古狢
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:泉鏡花 

「しゃッ、しゃッ、しゃあっ!……」
 寄席のいらっしゃいのように聞こえるが、これは、いざいざ、いでや、というほどの勢いの掛声と思えば可(い)い。
「しゃあっ! 八貫―ウん、八貫、八貫、八貫と十(と)ウ、九貫か、九貫と十ウだ、……十貫!」
 目の下およそ八寸ばかり、濡色の鯛(たい)を一枚、しるし半纏(ばんてん)という処を、めくら縞(じま)の筒袖(つつッぽ)を両方大肌脱ぎ、毛だらけの胸へ、釣身(つりみ)に取って、尾を空に、向顱巻(むこうはちまき)の結びめと一所に、ゆらゆらと刎(は)ねさせながら、掛声でその量(めかた)を増すように、魚(うお)の頭(かしら)を、下腹から膝頭(ひざがしら)へ、じりじりと下ろして行くが、
「しゃッ、しゃッ。」
 と、腰を切って、胸を反(そ)らすと、再び尾から頭へ、じりじりと響(ひびき)を打たして釣下げる。これ、値を上げる寸法で。
「しゃッ、十貫十ウ、十貫二百、三百、三百ウ。」
 親仁(おやじ)の面(つら)は朱を灌(そそ)いで、その吻(くちばし)は蛸(たこ)のごとく、魚の鰭(ひれ)は萌黄(もえぎ)に光った。
「力は入るね、尾を取って頭を下げ下げ、段々に糶(せ)るのは、底力は入るが、見ていて陰気だね。」
 と黒い外套(がいとう)を着た男が、同伴(つれ)の、意気で優容(やさがた)の円髷(まるまげ)に、低声(こごえ)で云った。
「そう。でも大鯛をせるのには、どこでもああするのじゃアありません?……」
 人だちの背後(うしろ)から覗(のぞ)いていたのが、連立って歩き出して、
「……と言われると、第一、東京の魚河岸の様子もよく知らないで、お恥かしいよ。――ここで言っては唐突(だしぬけ)で、ちと飛離れているけれど、松江だね、出雲(いずも)の。……茶町という旅館(はたご)間近の市場で見たのは反対だっけ――今の……」
 外套の袖を手で掲げて、
「十貫、百と糶上(せりあ)げるのに、尾を下にして、頭を上へ上へと上げる。……景気もよし、見ているうちに値が出来たが、よう、と云うと、それ、その鯛を目の上へ差上げて、人の頭越しに飜然(ひらり)と投げる。――処をすかさず受取るんだ、よう、と云って後(うしろ)の方で。……威勢がいい。それでいて、腰の矢立はここのも同じだが、紺の鯉口(こいぐち)に、仲仕とかのするような広い前掛を捲(ま)いて、お花見手拭(てぬぐい)のように新しいのを頸(えり)に掛けた処なぞは、お国がら、まことに大どかなものだったよ。」
「陽気ね、それは。……でも、ここは近頃の新開ですもの。お魚はほんのつけたりで、おもに精進ものの取引をするんですよ。そういっては、十貫十ウの、いまの親仁に叱(しか)られるかも知れないけれど、皆(みんな)が蓮根市場(れんこんいちば)というくらいなんですわ。」
「成程、大きに。――しかもその実、お前さんと……むかしの蓮池(はすいけ)を見に、寄道をしたんだっけ。」
 と、外套は、洋杖(ステッキ)も持たない腕を組んだ。
 話の中には――この男が外套を脱ぐ必要もなさそうだから、いけぞんざいだけれども、懇意ずく、御免をこうむって、外套氏としておく。ただ旅客でも構わない。
