at MNEWSPLUS
[2ch|▼Menu]
1:鉄チーズ烏 ★
18/08/10 07:19:45.80 CAP_USER9.net
 “横浜”という巨大な街を巻き込んで、ファンとともに盛り上がる―。
 今季、ペナントレースにおいて投打が噛み合わず苦戦を強いられている横浜DeNAベイスターズであるが、こと本拠地である横浜スタジアムのスタンドをぐるりと見渡せば、多くのファンが訪れ活況を呈している。
 かつては空席が目立つ球場だった。
 DeNA体制となり7年目。初年度となる2012年の年間観客動員数は116万5933人であり、横浜スタジアムの稼働率はわずか50%ほどだった。だが昨年度は1年間で197万9446人の観衆を集め、その稼働率は96.2%にもなっている。
 今やリーグ屈指の人気球団となったDeNA。「チケットが取れない」という話があちこちから聞こえてくる。さらに球団の屋台骨となる公式ファンクラブ『B☆SPIRIT友の会』の会員数は、DeNA体制になる前年の2011年度は6427人だったが、2018年度は9万2461人といったように約14.4倍に膨れ上がっている。
 なぜ、これほどまでに人気は高騰したのか。よく「勝利は最大のファンサービスであり、チーム成績は人気に直結する」と言われるが、DeNAはそれに当てはまらない。この2年間、Aクラスに入っているが、DeNA体制となった2012年からの4年間は、6位、5位、5位、6位とチーム成績は低迷した。それでも2015年度は横浜スタジアムの稼働率90%に迫り、確実に右肩上がりに成長を遂げてきた。
 すべては球団が新たに試みた事業、ファンを強く意識したマーケティングが功を奏したと言っていいだろう。
 初年度から『コミュニティボ



レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

50日前に更新/96 KB
担当:FIRTREE