昔々、廃墟に探検に行 ..
[2ch|▼Menu]
2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 22:45:21.43 +sgVmPtVO
保守

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 22:46:19.27 uknqetUi0
保守

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 22:46:27.15 v5QAhRwq0
VIPを移住しようかと考えているあなた、
VIPが最近つまらないと思っているあなた
戦時板に観光に来ませんか?
スレリンク(senji板)

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 22:47:02.24 Eedz5MRgO
フムフム

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 22:51:29.66 Ff+BhP4CO
PSPじゃ書きにくいから携帯に移動。

行くー!とノリノリな奴、怖いからやめとくと言う奴。
行こうって言い出した奴(K介としよう)はなぜか俺を気に入ってくれてたらしく、「お前も行くよな!」と声をかけてくれた。
昔からお化けは信じないタチだったからあまり興味はなかったけど断りきれず頷いてしまった。
結局6人集まり、放課後廃墟に向かった。
まわりは途中で木の棒を拾ってお化けが出たらやっつけようぜ!なんて言っていた。

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 22:59:11.34 Ff+BhP4CO
廃墟は迫力があった。草木で包まれ、錆びた門の残骸のような物があって、本当に何か出そうな雰囲気だった。
意気揚々だったみんなも静かになり、K介が恐る恐る進んで行った。
敷地であっただろう門を入った所は草が生い茂り、建物は見えなかった。
奥へ進み入口からは見えなかったところを覗いてみると、建物があった。
ドアがあったけど半開きで中は見えない。
誰が最初に行くかで少しもめた。

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 23:06:47.70 Ff+BhP4CO
結局みんなで一緒に中を見ようということに決まった。正直少し怖くて帰りたかったけど、ここで帰ったらみんなにビビりと呼ばれる。普段目立たないのにそんな事で注目されるのは嫌だった。
K介「じゃあいっせーのーせっで見るぞ…いっ…せー…のー…せっ!」

中を見た。5人は。

「うわあぁああ!!」
「でたあああああ!!」
前の奴の頭が邪魔で見えなかった俺が中を見ようとしている間に5人は走って行った。

中には、女の人がいた。

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 23:15:27.27 jRhfTeIKO
皆一斉に逃げた。
しかし、俺はあまり運動が得意でなく転んでしまった。
するとK介が気づき、俺の手をとり起こしてくれた。

他のやつらはもう見えないところまで逃げたらしい。


だが、K介を除いて。


数分、俺とK介は手を繋いだまま見つめあっていた。

K介「実は俺・・・・お前のことがs

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 23:15:28.86 Ff+BhP4CO
とりあえず最初に思ったことは綺麗な人だなぁ、だった。
コンクリートの固まりの上に座ってこっちを見ている。
ひび割れた窓から入る光りが射すとこにいて、肌の白さが際立ってた。
ぼーっと見とれていたけど相手が不思議そうな顔でこっちを見ていることに気付いて、慌てた俺はなぜか何か喋らなくちゃ、と思った。
「な、なにしてるんですか」
「…寝てた…」
どうやら人間のようだ。そりゃそーだ。ビビっていた自分がバカらしくなった。

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 23:17:33.78 zKFl7ioxO
携帯で頑張るなぁ

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 23:21:46.74 jRhfTeIKO
>>1
親指のドゥケルバン症候群だけ気を付けろよ

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 23:22:40.56 Ff+BhP4CO
とりあえず睡眠を妨害したようだったから謝った。
「うるさくしてすいませんでした」
「うん…何してたの?」
「えーと…」
お化け探しに来てまわりはあなたがお化けかと思って逃げましたとは言えなかった。
ちょいちょいと手招きをしている。
恐る恐る近づく。←まだビビってる
「声が響いて聞こえづらいから」
ゆっくりした穏やかな細い声。よく見ると女の人が着ているのは地元の中学校の制服だった。

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 23:24:20.19 ttckqqu00
レイプ

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 23:31:27.66 Ff+BhP4CO
ちょっとした探検です、と濁してからなんでここにいたのか聞いてみた。
「ここが温かいから…」
「いや、日が射すところってことじゃなくて…」
「?」
「いや、なんで廃墟にいるんですか?」
「静かで落ち着くから」
「そうですか…」
会話が途切れる。なんとなく気まずい。
「何してたんですか?」
「本読んでた」
スッと本を取り出す女の人。小学生の俺には難しそうな本だった。
「そしたらいつの間にか寝てた」
「日差しが気持ちいいですもんね」
春の陽気は廃墟の中を温かく照らしていた。

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 23:36:18.88 p2xyYOxCO
何か…嫌いじゃないっす

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 23:39:27.10 Ff+BhP4CO
「お名前は?」
初めて質問が来た。
「俺です」
「私は紗奈です」
柔らかく微笑む紗奈さん。
「食べる?」
脇に置いていたバッグからバームクーヘンを取り出す。
知らない人から物をもらっちゃいけませんという言葉が浮かんだけど名前聞いたから知らない人じゃない、とごまかしてありがたくもらうことにした。うまそうだったし。
二人でバームクーヘンを食べる。
さっきの気まずさは無くなってなんだか居心地がよかった。

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 23:46:44.16 dov8nt+HO
紗奈が読んでいた本を閉じると、ハラリと栞が床に落ちた。だがよく見るとそれは押し花のようだ。

