「Zoomキャバクラ」が大繁盛 “ガチ勢”のおじさんや、地方・海外の客、女性客などが「来店」 at NEWS
[2ch|▼Menu]
1:超竜ボム(宮城県) [US]
20/05/31 12:06:53 BE:601381941-PLT xfP0iVe80●.net
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
接客中にパンツ脱ぐ客も……ハプニングもあるが人気の「Zoomキャバクラ」 店主と嬢の波乱の自粛期間

「若い男性客とZoomで話していたら、突然ズボンとパンツを脱いで、そのあと1人で……。
怖いというより思わず笑っちゃいました。速攻で退出して、運営に“出禁”にしてもらいました」―Web会議ツール「Zoom」を使ってリモート接客するキャバクラ「ズムキャバ」で働くMayu(まゆ)さんは笑ってこう話す。

ズムキャバは、客が女性とPC画面越しに向き合ってトークを楽しめる“リモートキャバクラ”サービスだ。
4月中旬のスタート以来、新型コロナウイルスの影響で外出できず話し相手がほしい人などの人気を得て、多い時は1日に約50人が利用しているという。

(略)

1時間当たりの料金は、ズムキャバが4000円、ラグジュアリーが6000円。指名料はともに2000円、シャンパン代はともに6000円(価格は全て税込)だ。

指名を受けた場合、女性の時給は4000円(ズムキャバ)または6000円(ラグジュアリー)。
シャンパンが追加されると3000円のインセンティブが入り、中には1時間で1万円以上を稼ぐ人もいるという。

(略)

■当初はライト層の若者、最近は “ガチ勢”のおじさんが中心 女性客も

Aさんによると、ズムキャバのスタート当初は若いIT系ビジネスマンの客が多かったが、リピート率は低かったという。最近ではキャバクラ好きな中年男性客が増え、すっかり定着しているそうだ。

「最近は“ガチ勢”のおじさんが増えてリピーターになっています。彼らはITに疎いので『Zoomとは何か』から教えることもあり、キャバクラなのにパソコン教室のようになる時も。
でも、そういう人たちの方がお金を使ってくれます」

中には、客と店員が全国に散らばっているズムキャバならではの使われ方も。「東京の客が、方言目当てで地方の女の子と話すこともあります。
地方の企業の社長などは、普段は会えない、東京の人気店にいた子を指名します。アメリカ、シンガポール、タイ、ブラジル、ノルウェーなどに赴任中の日本人客も利用しています」とAさんは話す。

わずかに女性客も訪れるという。同性の話し相手が欲しい人や、ズムキャバで働きたくて情報が欲しい同業者などで、楓さんは彼女たちの相談に乗ったこともある。

(略)

■GWは300万円の売り上げ

この戦略が奏功し、特に利用者が多かったゴールデンウイーク中は、4月28日〜5月9日の11営業日で計300万円ほどの売上があった。

比較的高い料金を設けることで客のレベルを保つ効果もあり、Mayuさんや楓さんが挙げたような手癖の悪い客は2〜3人で、ほぼ全ての客はまともな人だという。
Aさんが客からの申し込みを受ける際にLINEアカウントを聞くのは、“捨てアカ”を作りにくく、メールなどより利用のハードルが高いからだ。
客が不審な行動を取った場合は、店員がWeb会議からすぐに退出することを認めるなど、困った客への対策を進めている。

URLリンク(www.itmedia.co.jp)


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

11日前に更新/33 KB
担当:undef