亀田史郎「和毅は井上尚弥に勝つよ」大毅「一理ある at BOXING
[2ch|▼Menu]
1:名無しさん名無しさん@腹打て腹。
18/11/11 14:50:33.66 kvnqNDv9.net
11月12日に後楽園ホールで行われる、スペインのアビゲイル・メディナとのWBC世界
スーパーバンタム級暫定王座戦を控える亀田家の三男・和毅について、父・史郎と
次男・大毅が言及。
この一戦が和毅にとって意味するもの、さらに将来的に和毅本人が望む日本が誇る
バンタム級のモンスター・井上尚弥との戦いについて持論を展開した。
「相手は関係ない。メディナは危険な相手ではない。今回、和毅が戦うべきは自
分自身」
12日の戦いを前に様々な予想が飛び交う中、父・史郎氏の言葉は意外なものだった。
その言葉は今回の戦いに限らず、先を見据えたうえで克服すべき、長年の課題を意
味していた。
「和毅は今までの試合で、一度も自分が持っているものを出し切れていない。そ
れが出せれば、という思いがずっとある。
今回の試合で、その殻を破って欲しい。それが出せたら、自ずと試合は終わって
いるはず。だから自分との戦いなんや」
「出し切れていないもの」とは何か? 今となっては直接指導を受けることはな
いが、和毅は変わらず、相手の特徴や癖を見抜くのが得意だという史郎氏に練習や
試合の映像、
対戦相手のビデオなどを送ってはアドバイスを求めているという。
そんな背景もあり、和毅のボクシングについて熟知する史郎氏が指摘する和毅の
癖。破るべき殻とは。
「ボクシングには“半歩”の難しさ、駆け引きがある。半歩前に出るか、半歩下が
るかでパンチのクリーンヒットに大きな違いが生まれる。
その点、和毅はまだ『ここぞ』というタイミングで半歩前に出る駆け引きができて
いない。おそらくそれは自信の問題。
倒せるだけのものを持っているのに、自信の無さがそれをずっと邪魔している。
今回はベルトを獲りに行く立場やから『半歩が大事やで』と改めて伝えている。と
はいえ簡単ではない。


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

63日前に更新/80 KB
担当:FIRTREE