怨霊借用
[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:泉鏡花 

       一

 婦人は、座の傍(かたわら)に人気のまるでない時、ひとりでは按摩(あんま)を取らないが可(い)いと、昔気質(むかしかたぎ)の誰でもそう云う。上(かみ)はそうまでもない。あの下(しも)の事を言うのである。閨(ねや)では別段に注意を要するだろう。以前は影絵、うつし絵などでは、巫山戯(ふざけ)たその光景を見せたそうで。――御新姐(ごしんぞ)さん、……奥さま。……さ、お横に、とこれから腰を揉(も)むのだが、横にもすれば、俯向(うつむけ)にもする、一つくるりと返して、ふわりと柔くまた横にもしよう。水々しい魚(うお)は、真綿、羽二重の俎(まないた)に寝て、術者はまな箸(ばし)を持たない料理人である。衣(きぬ)を透(とお)して、肉を揉み、筋を萎(なや)すのであるから恍惚(うっとり)と身うちが溶ける。ついたしなみも粗末になって、下じめも解けかかれば、帯も緩くなる。きちんとしていてさえざっとこの趣。……遊山(ゆさん)旅籠(はたご)、温泉宿などで寝衣(ねまき)、浴衣に、扱帯(しごき)、伊達巻(だてまき)一つの時の様子は、ほぼ……お互に、しなくっても可(よ)いが想像が出来る。膚(はだ)を左右に揉む拍子に、いわゆる青練(あおねり)も溢(こぼ)れようし、緋縮緬(ひぢりめん)も友染(ゆうぜん)も敷いて落ちよう。按摩をされる方(かた)は、対手(あいて)を盲(めくら)にしている。そこに姿の油断がある。足くびの時なぞは、一応は職業行儀に心得て、太脛(ふくらはぎ)から曲げて引上げるのに、すんなりと衣服(きもの)の褄(つま)を巻いて包むが、療治をするうちには双方の気のたるみから、踵(かかと)を摺下(ずりさが)って褄が波のようにはらりと落ちると、包ましい膝のあたりから、白い踵が、空にふらふらとなり、しなしなとして、按摩の手の裡(うち)に糸の乱るるがごとく縺(もつ)れて、艶(えん)に媚(なまめ)かしい上掻(うわがい)、下掻(したがい)、ただ卍巴(まんじともえ)に降る雪の中を倒(さかし)に歩行(ある)く風情になる。バッタリ真暗(まっくら)になって、……影絵は消えたものだそうである。
 ――聞くにつけても、たしなむべきであろうと思う。――
 が、これから話す、わが下町娘(したまちっこ)のお桂(けい)ちゃん――いまは嫁して、河崎夫人であるのに、この行為、この状があったと言うのでは決してない。
 問題に触れるのは、お桂ちゃんの母親で、もう一昨年頃故人(なきひと)の数に入ったが、照降町(てりふりちょう)の背負商(しょいあきな)いから、やがて宗右衛門町の角地面に問屋となるまで、その大島屋の身代八分は、その人の働きだったと言う。体量も二十一貫ずッしりとした太腹(ふとっぱら)で、女長兵衛と称(たた)えられた。――末娘(すえっこ)で可愛いお桂ちゃんに、小遣(こづかい)の出振(だしっぷ)りが面白い……小買ものや、芝居へ出かけに、お母さんが店頭(みせさき)に、多人数立働く小僧中僧若衆(わかしゅ)たちに、気は配っても見ないふりで、くくり頤(あご)の福々しいのに、円々とした両肱(りょうひじ)の頬杖(ほおづえ)で、薄眠りをしている、一段高い帳場の前へ、わざと澄ました顔して、(お母さん、少しばかり。)黙って金箱から、ずらりと掴出(つかみだ)して渡すのが、掌(てのひら)が大きく、慈愛が余るから、……痩(やせ)ぎすで華奢(きゃしゃ)なお桂ちゃんの片手では受切れない、両の掌に積んで、銀貨の小粒なのは指からざらざらと溢(こぼ)れたと言う。……亡きあとでも、その常用だった粗末な手ぶんこの中に、なおざりにちょっと半紙に包んで、(桂坊へ、)といけぞんざいに書いたものを開けると、水晶の浄土珠数(じゅず)一聯(れん)、とって十九のまだ嫁入前の娘に、と傍(はた)で思ったのは大違い、粒の揃った百幾顆(ひゃくいくつ)の、皆真珠であった。
 姉娘に養子が出来て、養子の魂を見取ってからは、いきぬきに、時々伊豆の湯治に出掛けた。――この温泉旅館の井菊屋と云うのが定宿(じょうやど)[#ルビの「じょうやど」は底本では「じやうやど」]で、十幾年来、馴染(なじみ)も深く、ほとんど親類づき合いになっている。その都度秘蔵娘のお桂さんの結綿(ゆいわた)島田に、緋鹿子(ひがのこ)、匹田(ひった)、絞(しぼり)の切(きれ)、色の白い細面(ほそおもて)、目に張(はり)のある、眉の優しい、純下町風俗のを、山が育てた白百合の精のように、袖に包んでいたのは言うまでもない。……
「……その大島屋の先(せん)の大きいおかみさんが、ごふびんに思召(おぼしめ)しましてな。……はい、ええ、右の小僧按摩を――小一(こいち)と申したでござりますが、本名で、まだ市名(いちな)でも、斎号でもござりません、……見た処が余り小(ちっ)こいので、お客様方には十六と申す事に、師匠も言いきけてはありますし、当人も、左様に人様には申しておりましたが、この川の下流の釜(かま)ヶ淵(ふち)――いえ、もし、渡月橋(とげつきょう)で見えます白糸の滝の下の……あれではござりません。もっとずッと下流になります。――その釜ヶ淵へ身を投げました時、――小一は二十(はたち)で、従って色気があったでござりますよ。」
「二十にならなくったって、色気の方は大丈夫あるよ。――私が手本だ。」
 と言って、肩を揉ませながら、快活に笑ったのは、川崎欣七郎(きんしちろう)、お桂ちゃんの夫で、高等商業出の秀才で、銀行員のいい処、年は四十だが若々しい、年齢にちと相違はあるが、この縁組に申分はない。次の室(ま)つき井菊屋の奥、香都良川添(かつらがわぞい)の十畳に、もう床は並べて、膝まで沈むばかりの羽根毛(はね)蒲団(ぶとん)に、ふっくりと、たんぜんで寛(くつろ)いだ。……
 寝床を辷(すべ)って、窓下の紫檀(したん)の机に、うしろ向きで、紺地に茶の縞(しま)お召の袷羽織(あわせばおり)を、撫肩(なでがた)にぞろりと掛けて、道中の髪を解放(ときはな)し、あすあたりは髪結(かみゆい)が来ようという櫛巻(くしまき)が、房(ふっさ)りしながら、清らかな耳許(みみもと)に簪(かんざし)の珊瑚(さんご)が薄色に透通る。……男を知って二十四の、きじの雪が一層あくが抜けて色が白い。眉が意気で、口許に情が籠(こも)って、きりりとしながら、ちょっとお転婆に片褄(かたづま)の緋の紋縮緬(もんちりめん)の崩れた媚(なまめ)かしさは、田舎源氏の――名も通う――桂樹(かつらぎ)という風がある。
 お桂夫人は知らぬ顔して、間違って、愛読する……泉の作で「山吹」と云う、まがいものの戯曲を、軽い頬杖で読んでいた。
「御意で、へ、へ、へ、」
 と唯今(ただいま)の御前(ごぜん)のおおせに、恐入った体(てい)して、肩からずり下って、背中でお叩頭(じぎ)をして、ポンと浮上ったように顔を擡(もた)げて、鼻をひこひこと行(や)った。この謙斎坊さんは、座敷は暖かだし、精を張って、つかまったから、十月の末だと云うのに、むき身絞(しぼり)の襦袢(じゅばん)、大肌脱(おおはだぬぎ)になっていて、綿八丈の襟の左右へ開(はだ)けた毛だらけの胸の下から、紐(ひも)のついた大蝦蟇口(おおがまぐち)を溢出(はみだ)させて、揉んでいる。