「あっ、それ…オトギリソウ?」

花屋のY君が口を開いた。
「よく知ってるわね…その通りよ。」

〜弟切草||〜

2009.07.05発売 CHUNSOFT

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 23:48:01.16 ttckqqu00
風呂後一気に読むことにする

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 23:49:30.03 Ff+BhP4CO
今思うと餌付けされた小学生のような気もするけどバームクーヘンはホントにおいしかった。
けどのどが渇いた。口の中パッサパサだった。
「飲む?」
水筒が目の前に出て来た。
「はい」
口の中パッサパサ。
トポポポ、と水音。ありがたいありがたい。
「どうぞ」
勢いよく飲む。…甘い…苦い?
「紅茶嫌い?」
「生まれて初めて飲みました」
ちょっと苦いけどのどの渇きを癒すためには仕方ない。
「本当はいれたてのほうが美味しいんだけど」
紅茶の事は全くわからないから黙って聞いていた。
「紅茶嫌い?」
「嫌いじゃないです」
紗奈さんは嬉しそうだった。

21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/03 23:59:48.46 Ff+BhP4CO
それから少し紗奈さんは紅茶の話をしてくれた。
クリームを乗せたりフルーツを浮かべたりしたのもあるんだよ、と聞いて少し飲んでみたくなった。
少しずつ空が赤くなってきて、窓から差し込む光は違うところを照らしていた。
あたりを見学していた俺は紗奈さんが読書を再開しているのを見て帰ることにした。邪魔するのも悪い気がした。
「じゃあそろそろ帰ります、バームクーヘンおいしかったです」
「うん、またね」
またね。また来てもいいのかな。なんだか嬉しくなった。

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 00:03:44.72 a1FlMV7SO
あーキレーなお姉さんにからかわれてぇ〜

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 00:06:34.89 RydKMt3+O
次の日学校に行くとみんなが集まって来た。
「お前あの廃墟行ったんだろ、どうだった!?」
「昨日心配したんだぞ!」
「お化けでた?」
「がいこつとか!?」
ここで何かあると言ったらまた探検に行こう、となるかもしれない。それはなんか嫌だった。紗奈さんの読書の邪魔にもなるし。
「なんにもなかった。K介達は黒い岩みたいな奴を人と見間違えたんだと思う」
みんな明らかに落胆した顔。まじかよーつまんねーと聞こえる。
「まぁなんかあったらお前が帰って来れないか!」
バームクーヘン食って帰ってきましたけど。

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 00:13:26.60 x3D3E0Is0
実話?

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 00:17:00.24 RydKMt3+O
その日の放課後はK介から遊ぼうと言われ、奇跡的に放課後に予定が入った。紗奈さんのことが少し気になったけど、久しぶりに入った遊ぶ約束を優先した。

次の日、金曜日。
紗奈さんのことが気になる。
もしかしたらホントは幽霊だったんじゃないか?でもバームクーヘンはちゃんと口から水分を奪い去っていったし紅茶は苦かった。
とにかく確認したかった。
貰ったからにはお返しをと、放課後、家に帰ってお菓子を取って廃墟に向かった。

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 00:23:58.15 wG6IsNbAO
支援☆

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 00:24:52.69 caEsnAl7O
wktk

28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 00:26:00.05 xUlWGKEU0
なんかいいねこの話

廃墟ってのがいい

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 00:28:22.60 RydKMt3+O
>>24
実話を思い出しつつだから脳内補完も二割ほど。

門の残骸に着く。相変わらず迫力がある。少しビクビクしながら奥に進んだ。
半開きのドアを、覗き込む。

紗奈さんがいた。本を読んでいた。
やっぱり幽霊じゃなかった。安心して近寄る。紗奈さんも気付いたようだった。
「あの、こんにちは」
「はい、こんにちは」
優しく微笑む紗奈さん。
「今日も読書ですか?」
見りゃわかるだろ。と、自分で言った後に心の中で突っ込む。
「うん」
そういうとパタンと本を閉じる。
「食べる?」
取り出した袋にはクリームパンとかかれていた。

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 00:38:14.19 RydKMt3+O
「俺も持ってきました」
ワッフル?のようなものを渡す。
「豪華だねぇ」
嬉しそうな紗奈さん。
「今日は砂糖多めに入れて来たから」
一昨日見た水筒がでてきた。
「お茶会だね」
お茶会らしい。


「お腹一杯」
紗奈さんは少食なようで、クリームパン一つとワッフル半分でお腹は満たされたらしかった。
「昨日もいたんですか?」
「うん、大体いるよ」
昨日もきとけばよかった。
「俺君は何年生?」
「6年です」
紗奈さんは俺の一つ上だった。

31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 00:40:27.16 5pST7Kdd0
わっふるわっふる

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 00:47:10.45 W3Gr5QEe0
なんか良いな

33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 00:52:00.11 RydKMt3+O
それからぽつぽつとお互いの話をした。
人見知りで友達があまりいないこと。
本が好きなこと。
学校に自分の居場所がないような気がすること。
なんだか似ている気がした。
向こうもそう思ってくれているのだろうか。

その日は一昨日より遅くまでいた。居場所を見つけた気がした。

34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 00:54:50.76 4FBPd5Ya0
面白いな、読むぜ

