【SNS】イーロン・マスク氏、X全面有料化も視野 自動投稿対策 [田杉山脈★] at BIZPLUS
[2ch|▼Menu]
1:田杉山脈 ★
23/09/19 22:26:06.76 7T68lCpM.net
米X(旧ツイッター)のイーロン・マスク会長は18日、X上で自動投稿する「ボット」を排除するため、「Xのシステムの月額利用料を少額課金する方向に移行している」と話した。現在一部の利用者に有料サービスを提供しているが、すべての利用者に課金する可能性を示唆した。
国連総会出席のために米国を訪問中のイスラエルのネタニヤフ首相と会談し、インターネット上で公開したやり取りの中で明らかにした。
Xは現在、認証機能や長文投稿が使える「Xプレミアム」という月額8ドル(日本では980円)の有料課金サービスを提供している。今後少額課金の仕組みをすべての利用者に拡大する可能性があるという。具体的な額については明らかにしてない。
マスク氏は少額課金は「大量のボット軍団と戦うために思いつく唯一の方法だ」と述べた。同氏はかねて偽情報やヘイトスピーチ(憎悪表現)の拡散の温床ともなりうるボットを問題視してきた。課金で大量のボット作成を抑制する狙いがある。
またXは現在月5億5000万人の利用者がおり、毎日1億〜2億の投稿を生み出していることを明らかにした。
マスク氏がXを買収して以降、ユダヤ人の権利保護団体は反ユダヤ主義の投稿が5000件以上見つかったと発表した。Xがヘイトスピーチの対策を怠っていると指摘し、マスク氏はこれに反発していた。
ネタニヤフ首相との会談でマスク氏は主に人工知能(AI)のリスク対策について議論した。会談の中であえてSNSのコンテンツ管理について触れたのは、対策しているということを主張する意図があったとみられる。
URLリンク(www.nikkei.com)


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

156日前に更新/15 KB
担当:undef