【半導体】NVIDIA、年内に先端AI半導体 性能30倍で競合引き離し [ムヒタ★] at BIZPLUS
[2ch|▼Menu]
1:ムヒタ ★
24/03/19 07:28:02.21 +EKs6Fm8.net
【シリコンバレー=清水孝輔】米半導体大手のエヌビディアは18日、最新の人工知能(AI)半導体を2024年後半に投入すると発表した。同社の既存の先端品に比べてサーバーでAIが質問に答えるデータ処理の性能を最大で30倍に引き上げる。生成AIの需要が急速に高まるなか、高性能な半導体を投入して競合企業の引き離しを狙う。
ジェンスン・ファン最高経営責任者(CEO)が18日、年次の開発者会議「GTC」で先端AI半導体「GB200」を明らかにした。サーバーで組み合わせて最新の大規模言語モデル(LLM)を処理する場合、現在の先端AI半導体に比べてAIが質問に答える「推論」の性能が最大で30倍、エネルギー効率が25倍に高まるという。
GB200は新型の画像処理半導体(GPU)と中央演算処理装置(CPU)を組み合わせて開発した。生成AIのデータを主に処理するデータセンターで使う。エヌビディアがAI向けの先端半導体を投入することで、生成AIの開発が加速する可能性がある。
AI半導体をめぐってはアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)など競合企業がエヌビディアに対抗する製品を発表している。AI半導体で先行するエヌビディアは自社の最先端品の性能を大幅に上回る新製品を投入することで優位性を維持する戦略だ。
テクノロジー企業はエヌビディアのGPUを使ってデータを学習することで生成AIの精度を高めてきた。ファン氏は18日、「より大きなGPUが必要だ」と述べ、新型のGPUと関連製品を披露した。
エヌビディアは18日、車載半導体の分野では中国の電気自動車(EV)大手の比亜迪(BYD)と連携すると発表した。BYDはエヌビディアの車載向け中核半導体「DRIVE Thor(ドライブ・ソー)」の採用を決めた。
エヌビディアは18〜21日の日程で米サンノゼで開発者会議を開いている。ファン氏は初日の基調講演でAI戦略を説明した。20日には生成AIの基礎となった論文の執筆者らが集まって議論する。同社の事前予想では開発者会議には19年に比べて約2倍の来場者が対面で参加する。
2024年3月19日 7:00
URLリンク(www.nikkei.com)


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

23日前に更新/16 KB
担当:undef