 が、私のこの旅客は、実は久しぶりの帰省者であった。以前にも両三度聞いた――渠(かれ)の帰省談の中の同伴(つれ)は、その容色(きりょう)よしの従姉(いとこ)なのであるが、従妹はあいにく京の本山へ参詣(おまいり)の留守で、いま一所なのは、お町というその娘……といっても一度縁着いた出戻りの二十七八。で、親まさりの別嬪(べっぴん)が冴返(さえかえ)って冬空に麗(うらら)かである。それでも、どこかひけめのある身の、縞(しま)のおめしも、一層なよやかに、羽織の肩も細(ほっそ)りとして、抱込(かかえこ)んでやりたいほど、いとしらしい風俗(ふう)である。けれども家業柄――家業は、土地の東の廓(くるわ)で――近頃は酒場か、カフェーの経営だと、話すのに幅が利くが、困った事にはお茶屋、いわゆるおん待合だから、ちと申憎い、が、仕方がない。それだけにまた娘の、世馴(よな)れて、人見知りをしない様子は、以下の挙動(ふるまい)で追々(おいおい)に知れようと思う。
 ちょうどいい。帰省者も故郷へ錦(にしき)ではない。よって件(くだん)の古外套で、映画の台本や、仕入ものの大衆向で、どうにか世渡りをしているのであるから。
「陽気も陽気だし、それに、山に包まれているんじゃない、その市場のすぐ見通しが、大きな湖だよ、あの、有名な宍道湖(しんじこ)さ。」
「あら、山の中だって、おじさん、こちらにも、海も、湖も、大きなのがありますわ。」
 湖は知らず、海に小さなのといっては断じてあるまい。何しろ、話だけでも東京が好きで、珍らしく土地自慢をしない娘も、対手(あいて)が地方だけに、ちょっと反感を持ったらしい。
 いかにも、湖は晃々(きらきら)と見える。が、水が蒼穹(おおぞら)に高い処に光っている。近い山も、町の中央の城と向合った正面とは違い、場末のこの辺(あたり)は、麓(ふもと)の迫る裾(すそ)になり、遠山は波濤(はとう)のごとく累(かさ)っても、奥は時雨の濃い雲の、次第に霧に薄くなって、眉は迫った、すすき尾花の山の端(は)は、巨(おお)きな猪(いのしし)の横に寝た態(さま)に似た、その猪の鼻と言おう、中空(なかぞら)に抽出(ぬきんで)た、牙(きば)の白いのは湖である。丘を隔てて、一条(ひとすじ)青いのは海である。
 その水の光は、足許(あしもと)の地(つち)に影を映射(うつ)して、羽織の栗梅(くりうめ)が明(あかる)く澄み、袖の飛模様も千鳥に見える。見ると、やや立離れた――一段高く台を蹈(ふ)んで立った――糶売(せりうり)の親仁は、この小春日の真中(まんなか)に、しかも夕月を肩に掛けた銅像に似ていた。
「あの煙突が邪魔だな。」
 ここを入って行きましょうと、同伴(つれ)が言う、私設の市場の入口で、外套氏は振返って、その猪(しし)の鼻の山裾(やますそ)を仰いで言った。
「あれ、温泉よ。」
「温泉?」
「いま通って来たじゃありませんか、おじさん。」
「ああ、あの紺屋の物干場と向い合った……蟋蟀(こおろぎ)がないていた……」
 蟋蟀は……ここでも鳴く。
「その紺屋だって、あったのは昔ですわ。垣も何にもなくなって、いまは草場(くさっぱ)でしたわね。」
「そうだっけな――実は、あのならびに一人、おなじ小学校の組の友だちが居てね。……八田なにがし……」
「そのお飯粒(まんまつぶ)で蛙を釣って遊んだって、御執心の、蓮池の邸(やしき)の方とは違うんですか。」
 鯛はまだ値が出来ない。山の端(は)の薄(すすき)に顱巻(はちまき)を突合せて、あの親仁はまた反った。
「違うんだよ。……何も更(あらた)めて名のるほどの事もないんだけれど、子供ッて妙なもので、まわりに田があるから、ああ八田だ、それにしても八ツはない。……そんなことを独り合点した事も思出しておかしいし、余り様子が変っているので、心細いようにもなって、ついうっかりして――活動写真の小屋が出来た……がらんとしている、不景気だな、とぎょっとして、何、昼間は休みなのだろう、にしておいたよ。そういえば煙突も真正面で、かえって、あんなに高く見えなかったもんだから、明(あかり)取りかと思ったっけ。……映画の明取りはちと変だね。どうかしている。」
 と笑いながら、
「そうかい、温泉かい……こんな処に。」