35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:03:25.67 RydKMt3+O
次の日は土曜日だった。
さすがに休日にはいないだろうと思って昼頃まで過ごしたけど、気になるので行ってみることにした。
ママチャリを必死に漕いで坂を昇る。
門について、ここに自転車を置いたら誰かいるとばれるので奥まで持っていくことにした。

これでいなかったら馬鹿みたいだ、などと考えながらドアをくぐると紗奈さんがいた。
けどいつものように(といっても二回しか見てないけど)コンクリートの固まりに座ってはいなかった。シートを敷いて寝ていた。

近づいてみると実に気持ち良さそうに寝ていた。
カラフルなピクニックシートのすみには弁当箱らしき包みがあった。

36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:03:41.95 RBEK9dZPO
映画みたいに脳内で再生される…面白い

37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:07:33.77 x3D3E0Is0
書き方が映像を鮮明に作るからこれまたすごい

38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:08:31.77 NVrm0d82O
久しぶりに廃墟探索したくなってきた

39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:08:40.78 skuoA+JR0
ショートフィルムで見たいな

40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:13:57.21 xUlWGKEU0
>>38
URLリンク(kaede472.web.fc2.com)

41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:14:07.93 VRWlD9mhO
シエン

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:14:57.39 M2jwi7+VO
軍艦島行きたいなぁ

43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:15:42.61 x3D3E0Is0
明日見るから落とさないで頼む

44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:18:53.24 RydKMt3+O
寝ているのを起こすのは気が引けたけど、無防備な女の人の近くにいるのもなんだかいけない気がする。悩んだ末に起こすことにした。
「紗奈さん、俺です」
大きめの声を出してみる。
穏やかな寝息。
「紗奈さん?」
ゆさゆさと揺すってみる。
顔がむむ、と表情を作った。目がうっすらと開く。
「…あれ…」
「おはようございます」
「はい、おはようございます…」
寝ぼけているようだ。むにゃむにゃと効果音が付きそうな雰囲気。
むぅとかうーとか唸った後、少し意識が覚醒したらしい紗奈さんが口を開いた。
「ご飯は食べましたか?」
何故敬語。
「まだですけど…」
「じゃあどうぞ」
シートのすみの包みをほどく紗奈さん。やっぱり弁当箱だったのか。
「あれ、こっちは食べたやつだ」
まだ寝ぼけているらしかった。

45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:21:51.15 z11sqoyUO
ほのぼのしてるなぁ
こんなの好きだ

46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:22:05.20 5pST7Kdd0
か、かわいいじゃねぇか…

47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:24:22.49 4uyUxqOlO
廃墟でサバゲーやりたくないか?

48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:27:12.49 8j2BwLdBO
支援

49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:29:01.12 9hLJlwKL0
>>47
チェルノブイリを舞台にですねわかります

50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:29:36.57 RydKMt3+O
かばんからもうひとつ包みを取り出す紗奈さん。
中身はから揚げと卵焼きとおにぎりだった。
「ありがたいです」
「来なかったらどうしようかと思ってた」
えへへ、と笑う紗奈さん。
「いただきます」
から揚げ。冷凍のようだ。
おにぎり。うん、普通のおにぎり。
卵焼き。……
「?」
不思議そうにこっちを見てくる。
はっきり言って、まずい。
だけどそんなこと言えるはずもなく、
「すごく美味しいです」
「よかった」
この一言で後々苦しむことになる。

51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:33:06.80 DZxSUFqNO
ラ ノ ベ 化 決 定 !

52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:34:11.85 z11sqoyUO
>>51
買う

53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:35:44.75 kQmxLqMiO
>>51
>>52
ごめん
そういうの無しにして


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:39:59.86 RydKMt3+O
黄色い悪魔に見える卵焼きを無理矢理お茶で流し込み、弁当を食べ終わる。
紗奈さんは弁当箱を丁寧に包んでバッグにいれるとかわりにトランプを取り出した。
「いくよー」
たどたどしい手つきでトランプをシャッフルすると簡単なマジックをやってくれた。
タネがわかったような気もしたけど黙っておいた。
そのあとは紗奈さんの提案により二人でババヌキという最もつまらないトランプゲームをした。
ただ、普段は優しく微笑む紗奈さんの表情がくるくる変わるのを見るのは面白かった。

55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:41:15.23 z11sqoyUO
>>53
すまんかった

56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:44:53.98 mhRpYgKe0
全米が泣いた (;ω;)

57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:46:37.38 a1FlMV7SO
支援

58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:49:35.36 2IF/cHf7O
俺もこんな思い出ほしい

59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:50:36.17 GBgSGkP6O
>>42
まだ見れるの?行ってみたい

60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:53:15.46 RydKMt3+O
その日は夕方から雨になった。
「傘、もってきた?」
「持って来てないです」
それを聞くと紗奈さんは奥に歩いていき、物影からひょいと傘を取り出した。
「一本しかないけど、大丈夫だね」
相合い傘というやつなんでしょうかこれは。

二人で一つの傘というのはかなり狭かった。悪いけどママチャリには濡れてもらった。
「あのお弁当は紗奈さんが作ったんですか?」
「うん。あ、敬語じゃなくていいよ。紗奈、で呼んで」
「え、いや、年上ですから」
「お願い」
「はあ」
後から聞いた話では、紗奈さんは名前で呼ばれたことがほとんどなかったらしい。俺は初めてできたまともな友達だったから他人行儀な喋り方は嫌だったそうだ。
「じゃあ今度からそうする」
このあたりは小学生、順応も早い。

