弥次行
[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:泉鏡花 

 今(いま)は然(さ)る憂慮(きづかひ)なし。大塚(おほつか)より氷川(ひかは)へ下(お)りる、たら/\坂(ざか)は、恰(あたか)も芳野世經氏宅(よしのせいけいしたく)の門(もん)について曲(まが)る、昔(むかし)は辻斬(つじぎり)ありたり。こゝに幽靈坂(いうれいざか)、猫又坂(ねこまたざか)、くらがり坂(ざか)など謂(い)ふあり、好事(かうず)の士(し)は尋(たづ)ぬべし。田圃(たんぼ)には赤蜻蛉(あかとんぼ)、案山子(かゝし)、鳴子(なるこ)などいづれも風情(ふぜい)なり。天(てん)麗(うらゝ)かにして其(その)幽靈坂(いうれいざか)の樹立(こだち)の中(なか)に鳥(とり)の聲(こゑ)す。句(く)になるね、と知(し)つた振(ふり)をして聲(こゑ)を懸(か)くれば、何(なに)か心得(こゝろえ)たる樣子(やうす)にて同行(どうかう)の北八(きたはち)は腕組(うでぐみ)をして少時(しばらく)默(だま)る。
 氷川神社(ひかはじんじや)を石段(いしだん)の下(した)にて拜(をが)み、此宮(このみや)と植物園(しよくぶつゑん)の竹藪(たけやぶ)との間(あひだ)の坂(さか)を上(のぼ)りて原町(はらまち)へ懸(かゝ)れり。路(みち)の彼方(あなた)に名代(なだい)の護謨(ごむ)製造所(せいざうしよ)のあるあり。職人(しよくにん)眞黒(まつくろ)になつて働(はたら)く。護謨(ごむ)の匂(にほひ)面(おもて)を打(う)つ。通(とほ)り拔(ぬ)ければ木犀(もくせい)の薫(かをり)高(たか)き横町(よこちやう)なり。これより白山(はくさん)の裏(うら)に出(い)でて、天外君(てんぐわいくん)の竹垣(たけがき)の前(まへ)に至(いた)るまでは我々(われ/\)之(これ)を間道(かんだう)と稱(とな)へて、夜(よる)は犬(いぬ)の吠(ほ)ゆる難處(なんしよ)なり。件(くだん)の垣根(かきね)を差覗(さしのぞ)きて、をぢさん居(ゐ)るか、と聲(こゑ)を懸(か)ける。黄菊(きぎく)を活(い)けたる床(とこ)の間(ま)の見透(みとほ)さるゝ書齋(しよさい)に聲(こゑ)あり、居(ゐ)る/\と。
 やがて着流(きなが)し懷手(ふところで)にて、冷(つめた)さうな縁側(えんがは)に立顯(たちあらは)れ、莞爾(につこ)として曰(いは)く、何處(どこ)へ。あゝ北八(きたはち)の野郎(やらう)とそこいらまで。まあ、お入(はひ)り。いづれ、と言(い)つて分(わか)れ、大乘寺(だいじようじ)の坂(さか)を上(のぼ)り、駒込(こまごめ)に出(い)づ。
 料理屋(れうりや)萬金(まんきん)の前(まへ)を左(ひだり)へ折(を)れて眞直(まつすぐ)に、追分(おひわけ)を右(みぎ)に見(み)て、むかうへ千駄木(せんだぎ)に至(いた)る。
