【安倍首相】豪雨被災地を「手抜き」視察〜20万円のスイートルームで3選対策に躍起 at SEIJINEWSPLUS
[2ch|▼Menu]
1:クロ ★
18/08/10 23:22:43.07 CAP_USER9.net
 7月5日、安倍首相を筆頭に自民党首脳陣がバカ騒ぎを繰り広げていた「赤坂自民亭」の夜。ちょうどそのころ、西日本各地を襲った豪雨が甚大な被害をもたらし始めていた。安倍首相の大好きな言葉、「危機管理」をこれほど無視、軽視したふるまいは無く、被災者感情を逆なでする愚行なのは明らかだ。
 野党から批判の声が上がるのは当然だが、赤坂自民亭に参加していた小野寺五典防衛相は「(赤坂自民亭から)その都度指示を出していた」と釈明。しかし、当の防衛省から「指示は出していない」とハシゴをはずされ、赤っ恥をかいている。
(写真は熊野町民体育館を出る安倍首相)
■赤坂自民亭には目をつぶって野党批判、の産経新聞
 この赤坂自民亭をめぐっては、いまや『虚構新聞』と肩を並べたと言われる、「虚報」に基づいたいいがかりで沖縄地元紙に喧嘩を売り、あげくに「おわびと記事の削除」に追い込まれた「自民党広報紙」≠フ『産経新聞』が、またも政権擁護のために迷走している。
 産経が力を入れるネット記事で編集委員の阿比留瑠比氏が、野党に対して「言いがかり」的批判を展開しているのだ。
 いわく、「確かに、気象庁は5日午後2時の記者会見で『西日本と東日本では、記録的な大雨となるおそれがあります』と発表していた。ただ、安倍首相が赤坂自民亭に参加した午後8時半時点で、特に大きな被害が報告されていたわけではない」(阿比留瑠比の極言御免/7月19日)のだとか。
 要するに、阿比留氏は「特に大きな被害」が報告されなければ、被害が予想される豪雨であってもバカ騒ぎをとりやめるべきでないと言いたいのだろうか。では、なぜ小野寺防衛相は「宴席からでも指示はしていた」と嘘をついたのか。さらに、バカ騒ぎに参加した自民党首脳から「不適切だった」と釈明が相次いでいるのはなぜなのか。阿比留氏同様に「何が問題なんだ!」と開き直ればよいではないか。
 阿比留氏は、福岡市内で県立御三家のひとつ「県立筑紫丘高校」通称「ガオカ」の出身だという。ガオカを出てこの程度なのか……とため息をつきたくなるのはとりあえず置く。被災者がこの記事を読んでどう思うか、という想像力すら働かないとすれば「記者失格」と、僭越ながら引退勧告しておきたい。
■被災地視察は「実質2時間」ほど
 産経新聞につきあうのが主題ではないので、話を戻す。安倍首相は8月5日、被災地を視察するために広島入りしている。
 朝日新聞によると、「熊野町の避難所、呉市の行方不明者の捜索現場や応急仮設住宅の建設地を視察。記者団に『広範な地域で甚大な被害が発生した今回の豪雨災害で見えてきた課題を踏まえ、万全な災害対応に全力を尽くす』と述べた」のだという。
 しかし実際の日程を見れば、記事から伝わってくるような「真剣さ」を裏付ける行動はどこにもないことがわかる。独自に入手した視察日程表をもとに、問題点を指摘しよう。
(1) 「超社長出勤」の安倍首相
安倍首相が広島入りの移動手段として選んだのは、自衛隊機だった。午前11時15分、羽田発の自衛隊機に乗り込み、空路で広島入りした。
 王様待遇してほしいのであれば民間機のVIP席でも可能なはずなのに、あえて自衛隊機を選んだことについては、ある憶測を呼んでいる。ズバリ、「健康不安」説だ。
 第一次安倍内閣退陣(2007年)のきっかけとなった、持病の「潰瘍性大腸炎」の悪夢がよぎるのか、3選を盤石にしたい安倍首相にとって唯一といっていい不安材料が、自身の健康状態なのだ。
「自衛隊機の中で、点滴を受けながら休養していたのではないか、ともっぱらの噂です」(週刊誌記者)

つづく
ニュースサイトHUNTER
2018年8月10日 10:42
URLリンク(hunter-investigate.jp)
URLリンク(hunter-investigate.jp)
URLリンク(hunter-investigate.jp)
関係者やマスコミを引き連れて大名行列@被災地
URLリンク(hunter-investigate.jp)
被災地視察(広島県)のスケジュール


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

8日前に更新/58 KB
担当:FIRTREE