送るという紗奈を何とか諦めさせて、俺はママチャリをかっ飛ばして帰った。

61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 01:57:39.11 Iy2I11krO
一方その頃
俺「キテレツ大百科おもしれー」

62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:02:46.41 a1FlMV7SO
>>61

悪い、俺もキテレツ好きは共感出来るけど今はこの話に浸りたいだ頼むわ

63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:03:09.70 RydKMt3+O
それからはずっと二人でいるようになった。

公園まで散歩したり、入って来た紋白蝶を眺めたり、高台まで登って夜景を見たり。

わりと放任的だったうちの親にも感謝した。

そうして夏が過ぎ、秋が去り、冬が終わった。

64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:03:39.77 FZW2yu2v0
明日休みでよかった

>>53
紹介サイトには纏められるかもな

65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:07:23.57 dkJSoweIO
追い付いた
俺もこんな学生時代が欲しかったな…

66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:10:35.48 Sg7fMWpPO
俺の中で紗奈さんが
夜は短し歩けよ乙女の女の子で脳内再生されて面白い  

支援

67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:11:23.47 OcIdsKu80
で、オチは?

68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:14:02.12 wG6IsNbAO
>>67
あせるな。支援☆

69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:14:09.32 44eX75Y5O
支援

70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:14:48.67 dSNxZECy0
支援

71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:16:15.39 FEf3kip8O
>>66
夜は短しは俺の京大コンプを刺激するんだよォォォォォ

72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:19:03.17 Sg7fMWpPO
・・・・・・なんか・・ゴメン・・・・・・・・

でもあの女の子は俺の中の理想に近い女の子なんだ・・・

73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:20:58.30 NPvw+Cix0
炎髪灼眼の討ち手?

74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:21:45.11 ELn6ceOEO
俺は寝るからみんな保守しておいてくれ

75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:22:08.13 RydKMt3+O
中学に入学しても友達らしい友達は増えなかった。半分は新しい人だけど、人見知りな俺はそれが苦痛だった。会話はするけど二言三言。それも数人。K介はクラスが違った。
別に友達が出来ないこと自体が辛いんじゃなかった。学校に居場所がない気が、した。

初めて制服を着ていつもの場所に行くと紗奈は楽しそうだった。
「カッコイイ」
「いや、変でしょ」
「見慣れてないからそう感じるだけだよ」
「そうかな…」
「どうする?今度からは学校から一緒にここまでくる?」
「いや、それは」
変な噂がたったりもしかしたらつけられたりするかもしれない。ただでさえクラスで可愛い先輩がいる、という話題に紗奈が出て来たりするのだから。
「そだね」
紗奈も意図をわかったらしくそれ以上は言わなかった。ただ、少しだけ、残念そうな顔をした。

76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:22:20.85 FEf3kip8O
>>72
まあそれは認める。おれは漫画で読んだだけだが…
原作よみたいんだけど表紙みるとうわあああああってなるから読めないし買えない…
仮面するしかないNE!

77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:23:10.36 NPvw+Cix0
それにしても何でみんなラノベ作家志望の>>1の糞みたいな駄作をマジメに読んでんの?

どんだけ頭悪いの?

78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:23:12.15 xUlWGKEU0
俺も寝る!
保守たのんだぞ!

任せたぞおまいら

79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:24:35.86 5pST7Kdd0
wktk

80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:24:40.38 v8QCzgVr0
話題になるほど可愛かったのか・・・

81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:25:04.58 z11sqoyUO
羨ましか!羨ましか!

82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:25:13.84 z2u7iLwQO
>>77
そんなに嫉妬すんなよ

83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:25:33.78 x3D3E0Is0
>>77
死ねよカス

84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:26:19.82 FZW2yu2v0
>>77
小沢さんこんな所に居たんですか

85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:27:54.21 CXfc2FZIO
>>77はかまってちゃんだからスルーしよね^^

86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:29:50.02 44eX75Y5O
よし、オレに任せろ!みんなゆっくり寝てくれ

87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:31:18.83 gfMC917S0
>>77
URLリンク(up2.viploader.net)

88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:33:05.01 q7rkgDsCO
まだ?
ぶっ飛ばされたいの?

89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:33:25.06 gyG+OQmzO
>>77
大人気だな

90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:33:46.69 pXL/n1HQO
なんか、良いな

91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:34:10.19 FZW2yu2v0
そろそろ>>77の任期に嫉妬だよ・・・

92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:38:09.34 RydKMt3+O
紗奈の見た目はあんまり女を意識しない(関わる機会がない)俺から見ても可愛かった。
中学時のスペックとしては
細い。胸ほぼ無し。髪は背中辺りまで、吸い込まれるような黒(まぁ中学だから黒で当たり前か) 俺よりでかかったから152、3センチくらい 病的なくらい色白。目がでかい、睫毛長い なんかふわふわしたオーラがでてる

ってな感じだったんだけど、廊下ですれ違ったときは違った。
いつもの優しい笑顔は想像できないくらいぴりぴりした雰囲気だった。
学校では別人のようだった。ああでもしないと居辛さに耐えられなかったのかもしれない。

93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:43:43.11 44eX75Y5O
保守

94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:43:45.35 NPvw+Cix0
>>1が考えた理想の女の子」


っていうスレタイで立て直せよww

95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:44:03.65 z11sqoyUO
>>92
想像通りwwとニヤけながら支援

96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:44:16.20 skuoA+JR0
保守組がんばってください
オヤスミ

97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:44:48.46 OcIdsKu80
で、オチは?

