【毎日新聞】聖徳太子と渡来人の交流を思い起こす創作ランチ、滋賀県で3月から提供 [みの★] at NEWSPLUS
[2ch|▼Menu]
1:みの ★
21/01/14 14:08:42.95 QDwWpgyW9.net
 聖徳太子没後1400年にあたる2022年に向け、滋賀県東近江市内でランチメニューが創作された。湖東地区の博物館や観光協会で組織する「鈴鹿山麓混成博物館」がキャンペーンの一環で企画した。同地区で太子と渡来人が交流したと伝えられていることから「聖徳太子近江韓流膳」と命名。3月から団体客などに提供していく方針だ。
 安土城考古博物館の元副館長、大沼芳幸さんがアドバイスし、「ファームキッチン野菜花」(東近江市小倉町)の山本弘子さんがメニュー13点を考案した。市内の山麓(さんろく)にある百済寺は聖徳太子開基とされ、周辺では陳皮(ちんぴ)と唐辛子をきかせた「惣祈禱(そぎと)料理」が伝承されている。これに、琵琶湖産のスジエビ入りのチヂミ▽太子が好んだという特産の里芋を使った芋餅▽僧坊酒「百済寺樽(たる)」の酒かす汁を組み合わせ、悠久の歴史を感じてもらう趣向にした。
…続きはソースで。
URLリンク(mainichi.jp)
2021年1月14日 11時05分


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

13日前に更新/37 KB
担当:undef