「で、旦那(だんな)、身投げがござりましてから、その釜ヶ淵……これはただ底が深いというだけの事でありましょうで、以来そこを、提灯(ちょうちん)ヶ淵――これは死にます時に、小一が冥途(めいど)を照しますつもりか、持っておりましたので、それに、夕顔ヶ淵……またこれは、その小按摩に様子が似ました処から。」
「いや、それは大したものだな。」
 くわっ、とただ口を開けて、横向きに、声は出さずに按摩が笑って、
「ところが、もし、顔が黄色膨れの頭でっかち、えらい出額(おでこ)で。」
「それじゃあ、夕顔の方で迷惑だろう。」
「御意で。」
 とまた一つ、ずり下りざまに叩頭(おじぎ)をして、
「でござりますから瓢箪淵(ひょうたんふち)とでもいたした方が可(よ)かろうかとも申します。小一の顔色(かおつき)が青瓢箪を俯向(うつむ)けにして、底を一つ叩いたような塩梅(あんばい)と、わしども家内なども申しますので、はい、背が低くって小児(こども)同然、それで、時々相修業に肩につかまらせた事もござりますが、手足は大人なみに出来ております。大(おおき)な日和下駄(ひよりげた)の傾(かし)いだのを引摺(ひきず)って、――まだ内弟子の小僧ゆえ、身分ではござりませんから羽織も着ませず……唯今頃はな、つんつるてんの、裾(すそ)のまき上った手織縞か何かで陰気な顔を、がっくりがっくりと、振り振り、(ぴい、ぷう。)と笛を吹いて、杖を突張(つっぱ)って流して歩行(ある)きますと、御存じのお客様は、あの小按摩の通る時は、どうやら毛の薄い頭の上を、不具(かたわ)の烏が一羽、お寺の山から出て附いて行(ゆ)くと申されましたもので。――心掛(ここころがけ)の可(よ)い、勉強家で、まあ、この湯治場は、お庇様(かげさま)とお出入(でいり)さきで稼ぎがつきます。流さずともでござりますが、何も修業と申して、朝も早くから、その、(ぴい、ぷう。)と、橋を渡りましたり、路地を抜けましたり。……それが死にましてからはな、川向うの芸妓屋(げいしゃや)道に、どんな三味線が聞えましても、お客様がたは、按摩の笛というものをお聞きになりますまいでござります。何のまた聞えずともではござりますがな。――へい、いえ、いえそのままでお宜(よろ)しゅう……はい。
 そうした貴方様、勉強家でござりました癖に、さて、これが療治に掛(かか)りますと、希代にのべつ、坐睡(いねむり)をするでござります。古来、姑(しゅうとめ)の目ざといのと、按摩の坐睡は、遠島ものだといたしたくらいなもので。」
 とぱちぱちぱちと指を弾(はじ)いて、
「わしども覚えがござります。修業中小僧のうちは、またその睡(ねむ)い事が、大蛇を枕でござりますて。けれども小一のははげしいので……お客様の肩へつかまりますと、――すぐに、そのこくりこくり。……まず、そのために生命(いのち)を果しましたような次第でござりますが。」
「何かい、歩きながら、川へ落(おっ)こちでもしたのかい。」
「いえ、それは、身投(みなげ)で。」
「ああ、そうだ、――こっちが坐睡をしやしないか。じゃ、客から叱言(こごと)が出て、親方……その師匠にでも叱られたためなんだな。」
「……不断の事で……師匠も更(あらた)めて叱言を云うがものはござりません。それに、晩も夜中も、坐睡ってばかりいると申すでもござりませんでな。」
「そりゃそうだろう――朝から坐睡っているんでは、半分死んでいるのも同(おんな)じだ。」
 と欣七郎は笑って言った。
「春秋の潮時でもござりましょうか。――大島屋の大きいお上(かみ)が、半月と、一月、ずッと御逗留(ごとうりゅう)の事も毎度ありましたが、その御逗留中というと、小一の、持病の坐睡がまた激しく起ります。」
「ふ――」
 と云って、欣七郎はお桂ちゃんの雪の頸許(えりもと)に、擽(くすぐ)ったそうな目を遣(や)った。が、夫人は振向きもしなかった。
「ために、主な出入場(でいりば)の、御当家では、方々のお客さんから、叱言が出ます。かれこれ、大島屋さんのお耳にも入りますな、おかみさんが、可哀相な盲小僧だ。……それ、十六七とばかり御承知で……肥満(こえふと)って身体(からだ)が大(おおき)いから、小按摩一人肩の上で寝た処で、蟷螂(かまぎっちょ)が留まったほどにも思わない。冥利(みょうり)として、ただで、お銭(あし)は遣れないから、肩で船を漕(こ)いでいなと、毎晩のように、お慈悲で療治をおさせになりました。……ところが旦那。」
 と暗い方へ、黒い口を開けて、一息して、
「どうも意固地(いこじ)な……いえ、不思議なもので、その時だけは小按摩が決して坐睡をいたさないでござります。」
「その、おかみさんには電気でもあったのかな。」
「へ、へ、飛んでもない。おかみさんのお傍(そば)には、いつも、それはそれは綺麗な、お美しいお嬢さんが、大好きな、小説本を読んでいるのでござります。」
「娘ッ子が読むんじゃあ、どうせ碌(ろく)な小説じゃあるまいし、碌な娘ではないのだろう。」
「勿体(もったい)ない。――香都良川には月がある、天城山(あまぎやま)には雪が降る、井菊の霞に花が咲く、と土地ではやしましたほどのお嬢さんでござりますよ。」
「按摩さん、按摩さん。」
 と欣七郎が声を刻んだ。
「は、」
「きみも土地じゃ古顔だと云うが。じゃあ、その座敷へも呼ばれただろうし、療治もしただろうと思うが、どうだね。」
「は、それが、つい、おうわさばかり伺いまして、お療治はいたしません、と申すが、此屋(こちら)様なり、そのお座敷は、手前同業の正斎と申す……河豚(ふぐ)のようではござりますが、腹に一向の毒のない男が持分に承っておりましたので、この正斎が、右の小一の師匠なのでござりまして。」
「成程、しかし狭い土地だ。そんなに逗留をしているうちには、きみなんか、その娘ッ子なり、おかみさんを、途中で見掛けた――いや、これは失礼した、見えなかったね。」
「旦那、口幅(くちはば)っとうはござりますが、目で見ますより聞く方が確(たしか)でござります。それに、それお通りだなどと、途中で皆がひそひそ遣ります処へ出会いますと、芬(ぷん)とな、何とも申されません匂が。……温泉から上りまして、梅の花をその……嗅(か)ぎますようで、はい。」
 座には今、その白梅よりやや淡青(うすあお)い、春の李(すもも)の薫(かおり)がしたろう。
 うっかり、ぷんと嗅いで、
「不躾(ぶしつ)け。」
 と思わずしゃべった。
「その香の好(よ)さと申したら、通りすがりの私どもさえ、寐(ね)しなに衣(き)ものを着換えましてからも、身うちが、ほんのりと爽(さわや)いで、一晩、極楽天上の夢を見たでござりますで。一つ部屋で、お傍にでも居ましたら、もう、それだけで、生命(いのち)も惜しゅうはござりますまい。まして、人間のしいなでも、そこは血気(ちのけ)の若い奴(やつ)でござります。死ぬのは本望でござりましたろうが、もし、それや、これやで、釜ヶ淵へ押(おっ)ぱまったでござりますよ。」
 お桂のちょっと振返った目と合って、欣七郎は肩越に按摩を見た。
「じゃあ、なにかその娘さんに、かかり合いでもあったのかね。」