98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:45:24.47 a1FlMV7SO
支援

99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:46:00.51 3blxWmua0
なにこれ……、俺のストライクゾーンのど真ん中じゃないか
寡黙なお姉さん好きの俺にはたまらん


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:46:11.37 RydKMt3+O
中学でも生活はあんまり変わらなかった。学校に行き、休み時間は本を読み、昼休みは図書室に篭り、放課後はいつもの場所に。
授業中喋る相手もいないから勉強はそれなりにできた。
紗奈と居るときが一番充実していた。
紅茶の味にも慣れ、本の感想を言い合うようになった。
ただ、相変わらず紗奈の料理の腕はあがらず、弁当には苦戦を強いられた。
すぐに一学期は終わり、夏休みに入った。

101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:50:35.28 SmK482h50
すげぇいい
癒される

102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:52:49.23 bwLwM9sLO
>>1ちゃんぎゃんばれ

103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:52:57.38 LXewfWroO
GOTHの女の子

104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:53:28.05 NPvw+Cix0
お前はエロゲライターにはなれんよ

105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:54:18.10 1UTskG91O
>>104
ラノベライターにはなれると思うんだが

106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:54:26.50 44eX75Y5O
エロゲがなんだ。たまには純愛だって捨てたもんじゃないべ

107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 02:57:57.69 dkJSoweIO
部活やらなかったの?

108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:01:46.05 1ItO3EWlO
保守はほどほどに!

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:02:27.21 RydKMt3+O
夏休みになっても毎日いつもの場所に行った。段ボールで机を作って宿題をする。
まわりが草木に囲まれてるせいか、廃墟のなかはそんなに暑くなかった。
「あ、食べる物がない」
この人はたまにドジをやらかす。
「少しならお金あるけど」
「ん、それは本とかのためにとっておきたい」
「本は体の栄養にはなりません」
「じゃあうち行こうか」
「は?」
ちなみに俺は女子の部屋に入ったことがない。
「お腹すいたし、ね」
いつもはのんびりなくせにこういう所は強引だ。
「わかったけど…親御さんは?いるならなんか手土産…」
いつもは無関心なくせにこういう所は律義である。
「手土産あるなら今食べてるでしょう」
確かに。
「今日は平日だからいないよ。私たち夏休みなの忘れてるね?」
素直についていくことにした。

110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:04:36.17 dkJSoweIO


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:04:43.86 NPvw+Cix0
>>105

>>1はエロゲライターやラノベ作家になりたいけど才能無くてなれない惨めな豚だよ

112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:05:14.55 xUlWGKEU0
もっ、もしかして・・・フラグ??

113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:07:36.04 z11sqoyUO
Wktk!

114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:09:04.03 7qMLhH0cO
なんか、いいね。
中学の時、女の子の先輩にプールでバックドロップしたの思い出した。

115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:09:23.83 FZW2yu2v0
>>111
んもうっ>>77で味占めたからってまたそんな事言って。

かまってあげるのもコレが最後だかんね

116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:09:32.22 2SycSeDL0
           ,,                                 ,,,
  ゙'lliiiiiiiiiiiiilllllllllllllllll|||li,,                               l||||l
   ゙゙゙゙゙  、,,,,,,,ii!!"゙゙゙゙゙     、,,,,,,   、,,,,                      ||||
      ,l||||"       ゙゙'llli,, ゙l||! ,,l|||゙   ill,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,iiilllll,,,      |||
      ,,l|||!         ゙゙゙゙゙  ,,,l||"     ゙゙'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       ||
     ,il|l゙゙            ,,rlll"                      ,,,,
    ,,ill"゙           ,,,ril"゙                         il||||l
                                            ゙゙゙"


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:09:54.04 5pST7Kdd0
なんでもいいだろ、面白いんだから。
さぁ>>1続きを頼むぜ

118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:10:16.30 xUlWGKEU0
>>111
大丈夫お前より才能あるから
それなりの大学の文学部の俺がいうから間違いはないはず

帰れクソ野郎



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:14:12.27 BIUvxWpAO
癒されるなあ…
支援

120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:16:17.10 RydKMt3+O
>>107
万年帰宅部

緊張。初めては何だって緊張するものだ。お使いだって、人の家にお邪魔するのだって。
鍵を取り出し、ドアを開ける紗奈。
人の気配はしなかった。
ダイニングに通され、紗奈がキッチンに行く。
嫌な予感。
「作るの?」
「うん。まだ簡単なのしか作れないからベーコンエッグでいい?」
「俺が作る」
姉に仕込まれたから料理にはそれなりに自信がある。…少なくとも紗奈よりは。

「おいしい」
「どうも」
何とか無事に腹は満たされた。

121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:18:28.50 v8QCzgVr0
卵って腕の善し悪しがでやすいよね

122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:18:28.87 z11sqoyUO
俺も中学の時三年間帰宅部だったが…羨ましか!羨ましか!