 路(みち)に門(もん)あり、門内(もんない)兩側(りやうがは)に小松(こまつ)をならべ植(う)ゑて、奧深(おくふか)く住(すま)へる家(いへ)なり。主人(あるじ)は、巣鴨(すがも)邊(へん)の學校(がくかう)の教授(けうじゆ)にて知(し)つた人(ひと)。北八(きたはち)を顧(かへり)みて、日曜(にちえう)でないから留守(るす)だけれども、氣(き)の利(き)いた小間使(こまづかひ)が居(ゐ)るぜ、一寸(ちよつと)寄(よ)つて茶(ちや)を呑(の)まうかと笑(わら)ふ。およしよ、と苦(にが)い顏(かほ)をする。即(すなは)ちよして、團子坂(だんござか)に赴(おもむ)く。坂(さか)の上(うへ)の煙草屋(たばこや)にて北八(きたはち)嗜(たし)む處(ところ)のパイレートを購(あがな)ふ。勿論(もちろん)身錢(みぜに)なり。此(こ)の舶來(はくらい)煙草(たばこ)此邊(このへん)には未(いま)だ之(こ)れあり。但(たゞ)し濕(しめ)つて味(あじはひ)可(か)ならず。
 坂(さか)の下(した)は、左右(さいう)の植木屋(うゑきや)、屋外(をくぐわい)に足場(あしば)を設(まう)け、半纏着(はんてんぎ)の若衆(わかもの)蛛手(くもで)に搦(から)んで、造菊(つくりぎく)の支度最中(したくさいちう)なりけり。行(ゆ)く/\フと古道具屋(ふるだうぐや)の前(まへ)に立(た)つ。彌次(やじ)見(み)て曰(いは)く、茶棚(ちやだな)はあんなのが可(い)いな。入(い)らつしやいまし、と四十恰好(しじふかつかう)の、人柄(ひとがら)なる女房(にようばう)奧(おく)より出(い)で、坐(ざ)して慇懃(いんぎん)に挨拶(あいさつ)する。南無三(なむさん)聞(きこ)えたかとぎよつとする。爰(こゝ)に於(おい)てか北八(きたはち)大膽(だいたん)に、おかみさん彼(あ)の茶棚(ちやだな)はいくら。皆(みな)寒竹(かんちく)でございます、はい、お品(しな)が宜(よろ)しうございます、五圓六十錢(ごゑんろくじつせん)に願(ねが)ひたう存(ぞん)じます。兩人(りやうにん)顏(かほ)を見合(みあは)せて思入(おもひいれ)あり。北八(きたはち)心得(こゝろえ)たる顏(かほ)はすれども、さすがにどぎまぎして言(い)はむと欲(ほつ)する處(ところ)を知(し)らず、おかみさん歸(かへり)にするよ。唯々(はい/\)。お邪魔(じやま)でしたと兄(にい)さんは旨(うま)いものなり。虎口(ここう)を免(のが)れたる顏色(かほつき)の、何(ど)うだ、北八(きたはち)恐入(おそれい)つたか。餘計(よけい)な口(くち)を利(き)くもんぢやないよ。
 思(おも)ひ懸(が)けず又(また)露地(ろぢ)の口(くち)に、抱餘(かゝへあま)る松(まつ)の大木(たいぼく)を筒切(つゝぎり)にせしよと思(おも)ふ、張子(はりこ)の恐(おそろ)しき腕(かひな)一本(いつぽん)、荷車(にぐるま)に積置(つみお)いたり。追(おつ)て、大江山(おほえやま)はこれでござい、入(い)らはい/\と言(い)ふなるべし。
 笠森稻荷(かさもりいなり)のあたりを通(とほ)る。路傍(みちばた)のとある駄菓子屋(だぐわしや)の奧(おく)より、中形(ちうがた)の浴衣(ゆかた)に繻子(しゆす)の帶(おび)だらしなく、島田(しまだ)、襟白粉(えりおしろい)、襷(たすき)がけなるが、緋褌(ひこん)を蹴返(けかへ)し、ばた/\と駈(か)けて出(い)で、一寸(ちよつと)、煮豆屋(にまめや)さん/\。手(て)には小皿(こざら)を持(も)ちたり。四五軒(しごけん)行過(ゆきす)ぎたる威勢(ゐせい)の善(よ)き煮豆屋(にまめや)、振返(ふりかへ)りて、よう!と言(い)ふ。
