【書籍】 731部隊からマルタを救った日本のシンドラー「タカヒト」〜小説『帝国の良心』出版[09/10] at NEWS4PLUS
[2ch|▼Menu]
1:蚯蚓φ ★
19/09/11 22:46:32.83 CAP_USER.net
URLリンク(www.yntopnews.com)
▲『帝国の良心』、イ・ジョンミン著、392ページ、1万5000ウォン(c)良い土地出版社
良い土地出版社が「帝国の良心」を出版した。「光に生まれる」を書いたイ・ジョンミン氏の初の長編小説。
幼かったとき接した「マルタ」が気になって、それを土台に『帝国の良心』を執筆した作家は最近、最も深刻な問題と見られる日本、その中でも私たちがあまり知らない皇族のタカヒトに関して話す。
「シンドラーのリスト」の「シンドラー」は聞いたことがあっても、「三笠宮タカヒト(崇仁)」という名前は初めて聞いた読者が多いだろう。三笠宮タカヒトは731部隊に捕まった捕虜を救出した「日本のシンドラー」といえる人物だ。彼は国ではなく、人を先に考えて、自身の良心に従って行動した。
もちろん愛国心は誰にでもある。国を愛するこは明らかに褒めるべきことで当然のことだ。しかし、その愛国心が他の人を傷つける時、私たちはどうすべきか?この本を読めばその答えを探すことができる。
タカヒト天皇を皇族という理由だけで皆が持ち上げ褒めるが、決して自ら前に出ることなく、自身の良心に従った歩みを見せてくれた。その時期、日本は体を精一杯伸ばし、全世界をつかんで飲み込む野心を表わし、その過程で数多くの人々が虐殺された。我が国の人々は勿論、中国人をはじめとする他のアジア人もまた同様だった。
彼らは銃刀で殺人を行うだけでも足りず、731部隊を設立して、捕虜になった戦争難民を収容所に連れてきていわゆる「マルタ実験」を行った。残忍なことに、人を人と見ず、単なる実験対象と見て人権じゅうりんが強行された最悪の実験だ。ここでタカヒト親王は彼らに染まらなかった。本のタイトルのようにひたすら正しいさを指向して自ら「帝国の良心」になった。
読者は本を読んでタカヒト親王と共に怒り、マルタたちが無事に脱出した時、彼とともに喜ぶはずだ。だから迷わずに本を探してみよう。明らかに平和の新芽が私たちの胸の中に育つだろう。
このニュースは、企業・機関が発表したプレスリリースの全文です。(ニュースワイヤを介して配布された報道資料)
ソース:良い土地出版社、‘帝国の良心’出版
URLリンク(m.yntopnews.com)


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

9日前に更新/27 KB
担当:undef