坐禅と見性 第95章水、氷、霧、雲、と佛は老婆禅 at PSY
[2ch|▼Menu]
1:神も仏も名無しさん
13/12/23 15:54:09.69 UIB3qoJ7
848 四大門出入自在乃漢奴 ◆uSyakya1Ao [] 2013/12/23(月) 15:43:11.17 ID:GbF+6vYO Be:
スレ建て依頼┏○ペコ依頼

坐禅と見性 第95章みず、きり、くも、ゆき、あめ、こおり、とほとけは老婆禅
http://

このスレの1章は、南予さんが建てたスレッドである。
禅は、来る者は拒まず、去る者は追わず、である。
スレの興隆は、時空のながれ。
遠くの山は、青く見え、旅に誘う。
あの青い山の向こうに、何があるのか。
白い雲は、山にかかると、さっと分かれて、又、元に戻り何事も無かった如く流れていく。
水も又、川面に顔を出している大石にあたると、さっと分かれてまた、もとの流れとなる。
行く雲、流れる水に、修行僧がたとえられるゆえんである。
縁があって、対話してきた各章のつらなり。
1000章が、つぎのステップである。
坐が坐のまま、真理、ダルマ、法である、われら。
公案に参禅。
問う
「片手の人がたたく拍手の音を聞いてこい」


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

3715日前に更新/43 KB
担当:undef