【フィリピン】大統領は慰安婦像めぐり「表現の自由で止められない」と野田総務相に伝えたと、ミンダナオ地元メディアに明かした[1/18] at NEWS5PLUS
[2ch|▼Menu]
1:虎跳 ★
18/01/18 06:01:59.19 CAP_USER.net
大統領は慰安婦像めぐり「表現の自由で止められない」と野田総務相に伝えたと、ミンダナオ地元メディアに明かした
 ドゥテルテ大統領は17日までに、ミンダナオ地方のオンラインメディア「ミンダニュース」のインタビューの中で、マニラ湾岸に昨年設置された慰安婦像をめぐり、野田聖子総務相に対し「表現の自由を止めることはできない」と伝えていたことを明らかにした。
 ミンダニュースによると、9日に来比してドゥテルテ大統領とマニラで会談した際、日本の閣僚として慰安婦像設置に「遺憾の意」を示した野田総務相に大統領は「存命の元慰安婦やその家族には像を通じた表現の自由がある。憲法で定められた権利で、(大統領であっても)止めることは許されない」と答えた。
 像が今後撤去される可能性の有無については、設置場所が首都圏マニラ市であることから「エストラダ・マニラ市長(元大統領)次第だ」と語った。像設置について事前に大統領府は「何も聞いていなかった」とし、「国の政策を反映したものではない」とも述べたという。
 野田総務相はこの会談直後の会見で、慰安婦問題について「大統領から特にコメントはなかったが、理解してもらったと受け止めている」と語っていた。
 昨年12月8日に比中華系団体「トゥライ財団」や慰安婦支援団体「リラ・ピリピーナ」らが設置した慰安婦像をめぐっては、在比日本大使館、来比した堀井巌外務政務官も「日本の立場と相容れず極めて残念」などと比側に伝えている。
 これを受けて比のカエタノ外務長官は12日に、設置経緯を調査するための省庁間調査チームを設置した。
 日本側は、相容れないとする「立場」の詳細を明らかにしていないが、日本の外務省ホームページは、慰安婦問題について「日本政府としては、慰安婦問題が多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であると認識している」と説明。比を含め「日本政府はこれまで様々な機会に、慰安婦問題について心からお詫びと反省の気持ちを表明してきた」と書いている。
まにら新聞
URLリンク(manila-shimbun.com)


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

152日前に更新/3961 Bytes
担当:FIRTREE