伯爵の釵
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:泉鏡花 

       一

 このもの語(がたり)の起った土地は、清きと、美しきと、二筋の大川、市の両端を流れ、真中央(まんなか)に城の天守なお高く聳(そび)え、森黒く、濠(ほり)蒼(あお)く、国境の山岳は重畳(ちょうじょう)として、湖を包み、海に沿い、橋と、坂と、辻の柳、甍(いらか)の浪の町を抱(いだ)いた、北陸の都である。
 一年(ひととせ)、激しい旱魃(かんばつ)のあった真夏の事。
 ……と言うとたちまち、天に可恐(おそろ)しき入道雲湧(わ)き、地に水論の修羅の巷(ちまた)の流れたように聞えるけれど、決して、そんな、物騒な沙汰(さた)ではない。
 かかる折から、地方巡業の新劇団、女優を主とした帝都の有名なる大一座が、この土地に七日間の興行して、全市の湧くがごとき人気を博した。
 極暑の、旱(ひでり)というのに、たといいかなる人気にせよ、湧くの、煮えるのなどは、口にするも暑くるしい。が、――諺(ことわざ)に、火事の折から土蔵の焼けるのを防ぐのに、大盥(おおだらい)に満々と水を湛(たた)え、蝋燭(ろうそく)に灯を点じたのをその中に立てて目塗(めぬり)をすると、壁を透(とお)して煙が裡(うち)へ漲(みなぎ)っても、火気を呼ばないで安全だと言う。……火をもって火を制するのだそうである。
 ここに女優たちの、近代的情熱の燃ゆるがごとき演劇は、あたかもこの轍(てつ)だ、と称(とな)えて可(い)い。雲は焚(や)け、草は萎(しぼ)み、水は涸(か)れ、人は喘(あえ)ぐ時、一座の劇はさながら褥熱(じょくねつ)に対する氷のごとく、十万の市民に、一剤、清涼の気を齎(もた)らして剰余(あまり)あった。
 膚(はだ)の白さも雪なれば、瞳も露の涼しい中にも、拳(こぞ)って座中の明星と称(たた)えられた村井紫玉(しぎょく)が、
「まあ……前刻(さっき)の、あの、小さな児(こ)は?」
 公園の茶店に、一人静(しずか)に憩いながら、緋塩瀬(ひしおぜ)の煙管筒(きせるづつ)の結目(むすびめ)を解掛けつつ、偶(ふ)と思った。……
 髷(まげ)も女優巻でなく、わざとつい通りの束髪で、薄化粧の淡洒(あっさり)した意気造(いきづくり)。形容(しな)に合せて、煙草入(たばこいれ)も、好みで持った気組の婀娜(あだ)。
 で、見た処は芸妓(げいしゃ)の内証歩行(ないしょあるき)という風だから、まして女優の、忍びの出、と言っても可(い)い風采(ふう)。
 また実際、紫玉はこの日は忍びであった。演劇(しばい)は昨日(きのう)楽になって、座の中には、直ぐに次(つぎ)興行の隣国へ、早く先乗(さきのり)をしたのが多い。が、地方としては、これまで経歴(へめぐ)ったそこかしこより、観光に価値(あたい)する名所が夥(おびただし)い、と聞いて、中二日ばかりの休暇(やすみ)を、紫玉はこの土地に居残った。そして、旅宿に二人附添った、玉野、玉江という女弟子も連れないで、一人で密(そっ)と、……日盛(ひざかり)もこうした身には苦にならず、町中(まちなか)を見つつ漫(そぞろ)に来た。
 惟(おも)うに、太平の世の国の守(かみ)が、隠れて民間に微行するのは、政(まつりごと)を聞く時より、どんなにか得意であろう。落人(おちゅうど)のそれならで、そよと鳴る風鈴も、人は昼寝の夢にさえ、我名を呼んで、讃美し、歎賞する、微妙なる音響、と聞えて、その都度、ハッと隠れ忍んで、微笑(ほほえ)み微笑み通ると思え。
 深張(ふかばり)の涼傘(ひがさ)の影ながら、なお面影は透き、色香は仄(ほの)めく……心地すれば、誰(たれ)憚(はばか)るともなく自然(おのず)から俯目(ふしめ)に俯向(うつむ)く。謙譲の褄(つま)はずれは、倨傲(きょごう)の襟より品を備えて、尋常な姿容(すがたかたち)は調って、焼地に焦(い)りつく影も、水で描いたように涼しくも清爽(さわやか)であった。
 わずかに畳の縁(へり)ばかりの、日影を選んで辿(たど)るのも、人は目を□(みは)って、鯨に乗って人魚が通ると見たであろう。……素足の白いのが、すらすらと黒繻子(くろじゅす)の上を辷(すべ)れば、溝(どぶ)の流(ながれ)も清水の音信(おとずれ)。
 で、真先(まっさき)に志したのは、城の櫓(やぐら)と境を接した、三つ二つ、全国に指を屈するという、景勝の公園であった。

