集団ストーカー行為は「組織的殺人予備罪」になる at COURT
[2ch|▼Menu]
1:傍聴席@名無しさんでいっぱい
20/01/30 13:59:17 3XA94kSi0.net
集団ストーカー行為は、組織犯罪処罰法により「組織的殺人予備罪」となります。

集団ストーカー行為の被害者を自殺に追い込んだ場合は、「組織的殺人罪」となります。

石を投げて驚かす行為が暴行罪となるのと同じく、策略で自殺に追い込むことは、「組織的殺人罪」となります。

「考えたら解ること」なので、「知らなかった」という言い逃れはできません。

「電波で攻撃されている」と主張される個々人が、精神異常なのかどうかはさておき、マイクロ波による攻撃や、衝撃波、低周波音による共振現象、レーザー等により、遠隔から他人の住居に「ラップ音」や異常現象を生じさせることは、技術的に可能です。

おそらく、裁判官や検事が住む官舎に向けて、それらを照射する「集団ストーカー」グループもあるんじゃないかということは、想像に難くないので、裁判官や検事は、「集団ストーカー行為」について、相当に頭にきているものと想像されます。

他人の住居に「ラップ音」や異常現象を生じさせることができる装置を所持することは、血の付いたナイフを所持するのと同じレベルで、重罪に問われるということです。

悪徳な探偵事務所などから、集団ストーカー行為のバイトを頼まれても決して参加してはいけません。

検挙されると「下っ端が勝手にやったから知らない」とトカゲの尻尾切りをされ、「組織的殺人罪」で罰せられます。

集団ストーカー行為がおおやけに報道されないのは、模倣犯が生じるのを防ぐためであり、その検挙、処罰もまた、報道されないのです。

考えてみてください、報道される事件の数より、刑務所の収容人数が圧倒的に多いでしょう。

集団ストーカー行為の犯人は、インターネットを通じて情報交換していると考えられる訳で、捜査で一端から芋づるで追跡することは容易であり、痕跡を消すことは不可能です。

集団ストーカー被害者を精神異常と断定する書き込みをしている者は、「断定できる=面識がある」という論理で、捜査機関は令状を取って、通信ログを取得することが可能です。


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

89日前に更新/45 KB
担当:undef