【国際】タイ洞窟 「英雄」と称賛のコーチと少年3人、実は無国籍の境遇★2 at NEWSPLUS
[2ch|▼Menu]
1:樽悶 ★
18/07/12 18:18:42.33 CAP_USER9.net
タイ海軍特殊部隊が公開した、同国チェンライ県の洞窟にサッカーチームの少年12人と一緒に閉じ込められているコーチが親たちに謝罪した手書きのメモ(2018年7月7日提供)。(c)AFP PHOTO /ROYAL THAI NAVY
URLリンク(afpbb.ismcdn.jp)
【7月11日 AFP】タイ北部の洞窟に閉じ込められ、無事救出されたサッカーチームのコーチであり、かつて僧侶としての修行を積んだ経験もあるエーカポン・ジャンタウォン(Ekkapol Chantawong)さん(25)は現在、同国で英雄として称賛を集めている。だが実は、エーカポンさんとチームに所属する少年3人は国籍を有しておらず、彼らを市民として認めていない同国政府の動向に関心が向けられている。
 同国北部チェンライ(Chiang Rai)県タムルアン(Tham Luang)の洞窟から、唯一の大人であり、最後に救助された一人であるエーカポンさんは、暗闇に包まれ飢えが迫る中、11〜16歳のサッカー少年らに落ち着きを保たせたとして称賛されている。
 タイ語で「イノシシ」という名のサッカーチームの少年らと、コーチのエーカポンさんは6月23日に洞窟に入り、その9日後に、複雑な構造を持つ洞窟内部の岩棚で英国人ダイバーらによって発見された。
 洞窟からの危険な脱出作戦の際、エーカポンさんが救出の順番を待つ間、洞窟の外で人々は、エーカポンさんについて謙虚かつ誠実で、責任感のあるメーサイ(Mae Sai)住民だと称賛した。
 エーカポンさんに対して少年たちの親族は、今月7日に公開された手紙で、「全ての親より、子どもたちの世話をどうぞよろしくお願いします。自分を責めないで」とのメッセージを送った。
 これに対してエーカポンさんは、親たちに対する謝罪の意と「子どもたちを全力で保護することを約束します」という感動的な言葉をメモに記し、タイの人々の心をつかんだ。
 だが実は、エーカポンさんは正式にはタイ国籍を有していない。
 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によれば、同国には48万人前後の無国籍者がいる。
 その多くが移動生活を送る山岳民族などで、タイ、ミャンマー、ラオスをまたぐ無法地帯「黄金の三角地帯(Golden Triangle)」の中心地メーサイの周辺に数世紀にわたって暮らしてきた。
 サッカーチームの創設者であるノパラット・カンタボン(Nopparat Khanthavong)さんによれば、エーカポンさんの他、一緒に洞窟に閉じ込められた少年3人も無国籍だという。
 ノパラットさんはAFPに対し、「国籍を取得することは、少年たちにとって最大の希望だ」「過去に少年たちは、チェンライ県外へ遠征するのにも苦労していた」と説明。身分を証明できないことに伴って移動が制限されるためだという。
 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)は来シーズン、少年たちを試合へ招待する意向だが、パスポートがない場合、少年たちは招待を受けることができない可能性もある。
 ノパラットさんは「彼らは(適切な)身分がないため、プロのサッカー選手になることもできない」と述べつつ、国籍を与える動きが始まったとも指摘。今回の少年たちの苦難が、政策の変更につながるという希望もある。
 国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)のタイ支部の関係者は「洞窟に閉じ込められた少年たちへの関心が、タイにおいて無国籍者に国籍を付与するきっかけとすべきだ」と語った。(c)AFP/Sippachai KUNNUWONG, Thanaporn PROMYAMYAI
AFPBB News 2018年7月11日 23:38
URLリンク(www.afpbb.com)
★1:2018/07/12(木) 02:29:41.55
スレリンク(newsplus板)


レスを読む
最新レス表示
スレッドの検索
類似スレ一覧
話題のニュース
おまかせリスト
▼オプションを表示
暇つぶし2ch

68日前に更新/35 KB
担当:FIRTREE