運命
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:幸田露伴 

 世おのずから数(すう)というもの有りや。有りといえば有るが如(ごと)く、無しと為(な)せば無きにも似たり。洪水(こうずい)天に滔(はびこ)るも、禹(う)の功これを治め、大旱(たいかん)地を焦(こが)せども、湯(とう)の徳これを済(すく)えば、数有るが如くにして、而(しか)も数無きが如し。秦(しん)の始皇帝、天下を一にして尊号(そんごう)を称す。威□(いえん)まことに当る可(べ)からず。然(しか)れども水神ありて華陰(かいん)の夜に現われ、璧(たま)を使者に托して、今年祖龍(そりゅう)死せんと曰(い)えば、果(はた)して始皇やがて沙丘(しゃきゅう)に崩ぜり。唐(とう)の玄宗(げんそう)、開元は三十年の太平を享(う)け、天宝(てんぽう)は十四年の華奢(かしゃ)をほしいまゝにせり。然れども開元の盛時に当りて、一行阿闍梨(いちぎょうあじゃり)、陛下万里に行幸して、聖祚(せいそ)疆(かぎり)無(な)からんと奏したりしかば、心得がたきことを白(もう)すよとおぼされしが、安禄山(あんろくざん)の乱起りて、天宝十五年蜀(しょく)に入りたもうに及び、万里橋(ばんりきょう)にさしかゝりて瞿然(くぜん)として悟り玉(たま)えりとなり。此等(これら)を思えば、数無きに似たれども、而も数有るに似たり。定命録(ていめいろく)、続定命録(ぞくていめいろく)、前定録(ぜんていろく)、感定録(かんていろく)等、小説野乗(やじょう)の記するところを見れば、吉凶禍福は、皆定数ありて飲啄笑哭(いんたくしょうこく)も、悉(ことごと)く天意に因(よ)るかと疑わる。されど紛々たる雑書、何ぞ信ずるに足らん。仮令(たとえ)数ありとするも、測り難きは数なり。測り難きの数を畏(おそ)れて、巫覡卜相(ふげきぼくそう)の徒の前に首(こうべ)を俯(ふ)せんよりは、知る可きの道に従いて、古聖前賢の教(おしえ)の下(もと)に心を安くせんには如(し)かじ。かつや人の常情、敗れたる者は天の命(めい)を称して歎(たん)じ、成れる者は己の力を説きて誇る。二者共に陋(ろう)とすべし。事敗れて之(これ)を吾(わ)が徳の足らざるに帰し、功成って之を数の定まる有るに委(ゆだ)ねなば、其(その)人(ひと)偽らずして真(しん)、其器(き)小ならずして偉なりというべし。先哲曰(いわ)く、知る者は言わず、言う者は知らずと。数を言う者は数を知らずして、数を言わざる者或(あるい)は能(よ)く数を知らん。
 古(いにしえ)より今に至るまで、成敗(せいばい)の跡、禍福の運、人をして思(おもい)を潜(ひそ)めしめ歎(たん)を発せしむるに足(た)るもの固(もと)より多し。されども人の奇を好むや、猶(なお)以(もっ)て足れりとせず。是(ここ)に於(おい)て才子は才を馳(は)せ、妄人(もうじん)は妄(もう)を恣(ほしいいまま)にして、空中に楼閣を築き、夢裏(むり)に悲喜を画(えが)き、意設筆綴(いせつひってつ)して、烏有(うゆう)の談を為(つく)る。或は微(すこ)しく本(もと)づくところあり、或は全く拠(よ)るところ無し。小説といい、稗史(はいし)といい、戯曲といい、寓言(ぐうげん)というもの即(すなわ)ち是(これ)なり。作者の心おもえらく、奇を極め妙を極むと。豈(あに)図(はか)らんや造物の脚色は、綺語(きご)の奇より奇にして、狂言の妙より妙に、才子の才も敵する能(あた)わざるの巧緻(こうち)あり、妄人の妄も及ぶ可からざるの警抜あらんとは。吾が言をば信ぜざる者は、試(こころみ)に看(み)よ建文(けんぶん)永楽(えいらく)の事を。


