【AI】世界を変えた画 ..
[2ch|▼Menu]
1:田杉山脈 ★
23/07/18 00:40:42.01 qV56tycV.net
Stability AIは6月26日、画像生成AIの最新モデル「Stable Diffusion XL」を発表しました(「画像生成AI『Stable Diffusion』最高性能の新モデル『SDXL 0.9』一般的なPCで実行可能」)。パラメーター数がオリジナルのStable Diffusionの9億から23億へと大幅に拡大され、描写力が飛躍的に上昇したモデルです。正式版のSDXL 1.0が7月18日に公開予定とあり、あらためて注目されています。ベータ版にあたるSDXL 0.9は先行して、有料課金サービス「DreamStudio」と、Discordでの公開を開始していました。Discordでは1人無料で1回出力可能で、いまもリアルタイムで生成画像が見える状態です。その後SDXL 0.9は研究用に公開されて、ダウンロード可能になりました。
SDXLがこれまでのStable Diffusionの仕組みと決定的に違うのは、1回の画像生成で2回生成するプロセスを取っていることです。
 プロンプトが画像として生成されるデータセットが「ベース(Base)」と「リファイナー(Refiner)」の2種類に分かれるんですね。なぜこんなやり方をするかというと、2種類のクリップ(画像とテキストとの紐付けのこと)で学習をさせているようなんです。一度、プロンプトを通じてデータセットで生成した画像データを、さらに別のデータセットを使って精度を上げていくという仕組みになっています。
実際に、10日にいち早くSDXLに対応した「ComfyUI」というアプリでSDXL 0.9を動かしてみました。ComfyUIはノードベースのGUIに特徴があり、生成を処理する手順を、割と自由に設計できるところに特徴があります。オープンソースで開発が続けられており、Stable Diffusionを動かす有力なアプリの一つです。
 ComfyUIではどのように作業が進むのかを見ることができるのですが、生成が開始されると入力したプロンプトが、2つのサンプラー(生成機)に送られます。最初のサンプラーがベース(Base)と呼ばれるデータセットを使って、一度画像を生成して出力した後、もう一つのサンプラーから、リファイナー(Refiner)に入れて、画質を引き上げる仕組みになっていることがわかります。画像の基本サイズも512×512ピクセルから1024×1024ピクセルに大きくなりました。
 ただし、そのぶん生成のために要求するスペックが上がっていて、NVIDIA GeForce RTX 20シリーズ以上、ビデオメモリー8GB以上が環境として求められます。
出力できる画像の幅は大幅に広がっていることはすぐに実感できます。たとえば猫とか、ジャングルを進む探検隊、香港の未来の町並み、ブロンズに金の液体をかける……といった思いつく限りの単語を適当に英訳してプロンプトにしてみたのですが、過去のものとは違い、複雑なプロンプトを組まなくても様々な画風が出てきました。特に学習データに偏りがあったと言われるv1.5で出てこなかった東洋人風の顔や、いわゆるアニメ風の二次元の画像もかなり出してくれます。これは相当様々なテクニックが探索されることになるのではないかと思えます。
以下ソース
URLリンク(ascii.jp)


次ページ
続きを表示
1を表示
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

271日前に更新/8773 Bytes
担当:undef