       二

 公園の入口に、樹林を背戸に、蓮池(はすいけ)を庭に、柳、藤、桜、山吹など、飛々(とびとび)に名に呼ばれた茶店がある。
 紫玉が、いま腰を掛けたのは柳の茶屋というのであった。が、紅(あか)い襷(たすき)で、色白な娘が運んだ、煎茶(せんちゃ)と煙草盆(たばこぼん)を袖に控えて、さまで嗜(たしな)むともない、その、伊達(だて)に持った煙草入を手にした時、――
「……あれは女の児(こ)だったかしら、それとも男の児だったろうかね。」
 ――と思い出したのはそれである。――
 で、華奢造(きゃしゃづく)りの黄金(きん)煙管(ぎせる)で、余り馴(な)れない、ちと覚束(おぼつか)ない手つきして、青磁色の手つきの瀬戸火鉢を探りながら、
「……帽子を……被(かぶ)っていたとすれば、男の児だろうが、青い鉢巻だっけ。……麦藁(むぎわら)に巻いた切(きれ)だったろうか、それともリボンかしら。色は判然(はっきり)覚えているけど、……お待ちよ、――とこうだから。……」
 取って着けたような喫(の)み方だから、見ると、ものものしいまでに、打傾いて一口吸って、
「……年紀(とし)は、そうさね、七歳(ななつ)か六歳(むッつ)ぐらいな、色の白い上品な、……男の児にしてはちと綺麗過ぎるから女の児――だとリボンだね。――青いリボン。……幼稚(ちいさ)くたって緋(ひ)と限りもしないわね。では、やっぱり女の児かしら。それにしては麦藁帽子……もっともおさげに結ってれば……だけど、そこまでは気が付かない。……」
 大通りは一筋だが、道に迷うのも一興で、そこともなく、裏小路へ紛れ込んで、低い土塀から瓜(うり)、茄子(なす)の畠(はたけ)の覗(のぞ)かれる、荒れ寂れた邸町(やしきまち)を一人で通って、まるっきり人に行合(ゆきあ)わず。白熱した日盛(ひざかり)に、よくも羽が焦げないと思う、白い蝶々の、不意にスッと来て、飜々(ひらひら)と擦違うのを、吃驚(びっくり)した顔をして見送って、そして莞爾(にっこり)……したり……そうした時は象牙骨(ぞうげぼね)の扇でちょっと招いてみたり。……土塀の崩屋根(くずれやね)を仰いで血のような百日紅(さるすべり)の咲満ちた枝を、涼傘(ひがさ)の尖(さき)で擽(くす)ぐる、と堪(たま)らない。とぶるぶるゆさゆさと行(や)るのに、「御免なさい。」と言ってみたり。石垣の草蒸(くさいきれ)に、棄ててある瓜の皮が、化けて脚が生えて、むくむくと動出しそうなのに、「あれ。」と飛退(とびの)いたり。取留めのないすさびも、この女の人気なれば、話せば逸話に伝えられよう。
 低い山かと見た、樹立(こだち)の繁った高い公園の下へ出ると、坂の上り口に社(やしろ)があった。
 宮も大きく、境内も広かった。が、砂浜に鳥居を立てたようで、拝殿の裏崕(うらがけ)には鬱々(うつうつ)たるその公園の森を負いながら、広前(ひろまえ)は一面、真空(まそら)なる太陽に、礫(こいし)の影一つなく、ただ白紙(しらかみ)を敷詰めた光景(ありさま)なのが、日射(ひざし)に、やや黄(きば)んで、渺(びょう)として、どこから散ったか、百日紅の二三点。
 ……覗くと、静まり返った正面の階(きざはし)の傍(かたわら)に、紅(べに)の手綱、朱の鞍(くら)置いた、つくりものの白の神馬(しんめ)が寂寞(せきばく)として一頭(ひとつ)立つ。横に公園へ上る坂は、見透(みとお)しになっていたから、涼傘のままスッと鳥居から抜けると、紫玉の姿は色のまま鳥居の柱に映って通る。……そこに屋根囲(やねがこい)した、大(おおい)なる石の御手洗(みたらし)があって、青き竜頭(りゅうず)から湛(たた)えた水は、且つすらすらと玉を乱して、颯(さっ)と簾(すだれ)に噴溢(ふきあふ)れる。その手水鉢(ちょうずばち)の周囲(まわり)に、ただ一人……その稚児が居たのであった。
 が、炎天、人影も絶えた折から、父母(ちちはは)の昼寝の夢を抜出した、神官の児(こ)であろうと紫玉は視(み)た。ちらちら廻りつつ、廻りつつ、あちこちする。……
 と、御手洗は高く、稚児は小さいので、下を伝うてまわりを廻るのが、さながら、石に刻んだ形が、噴溢れる水の影に誘われて、すらすらと動くような。……と視るうちに、稚児は伸上り、伸上っては、いたいけな手を空に、すらりと動いて、伸上っては、また空に手を伸ばす。――
 紫玉はズッと寄った。稚児はもう涼傘の陰に入ったのである。
「ちょっと……何をしているの。」
「水が欲しいの。」
 と、あどけなく言った。
 ああ、それがため足場を取っては、取替えては、手を伸ばす、が爪立っても、青い巾(きれ)を巻いた、その振分髪、まろが丈は……筒井筒(つついづつ)その半(なかば)にも届くまい。

