にも春彦どのにも褒(ほ)められようぞ。わたしはいやじゃ、いやになった。(投げ出すように砧を捨つ)かえで 貧の手業(てわざ)に姉妹(きょうだい)が、年ごろ擣ちなれた紙砧を、とかくに飽きた、いやになったと、むかしに変るお前がこのごろの素振りは、どうしたことでござるかのう。かつら (あざ笑う)いや、昔とは変らぬ。ちっとも変らぬ。わたしは昔からこのようなことを好きではなかった。父さまが鎌倉(かまくら)においでなされたら、わたしらもこうはあるまいものを、名聞(みょうもん)を好まれぬ職人気質(かたぎ)とて、この伊豆(いず)の山家に隠れ栖(ずみ)、親につれて子供までも鄙(ひな)にそだち、しょうことなしに今の身の上じゃ。さりとてこのままに朽ち果てようとは夢にも思わぬ。近いためしは今わたしらが擣っている修禅寺紙、はじめは賤(いや)しい人の手につくられても、色好紙(いろよしがみ)とよばれて世に出づれば、高貴のお方の手にも触るる。女子(おなご)とてもその通りじゃ。たとい賤しゅう育っても、色好紙の色よくば、関白大臣将軍家のおそばへも、召し出(いだ)されぬとは限るまいに、賤(しず)の女(め)がなりわいの紙砧、いつまで擣ちおぼえたとて何となろうぞ。いやになったと言うたが無理か。かえで それはおまえが口癖に言うことじゃが、人には人それぞれの分があるもの。将軍家のお側近う召さるるなどと、夢のようなことをたのみにして、心ばかり高う打ちあがり、末はなんとなろうやら、わたしは案じられてなりませぬ。かつら お前とわたしとは心が違う。妹のおまえは今年十八で、春彦という男を持った。それに引きかえて姉のわたしは、二十歳(はたち)という今日の今まで、夫もさだめずに過したは、あたら一生を草の家(や)に、住み果つまいと思えばこそじゃ。職人風情(ふぜい)の妻となって、満足して暮すおまえらに、わたしの心はわかるまいのう。(空嘯(そらうそぶ)く)(楓の婿春彦、二十余歳、奥より出づ。)
春彦 桂どの。職人風情とさも卑しい者のように言われたが、職人あまたあるなかにも、面作師(おもてつくりし)といえば、世に恥かしからぬ職であろうぞ。あらためて申すに及ばねど、わが日本開闢(かいびゃく)以来、はじめて舞楽のおもてを刻まれたは、もったいなくも聖徳太子、つづいて藤原淡海公、弘法大師、倉部(くらべ)の春日(かすが)、この人々より伝えて今に至る、由緒(ゆいしょ)正しき職人とは知られぬか。かつら それは職が尊いのでない。聖徳太子や淡海公という、その人々が尊いのじゃ。かの人々も生業(なりわい)に、面作りはなされまいが……。春彦 生業にしては卑しいか。さりとは異なことを聞くものじゃの。この春彦が明日にもあれ、稀代の面(おもて)をつくり出(いだ)して、天下一の名を取っても、お身は職人風情と侮(あなど)るか。かつら 言(お)んでもないこと、天下一でも職人は職人じゃ、殿上人や弓取りとは一つになるまい。春彦 殿上人や弓取りがそれほどに尊いか。職人がそれほどに卑しいか。かつら はて、くどい。知れたことじゃに……。(桂は顔をそむけて取り合わず。春彦、むっとして詰めよるを、楓はあわてて押し隔てる。)
かえで ああ、これ、一旦こうと言い出したら、あくまでも言い募るが姉(あね)さまの気質、逆ろうては悪い。いさかいはもう止してくだされ。春彦 その気質を知ればこそ、日ごろ堪忍していれど、あまりと言えば詞(ことば)が過ぐる。女房の縁につながりて、姉と立つればつけ上り、ややもすればわれを軽しむる面憎(つらにく)さ。仕儀によっては姉とは言わさぬ。かつら おお、姉と言われずとも大事ござらぬ。職人風情を妹婿に持ったとて、姉の見得(みえ)にも手柄にもなるまい。春彦 まだ言うか。(春彦はまたつめ寄るを、楓は心配して制す。この時、細工場の簾のうちにて、父の声。)
夜叉王 ええ、騒がしい。鎮(しず)まらぬか。(これを聴きて春彦は控える。楓は起って蒲簾をまけば、伊豆の夜叉王、五十余歳、烏帽子(えぼし)、筒袖(つつそで)、小袴にて、鑿(のみ)と槌(つち)とを持ち、木彫の仮面(めん)を打っている。膝(ひざ)のあたりには木の屑(くず)など取り散らしたり。)
春彦 由なきことを言い募って、細工のおさまたげをも省みぬ不調法、なにとぞ御料簡(ごりょうけん)くださりませ。かえで これもわたしが姉様に、意見がましいことなど言うたが基(もとい)。姉様も春彦どのも必ず叱(しか)って下さりまするな。夜叉王 おお、なんで叱ろう、叱りはせぬ。姉妹の喧嘩(いさかい)はままあることじゃ。珍らしゅうもあるまい。時に今日ももう暮るるぞ。秋のゆう風が身にしみるわ。そちたちは奥へ行って夕飯(ゆうまま)の支度、燈火(あかり)の用意でもせい。二人 あい。(桂と楓は起って奥に入る。)
