400年以上の歴史「高岡御車山祭」が女児の参加見送りに…保存会会長は「時代に流されてはいけない」 富山・高岡市 2023/03/14 [朝一から閉店までφ★] at FEMNEWSPLUS
[2ch|▼Menu]
1:朝一から閉店までφ ★
23/03/15 06:32:23.23 QME+IibR.net
2023年3月14日(火) 20:30

絢爛豪華な山車が市街地を練り歩く…400年以上の歴史がある「高岡御車山祭(みくるまやままつり)」。1609年、加賀藩2代目藩主の前田利長が高岡城を築いた際に、豊臣秀吉から譲り受けた御所車を町民に与えたのが祭りの始まりとされています。

この歴史ある祭りをめぐって、女児が参加するかどうかが議論になっていました。これまで「女人禁制」となっていた“ご神体の守り役”に女児が参加できるのかどうか…しかし、ことしは見送りに。その理由を、保存会の会長が語りました。

「高岡御車山祭」は、毎年5月1日に行われる高岡関野神社の春季例大祭で、絢爛豪華な7基の山車が高岡の旧市街中心部を練り歩きます。「小学生以下の男児」がご神体の守り役として山車に乗るのが慣例となっていて、基本は「女人禁制」です。

しかし、少子化とジェンダー平等の意識の高まりから、高岡御車山保存会の理事会では、女児の参加を認めるかどうかをめぐって、去年から議論がヒートアップしていました。

去年11月には、保存会の前の会長が、“会長権限”として、会則に「御車山に乗る子は小学生以下の子どもとする」と追記して、男児に限定しないと、実質的に女児を容認することにしました。しかし、理事の一部から「決議していない」など反対の声があがったのです。

今年1月、伝統を継承したいと反対していた理事のひとり、志甫和彦さんが会長に就任。女児の参加をめぐって理事会で議論が続いていましたが、今月13日夜の会合で結論は出ず、ことし5月1日の祭りについて、女児の参加は見送り、従来通りに行うことになりました。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

URLリンク(newsdig.tbs.co.jp)


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

12日前に更新/9046 Bytes
担当:undef