【炎上】東大卒作家・古野まほろ氏、突如のツイッター削除。北大サークル罵倒続きの果て「身辺に危難が・・・」と言い残し★7 at NEWSPLUS
PC向けスレッド表示は
ココをクリック!

[2ch|▼Menu]
1:記憶たどり。 ★
17/12/12 16:06:56.58 CAP_USER9.net
URLリンク(www.j-cast.com)
読書サークルの学生を「バカ」「クズ」などと罵倒するツイートを投稿したことで物議を醸していた
東大法学部卒の作家・古野まほろ氏のツイッターアカウントが、2017年12月11日19時までに削除された。
古野氏は11日朝の投稿で、「何度この状況に置かれても同じ事をする」などと改めて騒動について
言及していた。しかし、こうした古野氏のツイートには、大量の批判的なリプライ(返信)が寄せられ、
いわゆる「炎上状態」となっていた。         
■学生側は「大人の対応」
騒動の発端となったのは、北海道大学の推理小説研究会に所属する学生が、
団体のツイッターアカウントに寄せた投稿だ。古野氏の著作「禁じられたジュリエット」を読んだ
サークル員の感想について、12月7日のツイートで、
“「ミステリ愛溢れる1冊、ですが最後の謎解きは不要、もしくは必要だが面白くないという人が多かったです。
暗唱のシーンが良かったですね。内容とは関係ないですが登場人物の名前が覚えられないのは何故か、
という話題が盛り上がりました」
と振り返ったのだ。
この感想ツイートに反応したのが、なんと古野氏本人だった。北大サークルの投稿からわずか9分後に、
「バカだからじゃない?」とリプライ。さらに立て続けに、「本人の前で言えクズ」などと激怒した調子で
ツイートを連投していた。
一連の投稿の中には、北大の偏差値を馬鹿にするような内容や、北海道のことを「蝦夷地」と揶揄する
言葉もあった。さらには、学生のことを「お猿さん」と表現したツイートもあった。
こうした古野氏の反応に対し、北大サークルの所属学生を自称する学生は7日夜、古野先生には
不快な思いをさせてしまったのかもしれません。申し訳ございません」などとツイッター上で謝罪していた。
また、J-CASTニュースは8日、騒動の発端となったサークルの担当者に対し、メールを通じて
取材を依頼していたが、返信は「今回の取材はお断りさせていただきます」というものだった。
その上で、学生側からの返信メールには、
“「理由といたしましては、今回の取材では古野まほろ先生を批判する形の記事になりかねないと
判断したためです。私どもとしては、作者と読者との関係性を悪くする可能性が多分に含まれる物事に
参画することは控えさせていただきたいと思っています」
との説明があった。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[レスを読む]
[最新レス表示]
[スレッドの検索]
[類似スレ一覧]
[話題のニュース]
[おまかせリスト]
[レスジャンプ]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[しおりを挟む]
[スレッドに書込]
[スレッドの一覧]
[暇つぶし2ch]

34日前に更新/241 KB
担当:FIRTREE