       三

 その御手洗の高い縁に乗っている柄杓(ひしゃく)を、取りたい、とまた稚児がそう言った。
 紫玉は思わず微笑(ほほえ)んで、
「あら、こうすれば仔細(わけ)ないよ。」
 と、半身を斜めにして、溢れかかる水の一筋を、玉の雫(しずく)に、颯(さっ)と散らして、赤く燃ゆるような唇に請(う)けた。ちょうど渇(かわ)いてもいたし、水の潔(きよ)い事を見たのは言うまでもない。
「ねえ、お前。」
 稚児が仰いで、熟(じっ)と紫玉を視(み)て、
「手を浄(きよ)める水だもの。」
 直接(じか)に吻(くち)を接(つけ)るのは不作法だ、と咎(とが)めたように聞えたのである。
 劇壇の女王(にょおう)は、気色(けしき)した。
「いやにお茶がってるよ、生意気な。」と、軽くその頭(つむり)を掌(てのひら)で叩(たた)き放しに、衝(つ)と広前を切れて、坂に出て、見返りもしないで、さてやがてこの茶屋に憩ったのであった。――
 今思うと、手を触れた稚児の頭(つむり)も、女か、男か、不思議にその感覚が残らぬ。気は涼しかったが、暑さに、いくらか茫(ぼう)としたものかも知れない。
「娘(ねえ)さん、町から、この坂を上る処に、お宮がありますわね。」
「はい。」
「何と言う、お社です。」
「浦安神社でございますわ。」と、片手を畳に、娘は行儀正しく答えた。
「何神様が祭ってあります。」
「お父さん、お父さん。
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[ページジャンプ]
[青空文庫の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[作品情報参照]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

Size:51 KB

担当:FIRTREE