義血侠血
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:泉鏡花 

       一

 越中高岡(たかおか)より倶利伽羅下(くりからじた)の建場(たてば)なる石動(いするぎ)まで、四里八町が間を定時発の乗り合い馬車あり。
 賃銭の廉(やす)きがゆえに、旅客はおおかた人力車を捨ててこれに便(たよ)りぬ。車夫はその不景気を馬車会社に怨(うら)みて、人と馬との軋轢(あつれき)ようやくはなはだしきも、わずかに顔役の調和によりて、営業上相干(あいおか)さざるを装えども、折に触れては紛乱を生ずることしばしばなりき。
 七月八日の朝、一番発の馬車は乗り合いを揃(そろ)えんとて、奴(やっこ)はその門前に鈴を打ち振りつつ、
「馬車はいかがです。むちゃに廉くって、腕車(くるま)よりお疾(はよ)うござい。さあお乗んなさい。すぐに出ますよ」
 甲走(かんばし)る声は鈴の音(ね)よりも高く、静かなる朝の街(まち)に響き渡れり。通りすがりの婀娜者(あだもの)は歩みを停(とど)めて、
「ちょいと小僧さん、石動までいくら? なに十銭だとえ。ふう、廉いね。その代わりおそいだろう」
 沢庵(たくあん)を洗い立てたるように色揚げしたる編片(アンペラ)の古帽子の下より、奴(やっこ)は猿眼(さるまなこ)を晃(きらめ)かして、
「ものは可試(ためし)だ。まあお召しなすってください。腕車よりおそかったら代は戴(いただ)きません」
 かく言ううちも渠(かれ)の手なる鈴は絶えず噪(さわ)ぎぬ。
「そんなりっぱなことを言って、きっとだね」
 奴は昂然(こうぜん)として、
「虚言(うそ)と坊主の髪(あたま)は、いったことはありません」
「なんだね、しゃらくさい」
 微笑(ほおえ)みつつ女子(おんな)はかく言い捨てて乗り込みたり。
 その年紀(としごろ)は二十三、四、姿はしいて満開の花の色を洗いて、清楚(せいそ)たる葉桜の緑浅し。色白く、鼻筋通り、眉(まゆ)に力みありて、眼色(めざし)にいくぶんのすごみを帯び、見るだに涼しき美人なり。
 これはたして何者なるか。髪は櫛巻(くしま)きに束(つか)ねて、素顔を自慢に※脂(べに)[#「月+因」、6-15]のみを点(さ)したり。服装(いでたち)は、将棊(しょうぎ)の駒(こま)を大形に散らしたる紺縮みの浴衣(ゆかた)に、唐繻子(とうじゅす)と繻珍(しゅちん)の昼夜帯をばゆるく引っ掛けに結びて、空色縮緬(ちりめん)の蹴出(けだ)しを微露(ほのめか)し、素足に吾妻下駄(あずまげた)、絹張りの日傘(ひがさ)に更紗(さらさ)の小包みを持ち添えたり。
 挙止(とりなり)侠(きゃん)にして、人を怯(おそ)れざる気色(けしき)は、世磨(よず)れ、場慣れて、一条縄(ひとすじなわ)の繋(つな)ぐべからざる魂を表わせり。想(おも)うに渠(かれ)が雪のごとき膚(はだ)には、剳青淋漓(さっせいりんり)として、悪竜(あくりょう)焔(ほのお)を吐くにあらざれば、寡(すく)なくも、その左の腕(かいな)には、双枕(ふたつまくら)に偕老(かいろう)の名や刻みたるべし。
 馬車はこの怪しき美人をもって満員となれり。発車の号令は割るるばかりにしばらく響けり。向者(さき)より待合所の縁に倚(よ)りて、一篇(ぺん)の書を繙(ひもと)ける二十四、五の壮佼(わかもの)あり。盲縞(めくらじま)の腹掛け、股引(ももひ)きに汚(よご)れたる白小倉の背広を着て、ゴムの解(ほつ)れたる深靴(ふかぐつ)を穿(は)き、鍔広(つばびろ)なる麦稈(むぎわら)帽子を阿弥陀(あみだ)に被(かぶ)りて、踏ん跨(また)ぎたる膝(ひざ)の間に、茶褐色(ちゃかっしょく)なる渦毛(うずげ)の犬の太くたくましきを容(い)れて、その頭を撫(な)でつつ、専念に書見したりしが、このとき鈴の音(ね)を聞くと斉(ひと)しく身を起こして、ひらりと御者台に乗り移れり。