       二

「飛んだ事を、お嬢さんは何も御存じではござりません。ただ、死にます晩の、その提灯(ちょうちん)の火を、お手ずから点(つ)けて遣わされただけでござります。」
 お桂はそのまま机に凭(よ)った、袖が直って、八口(やつくち)が美しい。
「その晩も、小一按摩が、御当家へ、こッつりこッつりと入りまして、お帳場へ、精霊棚(しょうりょうだな)からぶら下りましたように。――もっとももう時雨の頃で――その瓢箪(ひょうたん)頭を俯向(うつむ)けますと、(おい、霞の五番さんじゃ、今夜御療治はないぞ。)と、こちらに、年久しい、半助と云う、送迎(おくりむかえ)なり、宿引(やどひき)なり、手代なり、……頑固で、それでちょっと剽軽(ひょうきん)な、御存じかも知れません。威勢のいい、」
「あれだね。」
 と欣七郎が云うと、お桂は黙って頷(うなず)いた。
「半助がそう申すと、びしゃびしゃと青菜に塩になりましたっけが、(それでは外様(ほかさま)を伺います。)(ああ、行って来な。内じゃお座敷を廻らせないんだが、お前の事だ。)もっとも、(霞の五番さん)大島屋さんのお上さんの他(ほか)には、好んで揉(も)ませ人(て)はござりません。――どこをどう廻りましたか、宵に来た奴が十時過ぎ、船を漕(こ)いだものが故郷へ立帰ります時分に、ぽかんと帳場へ戻りまして、畏(かしこま)って、で、帰りがけに、(今夜は闇(やみ)でございます、提灯を一つ。)と申したそうで、(おい、来た。)村の衆が出入りの便宜同様に、気軽に何心なく出したげで。――ここがその、少々変な塩梅(あんばい)なのでござりまして、先が盲だとも、盲だからとも、乃至(ないし)、目あきでないとも、そんな事は一向心着かず……それには、ひけ頃で帳場もちょっとごたついていたでもござりましょうか。その提灯に火を点(とも)してやらなかったそうでござりますな。――後での話でござりますが。」
「おやおや、しかし、ありそうな事だ。」
「はい、その提灯を霞の五番へ持って参じました、小按摩が、逆戻りに。――(お桂様(さん)。)うちのものは、皆お心安だてにお名を申して呼んでおります。そこは御大家でも、お商人(あきんど)の難有(ありがた)さで、これがお邸(やしき)づら……」
 嚔(くしゃみ)の出損(でそこな)った顔をしたが、半間(はんま)に手を留めて、腸(はらわた)のごとく手拭(てぬぐい)を手繰り出して、蝦蟇口(がまぐち)の紐に搦(から)むので、よじって俯(うつ)むけに額を拭(ふ)いた。
 意味は推するに難くない。
 欣七郎は、金口(きんぐち)を点(つ)けながら、
「構わない構わない、俺も素町人だ。」
「いえ、そういうわけではござりませんが。――そのお桂様に、(暗闇(くらやみ)の心細さに、提灯を借りましたけれど、盲に何が見えると、帳場で笑いつけて火を貸しません、どうぞお慈悲……お情(なさけ)に。)と、それ、不具(かたわ)根性、僻(ひが)んだ事を申しますて。お上さんは、もうお床で、こう目をぱっちりと見てござったそうにござります。ところで、お娘ごは何の気なしに点けておやりになりました。――さて、霞から、ずっと参れば玄関へ出られますものを、どういうものか、廊下々々を大廻りをして、この……花から雪を掛けて千鳥に縫って出ましたそうで。……井菊屋のしるしはござりますが、陰気に灯(とも)して、暗い廊下を、黄色な鼠の霜げた小按摩が、影のように通ります。この提灯が、やがて、その夜中に、釜ヶ淵の上、土手の夜泣松の枝にさがって、小一は淵へ、巌(いわ)の上に革緒(かわお)の足駄ばかり、と聞いて、お一方(ひとかた)病人が出来ました。……」
「ああ、娘さんかね。」
「それは……いえ、お優しいお嬢様の事でござります……親しく出入をしたものが、身を投げたとお聞きなされば、可哀相――とは、……それはさ、思召したでござりましょうが、何の義理時宜(じんぎ)に、お煩いなさって可(よ)いものでござります。病みつきましたのは、雪にござった、独身の御老体で。……
 京阪地(かみがた)の方だそうで、長逗留(ながとうりゅう)でござりました。――カチリ、」
 と言った。按摩には冴(さ)えた音。
「カチリ、へへッへッ。」
 とベソを掻いた顔をする。
 欣七郎は引入れられて、
「カチリ?……どうしたい。」
「お簪(かんざし)が抜けて落ちました音で。」
「簪が?……ちょっと。」
 名は呼びかねつつ注意する。
「いいえ。」
 婀娜(あで)な夫人が言った。
「ええ、滅相な……奥方様、唯今ではござりません。その当時の事で。……上方(かみがた)のお客が宵寐(よいね)が覚めて、退屈さにもう一風呂と、お出かけなさる障子際へ、すらすらと廊下を通って、大島屋のお桂様が。――と申すは、唯今の花、このお座敷、あるいはお隣に当りましょうか。お娘ごには叔父ごにならっしゃる、富沢町さんと申して両国の質屋の旦(だん)が、ちょっと異(おつ)な寸法のわかい御婦人と御楽(おたのし)み、で、大(おおき)いお上さんは、苦い顔をしてござったれど、そこは、長唄のお稽古ともだちか何かで、お桂様は、その若いのと知合でおいでなさる。そこへ――ここへでござります……貴女(あなた)のお座敷は、その時は別棟、向うの霞で。……こちらへ遊びに見えました。もし、そのお帰りがけなのでござりますて。
 上方の御老体が、それなり開けると出会頭(であいがしら)になります。出口が次の間で、もう床の入りました座敷の襖(ふすま)は暗し、また雪と申すのが御存じの通り、当館切っての北国(ほっこく)で、廊下も、それは怪(け)しからず陰気だそうでござりますので、わしどもでも手さぐりでヒヤリとします。暗い処を不意に開けては、若いお娘ご、吃驚(びっくり)もなさろうと、ふと遠慮して立たっせえた。……お通りすがりが、何とも申されぬいい匂で、その香をたよりに、いきなり、横合の暗がりから、お白い頸(えり)へ噛(かじ)りついたものがござります。」……
「…………」
「声はお立てになりません、が、お桂様が、少し屈(かが)みなりに、颯(さっ)と島田を横にお振りなすった、その時カチリと音がしました。思わず、えへんと咳(せき)をして、御老体が覗(のぞ)いてござった障子の破れめへそのまま手を掛けて、お開けなさると、するりと向うへ、お桂様は庭の池の橋がかりの上を、両袖を合せて、小刻みにおいでなさる。蝙蝠(こうもり)だか、蜘蛛だか、奴(やっこ)は、それなり、その角の片側の寝具部屋(やぐべや)へ、ごそりとも言わず消えたげにござりますがな。
 確(たしか)に、カチリと、簪(かんざし)の落ちた音。お拾いなすった間もなかったがと、御老体はお目敏(めざと)い。……翌朝、気をつけて御覧なさると、欄干が取附けてござります、巌組(いわぐみ)へ、池から水の落口の、きれいな小砂利の上に、巌の根に留まって、きらきら水が光って、もし、小雨のようにさします朝晴の日の影に、あたりの小砂利は五色(ごしき)に見えます。これは、その簪の橘(たちばな)が蘂(しべ)に抱きました、真珠の威勢かにも申しますな。水は浅し、拾うのに仔細(しさい)なかったでございますれども、御老体が飛んだ苦労をなさいましたのは……夜具部屋から、膠々(にちゃにちゃ)粘々を筋を引いて、時なりませぬ蛞蝓(なめくじ)の大きなのが一匹……ずるずるとあとを輪取って、舐廻(なめまわ)って、ちょうど簪の見当の欄干の裏へ這込(はいこ)んだのが、屈んだ鼻のさきに見えました。――これには難儀をなすったげで。はい、もっとも、簪がお娘ごのお髪(ぐし)へ戻りましたについては、御老体から、大島屋のお上さんに、その辺のな、もし、従って、小按摩もそれとなくお遠ざけになったに相違ござりません、さ、さ、この上方の御仁(ごじん)でござりますよ。――あくる晩の夜ふけに、提灯を持った小按摩を見て、お煩いなさったのは。――御老体にして見れば、そこらの行(ゆき)がかり上、死際(しにぎわ)のめくらが、面当(つらあて)に形を顕(あら)わしたように思召しましたろうし、立入って申せば、小一の方でも、そのつもりでござりましたかも分りません。勿論、当のお桂様は、何事も御存じはないのでござります。第一、簪のカチリも、咳のえへんも、その御老体が、その後三度めにか四度めにか湯治にござって、(もう、あのお娘(こ)も、円髷(まるまげ)に結われたそうな。実は、)とこれから帳場へも、つい出入(でいり)のものへも知れ渡りましたでござります。――ところが、大島屋のお上さんはおなくなりなさいます、あとで、お嫁入など、かたがた、三年にも四年にも、さっぱりおいでがござりません。もっともお栄え遊ばすそうで。……ただ、もし、この頃も承りますれば、その上方の御老体は、今年当月も御湯治で、つい四五日(しごんち)あとにお立ちかえりだそうでござりますが。――ふと、その方が御覧になったら、今度のは御病気どころか、そのまま気絶をなさろうかも知れませぬ。
 ――夜泣松の枝へ、提灯を下げまして、この……旧暦の霜月、二十七日でござりますな……真の暗やみの薄明(うすあかり)に、しょんぼりと踞(かが)んでおります。そのむくみ加減といい、瓢箪頭のひしゃげました工合(ぐあい)、肩つき、そっくり正(しょう)のものそのままだと申すことで……現に、それ。」
「ええ。」
 お桂もぞッとしたように振向いて肩をすぼめた。
「わしどもが、こちらへ伺います途中でも、もの好きなのは、見て来た、見に行くと、高声で往来が騒いでいました。」