 我が古(こ)小説家の雄(ゆう)を曲亭主人馬琴(きょくていしゅじんばきん)と為(な)す。馬琴の作るところ、長篇四五種、八犬伝(はっけんでん)の雄大、弓張月(ゆみはりづき)の壮快、皆江湖(こうこ)の嘖々(さくさく)として称するところなるが、八犬伝弓張月に比して優(まさ)るあるも劣らざるものを侠客伝(きょうかくでん)と為(な)す。憾(うら)むらくは其の叙するところ、蓋(けだ)し未(いま)だ十の三四を卒(おわ)るに及ばずして、筆硯(ひっけん)空しく曲亭の浄几(じょうき)に遺(のこ)りて、主人既に逝(ゆ)きて白玉楼(はくぎょくろう)の史(し)となり、鹿鳴草舎(はぎのや)の翁(おきな)これを続(つ)げるも、亦(また)功を遂げずして死せるを以(もっ)て、世其(そ)の結構の偉(い)、輪奐(りんかん)の美を観(み)るに至らずして已(や)みたり。然(しか)れども其の意を立て材を排する所以(ゆえん)を考うるに、楠氏(なんし)の孤女(こじょ)を仮(か)りて、南朝の為(ため)に気を吐かんとする、おのずから是(こ)れ一大文章たらずんば已(や)まざるものあるをば推知するに足るあり。惜(おし)い哉(かな)其の成らざるや。
 侠客伝は女仙外史(じょせんがいし)より換骨脱胎(かんこつだったい)し来(きた)る。其の一部は好逑伝(こうきゅうでん)に藉(よ)るありと雖(いえど)も、全体の女仙外史を化(か)し来(きた)れるは掩(おお)う可(べ)からず。此(これ)の姑摩媛(こまひめ)は即(すなわ)ち是(こ)れ彼(かれ)の月君(げっくん)なり。月君が建文帝(けんぶんてい)の為に兵を挙ぐるの事は、姑摩媛が南朝の為に力を致さんとするの藍本(らんぽん)たらずんばあらず。此(こ)は是(こ)れ馬琴が腔子裏(こうしり)の事なりと雖(いえど)も、仮(かり)に馬琴をして在らしむるも、吾(わ)が言を聴かば、含笑(がんしょう)して点頭(てんとう)せん。


