【社会】負傷兵、250のうめき 日中戦争期の摘出銃弾類発見 国立・小倉医療センター at NEWSPLUS
暇つぶし2ch amp版
テスト中!、スマホの方はお試しを!

[2ch|▼Menu]
1:次郎丸 ★
19/01/12 13:21:15.68 QuTkszfL9.net
URLリンク(i.imgur.com)
戦争で被弾し帰還した負傷兵から摘出された銃弾や砲弾の破片
 陸軍病院を前身とする北九州市小倉南区の国立病院機構小倉医療センターで、戦争で被弾し帰還した負傷兵から摘出された銃弾や砲弾のかけらなど約250点が見つかった。
関係者らは「傷痍(しょうい)軍人の苦しみや戦争の悲惨さを表す貴重な資料だ」と語る。
 同センターによると、2018年9月に新築棟へ引っ越す際、旧外来棟2階にあった医局倉庫内で、白い布を掛けて片隅に積んであった11個の木箱が見つかった。
 「上海事変戦傷者摘出弾」などと記した木箱の中は細かく仕切られ、長さ4センチほどの銃弾から幅約5ミリ…
この記事は有料記事です。
続きは会員登録(有料)で
残り384文字(全文629文字)
負傷兵、250のうめき 日中戦争期の摘出銃弾類 国立・小倉医療センター 
毎日新聞 2019年1月12日 12時47分(最終更新 1月12日 12時48分)
URLリンク(mainichi.jp)


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

41日前に更新/1180 Bytes
担当:FIRTREE