123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:26:53.47 44eX75Y5O
保守。なんか胸がキュンキュンするぜ

124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:29:16.37 RydKMt3+O
「またあそこ戻る?」
いっぱいになった腹を抱えてこの強烈な日光の下チャリを漕ぐのは勘弁してほしかった。
「出来れば遠慮したい」
「私も」
同じ考えらしい。出無精。
「部屋行こう」
ついに紗奈の部屋。どんな感じなんだろう。やっぱいい匂いでファンシーな感じなんだろうか。
「はい、片付けてないけどどうぞー」
何と言うか。気を許してくれるのは嬉しいけど本当に全く片付けていない。
服が隅に集められてクッションが山のようにあった。机の上は教科書が乱雑に置いてあってベッドの近くには…
「あぁこれはまずい」
慌てて隠す紗奈。
「寝る時は外すから…」
えへへ、じゃない。

125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:30:06.46 YR5dcApsO
昼まで保守してくれ

寝る

126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:30:21.20 NPvw+Cix0
>>118
東大法4年でつ

低学歴の文学部が寝言いっててワロタwwww

127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:32:39.62 44eX75Y5O
>>126東大だとしてもクソはクソ。オナって寝とけハゲカス

128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:32:48.22 z11sqoyUO
>>126
低学歴でも高学歴でも何でもいいから80年程黙っていてくれ

129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:34:37.31 FZW2yu2v0
>>126
TPOが解るかどうかは社会に出る時学歴関係無く大事だぞ?

>>123
同感だわw危険な匂いもせず不思議なドキドキ感だよな

130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:37:54.70 jmunvL8SO
追い付いた…
続き楽しみにしてる。

131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:39:57.43 RydKMt3+O
とりあえずコイツには全く生活能力が無いということはわかった。
でもやっぱりいい匂いはしたし、何だか女の子の部屋という感じはした。
そして本棚だけは見事に並べられている。
「クッション多いね」
ふにょふにょだ。幾つあるんだろ。敷き詰めたら部屋が埋まりそうな気がする。
「わらび餅みたいだからわらび」
いや名前は聞いてない。
「どこでもねっころがれるようにね」
むしろ邪魔なんじゃなかろうか。


夕方頃に帰ることにした。
見送る紗奈が言う。

明日もいつもの場所で。

その一言が好きだった。
二人にしかわからない合言葉。

132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:41:52.61 FZW2yu2v0
とにかく

このいつもの場所に行けば
俺にもこんな展開が・・・

133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:43:12.79 KqQcIzzcO
小屋に監禁された同い年の少女が、
父親の連れて来た男達にイタズラされるジャンルって
割と確立されてるもんだな

134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:43:53.82 5pST7Kdd0
ブラジャー!ブラジャー!




あれ?盗ってこなかったの

135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:44:12.53 v8QCzgVr0
ここまで5時間か・・・ 
朝までに完結するかな

136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:44:16.22 44eX75Y5O
>>132
オレがいてやる!思い切り泣いていいぞ!!

137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:46:38.73 LcYK9EPM0
>>15までよんで長門って想像が壊れないようにもう読まないことにしてもいい?

138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:46:39.92 ujvaMARE0
物凄くノスタルジックな気持ちにさせてくれるね
昔は子供達の遊び場がたくさんあっていつのまにか知らない子達も一緒になって遊んでた

139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:48:17.53 W3Gr5QEe0
普通なら書き貯めてからヤレとか思うんだが
この静かでゆっくり進む時間がなんか良いかも。

140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:49:51.78 z11sqoyUO
紅茶でも飲むか

141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:50:29.57 NpdwZq7WO
二人でババ抜きってそれなんて魔人?

142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:52:19.75 RydKMt3+O
そうして初めて遊びに行って親密度が上がった(と勝手に思った)りして夏休みは終わった。

そしてたき火をしたりまつぼっくりで置物をつくったりして秋が過ぎ、肉まんをはんぶんこしたり小さな雪だるまを作ったりして冬が過ぎ春がやってくる。俺は中2、紗奈は中3。

紗奈のクラスに転校生が来た。

143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:53:14.44 FZW2yu2v0
・・・そろそろ正座して読むか。

144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:54:37.17 VTso9d2BO
どうなるんだ

145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 03:58:16.34 dsfiAufiO
これは気になる

146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:01:52.66 z11sqoyUO
Wkt…k?