 謙斎のこの話の緒(いとぐち)も、はじめは、その事からはじまった。
 それ、谿川(たにがわ)の瀬、池水の調べに通(かよ)って、チャンチキ、チャンチキ、鉦入(かねい)りに、笛の音、太鼓の響(ひびき)が、流れつ、堰(せ)かれつ、星の静(しずか)な夜(よ)に、波を打って、手に取るごとく聞えよう。
 実は、この温泉の村に、新(あらた)に町制が敷かれたのと、山手(やまのて)に遊園地が出来たのと、名所に石の橋が竣成したのと、橋の欄干に、花電燈が点(つ)いたのと、従って景気が可(よ)いのと、儲(もうか)るのと、ただその一つさえ祭の太鼓は賑(にぎわ)うべき処に、繁昌(はんじょう)が合奏(オオケストラ)を演(や)るのであるから、鉦は鳴す、笛は吹く、続いて踊らずにはいられない。
 何年めかに一度という書入れ日がまた快晴した。
 昼は屋台が廻って、この玄関前へも練込んで来て、芸妓連(げいしゃれん)は地に並ぶ、雛妓(おしゃく)たちに、町の小女(こおんな)が交(まじ)って、一様の花笠で、湯の花踊と云うのを演(や)った。屋台のまがきに、藤、菖蒲(あやめ)、牡丹(ぼたん)の造り花は飾ったが、その紅紫の色を奪って目立ったのは、膚脱(はだぬぎ)の緋(ひ)より、帯の萌葱(もえぎ)と、伊達巻の鬱金(うこん)縮緬(ちりめん)で。揃って、むら兀(はげ)の白粉(おしろい)が上気して、日向(ひなた)で、むらむらと手足を動かす形は、菜畠(なばたけ)であからさまに狐が踊った。チャンチキ、チャンチキ、田舎の小春の長閑(のどけ)さよ。
 客は一統、女中たち男衆(おとこしゅ)まで、挙(こぞ)って式台に立ったのが、左右に分れて、妙に隅を取って、吹溜(ふきだま)りのように重(かさな)り合う。真中(まんなか)へ拭込(ふきこ)んだ大廊下が通って、奥に、霞へ架けた反橋(そりはし)が庭のもみじに燃えた。池の水の青く澄んだのに、葉ざしの日加減で、薄藍(うすあい)に、朧(おぼろ)の銀に、青い金に、鯉の影が悠然と浮いて泳いで、見ぶつに交った。ひとりお桂さんの姿を、肩を、褄(つま)を、帯腰を、彩ったものであった。
 この夫婦は――新婚旅行の意味でなく――四五年来、久しぶりに――一昨日温泉へ着いたばかりだが、既に一週間も以前から、今日の祝日の次第、献立書(がき)が、処々(ところどころ)、紅(くれない)の二重圏点つきの比羅(びら)になって、辻々、塀、大寺の門、橋の欄干に顕(あら)われて、芸妓(げいしゃ)の屋台囃子(やたいばやし)とともに、最も注意を引いたのは、仮装行列の催(もよおし)であった。有志と、二重圏点、かさねて、飛入勝手次第として、祝賀委員が、審議の上、その仮装の優秀なるものには、三等まで賞金美景を呈すとしたのに、読者も更(あらた)めて御注意を願いたい。
 だから、踊屋台の引いて帰る囃子の音に誘われて、お桂が欣七郎とともに町に出た時は、橋の上で弁慶に出会い、豆府屋から出る緋縅(ひおどし)の武者を見た。床屋の店に立掛(たちかか)ったのは五人男の随一人、だてにさした尺八に、雁(かり)がねと札を着けた。犬だって浮かれている。石垣下には、鶩(あひる)が、がいがいと鳴立てた、が、それはこの川に多い鶺鴒(せきれい)が、仮装したものではない。
 泰西の夜会の例に見ても、由来仮装は夜のものであるらしい。委員と名のる、もの識(しり)が、そんな事は心得た。行列は午後五時よりと、比羅に認(したた)めてある。昼はかくれて、不思議な星のごとく、颯(さっ)と夜(よ)の幕を切って顕(あらわ)れる筈(はず)の処を、それらの英雄侠客(きょうかく)は、髀肉(ひにく)の歎(たん)に堪えなかったに相違ない。かと思えば、桶屋(おけや)の息子の、竹を削って大桝形(おおますがた)に組みながら、せっせと小僧に手伝わして、しきりに紙を貼(は)っているのがある。通りがかりの馬方と問答する。「おいらは留(や)めようと思ったが、この景気じゃあ、とても引込(ひっこ)んでいられない。」「はあ、何に化けるね。」「凧(たこ)だ……黙っていてくれよ。おいらが身体(からだ)をそのまま大凧に張って飛歩行(とびある)くんだ。両方の耳にうなりをつけるぜ。」「魂消(たまげ)たの、一等賞ずらえ。」「黙っててくんろよ。」馬がヒーンと嘶(いなな)いた。この馬が迷惑した。のそりのそりと歩行(ある)き出すと、はじめ、出会ったのは緋縅の武者で、続いて出たのは雁がね、飛んで来たのは弁慶で、争って騎(の)ろうとする。揉(も)みに揉んで、太刀と長刀(なぎなた)が左右へ開いて、尺八が馬上に跳返った。そのかわり横田圃(よこたんぼ)へ振落された。
 ただこのくらいな間(ま)だったが――山の根に演芸館、花見座の旗を、今日はわけて、山鳥のごとく飜した、町の角の芸妓屋(げいしゃや)の前に、先刻の囃子屋台が、大(おおき)な虫籠(むしかご)のごとくに、紅白の幕のまま、寂寞(せきばく)として据(すわ)って、踊子の影もない。はやく町中(まちなか)、一練(ひとねり)は練廻って剰(あま)す処がなかったほど、温泉の町は、さて狭いのであった。やがて、新造の石橋で列を造って、町を巡(まわ)りすました後では、揃ってこの演芸館へ練込んで、すなわち放楽の乱舞となるべき、仮装行列を待顔に、掃清(はききよ)められた状(さま)のこのあたりは、軒提灯(のきぢょうちん)のつらなった中に、かえって不断より寂しかった。
 峰の落葉が、屋根越に――
 日蔭の冷い細流(せせらぎ)を、軒に流して、ちょうどこの辻の向角(むこうかど)に、二軒並んで、赤毛氈(あかもうせん)に、よごれ蒲団(ぶとん)を継(つぎ)はぎしたような射的店(しゃてきみせ)がある。達磨(だるま)落し、バットの狙撃(そげき)はつい通りだが、二軒とも、揃って屋根裏に釣った幽霊がある。弾丸(たま)が当ると、ガタリざらざらと蛇腹に伸びて、天井から倒(さかさま)に、いずれも女の幽霊が、ぬけ上った青い額と、縹色(はなだいろ)の細い頤(あご)を、ひょろひょろ毛から突出して、背筋を中反りに蜘蛛(くも)のような手とともに、ぶらりと下る仕掛けである。
「可厭(いや)な、あいかわらずね……」
 お桂さんが引返そうとした時、歩手前(あしてまえ)の店のは、白張(しらはり)の暖簾(のれん)のような汚れた天蓋(てんがい)から、捌髪(さばきがみ)の垂れ下った中に、藍色の片頬(かたほ)に、薄目を開けて、片目で、置据えの囃子屋台を覗(のぞ)くように見ていたし、先隣(さきどなり)なのは、釣上げた古行燈(ふるあんどん)の破(やぶれ)から、穴へ入ろうとする蝮(まむし)の尾のように、かもじの尖(さき)ばかりが、ぶらぶらと下っていた。
 帰りがけには、武蔵坊(むさしぼう)も、緋縅も、雁がねも、一所に床屋の店に見た。が、雁がねの臆面(おくめん)なく白粉を塗りつつ居たのは言うまでもなかろう。
 ――小一按摩のちびな形が、現に、夜泣松の枝の下へ、仮装の一個(ひとつ)として顕(あらわ)れている――
 按摩の謙斎が、療治しつつ欣七郎に話したのは――その夜、食後の事なのであった。