 そら又(また)化性(けしやう)のものだと、急足(いそぎあし)に谷中(やなか)に着(つ)く。いつも變(かは)らぬ景色(けしき)ながら、腕(うで)と島田(しまだ)におびえし擧句(あげく)の、心細(こゝろぼそ)さいはむ方(かた)なし。
 森(もり)の下(した)の徑(こみち)を行(ゆ)けば、土(つち)濡(ぬ)れ、落葉(おちば)濕(しめ)れり。白張(しらはり)の提灯(ちやうちん)に、薄(うす)き日影(ひかげ)さすも物淋(ものさび)し。苔(こけ)蒸(む)し、樒(しきみ)枯(か)れたる墓(はか)に、門(もん)のみいかめしきもはかなしや。印(しるし)の石(いし)も青(あを)きあり、白(しろ)きあり、質(しつ)滑(なめらか)にして斑(ふ)のあるあり。あるが中(なか)に神婢(しんぴ)と書(か)いたるなにがしの女(ぢよ)が耶蘇教徒(やそけうと)の十字形(じふじがた)の塚(つか)は、法(のり)の路(みち)に迷(まよ)ひやせむ、異國(いこく)の人(ひと)の、友(とも)なきかと哀(あはれ)深(ふか)し。
 竹(たけ)の埒(らち)結(ゆ)ひたる中(なか)に、三四人(さんよにん)土(つち)をほり居(ゐ)るあたりにて、路(みち)も分(わか)らずなりしが、洋服(やうふく)着(き)たる坊(ばう)ちやん二人(ふたり)、學校(がくかう)の戻(もどり)と見(み)ゆるがつか/\と通(とほ)るに頼母(たのも)しくなりて、後(あと)をつけ、やがて木(こ)の間(ま)に立(た)つ湯氣(ゆげ)を見(み)れば掛茶屋(かけぢやや)なりけり。
 休(やす)ましておくれ、と腰(こし)をかけて一息(ひといき)つく。大分(だいぶ)お暖(あつたか)でございますと、婆(ばゞ)は銅(あかゞね)の大藥罐(おほやくわん)の茶(ちや)をくれる。床几(しやうぎ)の下(した)に俵(たはら)を敷(し)けるに、犬(いぬ)の子(こ)一匹(いつぴき)、其日(そのひ)の朝(あさ)より目(め)の見(み)ゆるものの由(よし)、漸(やつ)と食(しよく)づきましたとて、老年(としより)の餘念(よねん)もなげなり。折(をり)から子(こ)を背(せな)に、御新造(ごしんぞ)一人(いちにん)、片手(かたて)に蝙蝠傘(かうもりがさ)をさして、片手(かたて)に風車(かざぐるま)をまはして見(み)せながら、此(こ)の前(まへ)を通(とほ)り行(ゆ)きぬ。あすこが踏切(ふみきり)だ、徐々(そろ/\)出懸(でか)けようと、茶店(ちやてん)を辭(じ)す。
 何(ど)うだ北八(きたはち)、線路(せんろ)の傍(わき)の彼(あ)の森(もり)が鶯花園(あうくわゑん)だよ、畫(ゑ)に描(か)いた天女(てんによ)は賣藥(ばいやく)の廣告(くわうこく)だ、そんなものに、見愡(みと)れるな。おつと、また其(その)古道具屋(ふるだうぐや)は高(たか)さうだぜ、お辭儀(じぎ)をされると六(むづ)ヶしいぞ。いや、何(なに)か申(まを)す内(うち)に、ハヤこれは笹(さゝ)の雪(ゆき)に着(つ)いて候(さふらふ)が、三時(さんじ)すぎにて店(みせ)はしまひ、交番(かうばん)の角(かど)について曲(まが)る。この流(ながれ)に人(ひと)集(つど)ひ葱(ねぎ)を洗(あら)へり。葱(ねぎ)の香(か)の小川(をがは)に流(なが)れ、とばかりにて句(く)にはならざりしが、あゝ、もうちつとで思(おも)ふこといはぬは腹(はら)ふくるゝ業(わざ)よといへば、いま一足(ひとあし)早(はや)かりせば、笹(さゝ)の雪(ゆき)が賣切(うりきれ)にて腹(はら)ふくれぬ事(こと)よといふ。さあ、じぶくらずに、歩行(ある)いた/\。