 渠の形躯(かたち)は貴公子のごとく華車(きゃしゃ)に、態度は森厳(しんげん)にして、そのうちおのずから活溌(かっぱつ)の気を含めり。陋(いや)しげに日に□(くろ)みたる面(おもて)も熟視(よくみ)れば、清※明眉(せいろめいび)[#「目+盧」、7-12]、相貌(そうぼう)秀(ひい)でて尋常(よのつね)ならず。とかくは馬蹄(ばてい)の塵(ちり)に塗(まみ)れて鞭(べん)を揚(あ)ぐるの輩(はい)にあらざるなり。
 御者は書巻を腹掛けの衣兜(かくし)に収め、革紐(かわひも)を附(つ)けたる竹根の鞭(むち)を執(と)りて、徐(しず)かに手綱を捌(さば)きつつ身構うるとき、一輛(りょう)の人力車ありて南より来たり、疾風のごとく馬車のかたわらを掠(かす)めて、瞬(またた)く間(ひま)に一点の黒影となり畢(おわ)んぬ。
 美人はこれを望みて、
「おい小僧さん、腕車(くるま)よりおそいじゃないか」
 奴のいまだ答えざるに先だちて、御者はきと面を抗(あ)げ、かすかになれる車の影を見送りて、
「吉公、てめえまた腕車より疾(はえ)えといったな」
 奴は愛嬌(あいきょう)よく頭を掻(か)きて、
「ああ、言った。でもそう言わねえと乗らねえもの」
 御者は黙して頷(うなず)きぬ。たちまち鞭の鳴るとともに、二頭の馬は高く嘶(いなな)きて一文字に跳(は)ね出(い)だせり。不意を吃(くら)いたる乗り合いは、座に堪(たま)らずしてほとんど転(まろ)び墜(お)ちなんとせり。奔馬(ほんば)は中(ちゅう)を駈(か)けて、見る見る腕車を乗っ越したり。御者はやがて馬の足掻(あが)きを緩(ゆる)め、渠に先を越させぬまでに徐々として進行しつ。
 車夫は必死となりて、やわか後(おく)れじと焦(あせ)れども、馬車はさながら月を負いたる自家(おのれ)の影のごとく、一歩を進むるごとに一歩を進めて、追えども追えども先んじがたく、ようよう力衰え、息逼(せま)りて、今や殪(たお)れぬべく覚ゆるころ、高岡より一里を隔つる立野(たての)の駅に来たりぬ。
 この街道(かいどう)の車夫は組合を設けて、建場建場に連絡を通ずるがゆえに、今この車夫が馬車に後(おく)れて、喘(あえ)ぎ喘ぎ走るを見るより、そこに客待ちせる夥間(なかま)の一人は、手に唾(つば)して躍(おど)り出で、
「おい、兄弟(きょうでえ)しっかりしなよ。馬車の畜生どうしてくりょう」
 やにわに対曳(さしび)きの綱を梶棒(かじぼう)に投げ懸(か)くれば、疲れたる車夫は勢いを得て、
「ありがてえ! 頼むよ」
「合点(がってん)だい!」
 それと言うまま挽(ひ)き出だせり。二人の車夫は勇ましく相呼び相応(あいこた)えつつ、にわかに驚くべき速力をもて走りぬ。やがて町はずれの狭く急なる曲がりかどを争うと見えたりしが、人力車(くるま)は無二無三に突進して、ついに一歩を抽(ぬ)きけり。
 車夫は諸声(いっせい)に凱歌(かちどき)を揚げ、勢いに乗じて二歩を抽き、三歩を抽き、ますます馳(は)せて、軽迅丸(たま)の跳(おど)るがごとく二、三間を先んじたり。
 向者(さきのほど)は腕車を流眄(しりめ)に見て、いとも揚々たりし乗り合いの一人(いちにん)は、
「さあ、やられた!」と身を悶(もだ)えて騒げば、車中いずれも同感の色を動かして、力瘤(ちからこぶ)を握るものあり、地蹈□(じだたら)を踏むもあり、奴を叱(しっ)してしきりに喇叭(らっぱ)を吹かしむるもあり。御者は縦横に鞭を揮(ふる)いて、激しく手綱を掻(か)い繰れば、馬背の流汗滂沱(ぼうだ)として掬(きく)すべく、轡頭(くつわづら)に噛(は)み出(い)だしたる白泡(しろあわ)は木綿(きわた)の一袋もありぬべし。