       三

「半助さん、半助さん。」
 すらすらと、井菊の広い帳場の障子へ、姿を見せたのはお桂さんである。
 あの奥の、花の座敷から来た途中は――この家(や)での北国だという――雪の廊下を通った事は言うまでもない。
 カチリ……
 ハッと手を挙げて、珊瑚(さんご)の六分珠(ろくぶだま)をおさえながら、思わず膠(にかわ)についたように、足首からむずむずして、爪立ったなり小褄(こづま)を取って上げたのは、謙斎の話の舌とともに、蛞蝓(なめくじ)のあとを踏んだからで、スリッパを脱ぎ放しに釘でつけて、身ぶるいをして衝(つ)と抜いた。湯殿から蒸しかかる暖い霧も、そこで、さっと肩に消えて、池の欄干を伝う、緋鯉(ひごい)の鰭(ひれ)のこぼれかかる真白(まっしろ)な足袋はだしは、素足よりなお冷い。で……霞へ渡る反橋(そりばし)を視(み)れば、そこへ島田に結った初々しい魂が、我身を抜けて、うしろ向きに、気もそぞろに走る影がして、ソッと肩をすぼめたなりに、両袖を合せつつ呼んだのである。
「半助さん……」ここで踊屋台を視(み)た、昼の姿は、鯉を遊ばせた薄(うす)もみじのさざ波であった。いまは、その跡を慕って大鯰(おおなまず)が池から雫(しずく)をひたひたと引いて襲う気勢(けはい)がある。

 謙斎の話は、あれからなお続いて、小一の顕われた夜泣松だが、土地の名所の一つとして、絵葉書で売るのとは場所が違う。それは港街道の路傍(みちばた)の小山の上に枝ぶりの佳いのを見立てたので。――真の夜泣松は、汽車から来る客たちのこの町へ入る本道に、古い石橋の際に土をあわれに装(も)って、石地蔵が、苔蒸(こけむ)し、且つ砕けて十三体。それぞれに、樒(しきみ)、線香を手向けたのがあって、十三塚と云う……一揆(いっき)の頭目でもなし、戦死をした勇士でもない。きいても気の滅入(めい)る事は、むかし大饑饉(おおききん)の年、近郷から、湯の煙を慕って、山谷(さんこく)を這出(はいで)て来た老若男女(ろうにゃくなんにょ)の、救われずに、菜色して餓死した骨を拾い集めて葬ったので、その塚に沿った松なればこそ、夜泣松と言うのである。――昼でも泣く。――仮装した小按摩の妄念は、その枝下、十三地蔵とは、間に水車の野川が横に流れて石橋の下へ落ちて、香都良川へ流込む水筋を、一つ跨(また)いだ処に、黄昏(たそがれ)から、もう提灯を釣(つる)して、裾(すそ)も濡れそうに、ぐしゃりと踞(しゃが)んでいる。
 今度出来た、谷川に架けた新石橋は、ちょうど地蔵の斜向(すじむか)い。でその橋向うの大旅館の庭から、仮装は約束のごとく勢揃をして、温泉の町へ入ったが、――そう云ってはいかがだけれど、饑饉年(どし)の記念だから、行列が通るのに、四角な行燈(あんどん)も肩を円くして、地蔵前を半輪(はんわ)によけつつ通った。……そのあとへ、人魂(ひとだま)が一つ離れたように、提灯の松の下、小按摩の妄念は、列の中へ加わらずに孤影□然(けいぜん)として残っている。……
 ぬしは分らない、仮装であるから。いずれ有志の一人と、仮装なかまで四五人も誘ったが、ちょっと手を引張(ひっぱ)っても、いやその手を引くのが不気味なほど、正(しょう)のものの身投げ按摩で、びくとも動かないでいる。……と言うのであった。
 ――これを云った謙斎は、しかし肝心な事を言いわすれた、あとで分ったが、誘うにも、同行を促すにも、なかまがこもごも声を掛けたのに、小按摩は、おくびほども口を利かない。「ぴい、ぷう。」舌のかわりに笛を。「ぴいぷう」とただ笛を吹いた。――