 一寸(ちよつと)伺(うかゞ)ひます。此路(このみち)を眞直(まつすぐ)に參(まゐ)りますと、左樣(さやう)三河島(みかはしま)と、路(みち)を行(ゆ)く人(ひと)に教(をし)へられて、おや/\と、引返(ひきかへ)し、白壁(しらかべ)の見(み)ゆる土藏(どざう)をあてに他(た)の畦(あぜ)を突切(つツき)るに、ちよろ/\水(みづ)のある中(なか)に紫(むらさき)の花(はな)の咲(さ)いたる草(くさ)あり。綺麗(きれい)といひて見返勝(みかへりがち)、のんきにうしろ歩行(あるき)をすれば、得(え)ならぬ臭(にほひ)、細(ほそ)き道(みち)を、肥料室(こやしむろ)の挾撃(はさみうち)なり。目(め)を眠(ねむ)つて吶喊(とつかん)す。既(すで)にして三島神社(みしまじんじや)の角(かど)なり。
 亡(なく)なつた一葉女史(いちえふぢよし)が、たけくらべといふ本(ほん)に、狂氣街道(きちがひかいだう)といつたのは是(これ)から前(さき)ださうだ、うつかりするな、恐(おそろ)しいよ、と固(かた)く北八(きたはち)を警戒(けいかい)す。
 やあ汚(きたね)え溝(どぶ)だ。恐(おそろ)しい石灰(いしばひ)だ。酷(ひど)い道(みち)だ。三階(さんがい)があるぜ、浴衣(ゆかた)ばかしの土用干(どようぼし)か、夜具(やぐ)の裏(うら)が眞赤(まつか)な、何(なん)だ棧橋(さんばし)が突立(つツた)つてら。叱(しつ)! 默(だま)つて/\と、目(め)くばせして、衣紋坂(えもんざか)より土手(どて)に出(い)でしが、幸(さいは)ひ神田(かんだ)の伯父(をぢ)に逢(あ)はず、客待(きやくまち)の車(くるま)と、烈(はげ)しい人通(ひとどほり)の眞晝間(まつぴるま)、露店(ほしみせ)の白(しろ)い西瓜(すゐくわ)、埃(ほこり)だらけの金鍔燒(きんつばやき)、おでんの屋臺(やたい)の中(なか)を拔(ぬ)けて柳(やなぎ)の下(した)をさつ/\と行(ゆ)く。實(じつ)は土手(どて)の道哲(だうてつ)に結縁(けちえん)して艷福(えんぷく)を祈(いの)らばやと存(ぞん)ぜしが、まともに西日(にしび)を受(う)けたれば、顏(かほ)がほてつて我慢(がまん)ならず、土手(どて)を行(ゆ)くこと纔(わづか)にして、日蔭(ひかげ)の田町(たまち)へ遁(に)げて下(お)りて、さあ、よし。北八(きたはち)大丈夫(だいぢやうぶ)だ、と立直(たちなほ)つて悠然(いうぜん)となる。此邊(このあたり)小(こ)ぢんまりとしたる商賣(あきなひや)の軒(のき)ならび、しもたやと見(み)るは、産婆(さんば)、人相見(にんさうみ)、お手紙(てがみ)したゝめ處(どころ)なり。一軒(いつけん)、煮染屋(にしめや)の前(まへ)に立(た)ちて、買物(かひもの)をして居(ゐ)た中年増(ちうどしま)の大丸髷(おほまるまげ)、紙(かみ)あまた積(つ)んだる腕車(くるま)を推(お)して、小僧(こぞう)三人(さんにん)向(むか)うより來懸(きかゝ)りしが、私語(しご)して曰(いは)く、見(み)ねえ、年明(ねんあけ)だと。