147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:03:33.82 RydKMt3+O
これが悩みの種だった。
転校生は女子だったからそこは心配なかったけど、席が紗奈の前だからすぐ振り向いて話しかけて来るらしい。
シカトしても効果無し、うるさいといえば声が小さくなるだけ。
穏やかな春の日なのに負のオーラがでている紗奈。
「…」
「…」
「…いい天気だなー」
「…うん」
「…」
やつれてる。
「…帰る?」
「やだ」
「…」
「…」
「体調悪そうだけど…」
「…」
ふるふると首を振る。学年の違う俺にはいい解決策が見つからない。教室に一緒にいるわけにもいかないし。

148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:03:44.31 44eX75Y5O
ワクテカというよりむしろドギマギって感じだな

149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:08:49.14 FZW2yu2v0
そう言えば
みつどもえって漫画の三女さんが似た様な奴に・・・

愚痴こぼしてもらうのが一番手っ取り早そうなんだがな

150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:12:33.48 1Xz8IkzC0
中学生が親御さんに手土産なんてそんな配慮のある思考を持ち合わせてるわけがない

151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:12:58.51 z11sqoyUO
Dgmgか

152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:15:14.37 RydKMt3+O
これが一週間続いた。俺は思い付いた案が話し掛けんなと書いた紙を顔に貼り付けておく、だけだったので見守るしかなかった。
そして次の週。
事情が変わったらしい。
あまり話しかけてこず、移動教室なんかは「一緒に行こう」と一声かけるだけになったとのこと。
「それ友達になりたいんじゃないの?」
まぁ元々嫌がらせしたいわけではなかったと思うけど。
「今のままならいいけど…前みたいに話しかけて来られたら遠慮したい」
「それは相手に言わないと」
「言いづらい」
でしょうね、俺も言いづらい。
とりあえず紗奈の顔色が良くなって安心した。

153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:19:00.85 jPssEbbXO
>>1が中3で女が高1の設定だったらもうちょい入りこんで読めたな

154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:25:21.68 44eX75Y5O
保守

155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:25:22.52 M2Oxp3F40
支援

156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:27:00.98 v8QCzgVr0
おやすみ・・・ 


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:28:24.47 R5u3lpD10
おいついた保守

158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:28:58.78 z11sqoyUO
渾身の…支援!

159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:29:00.42 Omd19WqqO
上でも出てるが
郷愁を感じる心地よいスレだね

支援age

160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:29:03.50 44eX75Y5O
>>156
いい夢見ろよ

161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:30:10.49 RydKMt3+O
で、次の週。靴箱に手紙が入っていた。
『今日は公園で』
小さい綺麗な字で書いてある。何で公園なんだろ、と疑問に思ったけど素直に行くことにした。

公園が見えるところまで来ると中に人影が見えた。二つ。…二つ?
入っていくと紗奈ともうひとり知らない顔。
「どーもっ!」
「はぁ」
「えと、噂の詩織さん」
詩織って名前は大人しそうなイメージなんだけど。
「君が俺くん?ははぁ、優しそうな人だね」
初めて言われたよ。
「何で俺に紹介…」
「私が紗奈の友達に会いたいって言ったからねー、人見知りなんだって?大丈夫!私紗奈とも仲良くなれたし!」
「仲良くなったの?」
「それなりに…」
押しに負けたか。

162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:35:45.63 VfAJIGOzO
嘘、追い付いちゃった

163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:36:16.15 z11sqoyUO
なんだこの展開…
羨ましか!羨ましか!

164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:36:24.52 vM6bAlNr0
それから半年が過ぎ、紗奈の体も女らしく変わっていったが、
俺の中では始めて会った日のままの紗奈には変わりなかった。

そんな日々のある朝、ふと下半身の気持ち悪さで起床した。
「うわ、 ちょwww夢精してんじゃん・・・」
「そう言えば紗奈とセックルした夢だったな・・・」

と、そんな日々が続いた。

165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:36:27.67 44eX75Y5O
保守

166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:38:34.00 9lXYlOK2O
試演

167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:40:35.04 R5u3lpD10
しえんしえん

168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:42:11.34 PbSVX0F1O
いつもラノベ的な話をハム速に載せてる人かな。
根岸ぶん殴る話や、クラスのリア充男女にお呼ばれして仲良くなって、遊園地や海行く話の人。

169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:43:29.61 dkJSoweIO
保守
文章がちょっと適当になってきたな

170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:44:24.11 RydKMt3+O
「つれないなー、昨日は熱い夜を過ごしたじゃん」
「そうそう、昨日は熱帯夜だったね」
「あぁ、温暖化ってやつかなぁ」
紗奈が普通に話せてるって事は本当に気を許したみたいだ。すごく意外。

それから三人で過ごすことが増えた。
後から聞いた話によると詩織は生理中は誰かと話したくなるらしい。人恋しいというか。普通逆な気もするけど…
で、紗奈に話しかけた手前引っ込みがつかなくなり何とか友達になりたかったそうな。

今までは(紗奈の天然ボケを除いて)どちらかといえばツッコミ二人だったからボケが入って賑やかになった。
何故か詩織なら俺も紗奈も普通に話せた。人懐っこいからだろうか。

171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:46:16.74 z11sqoyUO
ほ し ゅ

172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:47:43.03 VfAJIGOzO
しおりさんいらねーw

173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:47:53.02 FZW2yu2v0
なんとも赤裸々な事までw

174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:53:18.99 1Xz8IkzC0
温暖化・・・?
地球温暖化なんてものが大々的に問題視されて、
一般市民の日常会話に出てきたのなんでごく最近じゃないか?
10年20年前の人間がはたして「温暖化」なんて単語を口にするだろうか・・・?

175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:53:32.92 RydKMt3+O
>>169
すまん、眠くて…

こうしてメンバーが増え、紗奈一人しかいなかった廃墟には三人の声が響くようになった。
紗奈と詩織は受験だったけど紗奈は俺と同じ理由で勉強が出来たし、詩織はやれば出来る子だから!と言って本当に出来る子だった。

二人は無事合格し、高校生になった。

また桜の季節がやってきた。
クラス替えがあって、そのメンバーの中には
「あれ、俺じゃん!久しぶり」
K介がいた。

176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:53:37.65 jPssEbbXO
終わりが見えない

177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:54:04.68 vBaiHS5x0
NTRじゃね?