 半ば聞ずてにして、すっと袖の香とともに、花の座敷を抜けた夫人は、何よりも先にその真偽のほどを、――そんな事は遊びずきだし一番明(あかる)い――半助に、あらためて聞こうとした。懸念に処する、これがお桂のこの場合の第一の手段であったが。……
 居ない。
「おや、居ないの。」
 一層袖口を引いて襟冷く、少しこごみ腰に障子の小間(こま)から覗くと、鉄の大火鉢ばかり、誰も見えぬ。
「まあ。」
 式台わきの横口にこう、ひょこりと出るなり、モオニングのひょろりとしたのが、とまずシルクハットを取って高慢に叩頭(おじぎ)したのは……
「あら。」
 附髯(つけひげ)をした料理番。並んで出たのは、玄関下足番の好男子で、近頃夢中になっているから思いついた、頭から顔一面、厚紙を貼って、胡粉(ごふん)で潰(つぶ)した、不断女の子を悩ませる罪滅しに、真赤(まっか)に塗った顔なりに、すなわちハアトの一(ワン)である。真赤な中へ、おどけて、舌を出しておじぎをした。
「可厭(いや)だ。……ちょいと、半助さんは。」
「あいつは、もう。」
 揃って二人ともまたおじぎをして、
「昼間っから行方知れずで。」
 と口々に云う処へ、チャンチキ、チャンチキ、どどどん、ヒューラが、直ぐそこへ。――女中の影がむらむらと帳場へ湧(わ)く、客たちもぞろぞろ出て来る。……血の道らしい年増の女中が、裾長(すそなが)にしょろしょろしつつ、トランプの顔を見て、目で嬌態(しな)をやって、眉をひそめながら肩でよれついたのと、入交(いれまじ)って、門際へどっと駈出(かけだ)す。
 夫人も、つい誘われて門(かど)へ立った。
 高張(たかはり)、弓張(ゆみはり)が門の左右へ、掛渡した酸漿提灯(ほおずきぢょうちん)も、燦(ぱっ)と光が増したのである。
 桶屋(おけや)の凧(たこ)は、もう唸(うな)って先へ飛んだろう。馬二頭が、鼻あらしを霜夜にふつふつと吹いて曳(ひ)く囃子屋台を真中(まんなか)に、磽□(こうかく)たる石ころ路(みち)を、坂なりに、大師道(みち)のいろはの辻のあたりから、次第さがりに人なだれを打って来た。弁慶の長刀(なぎなた)が山鉾(やまぼこ)のように、見える、見える。御曹子(おんぞうし)は高足駄、おなじような桃太郎、義士の数が三人ばかり。五人男が七人居て、雁(かり)がねが三羽揃った。……チャンチキ、チャンチキ、ヒューラと囃(はや)して、がったり、がくり、列も、もう乱れ勝(がち)で、昼の編笠をてこ舞に早がわりの芸妓(げいしゃ)だちも、微酔(ほろよい)のいい機嫌。青い髯(ひげ)も、白い顔も、紅(べに)を塗ったのも、一斉にうたうのは鰌(どじょう)すくいの安来節(やすぎぶし)である。中にぶッぶッぶッぶッと喇叭(らっぱ)ばかり鳴すのは、――これはどこかの新聞でも見た――自動車のつくりものを、腰にはめて行(ゆ)くのである。
 時に、井菊屋はほとんど一方の町はずれにあるから、村方へこぼれた祝場(いわいば)を廻り済(すま)して、行列は、これから川向(かわむこう)の演芸館へ繰込むのの、いまちょうど退汐時(ひきしおどき)。人は一倍群ったが、向側が崖沿(がけぞい)の石垣で、用水の流(ながれ)が急激に走るから、推(お)されて蹈(ふみ)はずす憂(うれい)があるので、群集は残らず井菊屋の片側に人垣を築いたため、背後(うしろ)の方の片袖の姿斜めな夫人の目には、山から星まじりに、祭屋台が、人の波に乗って、赤く、光って流れた。
 その影も、灯(ともしび)も、犬が三匹ばかり、まごまご殿(しんがり)しながらついて、川端の酸漿提灯の中へぞろぞろと黒くなって紛れたあとは、彳(たたず)んで見送る井菊屋の人たちばかり。早や内へ入るものがあって、急に寂しくなったと思うと、一足後(おく)れて、暗い坂から、――異形(いぎょう)なものが下りて来た。
 疣々(いぼいぼ)打った鉄棒(かなぼう)をさし荷(にな)いに、桶屋も籠屋(かごや)も手伝ったろう。張抜(はりぬき)らしい真黒(まっくろ)な大釜(おおがま)を、蓋(ふた)なしに担いだ、牛頭(ごず)、馬頭(めず)の青鬼、赤鬼。青鬼が前へ、赤鬼が後棒(あとぼう)で、可恐(おそろ)しい面を被(かぶ)った。縫いぐるみに相違ないが、あたりが暗くなるまで真に迫った。……大釜の底にはめらめらと真赤(まっか)な炎を彩って燃(もや)している。
 青鬼が、
「ぼうぼう、ぼうぼう、」
 赤鬼が、
「ぐらッぐらッ、ぐらッぐらッ。」
 と陰気な合言葉で、国境の連山を、黒雲に背負(しょ)って顕(あらわ)れた。
 青鬼が、
「ぼうぼう、ぼうぼう、」
 赤鬼が、
「ぐらッぐらッ、ぐらッぐらッ。」
 よくない洒落(しゃれ)だ。――が、訳がある。……前に一度、この温泉町(ゆのまち)で、桜の盛(さかり)に、仮装会を催した事があった。その時、墓を出た骸骨(がいこつ)を装って、出歯(でっぱ)をむきながら、卒堵婆(そとば)を杖について、ひょろひょろ、ひょろひょろと行列のあとの暗がりを縫って歩行(ある)いて、女小児(こども)を怯(おび)えさせて、それが一等賞になったから。……
 地獄の釜も、按摩の怨念(おんねん)も、それから思着いたものだと思う。一国の美術家でさえ模倣を行(や)る、いわんや村の若衆(わかしゅ)においてをや、よくない真似をしたのである。
「ぼうぼう、ぼうぼう。」
「ぐらッぐらッ、ぐらッぐらッ。」
「あら、半助だわ。」
 と、ひとりの若い女中が言った。
 石を、青と赤い踵(かかと)で踏んで抜けた二頭の鬼が、後(うしろ)から、前を引いて、ずしずしずしと小戻りして、人立(ひとだち)の薄さに、植込の常磐木(ときわぎ)の影もあらわな、夫人の前へ寄って来た。
 赤鬼が最も著しい造声(つくりごえ)で、
「牛頭(ごず)よ、牛頭よ、青牛よ。」
「もうー、」
 と牛の声で応じたのである。
「やい、十三塚にけつかる、小按摩な。」
「もう。」
「これから行って、釜へ打込(ぶちこ)め。」
「もう。」
「そりゃ――歩(あゆ)べい。」
「もう。」
「ああ、待って。」
 お桂さんは袖を投げて一歩(ひとあし)して、
「待って下さいな。」
 と釜のふちを白い手で留めたと思うと、
「お熱々(つつ)。」
 と退(すさ)って耳を圧(おさ)えた。わきあけも、襟も、乱るる姿は、電燭(でんき)の霜に、冬牡丹(ふゆぼたん)の葉ながらくずるるようであった。

