【香港】香港デモに参加する中国本土出身者たち、「目に見えることに力がある」 中国本土の方言でシュプレヒコール at NEWSPLUS
[2ch|▼Menu]
1:ごまカンパチ ★
19/07/13 01:20:38.99 l5tBDg8y9.net
URLリンク(headlines.yahoo.co.jp)
 中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案をめぐり大規模デモに揺れる香港で、香港人に交じってデモに参加する
本土出身者たちがいる。共産党の一党独裁体制下にある中国本土では、とても考えられない行動だ。
 国際金融センターの香港では、参加者100万人超の大規模デモが繰り返され、デモ隊と警察の衝突も相次いでいる。
香港で生まれ育った市民らは、香港特有の自由と文化が中国政府に踏みにじられようとしているとみて、怒りを爆発させたのだ。
 一方、香港には1997年の中国返還後に本土から移住してきた中国人も、約100万人が暮らしている。彼らは今回の事態に複雑な思いを抱いている。
デモに強く反対する人もいるものの、多くはデモ隊に共感している。
ただ、中国当局の報復を恐れたり、香港人のデモ参加者の間に本土出身者を歓迎しない雰囲気を感じ取ったりして、意見を表明していない。
 それでも、ごく少数ながらデモに参加する本土出身者もいる。
4年前に中国北部の都市から移住してきたブライオニー・リン(Briony Lin)さん(27)も、その一人。
「社会運動を経験するのは、これが初めて」とAFPの取材に語った。
「香港は中国で唯一、言論の自由を行使できる場所。私自身の権利のため、そして抗議デモとはどんなものかをこの目で確かめるため、
(デモに)参加したかった」
本土に住んでいたころは政治に興味はなかったが、香港の書店関係者らが行方不明になり中国当局に拘束されたと判明したことや、
文化大革命(Cultural Revolution)から50年を迎えた際に新たに得た知識などがきっかけで、関心を持つようになったという。
■中国本土の方言でシュプレヒコール
 「逃亡犯条例」改正反対デモには、本土出身者でつくるデモ隊が堂々と参加している。
横断幕やシュプレヒコールにも、香港で使われる広東語ではなく、それぞれ出身地の方言を用いている。
このデモ隊の結成に関わった大学講師のミニー・リー(Minnie Li)さんによれば、過去の民主派デモにも常に本土出身者たちが参加していたが、
たいてい群衆の中に隠れて目立たないようにしていた。
リーさんは2008年に上海から移住してきたが、香港の永住権を取得してやっと、デモに参加する勇気を奮い起こすことができたという。
「目に見えることに、力があると思う。意見を胸に秘めて誰にも告げなければ、力に変えることはできない。だから、デモに参加することで、
私たちの力を示したい」
 敵意をぶつけてくる香港人デモ参加者もいるが、
「人の感情や行動、そして価値観は、生まれた場所や民族によって決まるわけではない」とリーさん。
「正しい行動だと思えばこそ、何かをなすことができる」と語った。


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

8日前に更新/15 KB
担当:undef