178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:54:36.16 jKL2KZzjO
>>174
そこはwwww

179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:55:27.91 FEnWNHbE0
>>174
おいてめぇふざけんな!俺の夢を返せ!!!!!!!!

180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:58:53.98 VfAJIGOzO
>>174
12年前くらいなら言ってたぜ
考えてみろよ、12年前っつっても1997年だぜ?
割と最近じゃないか

181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:58:55.44 PbSVX0F1O
いつもの、主人公に嫉妬するナードな男子が出るのはいつかな。

182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 04:59:26.69 vBaiHS5x0
>>179
落ち着け、ここはVIPだぞ
……何を信じていたんだ?
だが、それでも夢を見ることはできるとは思う
目を開けたまま、脳みそを眠らせてしまえ

183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:00:12.46 jKL2KZzjO
そして>>1は寝落ちしスレも落ちて物語は永久に未完となる

184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:01:01.33 NpdwZq7WO
>>180
うわああぁああああああああああ

185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:01:02.76 5pST7Kdd0
温暖化とか10年以上前からあったんじゃないか?

186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:01:13.04 44eX75Y5O
>>175
がんば。オレも頑張る。眠かったら寝てもいいんだぞ

187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:01:47.99 Omd19WqqO
>>174
手元にたまたま資料があったんだが
1995年頃から民間で言われる用になったみたい

もう14年前だぜwww

188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:02:19.02 FZW2yu2v0
>>180が正論。
アメリカと一緒にすんなw

189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:05:37.67 VfAJIGOzO
>>187
あーよかった

190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:07:29.61 hhroJAH+0
今日卒業式なのに徹夜させやがって・・・
オレが卒業するわけじゃないけどさ・・・

191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:08:58.56 jPssEbbXO
>>187
14年も経ってるのに今尚まともな対策してない人類って…

192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:09:07.85 44eX75Y5O
>>190
おまいさんは何を卒業するんだい?

193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:11:32.26 z11sqoyUO
1は落ちたの?保守

194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:13:35.66 RydKMt3+O
それからK介がよく話しかけて来るようになった。小学校の頃から変わらず人気者ではあったけどちょっとまわりと距離を置いてるような、そんな感じだった。
学校ではK介と一緒にいて、終わってからはいつもの場所へ。
少しだけ学校が楽しく感じた。
そんな日が続くようになってちょっとたってから(めんどいから漢字にする)啓介が言った。
「お前学校終わってからいっつもどこ行ってんの?」
いつも遊びの誘いを断るからだろう。
ごまかすか、教えるか。
散々悩み、とりあえず明日詩織を紹介されたみたいに公園に行くことに決めた。
「明日な」

二人に明日は公園に来てと伝えた。

195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:14:55.67 VfAJIGOzO
なるほどなるほど

196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:16:24.09 lDvvjaCcO
うわぁああ!追いついてしまった

197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:16:41.16 wG6IsNbAO
今日は寝れねえな保守

198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:16:50.47 BIUvxWpAO
これはK介が3人を廃墟でレイプフラグの悪寒…

199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:17:51.83 44eX75Y5O
>>198
アッー!

200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:18:13.20 JhMp2af00
K介にと紗奈と詩織が寝取られるの?

201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:18:24.86 nt/BEipH0
そしてレズとホモのカップルが生まれる瞬間であった。

202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:19:23.64 JhMp2af00
欝はやめてよおおお

203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:20:57.73 irbyH93VO
寝取られ、鬱はやめて…

204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:21:28.58 jKL2KZzjO
ゆったり風呂入ってたのに一個しか進んでねえw

205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:21:53.38 RydKMt3+O
次の日の放課後。興味津々な啓介を連れて公園に向かう。夏の日差しは強く、頭がジリジリ焼けた。
「どーもっ!」
あぁ、詩織がいてくれると助かる。
「【俺】の愛人1号2号です!」
前言撤回。
「はぁ!?お前こんな美人な人…」
「嘘に決まってるだろ…」
「あ、そ…」
気のせいだろうか、紗奈がむくれている気がする。

こうしていつものメンバーは4人になった。

206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:22:25.91 44eX75Y5O
そんな展開許せねぇ…

207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:23:47.97 1Xz8IkzC0
お前ら現実から目を背けるのは止めろ。
問題は当時一般市民の日常会話に「温暖化」なんて単語が出てくるまでのレベルの報道がされていたかどうかってところだ。
90年代の田舎の頭のよろしくない中学生が地球温暖化なんて単語を使うほど、世間ではその言葉は浸透していなかったはずだ。
認めようよ現実を。

208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:24:23.66 FZW2yu2v0
リアルはギャルゲやエロゲみたいな展開は無いからw

209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:25:10.77 nUuD08hwO
ほのぼのとした結末で頼むわ…

210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
09/03/04 05:26:28.89 SmK482h50
>>207
俺の心が温暖化してるんだからいいんだよ


次ページ
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

2696日前に更新/191 KB
担当:FIRTREE