       四

「小一さん、小一さん。」
 たとえば夜の睫毛(まつげ)のような、墨絵に似た松の枝の、白張(しらはり)の提灯は――こう呼んで、さしうつむいたお桂の前髪を濃く映した。
 婀娜(あだ)にもの優しい姿は、コオトも着ないで、襟に深く、黒に紫の裏すいた襟巻をまいたまま、むくんだ小按摩の前に立って、そと差覗(さしのぞ)きながら言ったのである。
 褄(つま)が幻のもみじする、小流(こながれ)を横に、その一条(ひとすじ)の水を隔てて、今夜は分けて線香の香の芬(ぷん)と立つ、十三地蔵の塚の前には外套(がいとう)にくるまって、中折帽(なかおれぼう)を目深(まぶか)く、欣七郎が杖(ステッキ)をついて彳(たたず)んだ。
(――実は、彼等が、ここに夜泣松の下を訪れたのは、今夜これで二度めなのであった――)
 はじめに。……話の一筋が歯に挟(はさま)ったほどの事だけれど、でも、その不快について処置をしたさに、二人が揃って、祭の夜(よ)を見物かたがた、ここへ来た時は。……「何だ、あの謙斎か、按摩め。こくめいで律儀らしい癖に法螺(ほら)を吹いたな。」そこには松ばかり、地蔵ばかり、水ばかり、何の影も見えなかった。空の星も晃々(きらきら)として、二人の顔も冴々(さえざえ)と、古橋を渡りかけて、何心なく、薬研(やげん)の底のような、この横流(よこながれ)の細滝に続く谷川の方を見ると、岸から映るのではなく、川瀬に提灯が一つ映った。
 土地を知った二人が、ふとこれに心を取られて、松の方(かた)へ小戻りして、向合った崖縁に立って、谿河(たにがわ)を深く透かすと、――ここは、いまの新石橋が架(かか)らない以前に、対岸から山伝いの近道するのに、樹の根、巌角(いわかど)を絶壁に刻んだ径(こみち)があって、底へ下りると、激流の巌から巌へ、中洲の大巌で一度中絶えがして、板ばかりの橋が飛々(とびとび)に、一煽(ひとあお)り飜って落つる白波のすぐ下流は、たちまち、白昼も暗闇(やみ)を包んだ釜ヶ淵なのである。
 そのほとんど狼の食い散(ちら)した白骨のごとき仮橋の上に、陰気な暗い提灯の一つ灯(び)に、ぼやりぼやりと小按摩が蠢(うご)めいた。
 思いがけない事ではない。二人が顔を見合せながら、目を放さず、立つうちに、提灯はこちらに動いて、しばらくして一度、ふわりと消えた。それは、巌(いわ)の根にかくれたので、やがて、縁日ものの竜燈のごとく、雑樹(ぞうき)の梢(こずえ)へかかった。それは崖へ上って街道へ出たのであった。
 ――その時は、お桂の方が、衝(つ)と地蔵の前へ身を躱(かわ)すと、街道を横に、夜泣松の小按摩の寄る処を、
「や、御趣向だなあ。」と欣七郎が、のっけに快活に砕けて出て、
「疑いなしだ、一等賞。」
 小按摩は、何も聞かない振(ふり)をして、蛙(かわず)が手を□(もが)くがごとく、指で捜(さぐ)りながら、松の枝に提灯を釣すと、謙斎が饒舌(しゃべ)った約束のごとく、そのまま、しょぼんと、根に踞(かが)んで、つくばい立(だち)の膝の上へ、だらりと両手を下げたのであった。
「おい。一等賞君、おい一杯飲もう。一所に来たまえ。」
 その時だ。
「ぴい、ぷう。」
 笛を銜(くわ)えて、唇を空ざまに吹上げた。
「分ったよ、一等賞だよ。」
「ぴい、ぷう。」
「さ、祝杯を上げようよ。」
「ぴい、ぷう。」
 空嘯(そらうそぶ)いて、笛を鳴す。
 夫人が手招きをした。何が故に、そのうしろに竜女の祠(ほこら)がないのであろう、塚の前に面影に立った。
「ちえッ」舌うちとともに欣七郎は、強情、我慢、且つ執拗(しつよう)な小按摩を見棄てて、招かれた手と肩を合せた、そうして低声(こごえ)をかわしかわし、町の祭の灯(ともしび)の中へ、並んでスッと立去った。
「ぴい、ぷう。……」

「小一さん。」
 しばらくして、引返して二人来た時は、さきにも言った、欣七郎が地蔵の前に控えて、夫人自ら小按摩に対したのである。
「ぴい、ぷう。」
「小一さん。」
「ぴい、ぷう。」
「大島屋の娘はね、幽霊になってしまったのよ。」
 と一歩(ひとあし)ひきさま、暗い方に隠れて待った、あの射的店の幽霊を――片目で覗いていた方のである――竹棹(たけざお)に結(ゆわ)えたなり、ずるりと出すと、ぶらりと下って、青い女が、さばき髪とともに提灯を舐(な)めた。その幽霊の顔とともに、夫人の黒髪、びん掻(かき)に、当代の名匠が本質(きじ)へ、肉筆で葉を黒漆(くろうるし)一面に、緋(ひ)の一輪椿の櫛(くし)をさしたのが、したたるばかり色に立って、かえって打仰いだ按摩の化ものの真向(まっこう)に、一太刀、血を浴びせた趣があった。
「一所に、おいでなさいな、幽霊と。」
 水ぶくれの按摩の面(おもて)は、いちじくの実の腐れたように、口をえみわって、ニヤリとして、ひょろりと立った。
 お桂さんの考慮(かんがえ)では、そうした……この手段を選んで、小按摩を芸妓屋(げいしゃや)町の演芸館。……仮装会の中心点へ送込もうとしたのである。そうしてしまえば、ねだ下、天井裏のばけものまでもない……雨戸の外の葉裏にいても気味の悪い芋虫を、銀座の真中(まんなか)へ押放(おっぱな)したも同然で、あとは、さばさばと寐覚(ねざめ)が可(い)い。
 ……思いつきで、幽霊は、射的店で借りた。――欣七郎は紳士だから、さすがにこれは阻(はば)んだので、かけあいはお桂さんが自分でした。毛氈(もうせん)に片膝のせて、「私も仮装をするんですわ。」令夫人といえども、下町娘(したまちッこ)だから、お祭り気は、頸脚(えりあし)に幽(かすか)な、肌襦袢(はだじゅばん)ほどは紅(くれない)に膚(はだ)を覗(のぞ)いた。……
 もう容易(たやす)い。……つくりものの幽霊を真中(まんなか)に、小按摩と連立って、お桂さんが白木の両ぐりを町に鳴すと、既に、まばらに、消えたのもあり、消えそうなのもある、軒提灯の蔭を、つかず離れず、欣七郎が護(まも)って行(ゆ)く。
 芸妓屋町へ渡る橋手前へ、あたかも巨寺(おおでら)の門前へ、向うから渡る地蔵の釜(かま)。
「ぼうぼう、ぼうぼう。」
「ぐらッぐらッ、ぐらッぐらッ。」
「や、小按摩が来た……出掛けるには及ばぬわ、青牛よ。」
「もう。」
 と、吠(ほ)える。
「ぴい、ぷう。」
「ぼうぼう、ぼうぼう。」
「ぐらッぐらッ、ぐらッぐらッ。」
 そこで、一行異形のものは、鶩(あひる)の夢を踏んで、橋を渡った。
 鬼は、お桂のために心を配って来たらしい。
 演芸館の旗は、人の顔と、頭との中に、電飾に輝いた。……町の角から、館の前の広場へひしと詰(つま)って、露台に溢(あふ)れたからである。この時は、軒提灯のあと始末と、火の用心だけに家々に残ったもののほか、町を挙げてここへ詰掛けたと言って可(い)い。
 そのかわり、群集の一重(ひとえ)うしろは、道を白く引いて寂然(しん)としている。
「おう、お嬢さん……そいつを持ちます、俺の役だ。」
 赤鬼は、直ちに半助の地声であった。
 按摩の頭は、提灯とともに、人垣の群集の背後(うしろ)についた。
「もう、要らないわ、此店(ここ)へ返して、ね。」
 と言った。
「青牛よ。」
「もう。」
「生白い、いい肴(さかな)だ。釜で煮べい。」
「もう。」
 館の電飾が流るるように、町並の飾竹が、桜のつくり枝とともに颯(さっ)と鳴った。更けて山颪(やまおろし)がしたのである。
 竹を掉抜(ふるいぬ)きに、たとえば串から倒(さかさ)に幽霊の女を釜の中へ入れようとした時である。砂礫(すなつぶて)を捲(ま)いて、地を一陣の迅(と)き風がびゅうと、吹添うと、すっと抜けて、軒を斜(ななめ)に、大屋根の上へ、あれあれ、もの干を離れて、白帷子(しろかたびら)の裾(すそ)を空に、幽霊の姿は、煙筒(えんとつ)の煙が懐手をしたように、遥(はるか)に虚空へ、遥に虚空へ――
 群集はもとより、立溢(たちあふ)れて、石の点頭(うなず)くがごとく、踞(かが)みながら視(み)ていた、人々は、羊のごとく立って、あッと言った。
 小一按摩の妄念も、人混(ひとごみ)の中へ消えたのである。