 路(みち)に太郎稻荷(たらういなり)あり、奉納(ほうなふ)の手拭(てぬぐひ)堂(だう)を蔽(おほ)ふ、小(ちさ)き鳥居(とりゐ)夥多(おびたゞ)し。此處(こゝ)彼處(かしこ)露地(ろぢ)の日(ひ)あたりに手習草紙(てならひざうし)を干(ほ)したるが到(いた)る處(ところ)に見(み)ゆ、最(いと)もしをらし。それより待乳山(まつちやま)の聖天(しやうでん)に詣(まう)づ。
 本堂(ほんだう)に額(ぬかづ)き果(は)てて、衝(つ)と立(た)ちて階(きざはし)の方(かた)に歩(あゆ)み出(い)でたるは、年紀(とし)はやう/\二十(はたち)ばかりと覺(おぼ)しき美人(びじん)、眉(まゆ)を拂(はら)ひ、鐵漿(かね)をつけたり。前垂(まへだれ)がけの半纏着(はんてんぎ)、跣足(はだし)に駒下駄(こまげた)を穿(は)かむとして、階下(かいか)につい居(ゐ)る下足番(げそくばん)の親仁(おやぢ)の伸(のび)をする手(て)に、一寸(ちよつと)握(にぎ)らせ行(ゆ)く。親仁(おやぢ)は高々(たか/″\)と押戴(おしいたゞ)き、毎度(まいど)何(ど)うも、といふ。境内(けいだい)の敷石(しきいし)の上(うへ)を行(ゆ)きつ戻(もど)りつ、別(べつ)にお百度(ひやくど)を踏(ふ)み居(ゐ)るは男女(なんによ)二人(ふたり)なり。女(をんな)は年紀(とし)四十ばかり。黒縮緬(くろちりめん)の一(ひと)ツ紋(もん)の羽織(はおり)を着(き)て足袋(たび)跣足(はだし)、男(をとこ)は盲縞(めくらじま)の腹掛(はらがけ)、股引(もゝひき)、彩(いろどり)ある七福神(しちふくじん)の模樣(もやう)を織(お)りたる丈長(たけなが)き刺子(さしこ)を着(き)たり。これは素跣足(すはだし)、入交(いりちが)ひになり、引違(ひきちが)ひ、立交(たちかは)りて二人(ふたり)とも傍目(わきめ)も觸(ふ)らず。おい邪魔(じやま)になると惡(わる)いよと北八(きたはち)を促(うなが)し、道(みち)を開(ひら)いて、見晴(みはらし)に上(のぼ)る。名(な)にし負(お)ふ今戸(いまど)あたり、船(ふね)は水(みづ)の上(うへ)を音(おと)もせず、人(ひと)の家(いへ)の瓦屋根(かはらやね)の間(あひだ)を行交(ゆきか)ふ樣(さま)手(て)に取(と)るばかり。水(みづ)も青(あを)く天(てん)も青(あを)し。白帆(しらほ)あちこち、處々(ところ/″\)煙突(えんとつ)の煙(けむり)たなびけり、振(ふり)さけ見(み)れば雲(くも)もなきに、傍(かたはら)には大樹(たいじゆ)蒼空(あをぞら)を蔽(おほ)ひて物(もの)ぐらく、呪(のろひ)の釘(くぎ)もあるべき幹(みき)なり。おなじ臺(だい)に向顱巻(むかうはちまき)したる子守女(こもりをんな)三人(さんにん)あり。身體(からだ)を搖(ゆす)り、下駄(げた)にて板敷(いたじき)を踏鳴(ふみな)らす音(おと)おどろ/\し。其(その)まゝ渡場(わたしば)を志(こゝろざ)す、石段(いしだん)の中途(ちうと)にて行逢(ゆきあ)ひしは、日傘(ひがさ)さしたる、十二ばかりの友禪縮緬(いうぜんちりめん)、踊子(をどりこ)か。
