【野球】アメリカでも「野球離れ」!? 昨年から見るMLB観客動員数の変化 ア・リーグはトータルで1割近い観客減 at MNEWSPLUS
[2ch|▼Menu]
1:3倍理論 ★
18/06/13 19:51:55.90 CAP_USER9.net
ア・リーグでは東地区と中地区に大きな変化
 MLBでは観客動員数の減少が話題になっている。特定の球団では激減し、MLB関係者は危機感を募らせている。
 野球はアメリカのナショナルパスタイム(国民的娯楽)として長い歴史を有するが、近年は「北米4大スポーツ」の他の競技の進出によってシェアを奪われつつある。そんな中で、MLBは2017年には約7316万人(1試合あたり3万0132人)を動員。競争が厳しい中、何とか横ばいの数字を維持してきた。
 しかし、今年は同時期の比較で▲6.5%と、明確に観客動員を減らしている。これは全球団が一様に下がったのではなく、一部の球団の観客動員が激減したためだ。
 全30球団の6月10日終了時点の平均観客動員を、前年の同じ試合数消化時点と比較すると次のようになる。
【アメリカン・リーグ】
○東地区
ヤンキース 31試合 3万8838人→4万1315人(6.4%)
レッドソックス 34試合 3万5669人→3万4524人(▲3.2%)
ブルージェイズ 35試合 3万8687人→2万7269人(▲29.5%)
オリオールズ  28試合 2万8000人→1万9880人(▲29.0%)
レイズ 28試合 1万4907人→1万3681人(▲8.2%)
○中地区
タイガース 37試合 2万8460人→2万1067人(▲26.0%)
ツインズ 34試合 2万2179人→2万2188人(0.0%)
ロイヤルズ 31試合 2万6036人→2万0057人(▲23.0%)
インディアンス 31試合 2万1988人→1万9079人(▲13.2%)
ホワイトソックス 29試合 2万1051人→1万6906人(▲19.7%)
○西地区
エンゼルス 35試合 3万6202人→3万7074人(2.4%)
アストロズ 33試合 2万9055人→3万5333人(21.6%)
レンジャーズ 36試合 3万2349人→2万7863人(▲13.9%)
マリナーズ 32試合 2万4669人→2万4377人(▲1.2%)
アスレチックス 34試合 1万7980人→1万5510人(▲13.7%)
アメリカン・リーグ 488試合 2万8012人→2万5328人(▲9.6%)
 東地区、中地区の落ち込みが激しい。オリオールズは東地区最下位で勝率2割台に喘いでおり、成績不振が響いたと思われる。中地区最下位のロイヤルズも同様だが、東地区3位のブルージェイズ、中地区2位のタイガースの観客動員も激減している。
 ブルージェイズはカナダのトロントが本拠地。モントリオール・エクスポズが業績不振でワシントンDCに移転してナショナルズになったため、今やカナダ唯一のMLB球団だが、観客動員が減少すれば、経営危機に陥る可能性もあろう。
 ア・リーグではっきり数字が上向いているのは、昨年のワールド・チャンピオンのアストロズだけ。“小さな巨人”アルトゥーベを擁し、データ野球を駆使して世界一に上り詰め、人気が沸騰している。
 大谷翔平が入団したエンゼルスは微増。「オオタニ効果」がなければ減少に転じていた可能性が高い。大谷のDL入りで、観客動員はどう動くだろうか。


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

65日前に更新/141 KB
担当:FIRTREE