夜叉王 のう、春彦。妹とは違うて気がさの姉じゃ。同じ屋根の下に起き臥(ふ)しすれば、一年三百六十日、面白からぬ日も多かろうが、何事もわしに免じて料簡せい。あれを産んだ母親は、そのむかし、都の公家衆(くげしゅう)に奉公したもの、縁あってこの夜叉王と女夫(めおと)になり、あずまへ流れ下ったが、育ちが育ちとて気位高く、職人風情に連れ添うて、一生むなしく朽ち果つるを悔みながらに世を終った。その腹を分けた姉妹、おなじ胤(たね)とはいいながら、姉は母の血をうけて公家気質、妹は父の血をひいて職人気質、子の心がちがえば親の愛も違うて、母は姉贔屓(びいき)、父は妹贔屓。思い思いに子どもの贔屓争いから、埒(らち)もない女夫喧嘩などしたこともあったよ。はははははは。春彦 そう承われば桂どのが、日ごろ職人をいやしみ嫌い、世にきこえたる殿上人か弓取りならでは、夫に持たぬと誇らるるも、母御(ははご)の血筋をつたえしため、血は争われぬものでござりまするな。夜叉王 じゃによって、あれが何を言おうとも、滅多に腹は立てまいぞ。人を人とも思わず、気位(きぐらい)高う生まれたは、母の子なれば是非がないのじゃ。(暮の鐘きこゆ。奥より楓は燈台を持ちて出づ。)
春彦 おお、取り紛れて忘れていた。これから大仁(おおひと)の町まで行って、このあいだ誂(あつら)えておいた鑿(のみ)と小刀(さすが)をうけ取って来ねばなるまいか。かえで きょうはもう暮れました。いっそ明日(あす)にしなされては……。春彦 いや、いや、職人には大事の道具じゃ。一刻も早う取り寄せておこうぞ。夜叉王 おお、職人はその心がけがのうてはならぬ。更(ふ)けぬ間に、ゆけ、行け。春彦 夜とは申せど通いなれた路、一□(いっとき)ほどに戻って来まする。(春彦は出てゆく。楓は門(かど)にたちて見送る。修禅寺の僧一人、燈籠(とうろう)を持ちて先に立ち、つづいて源の頼家卿、二十三歳。あとより下田五郎景安、十七八歳、頼家の太刀をささげて出づ。)
僧 これ、これ、将軍家のおしのびじゃ。粗相があってはなりませぬぞ。(楓ははッと平伏(ひれふ)す。頼家主従すすみ入れば、夜叉王も出で迎える。)
夜叉王 思いもよらぬお成りとて、なんの設けもござりませぬが、まずあれへお通りくださりませ。(頼家は縁に腰をかける。)
夜叉王 して、御用の趣は。頼家 問わずとも大方は察しておろう。わが面体(めんてい)を後のかたみに残さんと、さきにその方を召し出し、頼家に似せたる面(おもて)を作れと、絵姿までも遣(つか)わしておいたるに、日を経(ふ)るも出来(しゅったい)せず、幾たびか延引を申し立てて、今まで打ち過ぎしは何たることじゃ。五郎 多寡(たか)が面一つの細工、いかに丹精を凝らすとも、百日とは費すまい。お細工仰せつけられしは当春の初め、その後すでに半年をも過ぎたるに、いまだ献上いたさぬとはあまりの懈怠(けたい)、もはや猶予は相成らぬと、上様(うえさま)の御機嫌(ごきげん)さんざんじゃぞ。頼家 予は生まれついての性急じゃ。いつまで待てど暮せど埒あかず、あまりに歯痒(はがゆ)う覚ゆるまま、この上は使いなど遣わすこと無用と、予がじきじきに催促にまいった。おのれ何ゆえに細工を怠りおるか。仔細をいえ、仔細を申せ。夜叉王 御立腹おそれ入りましてござりまする。もったいなくも征夷大将軍、源氏の棟梁(とうりょう)のお姿を刻めとあるは、職のほまれ、身の面目、いかでか等閑(なおざり)に存じましょうや。御用うけたまわりてすでに半年、未熟ながらも腕限り根かぎりに、夜昼となく打ちましても、意にかなうほどのもの一つもなく、さらに打ち替え作り替えて、心ならずも延引に延引をかさねましたる次第、なにとぞお察しくださりませ。頼家 ええ、催促の都度におなじことを……。その申しわけは聞き飽いたぞ。五郎 この上はただ延引とのみで相済むまい。いつのころまでにはかならず出来するか、あらかじめ期日をさだめてお詫(わび)を申せ。夜叉王 その期日は申し上げられませぬ。左に鑿をもち、右に槌を持てば、面はたやすく成るものと思し召すか。家をつくり、塔を組む、番匠(ばんしょう)なんどとは事変りて、これは生(しょう)なき粗木(あらき)を削り、男、女、天人、夜叉、羅刹(らせつ)、ありとあらゆる善悪邪正のたましいを打ち込む面作師。
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[ページジャンプ]
[青空文庫の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[作品情報参照]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

Size:28 KB

担当:FIRTREE