【韓国地方銀行】ベトナム進出相次ぐ、地元経済の停滞受け[1/14] at NEWS4PLUS
[2ch|▼Menu]
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★
20/01/15 00:42:35.96 CAP_USER.net
韓国の地方銀行が、地元の経済停滞を受けベトナムをはじめとしたアジア進出を進めている。
 DGBフィナンシャルグループ(DGB Financial Group)傘下の大邱銀行(Daegu Bank)は2019年7月、ベトコムバンク[VCB](Vietcombank)と業務提携に向けた覚書を締結した。2020年1-6月期中にホーチミン支店を開設するべく準備を進めている。
 同行は中国上海市にも支店を開設しているほか、ミャンマーにはマイクロファイナンス(小口金融)を手掛けるDBGマイクロファイナンス・ミャンマーを設立。カンボジアでは現地特殊銀行カムキャピタル銀行(Cam Capital Specialized Bank)を買収するなど、アジア市場で拡大を続けている。
 JBフィナンシャルグループ(JB Financial Group)では子会社の光州銀行(Gwangju Bank)が、ベトナム国内の証券会社であるモルガンスタンレー・ゲートウェイ証券(Morgan Stanley Gateway Securities=MSGS)を買収した。同行は中国無錫市で事務所を運営している一方、同グループの全北銀行(Jeonbuk Bank)は2016年、カンボジアのプノンペン商業銀行を子会社化している。
 このほかBNKフィナンシャルグループ(BNK Financial Group)の釜山銀行(Busan Bank)はホーチミン市に支店、ハノイ市に事務所を置く。支店は中国青島市にもあるほか1-6月期中に南京市にも開設予定。事務所はミャンマーのヤンゴン、インドのムンバイで運営中だ。
URLリンク(www.viet-jo.com)
VIETJO 2020/01/14 15:46 JST配信


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

225日前に更新/19 KB
担当:undef