【日帝残滓】 韓国で桜まで排斥の動き、文政権の「親日清算」で 花見スポットで扇情的な看板を持つ人も[04/16] at NEWS4PLUS
暇つぶし2ch amp版
テスト中!、スマホの方はお試しを!

[2ch|▼Menu]
1:LingLing ★
19/04/16 11:18:25.84 CAP_USER.net
韓国で桜まで排斥の動き、文政権の「親日清算」で
親日家の作詞・作曲の校歌を廃止、国歌廃止にも発展か
URLリンク(headlines.yahoo.co.jp)
満開の桜が灰色のソウル市内を春の色に染めていた4月7日、汝矣島・輪中路(ヨイド・ユンジュンロ)は花見に訪れた人波によって一日中ごった返していた。トンネルを作っている桜の木の下で、インスタグラム映えする写真の撮影に夢中だった行楽客に混じって、扇情的な看板がぱっと目に入った。
<桜祭りの原産地は確かに日本です! 桜祭りと韓国とは全く関係なく、1500年もつづいている日本だけの最高の伝統であり、侍や日本の極右、軍国主義、全体主義侵略主義の象徴です>
URLリンク(lpt.c.yimg.jp)
桜祭りに反対の看板を持つ人(撮影・朴)
 国会議事堂が位置しているこの輪中路には、計1880余りの桜の木が植えられている。1971年の国会議事堂建設当時、日本から寄贈を受けて植えた桜の木が始まりとなった。当時、韓国政府がワシントンのポトマック公園の「桜祭り」をモデルにして、ここを桜の名所にするために各地から桜の木を移したという主張もある。
 初めはどうであれ、おかげで輪中路は世界的な桜の花のメッカとなり、一週間続く桜祭りの時には、全世界から一日平均百万人以上の人々が集まるようになった。2005年から始まった輪中路の桜祭りはソウル市の貴重な観光資源となっている。
 しかし、イベントが始まった当時、韓国の「政治の一番地」の汝矣島で日帝の残滓の桜祭りが開かれることを非難する声が高かった。
 当時、シム・サンジョン民主労働党議員(現正義党議員)は2006年、ラジオとのインタビューで次のように主張した。「桜で有名な汝矣島の輪中路や鎮海(ジンヘ)などの桜の木は、在日同胞や日本側で戦略的に移転させて植えた」「日本が我が国に植民統治のシンボルを残して郷愁を感じるための戦略と見ることができる」「他の場所はともかく、大韓民国の象徴である国会議事堂周辺の輪中路の桜祭りは問題がある」(『ノーカットニュース』2006年4月2日付け記事)
 国会議員が率先して非難の声を高めると、ソウル市は2007年、「汝矣島・輪中路桜祭り」を「汝矣島・輪中路春の花祭り」という名称に変更した。輪中路という地名も「輪中提」という日本語に根ざした日帝の残滓だという理由で祭の名前から省略された。いつからか「汝矣島春の花祭り」と呼ばれている。 (輪中路は1984年に「西汝矣島路」に行政名称が変更されたが、現在も韓国ではこの場所を輪中路と呼んでいる) 最近は、汝矣島だけでなく、全国の桜祭りを「春の花祭り」に改名すべきだという声も高まっている。
 抗日運動記念日の今年の3月1日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「親日清算」を新しい国政課題として提示したことで、現在韓国各地で日本の残滓とされる文化を清算する作業が猛烈に行われている。


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

2日前に更新/136 KB
担当:FIRTREE