 振返(ふりかへ)れば聖天(しやうでん)の森(もり)、待乳(まつち)沈(しづ)んで梢(こずゑ)乘込(のりこ)む三谷堀(さんやぼり)は、此處(こゝ)だ、此處(こゝ)だ、と今戸(いまど)の渡(わたし)に至(いた)る。
 出(で)ますよ、さあ早(はや)く/\。彌次(やじ)舷端(ふなばた)にしがみついてしやがむ。北八(きたはち)悠然(いうぜん)とパイレートをくゆらす。乘合(のりあひ)十四五人(じふしごにん)、最後(さいご)に腕車(わんしや)を乘(の)せる。船(ふね)少(すこ)し右(みぎ)へ傾(かたむ)く、はツと思(おも)ふと少(すこ)し蒼(あを)くなる。丁(とん)と棹(さを)をつく、ゆらりと漕出(こぎだ)す。
 船頭(せんどう)さん、渡場(わたしば)で一番(いちばん)川幅(かははゞ)の廣(ひろ)いのは何處(どこ)だい。先(ま)づ此處(こゝ)だね。何町位(なんちやうぐらゐ)あるねといふ。唾(つば)乾(かわ)きて齒(は)の根(ね)も合(あ)はず、煙管(きせる)は出(だ)したが手(て)が震(ふる)へる。北八(きたはち)は、にやり/\、中流(ちうりう)に至(いた)る頃(ころほ)ひ一錢蒸汽(いつせんじようき)の餘波(よは)來(きた)る、ぴツたり突伏(つツぷ)して了(しま)ふ。危(あぶね)えといふは船頭(せんどう)の聲(こゑ)、ヒヤアと肝(きも)を冷(ひや)す。圖(はか)らざりき、急(せ)かずに/\と二(に)の句(く)を續(つゞ)けるのを聞(き)いて、目(め)を開(ひら)けば向島(むかうじま)なり。それより百花園(ひやくくわゑん)に遊(あそ)ぶ。黄昏(たそがれ)たり。
    萩(はぎ)暮(く)れて薄(すゝき)まばゆき夕日(ゆふひ)かな
 言(い)ひつくすべくもあらず、秋草(あきぐさ)の種々(くさ/″\)數(かぞ)ふべくもあらじかし。北八(きたはち)が此作(このさく)の如(ごと)きは、園内(ゑんない)に散(ちら)ばつたる石碑(せきひ)短册(たんじやく)の句(く)と一般(いつぱん)、難澁(なんじふ)千萬(せんばん)に存(ぞん)ずるなり。
 床几(しやうぎ)に休(いこ)ひ打眺(うちなが)むれば、客(きやく)幾組(いくくみ)、高帽(たかばう)の天窓(あたま)、羽織(はおり)の肩(かた)、紫(むらさき)の袖(そで)、紅(くれなゐ)の裙(すそ)、薄(すゝき)に見(み)え、萩(はぎ)に隱(かく)れ、刈萱(かるかや)に搦(から)み、葛(くず)に絡(まと)ひ、芙蓉(ふよう)にそよぎ、靡(なび)き亂(みだ)れ、花(はな)を出(い)づる人(ひと)、花(はな)に入(い)る人(ひと)、花(はな)をめぐる人(ひと)、皆(みな)此花(このはな)より生(うま)れ出(い)でて、立去(たちさ)りあへず、舞(ま)ひありく、人(ひと)の蝶(てふ)とも謂(い)ひつべう。
