【競馬 動画あり】 皐月賞、1番人気ワグネリアン惨敗…。ダービージョッキーが福永祐一騎手の騎乗ぶりを酷評。ファンからも失望の声。 at MNEWSPLUS
[2ch|▼Menu]
1:@代行@@ベクトル空間 ★
18/04/16 14:15:13.89 CAP_USER9.net
JRA
URLリンク(www.jra.go.jp)
皐月賞動画(JRA公式)
URLリンク(www.youtube.com)
URLリンク(biz-journal.jp)
(かなり縮約してるので、全文はリンク先見てください)
15日に行われた皐月賞(G1)は7番人気のエポカドーロが優勝。
レース後、ファンの不満を一身に集めたのが、1番人気で7着に敗れた「波乱の立役者」ワグネリアンの福永祐一騎手だった。

 1枠2番から福永騎手が「いいスタートを切れた」とコメントするほどのスタートを切ったワグネリアンだったが、
とにかく荒れた内側の馬場を避けたかったのか、外へ持ち出しながら次々と外側の馬を前へやって次第に後方へ。
結局、キタノコマンドールやステルヴィオと同じように後方集団の一角として1コーナーを回った。
これは「事前に打ち合わせしていたポジション」だったようだ。
 
そのまま後方でじっくりと脚を溜め4コーナーで大外に持ち出されたが、持ち前の末脚が不発。
さらに後方にいたキタノコマンドールやステルヴィオにも交わされて7着に敗れた。

「4コーナーで仕掛けた時に加速し切れず、そのままゴールを迎えるまで加速し切らないままでした。
理由は明らかではありませんが、もしかすると軟らかい馬場が影響したのかもしれません。
直線でも、勝ち馬とそこまで離されていなかったのですが届かず残念でした」(福永騎手)
 
キタノコマンドールとステルヴィオが最後には5着までに食い込んだだけに、ワグネリアンの不甲斐なさが目立ってしまった一戦。
逃げ馬が揃い大逃げとなった先頭集団のペースこそ速かったものの、
勝ったエポカドーロが牽引した先行グループのペースはそうでもなかったようで、結局サンリヴァルと共にワン・ツーゴール。
あくまで結果論だが、馬場コンディションと縦長の展開を考慮しても、後方からの競馬は決して最良の選択ではなかったようだ。
「近しい関係者の話によると、ワグネリアンと同じ友道康夫厩舎のジュンヴァルロは、単勝315倍の15番人気とほぼノーチャンスの馬でしたが、
半ばワグネリアンの関東遠征の"帯同馬"として皐月賞に出走したそうです。事前から強引にでも前を行く作戦であり、
それを受けてワグネリアンは『打ち合わせ通り』後方からの競馬を試みたのではないか、とか。

ただアイトーンやジェネラーレウーノといった逃げ馬が譲らず、3頭で大逃げの形になりました。
それで馬群が縦長になって、結果的には逆に後方集団にとって苦しい展開に。馬場コンディションを考慮すれば、
もっと早くポジションを上げるべきでしたが......」(競馬記者)
 
レース後、元JRA騎手のアンカツこと安藤勝己氏は「ステルヴィオ、キタノコマンドール、ワグネリアンは後方で牽制し合ったね」と状況を分析。
ただ「どんな脚を使っても勝てないって馬場と展開で......」と、やはり後方待機を選択したこと自体に敗因を求めている。

レース直後はネット上のファンからも「何故、あんなに消極的なんだ」「あの状態で届くと思ったのか?」
「(ワグネリアンの父で三冠馬の)ディープインパクトでも無理」と、消化不良に終わってしまった福永騎手の騎乗に批判が相次いだ。

 それどころか「やっぱりか」「これぞ福永」「わかってた」など、最初から諦めていたような声も......1番人気と期待を背負っていただけに、
の分不満も大きかったようだ。
 
また、レース前から福永騎手に注目し「ファンが納得する競馬を宜しく!」と公式Twitterを通じてエールを送っていたのが、
元JRA騎手の藤田伸二氏だ。
 しかし、不甲斐ない敗戦となってしまい.....
.これには藤田氏も「祐一......言葉が無い」「馬場状態も悪いのに大事に乗り過ぎやろ!」と不満を露に。
同調するファンの声にも「消極的過ぎ!」「酷かった」と一刀両断にしている。


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

85日前に更新/123 KB
担当:FIRTREE