【龍角散騒動】社長のセクハラを指摘したらクビ 大ヒット商品を生み出した、訴えた女性の姉も左遷されていた at NEWSPLUS
[2ch|▼Menu]
1:ガーディス ★
19/06/12 20:16:23.99 LYwdCZ0B9.net
 件の元法務部長はその場にはいなかったが、問題視し、すぐに女性従業員にヒアリングを行った。
「しかし、社長は同じ月の17日に“セクハラを捏造している”と激怒。元部長に自宅待機を命令し、今年の3月28日付で解雇としました。元部長は地位の確認と解雇後に支払われるはずだった賃金などの支払いを求めています」(社会部記者)
 騒動のもう一人の“被害者”が、元法務部長の姉で同社の執行役員、福居篤子氏(54)である。じつは藤井社長がセクハラをはたらいた現場に居合わせたのがこの篤子氏で、法務部長だった妹に相談、セクハラが発覚した経緯がある。
 そのため姉も社長から糾弾され、本社から千葉にある工場へ左遷。「パソコンを与えられず、席に座っているだけ」(事情通)という状況に置かれているという。
 篤子氏は、龍角散のヒット商品『おくすり飲めたね』の立役者でもある。当時、経営不振にあえいでいた龍角散を救った女性として、度々メディアにも登場してきた。
 そんな功労者でも、社長のセクハラを指摘すれば、左遷―。6月13日発売の週刊新潮では、セクハラ行為の詳細とともに本件を報じる。
URLリンク(news.livedoor.com)
URLリンク(image.news.livedoor.com)
藤井社長のご尊顔
URLリンク(www.ryukakusan.co.jp)


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

10日前に更新/218 KB
担当:undef