【高校野球】無四球で16奪三振の完封勝利 MAX150キロの創志学園・西純矢の熱烈カープ愛 at MNEWSPLUS
[2ch|▼Menu]
1:pathos ★
18/08/10 23:25:49.24 CAP_USER9.net
【ズームアップ甲子園】2年生エースが聖地のマウンドで躍動した。第100回全国高校野球選手権大会は9日、甲子園球場で第5日を迎え、創志学園(岡山)が創成館(長崎)を7―0で下して2回戦進出。勝利の立役者は先発の西純矢(2年)だ。被安打4、無四球で16奪三振の完封勝利。MAX150キロの若き右腕は、ドジャース・前田健太投手(30)と広島・鈴木誠也外野手(23)に憧れ、プロ入りしてカープの一員となることを夢見ている。
 2年生エースの投球術が光った。マウンドに立った西はこの日最速で149キロを計測した直球だけでなく、要所での変化球も冴え、相手の強力打線を幻惑。切れ味抜群のスライダーや大きく曲がるカーブなどを効果的に使いながら投球の幅を広げ、緩急のリズムを保ちながら次々と三振の山を築いた。
 終わってみれば、無四球で、6者連続を含む今大会最多の16K。昨秋の明治神宮大会で準優勝、今春センバツでも8強の創成館を、わずか4安打に封じ込める圧巻の完封劇で手玉に取った。
 試合終了の瞬間、両手を高々と突き上げた西は「野球人生で一番いいピッチング」と胸を張った。それでも奪三振ショーとなったことには、特に舞い上がる様子も見せず「(数は)今までで一番ですけど、気にしなかった。打たせていこうと思っていました」と淡々と振り返った。
 オリックスの西勇輝投手(27)とは、遠い親戚の間柄の“サラブレッド”。プロ入りも目標としており、その原動力となっているのが心の奥底に秘める「いつの日かカープでプレーしたい」という強い“カープ愛”だ。
 広島県廿日市市出身で幼いころから赤ヘル軍団のプレーを間近で見てきた。今は元広島のエース・前田と現主砲・鈴木の2人を「投打のアイドル」として尊敬の念を抱き、両雄のプレーを動画サイトで食い入るように日々チェックしている。
 ある選手によれば「選手寮にはパソコンが1台あるのですが、西が一番使っています。前田さんと自分の投球の動画を重ね合わせながら、特に間合いや下半身の使い方などを重点的に何度も照らし合わせていますよ」。
 投げるだけでなく打つほうも大好きな西は、鈴木の打撃フォームの映像も繰り返しながら見続けているという。同僚にも「カープ入団」の夢を熱く語っているといい、その熱意は本物だ。
 炭酸水や清涼飲料水の類いはほとんど口にせず、摂取するのは主に2リットルのペットボトルに入ったミネラルウオーターが中心。白飯も時には1食につき6合以上もぺロリと平らげてしまう。
 自分を律し、プロでも通用するような肉体をつくり上げようと努力を重ねており、ストイックな姿勢ばかりが強調されるが「二階堂ふみのファン」(前出の選手)という、イマドキな若い子らしい一面もあるようだ。
 今大会にかける思いは強い。昨年10月に父・雅和さんを病気で亡くした。高校進学時には関東の強豪からも声が掛かったが、透析治療中だった父を思い「遠くへは行けない」と地元の広島から近い創志学園に進んだ。グラブには「10・11」と父の命日が刺しゅうされており「この甲子園を空から見てくれていたら」という。
 プロの評価も急上昇中で、2年生ながらU―18日本代表第1次候補にも選ばれている右腕が、今夏の聖地を席巻しそうな気配だ。
URLリンク(www.tokyo-sports.co.jp)


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

69日前に更新/17 KB
担当:FIRTREE