at MNEWSPLUS
[2ch|▼Menu]
1:鉄チーズ烏 ★
18/11/08 20:02:48.08 CAP_USER9.net
 俳優の大泉洋さんが6日、北海道テレビ(HTB)旧社屋(札幌市豊平区)で同局の連続ドラマ「チャンネルはそのまま!」の最後の収録を終え、主演の芳根京子さんらとともに会見に出席した。同局の人気番組「水曜どうでしょう」の収録なども行ってきた旧社屋は、この日ですべての役割を終了。思い出の場所の“最後の日”に、大泉さんは「この社屋が今日で終わりといわれるとやはり感慨深い……。私の数少ない青春時代ですからね」としみじみと語った。
 「チャンネルはそのまま!」は、同局の開局50周年ドラマで、札幌市在住のマンガ家・佐々木倫子さんのマンガが原作。女優の芳根京子さんが主演し、札幌のローカルテレビ局「HHTV北海道★(ほし)テレビ」を舞台に、謎の採用枠「バカ枠」で入社し、報道部の新人記者となった雪丸花子(芳根さん)が、周りを巻き込み旋風を起こす……というストーリー。
 「踊る大捜査線」シリーズなどで知られる本広克行さんが総監督を務め、「水曜どうでしょう」で知られる同局の藤村忠寿さんら5人が監督を務めた。原作にはないオリジナルキャストのNPO法人代表・蒲原正義(かんばら・まさよし)役の大泉さんは「監督が5人もいるのに、俺のシーンはほとんどが藤村監督。ヒゲじゃなく、本広さんにも撮ってほしかったですよ」とポロリ。さらに、この日は藤村さんが出席していないことから、「あの男、こんな大事な日に自分の母校の講演会に行ってるんですよ。3年前から入ってたって。あんな男いない方がいいんですよ」



レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

13日前に更新/50 KB
担当:FIRTREE