 女仙外史一百回は、清(しん)の逸田叟(いつでんそう)、呂熊(りょゆう)、字(あざな)は文兆(ぶんちょう)の著(あらわ)すところ、康熙(こうき)四十年に意を起して、四十三年秋に至りて業を卒(おわ)る。其(そ)の書の体(たい)たるや、水滸伝(すいこでん)平妖伝(へいようでん)等に同じと雖(いえど)も、立言(りつげん)の旨(し)は、綱常(こうじょう)を扶植(ふしょく)し、忠烈を顕揚するに在りというを以(もっ)て、南安(なんあん)の郡守陳香泉(ちんこうせん)の序、江西(こうせい)の廉使(れんし)劉在園(りゅうざいえん)の評、江西の学使楊念亭(ようねんてい)の論、広州(こうしゅう)の太守葉南田(しょうなんでん)の跋(ばつ)を得て世に行わる。幻詭猥雑(げんきわいざつ)の談に、干戈(かんか)弓馬の事を挿(はさ)み、慷慨(こうがい)節義の譚(だん)に、神仙縹緲(しんせんひょうびょう)の趣(しゅ)を交(まじ)ゆ。西遊記(さいゆうき)に似て、而(しか)も其の誇誕(こたん)は少しく遜(ゆず)り、水滸伝に近くして、而も其(そ)の豪快は及ばず、三国志の如(ごと)くして、而も其の殺伐はやゝ少(すくな)し。たゞ其の三者の佳致(かち)を併有して、一編の奇話を構成するところは、女仙外史の西遊水滸三国諸書に勝(まさ)る所以(ゆえん)にして、其の大体の風度(ふうど)は平妖伝に似たりというべし。憾(うら)むらくは、通篇(つうへん)儒生(じゅせい)の口吻(こうふん)多くして、説話は硬固勃率(こうこぼっそつ)、談笑に流暢尖新(りゅうちょうせんしん)のところ少(すくな)きのみ。
 女仙外史の名は其の実(じつ)を語る。主人公月君(げっくん)、これを輔(たす)くるの鮑師(ほうし)、曼尼(まんに)、公孫大娘(こうそんたいじょう)、聶隠娘(しょういんじょう)等皆女仙なり。鮑聶(ほうしょう)等の女仙は、もと古伝雑説より取り来(きた)って彩色となすに過ぎず、而(しこう)して月君は即(すなわ)ち山東蒲台(さんとうほだい)の妖婦(ようふ)唐賽児(とうさいじ)なり。賽児の乱をなせるは明(みん)の永楽(えいらく)十八年二月にして、燕(えん)王の簒奪(さんだつ)、建文(けんぶん)の遜位(そんい)と相関するあるにあらず、建文猶(なお)死せずと雖(いえども)、簒奪の事成って既に十八春秋を経(へ)たり。賽児何ぞ実に建文の為(ため)に兵を挙げんや。たゞ一婦人の身を以て兵を起し城を屠(ほふ)り、安遠侯(あんえんこう)柳升(りゅうしょう)をして征戦に労し、都指揮(としき)衛青(えいせい)をして撃攘(げきじょう)に力(つと)めしめ、都指揮劉忠(りゅうちゅう)をして戦歿(せんぼつ)せしめ、山東の地をして一時騒擾(そうじょう)せしむるに至りたるもの、真に是(こ)れ稗史(はいし)の好題目たり。之(これ)に加うるに賽児が洞見(どうけん)預察の明(めい)を有し、幻怪詭秘(きひ)の術を能(よ)くし、天書宝剣を得て、恵民(けいみん)布教の事を為(な)せるも、亦(また)真に是れ稗史の絶好資料たらずんばあらず。賽児の実蹟(じっせき)既に是(かく)の如(ごと)し。此(これ)を仮(か)り来(きた)りて以(もっ)て建文の位を遜(ゆず)れるに涙を堕(おと)し、燕棣(えんてい)の国を奪えるに歯を切(くいしば)り、慷慨(こうがい)悲憤して以て回天の業を為(な)さんとするの女英雄(じょえいゆう)となす。女仙外史の人の愛読耽翫(たんがん)を惹(ひ)く所以(ゆえん)のもの、決して尠少(せんしょう)にあらずして、而して又実に一篇(ぺん)の淋漓(りんり)たる筆墨(ひつぼく)、巍峨(ぎが)たる結構を得る所以のもの、決して偶然にあらざるを見る。
 賽児(さいじ)は蒲台府(ほだいふ)の民(たみ)林三(りんさん)の妻、少(わか)きより仏を好み経を誦(しょう)せるのみ、別に異ありしにあらず。林三死して之(これ)を郊外に葬(ほうむ)る。賽児墓に祭りて、回(かえ)るさの路(みち)、一山の麓(ふもと)を経たりしに、たま/\豪雨の後にして土崩れ石露(あら)われたり。これを視(み)るに石匣(せきこう)なりければ、就(つ)いて窺(うかが)いて遂(つい)に異書と宝剣とを得たり。賽児これより妖術に通じ、紙を剪(き)って人馬となし、剣(けん)を揮(ふる)って咒祝(じゅしゅく)を為(な)し、髪を削って尼となり、教(おしえ)を里閭(りりょ)に布(し)く。祷(いのり)には効あり、言(ことば)には験(げん)ありければ、民翕然(きゅうぜん)として之に従いけるに、賽児また饑者(きしゃ)には食(し)を与え、凍者には衣を給し、賑済(しんさい)すること多かりしより、終(つい)に追随する者数万に及び、尊(とうと)びて仏母と称し、其(その)勢(いきおい)甚(はなは)だ洪大(こうだい)となれり。官之(これ)を悪(にく)みて賽児を捕えんとするに及び、賽児を奉ずる者董彦杲(とうげんこう)、劉俊(りゅうしゅん)、賓鴻(ひんこう)等、敢然として起(た)って戦い、益都(えきと)、安州(あんしゅう)、□州(きょしゅう)、即墨(そくぼく)、寿光(じゅこう)等、山東諸州鼎沸(ていふつ)し、官と賊と交々(こもごも)勝敗あり。官兵漸(ようや)く多く、賊勢日に蹙(しじ)まるに至って賽児を捕え得、将(まさ)に刑に処せんとす。賽児怡然(いぜん)として懼(おそ)れず。
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[ページジャンプ]
[青空文庫の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[作品情報参照]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

Size:213 KB

担当:Oak-9