【通勤電車】みんな大好き「狛犬ポジション」。「イェア!電車で狛犬ポジション押さえられたぜ!」繰り広げられる争奪戦 at NEWSPLUS
[2ch|▼Menu]
1:記憶たどり。 ★
18/11/09 13:02:27.97 CAP_USER9.net
URLリンク(www3.nhk.or.jp)
URLリンク(www3.nhk.or.jp)
「狛犬ポジション」を知っていますか? 電車の出入り口の両脇にある、人ひとりが立てるくらいのスペースで、
満員電車でも比較的ゆったり立っていられる場所です。朝夕の通勤時間帯には熾烈な競争も繰り広げられるほど人気で
ネット上ではユニークな利用方法が提案されている一方、最近ではその存在が脅かされているケースもあるようです。
争奪戦です!
「イェア!電車で狛犬ポジション押さえられたぜ!!!」
「横から割り込んで来た人に狛犬ポジションを取られた」
「乗り降りが激しい駅でいったん降りて1本電車を見送り狛犬ポジションを取る人を見た」
朝夕のラッシュ時、SNS上で繰り広げられている「狛犬ポジション」の争奪戦の様子です。
URLリンク(www3.nhk.or.jp)
狛犬ポジションは、壁などに寄りかかることができるうえ、満員の車内でも混雑の影響を受けにくく、降りるのも簡単なことから人気の場所です。
ドアの両側に立つ人が神社の入り口にたたずむ狛犬のように見えることから「狛犬ポジション」と呼ばれるようになったと思われます。
誰がこう名付けたのか定かではありませんが、3年前からSNS上で狛犬ポジションを弱者のための場所だと位置づけネット上で発信している人がいます。
東京在住の「たられば」さんです。
譲られるとありがたい
きっかけは友人女性の経験談。子どもを連れてベビーカーで電車を利用した際、「狛犬ポジションを譲ってもらい助かった」と話すのを聞きました。
また、抱っこひもで幼児を抱えている親にとっては、座席に座るより立って子どもをあやせる狛犬ポジションの方が喜ばれることも知りました。
そして「自分が狛犬ポジションに立った時に必要そうな人に譲っている」と投稿したところ、多くの共感や感謝のコメントが寄せられたのです。
以来、狛犬ポジションのよさを一覧表にまとめ、広めています。
URLリンク(www3.nhk.or.jp)
「幼児の手がドアに引き込まれないようになど注意する点はあるでしょうが、譲られるとありがたい人もいる場所だという認識が広まるといいです」(たらればさん)
批判的な声も
一方で、批判的な声もあります。「デカいリュック持ったお兄さん勘弁してほしいっす」
そう、この狭いスペースに収まりきらない場合、乗り降りする人の邪魔になることがあります。座席側にリュックサックが飛び出すと座っている人の頭にあたることもあります。
「狛犬ポジションに立って座席側を向いて立っている男の人、気持ち悪い」。座席側に向かって立つと、座っている人がスマホの画面や本をのぞき見されたような気になるのです。
メーカーは「??」
ところで「狛犬ポジション」と呼ばれるこのスペース、本来、何のためにあるのでしょうか。
ある鉄道車両メーカーに尋ねると「そんな呼び名があるのですね」と意外な反応です。担当者によりますと、
鉄道会社の要望を受けドアの数や座席の長さを決めた後に余るのがこのスペース。どれくらいこのスペースを確保すべきか
逆算して設計しているわけではないそうです。とすると狛犬ポジションに立つことはマナー違反なのでしょうか?
私鉄各社で作る日本民営鉄道協会に尋ねると、「一律にドア横のスペースに立ってはいけないという周知はしていません」という回答。
最近は大きなスーツケースを抱えた外国人観光客も多く、そうした人たちにとっても狛犬ポジションはやはり便利で、
「お客様の乗降がスムーズにいくよう周囲の人への配慮さえしていただければ、禁止するものとは考えていません」ということです。


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

9日前に更新/83 KB
担当:FIRTREE