【独逸】在ドイツ独島守護団、『第8回 東海・独島セミナー』開催[09/14] at NEWS4PLUS
[2ch|▼Menu]
1:ハニィみるく(17歳) ★
18/09/14 11:53:23.07 CAP_USER.net
■ 我々に東海と独島がどういう意味なのかを考える機会、ハ・ソンチョル団長が収集した古地図を紹介。
(写真)
URLリンク(www.dongponews.net)
▲ 挨拶するハ・ソンチョル独島守護団団長
在ドイツ独島守護団(団長=ハ・ソンチョル)は9月8日の午後、ドイツ中部のケーニッヒスヴィンターにあるクリストフォーラス学校の講堂で200人余りが同席した中、『第8回 東海・独島セミナー』を開催した。
ハ・ソンチョル独島守護団長は挨拶の言葉を通じ、「美しい島、独島は我が民族のホン(魂)とヨル(精神・魂)が込められた大切な誇らしいウリたん(我が地)で、歴史的、地理的、国際法的に大韓民国の地」と言いながら、「それにもかかわらず、日本は国際社会を対象に独島を日本の領土と広報し、教科書や防衛白書などで法外に自分の領土と主張している」と述べた。
(写真)
URLリンク(www.dongponews.net)
▲ 祝辞するパク・テヨン駐ドイツ大使館ボン分館公使
パク・テヨン駐ドイツ大使館ボン分館公使は祝辞を通じ、「独島に関連して正しい歴史認識を共有して広報する8回 東海・独島セミナーの開催を祝う」と挨拶を伝え、外交部も独島関連のドイツ語版の動画を準備している事を紹介した。
(写真)
URLリンク(www.dongponews.net)
▲ 祝辞するライナー・シェラー(Rainer Schoeler)韓独文化協会長
ライナー・シェラー(Rainer Schoeler)韓独文化協会長は祝辞で、国際的に容認し難い日本の主張があり続けた事を批判しながら、「先日、韓国文化をテーマにした会合を通じ、日本の主張がオクジ(無理強い・押し・無理押し・横車・こじつけ・ごり押おし、他)だった事を確認する事ができた」と話した。
(写真)
URLリンク(www.dongponews.net)
▲ ハン・テシク独島守護団広報理事が『独島を正しく知る』をテーマに、独島の現況と歴史、独島領有権の歴史的事実と根拠、韓日間の様々な形態の協定に関する内容などを説明している
続いてハン・テシク独島守護団広報理事が『独島を正しく知る』をテーマに、独島の現況と歴史、独島領有権の歴史的事実と根拠、韓日間の様々な形態の協定に関する内容などを説明して、ハ団長が演壇に上がってこれまでに収集した古地図の映像を紹介、これについて説明した。
ハ団長は、「個人的に700点以上の古地図を収集した」とし、「このうち東海や独島が表記された古地図は、独島が韓国の地である事を証明する根拠を用意するための必要な資料だ」と話した。
(写真)
URLリンク(www.dongponews.net)
▲ ホン・ソングン博士の講演
同じテーマの講義で北東アジア歴史財団のホン・ソング博士は、『独島は我々に(とって)どのような島か?』をテーマに、誰が何を言おうが独島は我が地であるという自然に刻印された認識の重要性と、鬱陵島(ウルルンド)から肉眼と見られる唯一の島が独島である事を強調した後、独島に立てられた3つの碑石の写真と事情を語り、直接独島訪問の機会を作る事を勧めた。
(写真)
URLリンク(www.dongponews.net)
▲ カク・ジンオ博士の講演
カク・ジンオ博士は『古地図の中の東海の名称』というテーマの発表を通じて両国の主張を比較した後、『東海』という名前が国際社会から大きな共感を得ていると説明した。
ソース:在外同胞新聞(韓国語)
URLリンク(www.dongponews.net)
>>2につづく


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

57日前に更新/35 KB
担当:FIRTREE