 などと落雁(らくがん)を噛(かじ)つて居(ゐ)る。處(ところ)へ! 供(とも)を二人(ふたり)つれて、車夫體(しやふてい)の壯佼(わかもの)にでつぷりと肥(こ)えた親仁(おやぢ)の、唇(くちびる)がべろ/\として無花果(いちじゆく)の裂(さ)けたる如(ごと)き、眦(めじり)の下(さが)れる、頬(ほゝ)の肉(にく)掴(つか)むほどあるのを負(お)はして、六十(ろくじふ)有餘(いうよ)の媼(おうな)、身(み)の丈(たけ)拔群(ばつくん)にして、眼(まなこ)鋭(するど)く鼻(はな)の上(うへ)の皺(しわ)に惡相(あくさう)を刻(きざ)み齒(は)の揃(そろ)へる水々(みづ/\)しきが、小紋(こもん)縮緬(ちりめん)のりうたる着附(きつけ)、金時計(きんどけい)をさげて、片手(かたて)に裳(もすそ)をつまみ上(あ)げ、さすがに茶澁(ちやしぶ)の出(で)た脛(はぎ)に、淺葱(あさぎ)縮緬(ちりめん)を搦(から)ませながら、片手(かたて)に銀(ぎん)の鎖(くさり)を握(にぎ)り、これに渦毛(うづけ)の斑(ぶち)の艷々(つや/\)しき狆(ちん)を繋(つな)いで、ぐい/\と手綱(たづな)のやうに捌(さば)いて來(き)しが、太(ふと)い聲(こゑ)して、何(ど)うぢや未(ま)だ歩行(ある)くか、と言(い)ふ/\人(ひと)も無(な)げにさつさつと縱横(じうわう)に濶歩(くわつぽ)する。人(ひと)に負(おぶ)はして連(つ)れた親仁(おやぢ)は、腰(こし)の拔(ぬ)けたる夫(をつと)なるべし。驚破(すは)秋草(あきぐさ)に、あやかしのついて候(さふらふ)ぞ、と身構(みがまへ)したるほどこそあれ、安下宿(やすげしゆく)の娘(むすめ)と書生(しよせい)として、出來合(できあひ)らしき夫婦(ふうふ)の來(きた)りしが、當歳(たうさい)ばかりの嬰兒(あかんぼ)を、男(をとこ)が、小手(こて)のやうに白(しろ)シヤツを鎧(よろ)へる手(て)に、高々(たか/″\)と抱(いだ)いて、大童(おほわらは)。それ鼬(いたち)の道(みち)を切(き)る時(とき)押(お)して進(すゝ)めば禍(わざはひ)あり、山(やま)に櫛(くし)の落(お)ちたる時(とき)、之(これ)を避(さ)けざれば身(み)を損(そこな)ふ。兩頭(りやうとう)の蛇(へび)を見(み)たるものは死(し)し、路(みち)に小兒(こども)を抱(だ)いた亭主(ていしゆ)を見(み)れば、壽(ことぶき)長(なが)からずとしてある也(なり)。ああ情(なさけ)ない目(め)を見(み)せられる、鶴龜々々(つるかめ/\)と北八(きたはち)と共(とも)に寒(さむ)くなる。人(ひと)の難儀(なんぎ)も構(かま)はばこそ、瓢箪棚(へうたんだな)の下(した)に陣取(ぢんど)りて、坊(ばう)やは何處(どこ)だ、母(かあ)ちやんには、見(み)えないよう、あばよといへ、ほら此處(こゝ)だ、ほらほらはゝはゝゝおほゝゝと高笑(たかわらひ)。弓矢八幡(ゆみやはちまん)もう堪(たま)らぬ。よい/\の、犬(いぬ)の、婆(ばゞ)の、金時計(きんどけい)の、淺葱(あさぎ)の褌(ふんどし)の、其上(そのうへ)に、子抱(こかゝへ)の亭主(ていしゆ)と來(き)た日(ひ)には、こりや何時(いつ)までも見(み)せられたら、目(め)が眩(くら)まうも知(し)れぬぞと、あたふた百花園(ひやくくわゑん)を遁(に)げて出(で)る。
 白髯(しらひげ)の土手(どて)へ上(あが)るが疾(はや)いか、さあ助(たす)からぬぞ。二人乘(ににんのり)、小官員(こくわんゐん)と見(み)えた御夫婦(ごふうふ)が合乘(あひのり)也(なり)。ソレを猜(そね)みは仕(つかまつ)らじ。妬(や)きはいたさじ、何(なん)とも申(まを)さじ。然(さ)りながら、然(さ)りながら、同一(おなじ)く子持(こもち)でこれが又(また)、野郎(やらう)が膝(ひざ)にぞ抱(だ)いたりける。