「沸(わか)すんですよ……ただの水を。」
「ただの水はよかった、成程。」
「でも、温泉といった方が景気がいいからですわ。そしてね、おじさん、いまの、あれ、狢(むじな)の湯っていうんですよ。」
「狢の湯?……」
 と同伴(つれ)の顔を見た時は、もうその市場の裡(なか)を半ば過ぎていた。まだ新しく、ほんの仮設らしい、通抜けで、ただ両側に店が並んだが、二三個処うつろに穴があいて、なぜか箪笥(たんす)の抽斗(ひきだし)の一つ足りないような気がする。今来た入口(はいりぐち)に、下駄屋と駄菓子屋が向合って、駄菓子屋に、ふかし芋と、茹(ゆ)でた豌豆(えんどう)を売るのも、下駄屋の前ならびに、子供の履(はき)ものの目立って紅(あか)いのも、もの侘(わび)しい。蒟蒻(こんにゃく)の桶(おけ)に、鮒(ふな)のバケツが並び、鰌(どじょう)の笊(ざる)に、天秤を立掛けたままの魚屋の裏羽目からは、あなめあなめ空地の尾花が覗(のぞ)いている……といった形。
 ――あとで地の理をよく思うと、ここが昔の蓮池の口もとだったのだそうである。――
「皆その御眷属(ごけんぞく)が売っているようだ。」
「何? おじさん。」
「いえね、その狢の湯の。」
「あら聞こえると悪ござんすわ。」
 とたしなめる目づかいが、つい横の酒類販売店の壜(びん)に、瞳が蝶のようにちらりと映って、レッテルの桜に白い頬がほんのりする。
「決して悪く云ったのじゃない。……これで地口行燈(じぐちあんどん)が五つ六つあってごらん。――横露地の初午(はつうま)じゃないか。お祭のようだと祝ったんだよ。」
「そんな事……お祭だなんのといって、一口飲みたくなったんじゃあ、ありません? おっかさん(外套氏の従姉をいう)ならですけど、可厭(いや)よ、私、こんな処で、腰掛けて一杯なんぞ。」
「大丈夫。いくら好きだって、蕃椒(とうがらし)では飲めないよ。」
 と言った。
 市場を出た処の、乾物屋と思う軒に、真紅(まっか)な蕃椒が夥多(おびただ)しい。……新開ながら老舗(しにせ)と見える。わかめ、あらめ、ひじきなど、磯(いそ)の香も芬(ぷん)とした。が、それが時雨でも誘いそうに、薄暗い店の天井は、輪にかがって、棒にして、揃えて掛けた、車麩(くるばぶ)で一杯であった。
「見事なものだ。村芝居の天井に、雨車を仕掛けた形で、妙に陰気だよ。」
 串戯(じょうだん)ではない。日向(ひなた)に颯(さっ)と村雨が掛(かか)った、薄(すすき)の葉摺(はず)れの音を立てて。――げに北国の冬空や。
 二人は、ちょっとその軒下へ入ったが、
「すぐ晴れますわ、狐の嫁入よ。」
 という、斜(ななめ)に見える市場の裏羽目に添って、紅蓼(べにたで)と、露草の枯れがれに咲いて残ったのが、どちらがその狐火(きつねび)の小提灯(こじょうちん)だか、濡々(ぬれぬれ)と灯(とも)れて、尾花に戦(そよ)いで……それ動いて行く。
「そうか、私はまた狐の糸工場かと思った。雨あしの白いのが、天井の車麩から、ずらずらと降って来るようじゃあないか。」
「可厭(いや)、おじさん。」
 と捩(よ)れるばかり、肩を寄せて、
「気味が悪い。」
「じゃあ、言直そう。ここは蓮池のあとらしいし、この糸で曼陀羅(まんだら)が織れよう。」

ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[ページジャンプ]
[青空文庫の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[作品情報参照]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

Size:48 KB

担当:FIRTREE