       五

 土地の風説に残り、ふとして、浴客の耳に伝うる処は……これだけであろうと思う。
 しかし、少し余談がある。とにかく、お桂さんたちは、来た時のように、一所に二人では帰らなかった。――

 風に乗って、飛んで、宙へ消えた幽霊のあと始末は、半助が赤鬼の形相のままで、蝙蝠(バット)を吹かしながら、射的店へ話をつけた。此奴(こいつ)は褌(ふんどし)にするため、野良猫の三毛を退治(たいじ)て、二月越(ふたつきごし)内証(ないしょ)で、もの置(おき)で皮を乾(ほ)したそうである。
 笑話の翌朝は、引続き快晴した。近山裏の谷間には、初茸(はつたけ)の残り、乾(から)びた占地茸(しめじ)もまだあるだろう、山へ行く浴客も少くなかった。
 お桂さんたちも、そぞろ歩行(ある)きした。掛稲(かけいね)に嫁菜の花、大根畑に霜の濡色も暖い。
 畑中の坂の中途から、巨刹(おおでら)の峰におわす大観音に詣でる広い道が、松の中を上(のぼ)りになる山懐(やまふところ)を高く蜒(うね)って、枯草葉の径(こみち)が細く分れて、立札の道しるべ。歓喜天御堂、と指(ゆびさ)して、……福徳を授け給う……と記してある。
「福徳って、お金ばかりじゃありませんわ。」
 欣七郎は朝飯(あさはん)前の道がものういと言うのに、ちょいと軽い小競合(こぜりあい)があったあとで、参詣(おまいり)の間を一人待つ事になった。
「ここを、……わきへ去(い)っては可厭(いや)ですよ……一人ですから。」
 お桂さんは勢(いきおい)よく乾いた草を分けて攀(よ)じ上った。欣七郎の目に、その姿が雑樹(ぞうき)に隠れた時、夫人の前には再びやや急な石段が顕(あら)われた。軽く喘(あえ)いで、それを上ると、小高い皿地の中窪みに、垣も、折戸もない、破屋(あばらや)が一軒あった。
 出た、山の端(は)に松が一樹。幹のやさしい、そこの見晴しで、ちょっと下に待つ人を見ようと思ったが、上って来た方は、紅甍(こうぼう)[#ルビの「こうぼう」は底本では「こうばう」]と粉壁(ふんぺき)と、そればかりで夫は見えない。あと三方はまばらな農家を一面の畑の中に、弘法大師[#「弘法大師」は底本では「引法大師」]奥の院、四十七町いろは道が見えて、向うの山の根を香都良川が光って流れる。わきへ引込んだ、あの、辻堂の小さく見える処まで、昨日、午(ひる)ごろ夫婦(ふたり)で歩行(ある)いた、――かえってそこに、欣七郎の中折帽が眺められるようである。

 ああ、今朝もそのままな、野道を挟んだ、飾竹に祭提灯の、稲田ずれに、さらさらちらちらと風に揺れる処で、欣七郎が巻煙草(まきたばこ)を出すと、燐寸(マッチ)を忘れた。……道の奥の方から、帽子も被(かぶ)らないで、土地のものらしい。霜げた若い男が、蝋燭(ろうそく)を一束買ったらしく、手にして来たので、湯治場の心安さ、遊山(ゆさん)気分で声を掛けた。
「ちょいと、燐寸はありませんか。」
 ぼんやり立停(たちどま)って、二人を熟(じっ)と視(み)て、
「はい、私(わし)どもの袂(たもと)には、あっても人魂(ひとだま)でしてな。」
 すたすたと分れたのが、小上(このぼ)りの、畦(あぜ)を横に切れて入った。
「坊主らしいな。……提灯の蝋燭を配るのかと思ったが。」
 俗ではあったが、うしろつきに、欣七郎がそう云った。
 そう言った笑顔に。――自分が引添うているようで、現在(いま)、朝湯の前でも乳のほてり、胸のときめきを幹でおさえて、手を遠見に翳(かざ)すと、出端(でばな)のあし許(もと)の危(あやう)さに、片手をその松の枝にすがった、浮腰を、朝風が美しく吹靡(ふきなび)かした。
 しさって褄(つま)を合せた、夫に対する、若き夫人の優しい身だしなみである。
 まさか、この破屋に、――いや、この松と、それより梢(こずえ)の少し高い、対(つい)の松が、破屋の横にややまた上坂(のぼりざか)の上にあって、根は分れつつ、枝は連理に連(つらな)った、濃い翠(みどり)の色越(いろごし)に、額を捧げて御堂がある。
 夫人は衣紋(えもん)を直しつつ近着いた。
 近づくと、
「あッ、」
 思わず、忍音(しのびね)を立てた――見透(みすか)す六尺ばかりの枝に、倒(さかさま)に裾を巻いて、毛を蓬(おどろ)に落ちかかったのは、虚空に消えた幽霊である。と見ると顔が動いた、袖へ毛だらけの脚が生え、脇腹の裂目に獣の尾の動くのを、狐とも思わず、気は確(たしか)に、しかと犬と見た。が、人の香を慕ったか、そばえて幽霊を噛(か)みちらし、まつわり振った、そのままで、裾を曳(ひ)いて、ずるずると寄って来るのに、はらはらと、慌(あわただ)しく踵(きびす)を返すと、坂を落ち下りるほどの間(ま)さえなく、帯腰へ疾(と)く附着(くッつ)いて、ぶるりと触るは、髪か、顔か。
 花の吹雪に散るごとく、裾も袖も輪に廻って、夫人は朽ち腐れた破屋の縁へ飛縋(とびすが)った。
「誰か、誰方(どなた)か、誰方か。」
「うう、うう。」
 と寝惚声(ねぼけごえ)して、破障子(やぶれしょうじ)[#ルビの「しょうじ」は底本では「しやうじ」]を開けたのは、頭も、顔も、そのままの小一按摩の怨念であった。
「あれえ。」
 声は死んで、夫人は倒れた。
 この声が聞えるのには間遠(まどお)であった。最愛最惜の夫人の、消息の遅さを案じて、急心(せきごころ)に草を攀(よ)じた欣七郎は、歓喜天の御堂より先に、たとえば孤屋(ひとつや)の縁外(えんそと)の欠けた手水鉢(ちょうずばち)に、ぐったりと頤(あご)をつけて、朽木の台にひざまずいて縋った、青ざめた幽霊を見た。
 横ざまに、杖(ステッキ)で、敲(たた)き払った。が、人気勢(ひとげはい)のする破障子(やれしょうじ)を、及腰(およびごし)に差覗(さしのぞ)くと、目よりも先に鼻を撲(う)った、このふきぬけの戸障子にも似ず、したたかな酒の香である。
 酒ぎらいな紳士は眉をひそめて、手巾(ハンケチ)で鼻を蔽(おお)いながら、密(そっ)と再び覗(のぞ)くと斉(ひと)しく、色が変って真蒼(まっさお)になった。
 竹の皮散り、貧乏徳利の転(ころが)った中に、小一按摩は、夫人に噛(かじ)りついていたのである。
 読む方は、筆者が最初に言ったある場合を、ごく内端(うちわ)に想像さるるが可(い)い。

 小一に仮装したのは、この山の麓(ふもと)に、井菊屋の畠の畑つくりの老僕と日頃懇意な、一人棲(ひとりずみ)の堂守であった。
大正十四(一九二五)年三月



ページジャンプ
青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:46 KB

担当:undef