 わツといつて駈(か)け拔(ぬ)けて、後(あと)をも見(み)ずに五六町(ごろくちやう)、彌次(やじ)さん、北八(きたはち)、と顏(かほ)を見合(みあ)はせ、互(たがひ)に無事(ぶじ)を祝(しゆく)し合(あ)ひ、まあ、ともかくも橋(はし)を越(こ)さう、腹(はら)も丁度(ちやうど)北山(きたやま)だ、筑波(つくば)おろしも寒(さむ)うなつたと、急足(いそぎあし)になつて來(く)る。言問(こととひ)の曲角(まがりかど)で、天道(てんだう)是(ぜ)か非(ひ)か、又(また)一組(ひとくみ)、之(これ)は又(また)念入(ねんいり)な、旦那樣(だんなさま)は洋服(やうふく)の高帽子(たかばうし)で、而(そ)して若樣(わかさま)をお抱(だ)き遊(あそ)ばし、奧樣(おくさま)は深張(ふかばり)の蝙蝠傘(かうもりがさ)澄(すま)して押並(おしなら)ぶ後(あと)から、はれやれお乳(ち)の人(ひと)がついて手(て)ぶらなり。えゝ! 日本(につぽん)といふ國(くに)は、男(をとこ)が子(こ)を抱(だ)いて歩行(ある)く處(ところ)か、もう叶(かな)はぬこりやならぬ。殺(ころ)さば殺(ころ)せ、とべツたり尻餅(しりもち)。
 旦那(だんな)お相乘(あひのり)參(まゐ)りませう、と折(をり)よく來懸(きかゝ)つた二人乘(ににんのり)に這(は)ふやうにして二人(ふたり)乘込(のりこ)み、淺草(あさくさ)まで急(いそ)いでくんな。安(やす)い料理屋(れうりや)で縁起(えんぎ)直(なほ)しに一杯(いつぱい)飮(の)む。此處(こゝ)で電燈(でんとう)がついて夕飯(ゆふめし)を認(したゝ)め、やゝ人心地(ひとごこち)になる。小庭(こには)を隔(へだ)てた奧座敷(おくざしき)で男女(なんによ)打交(うちまじ)りのひそ/\話(ばなし)、本所(ほんじよ)も、あの餘(あんま)り奧(おく)の方(はう)ぢやあ私(わたし)厭(いや)アよ、と若(わか)い聲(こゑ)の媚(なま)めかしさ。旦那(だんな)業平橋(なりひらばし)の邊(あたり)が可(よ)うございますよ。おほゝ、と老(ふ)けた聲(こゑ)の恐(おそろ)しさ。圍者(かこひもの)の相談(さうだん)とおぼしけれど、懲(こ)りて詮議(せんぎ)に及(およ)ばず。まだ此方(こつち)が助(たすか)りさうだと一笑(いつせう)しつゝ歸途(きと)に就(つ)く。噫(あゝ)此行(このかう)、氷川(ひかは)の宮(みや)を拜(はい)するより、谷中(やなか)を過(す)ぎ、根岸(ねぎし)を歩行(ある)き、土手(どて)より今戸(いまど)に出(い)で、向島(むかうじま)に至(いた)り、淺草(あさくさ)を經(へ)て歸(かへ)る。半日(はんにち)の散策(さんさく)、神祇(しんぎ)あり、釋教(しやくけう)あり、戀(こひ)あり、無常(むじやう)あり、景(けい)あり、人(ひと)あり、從(したが)うて又(また)情(じやう)あり、錢(ぜに)の少(すくな)きをいかにせむ。
明治三十二年十二月



ページジャンプ
青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:21 KB

担当:FIRTREE