【テラハ】誰が木村花を「殺した」のか アンチコメント書き込む前にあなたはその恐さを知るべきだ [muffin★] at MNEWSPLUS
[2ch|▼Menu]
1:muffin ★
20/05/24 12:44:51.71 Ui4BLBXC9.net
URLリンク(tablo.jp)
2020年5月24日
女子プロレスラーの木村花(享年22)が亡くなった。亡くなる直前のインスタグラムに、「愛してる、長生きしてね。ごめんね」との文字を入れた、愛猫と一緒の写真を投稿していた。
木村は、恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演していたが、ネット上ではアンチができ、ツイッター等で批判するコメントが多かったとも言われている。
ネットが木村を殺したのか。
亡くなる直前に、リストカットの画像を上げていたため、精神的には安定していなかったと見られる。しかし、リストカット1回で致死する可能性は極めて低い。ネット上では様々な情報が飛び交っている。たとえば、5ちゃんねるの書き込みでは、「近所のマンションで硫化水素で救急車と消防車数台来てた」などとして、硫化水素自殺を思わせる書き込みがある。事実であれば、混ぜる薬品を事前に用意していたことになる。
中略
一方、アンチコメントで盛り上がる側は、誹謗中傷された人のことを想像するよりは、そのコメントへの反応(当事者かどうかにかかわらず)を見て、楽しんでいる。そして、それらのアンチでの盛り上がりをさらに盛り上げるために、アンチコメントの回数を増やしたり、極端なコメントを書いていく。木村へのアンチコメントは「いいね」が多かったとも言われている。
アンチコメントが多くなれば、“普通”のアンチコメントでは埋れてしまう誹謗中傷のコメントをエンタメとしている人もおり、多くなればなるほど、“極端な”コメントでなければ、あるいは、“目立つような”内容でなければ意味がなくなる。そのため、先鋭化していく。投稿者にとっては、叩く要素があり、一定の知名度さえあればそれでいい。本音かどうかは関係ない。極端な場合は、投稿者自身が高揚感を持ちさえすればそれでいい。
ただ、木村は真面目だったのか、コメントをよく見ていたようだ。こんな投稿もしている。「毎日100件近く素直な意見。傷ついたのは否定できなかったら。死ね。気持ち悪い、消えろ、今までずっと私が1番私に思ってました。お母さん産んでくれてありがとう。愛されたかった人生でした。側で支えてくれたみんなありがとう。大好きです。弱い自分でごめんなさい。」とあったが、数多くのリプライやDMに、自ら対応していたと思われる内容だ。ネガティブな内容がどこまであったのか。
ネットの情報はコメントが伝播、拡散することがある。Twitterでリツイートされ、あるいは、Facebookではシェアされるなど、多くの人がその情報に接するようになる。リツイートは、共感だけでなく、反感や告発、嫌がらせの場合だってある。例えば、Twitterの通知を見ると、自分のアカウントにリプライ(返信)があった内容を簡単に見ることができる。また、自分の名前で検索すれば、自分の言動や投稿への賛否が書かれている。それも、様々な意見があると思うだけの精神的余裕があればいい。しかし、何かの事情で、余裕がなくなっている場合は、よりネガティヴに働いてしまう。
アンチがアンチを呼び、誹謗中傷合戦になる。もちろん、その流れに乗り、アンチコメントを書き続けた人たちが自殺に追い込んだ一因にはなるだろう。ただ、木村が亡くなってから、アンチが改めて、コメントを投稿。その中には、「反省しています」との内容もあった。少なくとも、言葉は人を殺すことがあることを学んでほしい。
また、木村のアンチは、また別の出演者のアンチになっていく面もある。しかし、叩きさえすればいいとは思わないでほしい。繰り返すが、言葉は人を殺すことがあるのだから。<文中敬称略>(文・渋井哲也)
全文はソースをご覧ください


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

43日前に更新/221 KB
担当:undef