【映画監督】タランティーノ、携帯使った奴は即クビ!『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』撮影現場 at MNEWSPLUS
[2ch|▼Menu]
1:鉄チーズ烏 ★
19/06/12 19:24:33.94 Tj1YVkJ29.net
 クエンティン・タランティーノ監督は、映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(8月30日日本公開)の撮影現場で携帯電話を持っているところを見つかった人間は誰であろうと“クビにした”という。タランティーノ監督がこの厳しいルールを課したのは、携帯に気を取られることなく、全員に集中してほしかったからだ。
 同作でドラマ「対決ランサー牧場」などで知られる俳優ジェームズ・ステイシー役を務めたティモシー・オリファントは、「クエンティンは携帯を持つことを許可しなかった。『携帯? クビだ、出ていけ』それでおしまい。警告もナシ。ただ家に帰らないといけない。本当の話だ」とラジオ番組 The Rich Eisen Show でコメント。「セットの外には小さなブースがあって、携帯が必要な人はそこでチェックできるようになっていた。そこにみんなの携帯があったんだよ。もし電話をかける必要があれば、セットを出てそこまで行って電話するってわけさ」
 「携帯がないから僕たちはInstagramをやったり、次の仕事の脚本を読んだり、エージェントと話したりといった他のこともしない。僕たちはこの現場にいて、それこそ今、僕たちがやっていること。そのことを本当に真剣に受け止めたよ」とティモシー。「(この話が)どんな風に受け取られるかわからないけど、このルールはクエンティンがクルーと俳優たちに与えてくれた素晴らしい贈り物の一つだった」と作品だけに集中できる環境を作った監督に感謝した。ただ、ルールを破った誰かの携帯が鳴り出した時は「恐怖だった」といい、「その人は全速力で駆け出して行った」と明かした。
 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、1969年のロサンゼルスを舞台に、レオナルド・ディカプリオが落ち目のテレビ俳優役、ブラッド・ピットがその長年にわたるスタントマン役、マーゴット・ロビーが女優シャロン・テート役を務めた作品。タランティーノ監督は以前から、自身の子供時代にインスパイアされた本作は彼にとって「最もパーソナルな作品」であり、黄金期の最後を迎えていたハリウッドへの「ラブレター」であると語っている。「アルフォンソの『ROMA/ローマ』(アルフォンソ・キュアロン監督の半自伝的な映画)は1970年のメキシコシティを描いた。僕にはそれがLAで1969年だ。その年が僕という人間を形作った。僕は6歳だった。これが僕の世界なんだ」(BANG Media International)

2019年6月12日 16時05分
URLリンク(www.cinematoday.jp)
URLリンク(img.cinematoday.jp)
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告編
URLリンク(youtu.be)


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

11日前に更新/23 KB
担当:FIRTREE