 かかるほどに車体は一上一下と動揺して、あるいは頓挫(とんざ)し、あるいは傾斜し、ただこれ風の落ち葉を捲(ま)き、早瀬の浮き木を弄(もてあそ)ぶに異ならず。乗り合いは前後に俯仰(ふぎょう)し、左右に頽(なだ)れて、片時(へんじ)も安き心はなく、今にもこの車顛覆(くつがえ)るか、ただしはその身投げ落とさるるか。いずれも怪我(けが)は免(のが)れぬところと、老いたるは震い慄(おのの)き、若きは凝瞳(すえまなこ)になりて、ただ一秒ののちを危ぶめり。
 七、八町を競争して、幸いに別条なく、馬車は辛くも人力車を追い抽きぬ。乗り合いは思わず手を拍(う)ちて、車も憾(うご)くばかりに喝采(かっさい)せり。奴は凱歌(かちどき)の喇叭を吹き鳴らして、後(おく)れたる人力車を麾(さしまね)きつつ、踏み段の上に躍れり。ひとり御者のみは喜ぶ気色(けしき)もなく、意(こころ)を注ぎて馬を労(いたわ)り駈(か)けさせたり。
 怪しき美人は満面に笑(え)みを含みて、起伏常ならざる席に安んずるを、隣たる老人は感に堪えて、
「おまえさんどうもお強い。よく血の道が発(おこ)りませんね。平気なものだ、女丈夫(おとこまさり)だ。私(わたし)なんぞはからきし意気地(いくじ)はない。それもそのはずかい、もう五十八だもの」
 その言(ことば)の訖(お)わらざるに、車は凸凹路(でこぼこみち)を踏みて、がたくりんと跌(つまず)きぬ。老夫(おやじ)は横様に薙仆(なぎたお)されて、半ば禿(は)げたる法然頭(ほうねんあたま)はどっさりと美人の膝に枕(まくら)せり。
「あれ、あぶない!」
 と美人はその肩をしかと抱(いだ)きぬ。
 老夫はむくむく身を擡(もた)げて、
「へいこれは、これはどうもはばかり様。さぞお痛うございましたろう。御免なすってくださいましよ。いやはや、意気地はありません。これさ馬丁(べっとう)さんや、もし若い衆(しゅ)さん、なんと顛覆(ひっくりかえ)るようなことはなかろうの」
 御者は見も返らず、勢籠(こ)めたる一鞭(べん)を加えて、
「わかりません。馬が跌きゃそれまででさ」
 老夫は眼(め)を円(まる)くして狼狽(うろた)えぬ。
「いやさ、転(ころ)ばぬ前(さき)の杖(つえ)だよ。ほんにお願いだ、気を着けておくれ。若い人と違って年老(としより)のことだ、放(ほう)り出されたらそれまでだよ。もういいかげんにして、徐々(やわやわ)とやってもらおうじゃないか。なんと皆さんどうでございます」
「船に乗れば船頭任せ。この馬車にお乗んなすった以上は、わたしに任せたものとして、安心しなければなりません」
「ええ途方もない。どうして安心がなるものか」
 呆(あき)れはてて老夫は呟(つぶや)けば、御者ははじめて顧みつ。
「それで安心ができなけりゃ、御自分の脚(あし)で歩くです」
「はいはい。それは御深切に」
 老夫は腹だたしげに御者の面(かお)を偸視(とうし)せり。
 後れたる人力車は次の建場にてまた一人を増して、後押(あとお)しを加えたれども、なおいまだ逮(およ)ばざるより、車夫らはますます発憤して、悶(もだ)ゆる折から松並み木の中ほどにて、前面(むかい)より空車(からぐるま)を挽(ひ)き来たる二人の車夫に出会いぬ。
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[ページジャンプ]
[青空文庫の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[作品情報参照]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

Size:85 KB

担当:FIRTREE