【話題】韓国が先に量産した水素自動車、日本に逆転喫す at NEWS4PLUS
PC向けスレッド表示は
ココをクリック!

[2ch|▼Menu]
1:動物園φ ★
17/11/15 08:00:29.22 CAP_USER.net
韓国が先に量産した水素自動車、日本に逆転喫す
朝鮮日報
 日本の安部晋三首相は今年4月、水素エネルギーを使った燃料電池自動車を2020年までに4万台普及させるという目標を掲げた。今年8月末時点で日本全土に91カ所ある水素ステーションを東京五輪が開かれる20年までに160カ所に増やす計画も立てた。そのため、水素ステーションの設置費用の半額、ステーション運営補助金などを支援し、インフラ拡充に力を入れている。
 韓国も15年12月、政府合同で水素自動車の普及ロードマップを作成した。20年までに水素自動車1万台を普及させるとの内容だった。当時韓国の自動車業界は将来の水素自動車市場を主導できると確信していた。13年時点で現代自動車が世界で初めて「ツーソンix35」の水素仕様車の量産に成功していたからだ。しかし、水素自動車の普及は計画通りには進まなかった。韓国を走る水素自動車は現在、政府のロードマップが定める目標(500台)の26%の132台(累計)にすぎない。韓国企業が水素自動車を世界で初めて量産し、欧州にまで輸出したが、政府の積極的支援がなく、市場の主導権を日本に奪われている。
■究極のエコカー
 水素自動車は通常の電気自動車と並ぶ代表的なエコカーだ。車体内部のタンクの水素を大気中の酸素と結合させ、発電を行い、モーターを回して推進力を得る。一度の充電で電気自動車よりも長い500キロメートル以上を走行可能で、排出物質は水蒸気だけだ。水素自動車はフィルターを介して空気をろ過し、酸素を集めるが、その過程で大気中の微小粒子状物質は99.9%が除去される。水素自動車が「走る空気清浄機」と言われるゆえんだ。
 水素自動車はガソリンを給油するのと同様、充てん時間が3−5分と短い。化学プラントで副産物として生成され捨てられる水素(副生水素)や天然ガスから生成した水素(改質水素)を活用できるため、「規模の経済」が実現すれば、燃料の供給価格が電気自動車の充電費用より割安になる可能性が高い。韓国で生産される副生水素は約10万トンで、年間40万−50万台の水素自動車の需要に対応できる。
URLリンク(www.chosunonline.com)


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[レスを読む]
[最新レス表示]
[スレッドの検索]
[類似スレ一覧]
[話題のニュース]
[おまかせリスト]
[レスジャンプ]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[しおりを挟む]
[スレッドに書込]
[スレッドの一覧]
[暇つぶし2ch]

1日前に更新/178 KB
担当:FIRTREE